前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本メルトダウン脱出法(572)☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」◎「2戦連続弾の本田に高評価

      2015/01/01

  

 


日本メルトダウン脱出法(572

本日の一喝!、2喝!―

 

<窮すれば変じ、変じれば通じる、勝っておごれば、負けに通じる。

負けて発奮すれば、勝ちに通じる。人間、過ちは誰でもあるし、

恥じることではない。

過ちを正さないことこそ、真の過ちである。>

 

☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」

◎「2戦連続弾の本田に「美しい動きのゴール」高評価

BBCにツイッターをやらない記者はいらない

●『西洋人から見たら「ご飯=主食」は理解不能!?

 

 

 

☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」
異動や転職で「戻っても必要な人」になるための条件

http://toyokeizai.net/articles/-/48023

 

 

●『香川に最高点「1」「国民的英雄」独紙

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/
p-sc-tp3-20140915-1366897.html

 

◎「2戦連続弾の本田に「美しい動きのゴール」と高評価

 

http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83
%AA%E3%82%A2/2014/09/15/5105894/%EF%BC%92%E6%88%A6%E
9%80%A3%E7%B6%9A%E5%BC%BE%E3%81%AE%E6%9C%AC%E
7%94%B0%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E3%81%AB%E7%BE%8E%E3
%81%97%E3%81%84%E5%8B%95%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%8
2%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E9%
AB%98%E8%A9%95%E4%BE%A1

 

 

 

BBCにツイッターをやらない記者はいらない-
ソーシャル時代のニュースメディア像

http://toyokeizai.net/articles/-/47719

 

 

●『西洋人から見たら「ご飯=主食」は理解不能!?

http://news.livedoor.com/article/detail/9256253/

 

 

 

◎「社長謝罪、朝日新聞はどうして産経新聞に敗れたのか デジタルからの考察

http://blogos.com/article/94298/

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(376)名将・川上操六(48)『日清戦争でロシアの干渉にビクつく幕僚たちを一喝!』

 日本リーダーパワー史(376)   空前絶後の名将・川上操六(48) 北朝鮮の …

no image
日本メルトダウン脱出法(595)●『トピック「錦織圭」のまとめ』◎『メジャー選手が語った大谷翔平の本当 評価に絶句」

    日本メルトダウン脱出法(595) &nbs …

『オンライン動画(30分)★『鎌倉30年カヤック釣りバカ日記公開』-海には毎回、大自然のドラマがあり、サプライズがあるよ」★『青い海、静かな海で富士山を遠くに眺めながらカヤックでゆらり、揺られて太陽光発電で昼寝をすれば最高にリラックス、ハッピーな瞬間がくるよ!』

    2013/06/21 &nbsp …

no image
『大谷翔平「三刀流(打投走)」のベーブ・ルース挑戦物語②』★『2018/04/05 /MLBデビュー戦で,これは[スポーツ界の大事件」を超えて「世界的な事件」であるとはヤンキース4番、アレックス・ロドリゲス選手(現在、野球解説者)のコメントだが、私は「メジャーリーグの星」への奇跡のストーリの始まりではないかと思った』

2018/04/05   2018/04/12記事転載 前坂 …

no image
記事再録/『中国/内モンゴルのゴビ沙漠の不毛の砂漠を300万本のポプラの木を植えてと緑の農地によみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛(97歳)★『中国で、生前銅像が建てられたのは毛沢東と遠山の2人だけで、その台座には「90歳の高齢ながらたゆまず努力し、志を変えなかった」』

    2009/05/06 &nbsp …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑿」ー『日本には元々「情報戦略」という場合の「情報」(インテリジェンス)と『戦略(ストラジティ)』の概念はなかった』★『<明治の奇跡>が<昭和の亡国>に転落していく<戦略思想不在>の歴史を克服できなければ、明日の日本はない』

「戦略思想からみた日清・日露戦争」 「日本人と戦略思考、インテリジェンス」につい …

百歳学入門(149)『百里を行くものは、九十里を半ばにす』 ●『心は常に楽しむべし、苦しむべからず、身はつねに労すべし、 やすめ過すべからず』貝原益軒) 』●『老いておこたれば、則ち名なし』●『功のなるは、成るの日に、成るにあらず』●『 咋日の非を悔ゆるものこれあり、今日の過を改むるものすくなし」(佐藤一斎 )

 百歳学入門(149) 『百里を行くものは 九十里を半ばにす』戦国策 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(226)/日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳(上)」『 松山で下級武士の子として生まれるが、一家離散に』★『海軍軍人になり、日本海海戦で活躍』★『「此一戦」の執筆を空前のベストセラーとなる』★『 日米戦争仮想記「次の一戦」で、匿名がバレて左遷』★『第一次大戦中の欧米へ視察旅行へ、』★『再び大戦終了後の欧州視察へ、思想的大転換、軍備撤廃主義へ』

 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳② &nb …

no image
日本リーダーパワー史(835)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑦』★『日本軍はなぜ強いのかー武士道に根源あり』★『正義の主張も腕力の裏付けなくしては貫徹できない』◎『日本海海戦勝利に狂喜した大統領は「万才!」と 漢字でかいた祝賀文を金子に送る』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑦>  ―「坂の上の雲の真実」ー 『日本軍はなぜ強 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳・徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』➃<下剋上、末端の暴走、中央の統率力不足>

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳   『来年は太平洋戦争敗戦から7 …