前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(739)『大丈夫か安倍ロシア外交の行方は!?』(歴史失敗の復習問題)『プーチン大統領と12/15に首脳会談開催。★『「ロシャに対しては、日本式な同情、理解で 仕事をしたら完全に失敗する。 ロシャは一を得て二を望み、二を得て三を望む国であり、 その飽くところを知らず、このようなものに実力を示さずして 協調することは彼らの思うままにやれと彼らの侵略に 同意するのと同じことだ」 (ロシア駐在日本公使・西徳二郎)』

   

 日本リーダーパワー史(739)

『大丈夫か安倍ロシア外交の行方は!?』

(歴史失敗の復習問題)『プーチン大統領と12/15に首脳会談開催。

  山県・ロマノフ会談でロシャの外交戦略、謀略に『赤子の手を

ひねるようにやられた』原因は!

    前坂俊之(ジャーナリスト)

「ロシャに対しては、日本式な同情、理解で

仕事をしたら完全に失敗する。

ロシャは一を得て二を望み、二を得て三を望む国であり、

その飽くところを知らず、このようなものに実力を示さずして

協調することは彼らの思うままにやれと彼らの侵略に

同意するのと同じことだ」

(当時のロシア駐在日本公使・西徳二郎)

 

 

山県全権の「ノー天気」な腹の中を見て取ったロマノフ外相は、さらに有利な協定にするために踏み込んできた。

「このような原則的な簡単な協約では、これをわざわざ日露議定書として調印するまでもなかろう」と否定して、山県をあわてさせたうえ、

良ければと一言し上で

「朝鮮とロシャが約束して実行した、ロシャ国境(豆満江)から京城(ソウル)に至る間の電信線架設に関する権利(北朝鮮内)を日本も事後承認ではあるが、これを認めたという一項を後に添えてはくれまいか、それだったらロシャとしては議定書に調印してもよい。」(島貫重節『戦略・日露戦争 』原書房 1980年 42-43P)

ただし、この電信仮設承認の調印式は現在多忙なので、今日ここで調印はすることはできないが、日本側が口頭でもみとめていただければありがたい」と一パイ食わせた。

しかし結局は、時間的制約があり、山県全権はせっかく全権の資格を帯びて来て、なにかお土産がないと帰れないという気持ちから、うかうかこのロマノフ提案にのってしまった。

何のことはない、わざわざロシアのニコライ皇帝の大戴冠式に出席して、ロシア側の朝鮮侵略の行動、布石をそっくり認める議定書にサインしたのである。

もともと、ロシアの満州侵略、朝鮮へ併呑を阻止するための山県派遣だったのだが、その交渉下手、弱気のために、一方的にロシアの行為を認める内容となった。

ここにいう弱気の外交、軟弱外交とは『正当な自国の権利を主張せず、相手の主張とたたかわない』ことをいう。

このロマノフ提案に簡単に同意調印してしまったことは、後日批判を受けるはめになった。

結局、この日本側の正当な権利の主張をしない、言葉、態度で示さず、相手ににすぐ迎合する弱腰の態度が、ロシア側のその後の傍若無人の暴走、侵略を一層加速させていく。

ロシャは三国干渉以後、余り急激に日本を怒らせないよう慎重を期していたが、山県全権の軟弱な態度を見て、従来の方針を再確認した。

それは日本を無視して、遠慮なく今後は積極的に施策を進めていくことで、満州問題はロシア・清国の2国間の問題で、日本には関与すべきではないと決定したのである。

日本が旅順を清国に返還する時も、旅順は他のいかなる国にも譲渡をしない約束を清国に迫ったが、『露清密約』、『山県・ロマノフ会談』によってか、ロシアの租借地にされてしまったが、これも山県外交の弱腰にあったのだ。

このようなロシャの外交戦略、謀略に『赤子の手をひねるようにやられた』最大の原因は日本の長期国家戦略の策定とそのためのインテリジェンスが欠如していたためである。

山県こそ陸軍参謀総長、その上の陸軍の最高ポストに座りながら、そのインテリジェンス、外交力は低レベルで、西欧列強にはるかに及ばなかった。

そのための情報と知識がどうしても欠かせないのである。

福島中佐が単騎シベリヤ横断中に露都駐在の日本公使・西徳二郎

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%BE%B3%E4%BA%8C%E9%83%8E

から対ロ戦略(軍事・外交) の奥義をききだした。

西は「ロシャという国に対しては、日本式な同情、理解で仕事をしたら完全に失敗する。ロシャは一を得て二を望み、

二を得て三を望む国であり、その飽くところを知らず、このようなものに実力を示さずして協調することは

彼らの思うままにやれと彼らの侵略に同意するのと同じことだ」

警告していた。

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
片野勧の衝撃レポート(65)戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実「平和利用で世論を変えよ」(下)

片野勧の衝撃レポート(65) 戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印され …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言集(18)『“長”の字に惑わされるな』(松永安左衛門)『雑音を聞き分けよ』(松下幸之助)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集(18)            前 …

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『ノルマントン事件の領事裁判権の弊害ー英国人船長、外国人船員26人は救難ボートで助かり、日本人乗客25人は溺死した』

 『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』 ―『治外法権の国辱的な条約 …

no image
日本リーダーパワー史(287)タフネゴシエーターの大隈重信①英国のパークス公使と堂々と対決して、議論に勝った30歳の大隈

日本リーダーパワー史(287)   <外交ディベート、タフネゴシエータ …

no image
日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳

1 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳 前坂 俊之 (静 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか」②1902(明治35)年2月12日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』 英日間の協約(日英同盟の締結)●同2月13日付「仏ル・タン」『極東で』『

    ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」 …

no image
日本メルトダウンの脱出法(541)『2035年東京は高齢世帯の44%が“おひとり様老人」●「個別」「集団」の区別は世界の非常識」

       日本メ …

no image
野口 恒のグローバル・ビジネス・ウオッチ③『コンテンツ産業で急がれる海外で稼げるビジネスモデルの構築』

野口 恒のグローバル・ビジネス・ウオッチ③   『コンテンツ産業で急が …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉕』『ハゲタカ外資業界で勝負した男を球団社長にした三木谷氏の眼力は見事!』

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉕』 …

no image
『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』

<サンデー毎日1977年9月4日掲載> 『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』 …