前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本メルトダウン脱出法(572)☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」◎「2戦連続弾の本田に高評価

      2015/01/01

  

 


日本メルトダウン脱出法(572

本日の一喝!、2喝!―

 

<窮すれば変じ、変じれば通じる、勝っておごれば、負けに通じる。

負けて発奮すれば、勝ちに通じる。人間、過ちは誰でもあるし、

恥じることではない。

過ちを正さないことこそ、真の過ちである。>

 

☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」

◎「2戦連続弾の本田に「美しい動きのゴール」高評価

BBCにツイッターをやらない記者はいらない

●『西洋人から見たら「ご飯=主食」は理解不能!?

 

 

 

☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」
異動や転職で「戻っても必要な人」になるための条件

http://toyokeizai.net/articles/-/48023

 

 

●『香川に最高点「1」「国民的英雄」独紙

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/
p-sc-tp3-20140915-1366897.html

 

◎「2戦連続弾の本田に「美しい動きのゴール」と高評価

 

http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83
%AA%E3%82%A2/2014/09/15/5105894/%EF%BC%92%E6%88%A6%E
9%80%A3%E7%B6%9A%E5%BC%BE%E3%81%AE%E6%9C%AC%E
7%94%B0%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E3%81%AB%E7%BE%8E%E3
%81%97%E3%81%84%E5%8B%95%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%8
2%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E9%
AB%98%E8%A9%95%E4%BE%A1

 

 

 

BBCにツイッターをやらない記者はいらない-
ソーシャル時代のニュースメディア像

http://toyokeizai.net/articles/-/47719

 

 

●『西洋人から見たら「ご飯=主食」は理解不能!?

http://news.livedoor.com/article/detail/9256253/

 

 

 

◎「社長謝罪、朝日新聞はどうして産経新聞に敗れたのか デジタルからの考察

http://blogos.com/article/94298/

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(707) 安倍首相の<多動性外交症候群>『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し てはならない②『日露首脳会談】プーチン氏、北方領土で日本マネー取り込み「愛国機運」背景に軟化の余地なし』●『北方領土「新たな発想」、局面打開の具体策は見えず「この3年、何も動かず」露ペースに懸念』●『なぜ今、日露首脳会談? 実現に意欲の安倍首相、大局的な狙いを海外メディアが考察 』

日本リーダーパワー史(707) 安倍首相は『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し …

no image
日本天才奇人伝⑤近代の巨人・日中友好の創始者・岸田吟香伝②荒尾精ら情報部員を支援、中国各地で情報収集

日本天才奇人伝⑤       近代の巨人・日中友好の創始者・岸田吟香伝② <陸軍 …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付』★『情報通信の重要性を認識していた福沢』●『朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速にすること』

 ★『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8) 「北 …

no image
知的巨人の百歳学(163)/ー人気記事再録/『笑う門には福来る、ジョークを飛ばせば長生きするよ』★『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』 ③ 吉田首相は五次にわたる内閣で、実数79人、延べ114人の大臣を『粗製乱造』した。その『吉田ワンマン学校」で、「果たしてステーツマン(真の政治家、国士)を何人つくったのか?」

2016/02/10/日本リーダーパワー史(663) 『昭和の大宰相・吉田茂のジ …

59830793154a5ed694ab292.82578910435182873
★『時代を超えたスーパー・ジャパニーズ』◎『192,30年代に『花のパリ』でラブロマンス/芸術/パトロンの賛沢三昧に遊楽して約600億円を使い果たした空前絶後のコスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の華麗な生涯』★『1905年、日露戦争の完全勝利に驚嘆したフラン人は、日本人を見るとキス攻めにしたほどの日本ブームが起きた』

コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上) http://w

no image
知的巨人の百歳学(115)-『100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三(102歳)、長男三浦雄一郎氏(86)の『世界スーパーマン親子の100歳実践トレーニングプログラム』★『 86歳・三浦雄一郎さんの次なる挑戦は→→南米最高峰登頂・滑降へ』

『プロスキーヤ・三浦雄一郎(86歳)と父・三浦敬三(102歳)の百歳超人物語』、 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(8)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑨『日中韓の誤解、対立はなぜ戦争までエスカレートしたか」ー中国・李鴻章の対日強硬戦略が日清戦争の原因に。簡単に勝てると思っていた日清戦争で完敗し、負けると「侵略」されたと歴史を偽造

    2015/11/28 &nbsp …

no image
日本敗戦史(51) A級戦犯徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』③「米英ソ中のリーダーと東條、近衛の指導者との圧倒的な差」

日本敗戦史(51) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れた …

no image
『百歳学入門』(229)-『 ルノアールの愛弟子の洋画家・梅原龍三郎(97)の遺書』★『「葬式無用、弔問、供物いずれも固辞すること。生者は死者のために煩わされるべからず』

『百歳学入門』(229) 洋画家・梅原龍三郎 97歳(1888・3・9~1986 …

ダウンロード.jpgkikuchikann
『リーダーシップの日本近現代史』(207)記事転載/ーお笑い日本文学史『文芸春秋編」①ー直木三十五『芸術は短く、貧乏は長し』 と詠んで『直木賞』に名を残す』●『菊池寛・文壇の大御所を生んだのは盗まれたマントだった。

 2016/02/13 /10お笑い日本文学史『文芸春秋編」 …