前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>「6/8付『エルサレム・ポスト紙(6/8)のキャロライン・グリック女史副編集長の”カタール紛争を 取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコ』★『現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。 』●『エジプトとサウジアラビアがカタールを攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する』

   

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>

 

『Qatar, Trump and double games』

 (カタールとトランプの表裏の違う行動)

 2017/6/8   Jerusalem Post   By Caroline B. Glick

http://www.jpost.com/Opinion/Column-One-Qatar-Trump-and-double-games-496332

 <F氏のコメント>

 6/8付けのエルサレム・ポスト紙、キャロライン・グリック女史副編集長の ”カタール紛争を

取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコです。

 彼女は、アメリカ生まれのイスラエル人ジャーナリストでワシントンにある安全保障政策に関する研究センターの中東問題担当シニア・フェローでもあります。コロンビア大学卒、1991年にイスラエルに移住しイスラエル国軍(IDF)に入隊、

1996年除隊後、ネタニャフ首相の海外政策アドバイザー助手を務め、2000年には米国ハーバード大学・ケネディスクールの学位を取得。

現在48才。IDF時代にはパレスチナ政府との交渉にも従事。豊富な実戦体験、アメリカ人の学者としての視点と、ユダヤ人としてアラブ、ペルシャと日常対峙する視点から、今回のカタールとサウジグループの衝突について、その解決と終息に向けて考慮すべき事柄は何か?がよく整理されている様に思います。

 人口、高々二百数十万で二十数年前に突如として世界最大のガス田を入手、たちまち一人当たりの国民所得が世界一、ド派手な成金の典型、地続きでサウジと接しペルシャ湾対岸にはイランと、両大国から挟撃、多彩な外交力が問われるところではあります。

 カタールがイランにすっかり取り込まれスンニ派国家への一層の侵食のための重要な橋頭堡と化している、サウジ・スンニ派グループの元にはカタールのアル・サーニー一族に政変でも無ければ戻りそうもない事、

 オバマのサウジ軽視と対イラン軟化政策がカタールのイラン協調を促進し、クリントン財団が言わば私腹を肥やす副産物も生んでいる。

 親イランのカタール現政権を死守するために、イラン革命防衛軍が即王宮警護に駆けつけ、一方ではドーハ郊外のアル・ウデイド米国空軍基地が何事もなく安定稼働している、

この敵対国同士の奇妙な無風均衡状態がカタールの対外的プレゼンスを高めているが、

サウジと湾岸同盟国によるカタール孤立化政策はイランやトルコのカタール支援も始まっており、放置すると失敗する可能性が高く、カタールの今以上の親イラン化を阻止するには米国の仲介と交渉が必須と筆者は言う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Qatar, Trump and double games』

(カタールとトランプの表裏の違う行動)

  2017/6/8   Jerusalem Post   By Caroline B. Glick

> http://www.jpost.com/Opinion/Column-One-Qatar-Trump-and-double-games-496332

以下、記事の概略です。

イスラム社会の安定を脅かすことにおいて、ほぼ疑いなくカタールの役割は、イランに次ぐ働きをしている。

1995年の初頭、パースガス田(世界最大のLNGガス田、が発見され、カタールを急速に世界有数の富裕国に押し上げた。カタール政権はアラブ世界のスンニ派体制に対して、宣伝戦を仕掛けたり、米国の同盟国だと誹謗中傷の宣伝をしたり、テロリズムへの巨額の資金提供をしたりして対抗し始めた。

カタール政府は1996年にアル・ジャジーラを設立した。

中東地域や世界中の何億という家族に放送を届ける汎アラブ民族主義のこの衛星放送局は、スンニ派アラブ世界におけるアメリカの同盟国に敵対し、ムスリム同胞団やそれが産み落とした全てのテロリストグループをサポートし、イランやヒズボラ(レバノン)を助けている。

アルジャジーラは徹底して反イスラエルであり、反ユダヤ人である。

カタールはアルカイダやハマスだけでなくイラクやシリアにおけるイスラム国(ISIS)に親しく関係する民兵に対しても主要な資金供給者となっている。ウィキリークスが発行する2009年からの米国務省情報の中で、米国外交官はカタールが世界最大のテロリズム支援の資金団体であると指摘している。

スンニ派各国は、カタールがイランとの戦略的な提携を放棄することを求めている。各国はカタールがテロリストグループへの財政的支援を打ち切り、自国に滞在するテロリストを追放することを要求している。

ウィキリークスはカタール首長がビル・クリントンに彼の65才の誕生日を祝う贈り物として、クリントン財団に100万ドルの小切手を渡したことを暴露する記録を公にした。カタール政府はクリントン財団に約600万ドルの献金をしたと公表している。

2002年ドーハにブランチを開設したブルッキングズ研究所は、カタール政府からの寄付金という形で、数百万ドルを受け取っていた。

2013年だけでも、カタール政府は1480万ドルをブルッキングズ研究所に寄付している。

国防総省もカタールの恩恵を受けていた。

1990年代に、カタール政府は、ドーハの郊外にアル・ウデイド(AL Udeid )空軍基地を10億ドル以上を投下して建設した。

この空軍基地は、この地域では最も技術的に進んだものである、これは2003年以来、サウジアラビアのプリンス・スルタン空軍基地の代替として、米軍の中央司令部となるもので、イラク、アフガニスタン、シリアにおける米軍の全ての作戦はこの基地からコントロールされている。

また火曜日には、エジプトメディアによれば、イランはカタール首長とその王宮を防護するためにドーハにイスラム革命防衛軍を派遣している。

水曜日にはトルコ議会は、エルドアン大統領がカタール政権を守るために軍隊を派遣できる様決定した。(トルコは2014年にカタールとの間で、軍事協力協定を締結)

現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。

そして又、エジプトとサウジアラビアが、アメリカの協力が有っても無くてもカタールを侵略、又は攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する事になる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)>
『カタールの天然ガス輸出先は第1位が日本で全体の約21%』★『イランシンパのカタールを、テロリスト支援国家の役割から全面的に手を引かせる事が今回の国交断絶の主目』
★『コラム:瀬戸際のカタール、事態収拾に元首交代も選択肢』
●『国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由』
★『カタール、LNG契約交渉で日本側に強硬姿勢 権益排除も』
●『イラン、日本への液化石油ガス輸出を停止=通信社』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/25202.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報「日本のメルトダウン」(512)「除染と線量の問題点と科学的対策」多田順一郎氏(NPO法人放射線安全フォーラム理事)会見動画

 速報「日本のメルトダウン」(512) 「除染と線量の問題点と科学的な …

no image
速報(417)●『安倍外交は粘り腰が必要なところで、オウンゴール。靖国で中韓と紛争を続けるのは愚の骨頂』

 速報(417)『日本のメルトダウン』 ●『安倍外交は柳腰、粘り腰が必 …

no image
日本メルトダウン脱出法(799)「クルーグマン教授からの忠告 「中国だけじゃない。アメリカ経済もまもなく崩壊する。その時、日本は」●「世界一の投資家も警告!波乱の2016年、日本経済はこう激変する 米中独はリスクだらけ!」●「「IoTに取り組むなら社会活動を変える勇気が必要」TRONの父、東大・坂村教授」

   日本メルトダウン脱出法(799) クルーグマン教授からの忠告 「中国だけじ …

no image
速報(158)『日本のメルトダウン』『ジョブズ氏に仰天のマックユーザーの幸福』『中国高速鉄道、海外技術の理解でつまずき』

速報(158)『日本のメルトダウン』 『ジョブズ氏に仰天し続けられたマックユーザ …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(904)『日本企業の男性中心の風土は変わらず、セクハラ被害を訴える女性は全体で43%に上る』

世界/日本リーダーパワー史(904) 日米セクハラ騒動とメディアの戦い &nbs …

no image
『百歳学入門』(210)-再録『白銀に描く100年の夢のシュプール/100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三氏は三浦雄一郎の父』★『「世界一のスキー・ファミリー」の 驚異の 長寿健康実践法とは・』

 2015/03/29「百歳・生涯現役学入門」(108) 息子に受け継がれた10 …

340-v180
日本リーダーパワー史(652) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(45)日清戦争勝利、『三国干渉』後の川上操六の戦略➡『日英同盟締結に向けての情報収集に福島安正大佐をアジア、中近東、アフリカに1年半に及ぶ長期秘密偵察旅行に派遣した』

  日本リーダーパワー史(652) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(45)  …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(118)/記事再録☆『日本の歴代宰相で最強の総理大臣、外交家は一体誰でしょうか ?!』★『 (答え)英語の達人だった初代総理大臣・伊藤博文です』★『●明治4年12月、岩倉使節団が米国・サンフランシスコを訪問した際、レセプションで31歳の伊藤博文(同団副使)が英語でスピーチを行なった。これが日本人による公式の場での初英語スピーチ。「日の丸演説」と絶賛された』★『「数百年来の封建制度は、一個の弾丸も放たれず、一滴の血も流されず、一年で撤廃されました。このような大改革を、世界の歴史で、いずれの国が戦争なくして成し遂げたでしょうか。』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 伊藤博文 (天保十二年~明治四二年) …

no image
速報(412)『
FT紙のミュア・ディッキー前東京支局長の日本サヨナラ講演(動画)』『竹中平蔵、アベノミクスを語る』

 速報(412)『日本のメルトダウン』    &n …