前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>「6/8付『エルサレム・ポスト紙(6/8)のキャロライン・グリック女史副編集長の”カタール紛争を 取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコ』★『現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。 』●『エジプトとサウジアラビアがカタールを攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する』

   

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>

 

『Qatar, Trump and double games』

 (カタールとトランプの表裏の違う行動)

 2017/6/8   Jerusalem Post   By Caroline B. Glick

http://www.jpost.com/Opinion/Column-One-Qatar-Trump-and-double-games-496332

 <F氏のコメント>

 6/8付けのエルサレム・ポスト紙、キャロライン・グリック女史副編集長の ”カタール紛争を

取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコです。

 彼女は、アメリカ生まれのイスラエル人ジャーナリストでワシントンにある安全保障政策に関する研究センターの中東問題担当シニア・フェローでもあります。コロンビア大学卒、1991年にイスラエルに移住しイスラエル国軍(IDF)に入隊、

1996年除隊後、ネタニャフ首相の海外政策アドバイザー助手を務め、2000年には米国ハーバード大学・ケネディスクールの学位を取得。

現在48才。IDF時代にはパレスチナ政府との交渉にも従事。豊富な実戦体験、アメリカ人の学者としての視点と、ユダヤ人としてアラブ、ペルシャと日常対峙する視点から、今回のカタールとサウジグループの衝突について、その解決と終息に向けて考慮すべき事柄は何か?がよく整理されている様に思います。

 人口、高々二百数十万で二十数年前に突如として世界最大のガス田を入手、たちまち一人当たりの国民所得が世界一、ド派手な成金の典型、地続きでサウジと接しペルシャ湾対岸にはイランと、両大国から挟撃、多彩な外交力が問われるところではあります。

 カタールがイランにすっかり取り込まれスンニ派国家への一層の侵食のための重要な橋頭堡と化している、サウジ・スンニ派グループの元にはカタールのアル・サーニー一族に政変でも無ければ戻りそうもない事、

 オバマのサウジ軽視と対イラン軟化政策がカタールのイラン協調を促進し、クリントン財団が言わば私腹を肥やす副産物も生んでいる。

 親イランのカタール現政権を死守するために、イラン革命防衛軍が即王宮警護に駆けつけ、一方ではドーハ郊外のアル・ウデイド米国空軍基地が何事もなく安定稼働している、

この敵対国同士の奇妙な無風均衡状態がカタールの対外的プレゼンスを高めているが、

サウジと湾岸同盟国によるカタール孤立化政策はイランやトルコのカタール支援も始まっており、放置すると失敗する可能性が高く、カタールの今以上の親イラン化を阻止するには米国の仲介と交渉が必須と筆者は言う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Qatar, Trump and double games』

(カタールとトランプの表裏の違う行動)

  2017/6/8   Jerusalem Post   By Caroline B. Glick

> http://www.jpost.com/Opinion/Column-One-Qatar-Trump-and-double-games-496332

以下、記事の概略です。

イスラム社会の安定を脅かすことにおいて、ほぼ疑いなくカタールの役割は、イランに次ぐ働きをしている。

1995年の初頭、パースガス田(世界最大のLNGガス田、が発見され、カタールを急速に世界有数の富裕国に押し上げた。カタール政権はアラブ世界のスンニ派体制に対して、宣伝戦を仕掛けたり、米国の同盟国だと誹謗中傷の宣伝をしたり、テロリズムへの巨額の資金提供をしたりして対抗し始めた。

カタール政府は1996年にアル・ジャジーラを設立した。

中東地域や世界中の何億という家族に放送を届ける汎アラブ民族主義のこの衛星放送局は、スンニ派アラブ世界におけるアメリカの同盟国に敵対し、ムスリム同胞団やそれが産み落とした全てのテロリストグループをサポートし、イランやヒズボラ(レバノン)を助けている。

アルジャジーラは徹底して反イスラエルであり、反ユダヤ人である。

カタールはアルカイダやハマスだけでなくイラクやシリアにおけるイスラム国(ISIS)に親しく関係する民兵に対しても主要な資金供給者となっている。ウィキリークスが発行する2009年からの米国務省情報の中で、米国外交官はカタールが世界最大のテロリズム支援の資金団体であると指摘している。

スンニ派各国は、カタールがイランとの戦略的な提携を放棄することを求めている。各国はカタールがテロリストグループへの財政的支援を打ち切り、自国に滞在するテロリストを追放することを要求している。

ウィキリークスはカタール首長がビル・クリントンに彼の65才の誕生日を祝う贈り物として、クリントン財団に100万ドルの小切手を渡したことを暴露する記録を公にした。カタール政府はクリントン財団に約600万ドルの献金をしたと公表している。

2002年ドーハにブランチを開設したブルッキングズ研究所は、カタール政府からの寄付金という形で、数百万ドルを受け取っていた。

2013年だけでも、カタール政府は1480万ドルをブルッキングズ研究所に寄付している。

国防総省もカタールの恩恵を受けていた。

1990年代に、カタール政府は、ドーハの郊外にアル・ウデイド(AL Udeid )空軍基地を10億ドル以上を投下して建設した。

この空軍基地は、この地域では最も技術的に進んだものである、これは2003年以来、サウジアラビアのプリンス・スルタン空軍基地の代替として、米軍の中央司令部となるもので、イラク、アフガニスタン、シリアにおける米軍の全ての作戦はこの基地からコントロールされている。

また火曜日には、エジプトメディアによれば、イランはカタール首長とその王宮を防護するためにドーハにイスラム革命防衛軍を派遣している。

水曜日にはトルコ議会は、エルドアン大統領がカタール政権を守るために軍隊を派遣できる様決定した。(トルコは2014年にカタールとの間で、軍事協力協定を締結)

現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。

そして又、エジプトとサウジアラビアが、アメリカの協力が有っても無くてもカタールを侵略、又は攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する事になる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)>
『カタールの天然ガス輸出先は第1位が日本で全体の約21%』★『イランシンパのカタールを、テロリスト支援国家の役割から全面的に手を引かせる事が今回の国交断絶の主目』
★『コラム:瀬戸際のカタール、事態収拾に元首交代も選択肢』
●『国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由』
★『カタール、LNG契約交渉で日本側に強硬姿勢 権益排除も』
●『イラン、日本への液化石油ガス輸出を停止=通信社』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/25202.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本のメルトダウン(532) 「ニューエコノミーを目指す中国の奮闘」(英FT紙)◎「アメリカで叫ばれ始めた「台湾放棄論」―

 日本のメルトダウン(532)     ◎「荒れる …

no image
日本メルトダウン脱出法(724)「焦点:難民危機が問うEUの真価、再び深まる「東西の亀裂」●「落第」習近平を待つアメリカの評価

 日本メルトダウン脱出法(724) 分岐点迎えた「安倍トレード」、海外勢の円売り …

no image
日本一の「徳川時代の日本史」授業⑧福沢諭吉の語る「中津藩での差別構造の実態」(「旧藩情」)を読み解く⑧

 日本一の「徳川時代の日本史」授業 ⑧   「門閥制度は親の …

no image
日本メルトダウン(908)『イギリス「EU離脱」もし実現すれば世界経済はどうなる?』●『もし第3次世界大戦が起こったら』●『伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪』●『そもそもトランプはなぜ大統領を目指すのか? 背筋がゾッとする、並外れた攻撃性を持つナルシスト』

 日本メルトダウン(908) イギリス「EU離脱」もし実現すれば世界経済はどうな …

203673276754a5e95aef22d0.30777078121972741
知的巨人たちの百歳学(145)『94歳、生涯現役・長寿の達人・生涯500冊以上を執筆、日本一の読書家、著作家』の徳富蘇峰(94)に学ぶ 「わが好きは朝起き、読書、富士の山、律儀、勉強、愚痴いわぬ人」

知的巨人たちの百歳学(145) 再録『94歳、生涯現役・長寿の達人・生涯500冊 …

no image
『1951(昭和26)年とはどんな時代だったのか』 <講和条約、日米安保締結、独立から再軍備の「逆コース」へ>

                                         …

no image
速報(350)『日本のメルトダウン』尖閣問題の一段のエスカレートは避ける』『過去を忘れるものは両目を失う』(ソルジェニツィン)

              速報(350)『日本のメルトダウン』 &n …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬『開戦5ヵ月前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』報道―『開戦の直接原因となった『鴨緑江の竜岩浦(朝鮮領)に軍事基地を建設したロシア』●『英タイムズが報道した『ロシアの極東総督に強硬派のアレクセーエフ提督が就任』

     『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬ 1903(明治3 …

no image
日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉜『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力④』★『児玉参謀次長でさえ、元老会議や閣議から除外されることが多かったので、軍部は国策決定の成否を知り得なかった。』★『児玉参謀次長に日露外交交渉の詳細が知らされなかった日本外交の拙劣ぶり』

日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
日本リーダーパワー史(639) 『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)田中義一はロシア国内を偵察・諜報旅行して、革命家・レーニン、スターリンに接触(?)したのか③

日本リーダーパワー史(639) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)   …