前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー史(825)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊴』戦争に勝つための必要条件は外交、軍事、財政の3本柱の協力一致である。』

   

  日本リーダーパワー史(825)『明治裏面史』 ★ 

 

戦争に勝つための必要条件は外交、軍事、財政の3本柱の協力一致である。

日露戦争ではこの3条件が見事にうまくいったのである。

 日本銀行総裁の任期は五年であった。その当時、期限が到来していたが、日露戦争の切迫で、時の日本銀行を大蔵省化する必要があった。日銀総裁山本達雄は手腕はあるが、官吏の経歴がなく、冷静理論派ではあったが財政の経験はなかった。

 日露戦争の勃発によって、日本銀行を挙げて大蔵省の一局同様にするために、山本総裁の任期満了をとともに更迭する措置をとった。

そこで十月、松尾臣善理財局長

https://www.boj.or.jp/about/outline/history/pre_gov/sousai06.htm/

の働きにより、日本銀行は大蔵省化した。一般社会には知られなかったところで、大蔵省は国を賭してまでも戦う決心をしたのである。

松尾局長を挙げて日銀総裁とし、大蔵省の肚も決った。貨幣や租税の調査に取り組み、財源を得るために煙草専売を行なう必要があるとして橋本圭三郎をヨーロッパに派遣して研究に当らせた。

わが国の財源の増加には、たばこの専売による外はなかったのである。

日露戦争開戦ギリギリの明治36年末に政府は専売を決意した。

 ところで、当時のわが国の海軍力は全く微々たるもので、チリより一万二千トンの軍艦2隻(価格二千万円)を購入するように英国から勧められた。

海軍は強く購入を希望したが、大蔵省には到底、購入できる資金がなく、ロシアがこれを購入する様子が見えたので日英同盟を結んでいたイギリスは好意を以てこれを先に買収した。

わが国がその後、これを譲り受けの交渉をしたが、英国は一度自国の国旗を掲げた以上これを譲渡することはできないと拒絶した。

ところが、日露開戦の1ゕ月前の明治36年12月28日.海軍のヨーロッパ派遣員から

「ブラジルの注文でイタリア・ヴネチィアで建造した価格1600万円の二隻の軍艦がちょうど儀装まで出来たものがある。

もし、日本が買わなければロシアが購入するかもしれない。し機を逸するときは霹国の手に帰するかも知れない。直ちに購入すべし」という緊急電報があった。

海軍は、以前にも軍艦購入が実現せず、ロシアにわたれば日露間の軍艦保有数差はさらに開くので大蔵省に絶対購入するように懇願した。

 しかし、当時大蔵省では、ロンドンにおいてようやく金貨二千万円を確保したのみで、軍艦を購入すれば資金消失の恐れがありとして熟考、躊躇した。

また、もし購入する場合には緊急勅令の発布によるしかなく、発布によって日本の戦意を表明することにもなるとなるとの意見や、逆にこの決意表明によってかえって戦争を避けることが出来るかも知れないとの説もあり、大蔵大臣室で大いに議論を戦わされたということである。

この二隻の軍艦は「日進」、「春日」であった。

 水町袈裟六(みずまち、けさろく、明治24年大蔵参事官に任命され、31年経済状況視察のため、ヨーロッパ各国に出張。36年大蔵省理財局長、40年大蔵次官で財務特派員となる。日露戦争後の外債処理問題で、英・仏両国と交渉。44年退官。その後日本銀行副総裁兼横浜正金銀行頭取。)の話によると、

 12月28日夜九時ごろ電話によって出頭したところ、曾禰 荒助松尾臣善

https://www.boj.or.jp/about/outline/history/pre_gov/sousai06.htm/

 

高橋是清等が集まっており、ロンドンに集積してある金貨2000万円を以て軍艦購入費に充てんとしたが、この金貨は現金にて保護するのは愚であるとし、既に以前にこれを公債に代えて有利に運転していた。

現金としてあるのではないので、日時切迫の折柄、軍艦購入費に充てることが出来ない。止むを得ず外国で高利の借金をして、かろうじて間に合わした、という。

 この頃、政府は、12月中財政上の緊急処分として軍備充実に要する経費と京釜鉄道工事補助金支出のため、1時、借入金をなし、又特別会計に属する資金を繰替使用し、国庫債券を発行することとし、勅令を発布した。

 当時緊急支出を必要とした陸海軍費は、2億5500万円で、これが財源としてほ国庫債券収入1億円、特別会計資金繰替2500万円、1時借入金3000万円を以てこれに充てて、焦眉の急に応ずることとした。

また、12月31日、小村外相は、林董在英公使に訓電して英国外務次官ランスダウン侯に財政上の援助を求めさした。しかし、1月1日、英国当局者より拒否されたと返電があった。

 それより先、「日進」、「春日」の両艦がイタリア・ヴネチィアを出航して以来、ロシア軍艦が常に尾行し、事態が緊迫していたが、英国艦がわが艦を狭んで航行保護したので、砲火を見ずして無事右両艦はわが勢力圏内に入ることが出来た。これはひとえに同盟のタなものであった。

 翌37年1月に至り、談判の結果はますます形勢険悪となり、

遂に23、4日の両日に至り、殆んど破裂となったが、伊藤公は「日進」、「春日」の両艦が2月5日シンガポール港を発し、日本の勢力範関に入るまで談判を長引かすよう尽力したのである。

 

 いよいよ明治37年2月9日、開戦となった。

 

明治天皇は松方正義、井上馨同侯を召されて財政顧問とした。ここにおいて三人の大蔵大臣格の人物が財政顧問となり、松方侯は財政に、井上侯は経済に長ぜられ、特に井上侯は三井、住友等の実業家間に勢力を有し、三井、住友が大蔵省の論議に常に賛成の意を表したのは、専ら井上侯との関係ある故と思われる。

当時民間に於てしきりに曾禰蔵相排斥問題が起った。しかし、松方侯は、この機に臨み大臣を更迭するのは、わが国の弱点を示すものなりとし、若し財政に欠点が生ずるときは、松方侯自らその責任に当る旨を表明し、断固として排斥更迭論に対して反対した。明治天皇も国論統一の御主旨を以て人物の配置に御心を用いられ、誠に妙を得ておられた。

 このようにして挙国一致を得られた。

陸軍は十箇師団を動かすのに要する費用が10億円の計算であり、これは免換券発行を以て充当して戦うより外にはなく、若し党換券の発行が多い時は、物価騰貴し、財政に不況を来たす恐れがある。そのため、免換券発行はするが、直ちに租税公債等によって、この引挙げには注意し、物価騰貴を防ぐことができた。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(300))『北朝鮮の最新動向、金正恩体制はどうなる①』●『韓国北朝鮮の半世紀の政治経済の真実②』

  速報(300)『日本のメルトダウン』 ―国際ジャーナリスト・前田康 …

no image
「集団的自衛権の行使」について、政府の安保法制懇座長代理の国際大学・北岡伸一学長の記者会見(2/24)90分

    「集団的自衛権の行使」について、政府の有識者会議「安 …

no image
日本メルトダウン脱出法(815)「人工知能、「予測」を制する者が世界を制す」●「絵文字フィーバー日本から世界へ」●「「褒めて育てる」でダメになった日本の若者―エセ欧米流が子どもの生命力を歪めた」

  日本メルトダウン脱出法(815) 人工知能、「予測」を制する者が世界を制す …

no image
日本メルダウン脱出法(666)「米中の行く手に待ち受ける「冷たい平和」●「台頭する中国」「「モルヒネ注射」で痛みを忘れる中国経済」

  日本メルダウン脱出法(666) 「米中の行く手に待ち受ける「冷たい平和」台頭 …

no image
日本リーダーパワー史(746)歴代宰相で最強のリーダーシップを発揮したのは第2次世界大戦で、終戦を決然と実行した鈴木貫太郎であるー山本勝之進の講話『 兵を興すは易く、兵を引くのは難しい。』★『プロジェクトも興すのは易く、成功させ軟着陸させるのは難しい』

●『アベノミクスも、クロダミクスも先延ばしを続ければ、 ハードランニング、亡国し …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/『昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップと先見性、国難突破力』 ①『(1945年敗戦)「この敗戦必ずしも悪からず」と勇気と今後の戦略を提示したその国難突破力』★『 (外交の鉄則)「およそ列国間の関係に百年の友なく 又、百年の敵なし、 今日の敵を転じて明日の友となすこと必ずしも 難(むつかし)からず』

2016年2月10日/日本リーダーパワー史(665) 『昭和の大宰相・吉田茂のリ …

no image
日本メルトダウン脱出は可能か(598)『円安と通貨戦争:能力の低い武器』(英エコノミスト誌)★【特別企画】アベノミクスのジレンマ」

       日本メルトダウン脱出は可能か(598 …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
日本敗戦史(52)A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』④「東亜民族指導の資格欠如」(大東亜共栄圏盟主のお粗末)

 日本敗戦史(52) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れ …

no image
速報(350)『日本のメルトダウン』尖閣問題の一段のエスカレートは避ける』『過去を忘れるものは両目を失う』(ソルジェニツィン)

              速報(350)『日本のメルトダウン』 &n …