前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 米国、日本、東アジアメルトダウン(1061)>★『トランプの今度の場外乱闘の相手は、「史上最悪の狂暴悪役・金正恩低国」北朝鮮で、互いの罵詈雑言の応酬はヒートアップし「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するのか①』★『トランプ真夏の世界スリラー劇場」第2幕のはじまりはじまり』

   

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< 米国、日本、東アジアメルトダウン(1061)>

 

710日、トランプ大統領の就任半年間が過ぎた。

『エアフォースワン』(米)大統領機)はスタートからツイッター乱発の暴言暴走運転でダッチロールを繰り返してきたが、半年目になって公約実現がほとんど失敗し『ロシアゲート事件』の濃霧に突っ込んで、政権はキリモミ状態で『墜落寸前』である。

それなのに、今度の場外乱闘の相手は、「史上最悪の狂暴・金正恩低国」北朝鮮の核ミサイルをめぐる争いで、互いの罵詈雑言の応酬はヒートアップし「第2次朝鮮戦核戦争!?」の危機が高まっている。

『トランプ真夏の世界スリラー劇場」第2幕のはじまりはじまり。世界一の裸の王様と乞食がが核ボタンをもって怒鳴りまくっているのだからね、<北朝鮮の金正恩お化け>と並んでこれは世界残酷物語で、ゾッとするよ。

———–

オバマケア廃止案が否決、ジョン・マケイン議員らが反対に回る 共和党が抱える問題の根幹とは?http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/29/obamacare_n_17623898.html

 

弾劾か刑事訴追か、泥濘にはまったトランプ
息子までロシアと接触、次は周辺から逮捕者の可能性
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50541
 
トランプ長男のロシア問題は、なぜ深刻なのか?
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2017/07/post-927.php
トランプ長男、ロシア疑惑の動かぬ証拠を自らツイート
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-7972.php
 
「大惨事」もありえる米議会のヤバすぎる状況
大事な夏休みも短縮する勢い
http://toyokeizai.net/articles/-/179587
 
トランプ米政権の新広報部長、身内を激しく批判 確執表面化
http://jp.reuters.com/article/scaramucci-newyorker-idJPKBN1AD0CH
 
焦点:政権運営能力欠如したトランプ氏、共和党の我慢も限界https://jp.reuters.com/article/usa-trump-analysis-idJPKBN1AG0A0?pageNumber=3

 

トランプ大統領、自画自賛の「リアルニュース」を配信 ⇒ 「北朝鮮の番組みたい」と話題に(動画)http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/08/trump-real-news_n_17699000.html
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ツイッターで墓穴を掘った「トランプ暴言暴走」は本人が特異性格なので、回りの助言に全く耳を貸さない、今後も続くであろう。

 

7月末から始まった中国、北朝鮮問題についてのトランプの

怒りは何なのか。 

「北朝鮮は7月28日、今月2度目となるICBM発射実験を実施したが、トランプ大統領は早速、ツイッターで「中国には非常に失望している。我が国の過去の愚かな指導者たちは、貿易で彼らに年間何千億ドルも儲けさせたのに。彼らはただ対話するだけで、北朝鮮に関して我々のために何一つやっていない。」と投稿し、苛立ちをあらわにした。

これを受けて、30日にはヘイリー国連大使が「対話の時は終わった。中国はこの重大な一歩を踏み出す最終的な意思があるのかどうかを決断しなければならない」と、中国に圧力をかけて次の一手をうながしました。」

 

「これは4月のトランプ対習近平の米中首脳会談で、中国への経済制裁を見合わせる代わりに北朝鮮に核、ミサイル開発をやめさせるように中国に圧力をかけた。100日間の期限付きで、具体的な効果を見守るという取引です。とこらが、北朝鮮の暴発は一層エスカレートしたため、トランプ氏は怒ってさらなる圧力をかけるように中国にせまったのです」

                     つづく

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑤』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『北朝鮮の「水爆」実験、対米圧力へ王手となるか?』●『EMP攻撃に対する企業・自治体の対策についての考察 アナログ的思考がカギか』★『 北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075 …

img04
知的巨人の百歳学(117)ー『米雑誌「ライフ」は1999年の特集企画で「過去1000年で最も偉大な功績をあげた世界の100人」の1人に、日本人では唯一、浮世絵師の葛飾北斎(90歳)を選んだ』(上)

『世界ベストの画家・葛飾北斎(90歳)の創造力こそが長寿力となる』★『北斎こそ世 …

no image
<まとめ>勝海舟ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!

<まとめ>勝海舟について   日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(490)◎「新著『政治の起源』を フランシス・フクヤマが語るー講演動画(90分)』」(11/8)

 速報「日本のメルトダウン」(490)   ◎「『政治の起源 …

no image
日本敗戦史(42)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』①

日本敗戦史(42) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕— <ガラ …

no image
日本メルトダウン(958)『東京五輪新施設 建設中止も…費用3倍、都調査チームが削減提案』『ノルウェーの巨大ファンド:国富を使わない方法 (英エコノミスト誌)●『「ポスト真実」の政治:ウソで真実を圧倒する技 (英エコノミスト誌』●『ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し』●『なんと粗末な代表質問!民進党のレベルは「お子様級」というほかなし』●『【特集】“超巨大津波”の恐れ、南海トラフ地震でも』

    日本メルトダウン(958)   東京五輪新施設 建設中止も…費 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか③<朝鮮は日本の評判を傷っけるようにプロパガンダ工作し、朝鮮人を日本の暴虐の犠牲者として印象づけている

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道』 …

no image
日本天才奇人伝⑤近代の巨人・日中友好の創始者・岸田吟香伝②荒尾精ら情報部員を支援、中国各地で情報収集

日本天才奇人伝⑤       近代の巨人・日中友好の創始者・岸田吟香伝② <陸軍 …

no image
日本メルトダウン脱出法(721)「訪日外国人2000万人は今年達成!? インバウンドブームの舞台裏」●「中華民族の偉大なる復興」は リアリティを持たない —東京大学名誉教授・北岡伸一×加藤嘉一」

 日本メルトダウン脱出法(721) 訪日外国人2000万人は今年達成!? インバ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(178)記事再録/★ 「国難日本史の歴史復習問題」★「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑧』 ★『元勲伊藤博文と巨人頭山満の日露開戦の禅問答』「伊藤さん、あんたは今日本でだれが一番偉いと思いますか」と意外極まる一問を放った。

    2017/04/01 /日本リーダーパワー …