前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中北朝鮮150年戦争史(30)『ノース・チャイナ・ヘラルド』(1886(明治19)年9月10日) 『壬午事変・甲申事変と軍拡―朝鮮の中国代表・袁世凱の政治介入の横暴』

      2016/09/13

日中北朝鮮150年戦争史(30)

 

『ノース・チャイナ・ヘラルド』(1886(明治19)910日)

『壬午事変・甲申事変と軍拡―朝鮮の中国代表・袁世凱の政治介入の横暴』

 

最近の朝鮮情勢について,新たに情報が入った。ここ数年,ソウル駐在の中国代表の袁世凱は,好き勝手なことをし,ありとあらゆる方法で,朝鮮政治に介入してきたもようだ。うわさによれば,彼は,朝鮮の王を退位させると言っては脅し.王と臣下を窮地に陥れ,中国から大規模な軍隊を呼び寄せると言って脅迫したそうだ。この脅迫が何週間も続き,王や大臣たちが自分たちの権力と立場に危機感を感じたからには,どこかに助けを求めなかったとしたら,その方が不思議なくらいだ。

事実,彼らは助けを求めており,王とその臣下の何人かが,ロシアに救いを求めた可能性もないとは言えない。

われわれは.朝鮮の宮廷とロシア代表が実際に交渉に臨んだというような話は聞いていないが.すでに交渉に臨んだ可能性はある。だが,もしそうだとしても.脅迫にさらされた王とその臣下をあまり責めるわけにはいかない。ロシアはこうした事態-つまり,袁世凱が今回引き起こしたような事態などには,いつでも手を差し伸べ

られる位置におり.声が届くところ(と言ってもいいと思うが)には,艦隊さえ待機している。ロシアは.朝鮮に介入する機会を王が合法的に与えてくれれば,自己の目的にとって願ってもないことと歓喜することだろう。

このような朝鮮に対する干渉は,中国と日本にとって控えめに言っても,きわめて不満な結果をもたらすだろう。もしロシアが.朝鮮の王を蓑の脅迫から救い出した後で朝鮮の宮廷と国家を信託統治するだけにとどめて,海軍基地にふさわしい港を独占し,多少領土の調整を行うだろうと予想するなら,ロシアを友人として呼び入れた場合の結果をかなり控えめに表現したことになるだろう。

 

だが.中国は.結果がこれほど甚だしくなくとも.国際的な立場がなくなってしまうはずだ。中国は先に,フランスとの間で事件が起きたときに示した決断力と分別によってかちとった評価と立場を失うことになるだろう。もちろん,武力を行使して.ロシアの朝鮮への侵略を阻止することもできるが,中国はそういうまねは絶対にしないだろう。北京の支配者たちは.フランスとの衝突で出費がかさんだ後だけに.財政の面からも,また.人民の窮状の面からも.あと数年は平和を維持しなければならないのを知っているからだ。

 

各地方の財政が底をついている状態では.朝鮮に兵を出すだけの余力がないのはわかっている。それに.ロシア艦隊や,朝鮮北部から進入してくるロシア軍も考慮に入れなければならない。今あげた事柄は,1か月前には,みんな起こり得る状態だったのだ。

この地域の平和をかき乱す元を作り出したのは.ほかならぬソウルの中国代表,袁世凱だったと言わなければならない。袁世凱のために,ソウルと首都近くの沿岸地域の人々の間に強い反中国感情が起こり,その結果,李鴻章が兵隊(人数にして,300人から500人の間)を朝鮮に送り込んだとき,朝鮮の国民は彼らの上陸を拒み,兵は,しかたなく出発地旅順に戻るはめに陥った。

こうして,中国の武力を使って,朝鮮の王を玉座から引きずり降ろそうとした,卑しい中国代表は,自分が呼び寄せた兵が.属国だとみなしていた国に上陸することも認められず,祖国に向かって帰っていくのをみすみす見送ることになったのだ。李鴻章にとっても.総理街門にとっても.これは快いわけがなく,彼らが見下している国の人々によって,そのような辱めを受けたというのは,屈辱でしかなかった。

 

これは,袁世凱の最近の行動がもたらした最初の成果であり,中国が.自国のためにも同じようなことをくり返さないことを願うだけだ。李湾章が.今や,朝鮮の実状を完全に把握し,朝鮮での中国の行動を全面的に見直す必要があると認識しているのは確実だ。

もっとも,今まで述べてきた不測の事態に対処できるというのであれば話は別だが。こうした不測の事態を起こさないためには,朝鮮との友好的で堅実な政策を導入し,それを維持することが必要だ。

先月,ソウルで起きた問題は,ほかならぬ,こういう政策の欠如によるものであり.それを埋めようとする袁世凱のやり方が引き起こしたものだった。この中国代表の行動は,中国の国と国民を,ここ数年の日本の立場と全く同じ立場に陥らせる結果となった。

 

つまり.彼らは,徹底的に嫌われているのだ。朝鮮のような弱体国は,野心あふれた近隣諸国がロを挟む格好の材料になるし,ポート・ラザレフ【永興湾]ほどの港となれば,ロシアのような国を引きつけることになる。もし.朝鮮が,自国の海岸にある重要拠点を手放すぐらいでは,中国代表から受けた侮辱に対する仕返しとして十分ではないと思い込んだならば,中国の政治家にとっては,由々しい事態になろう。

 

もし.中国が,朝鮮との外交で犯した最近の誤りを即刻正さないならば,ロシアのはかにも別の国が,この地域での自国の利益,そして太平洋での自国の利益を守るために,干渉してくる可能性もあろう。

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊺』3/11 『NYT』 Fukushima’s Continuing Tragedy ー福島の継続する悲劇

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊺』 &nbsp …

no image
<一連のオウム真理教事件の全解説>

1 『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事件』東京法経学院出版(2002年7月刊 …

no image
速報(134)『日本のメルトダウン』 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』

速報(134)『日本のメルトダウン』  『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ! …

111
「来日した『21世紀の資本』の著者 トマ・ピケティ氏が日本記者クラブで会見、記者の質問に答えた動画90分」(1/31)

『来日した『21世紀の資本』の著者 トマ・ピケティ氏が日本記者クラブで会見し、記 …

no image
日本リーダーパワー史(640) <ロシア通第一人者の田中義一は日露戦争勝利に貢献。帝政ロシアの封建的軍隊をみて、日本陸軍の「良兵即良民」化に取組み、在郷軍人会を組織した④

  日本リーダーパワー史(640) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(33)  …

no image
日本一の「徳川時代日本史」授業⑥ 福沢諭吉の語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造」(旧藩情)を読む⑥  

 日本一の「徳川時代の日本史」授業 ⑥   「門閥制度は親の …

no image
日本リーダーパワー史(283)大隈重信の伊藤博文論―『外交手腕のない国内政治家は第一流の政治家ではない』

日本リーダーパワー史(283)   <伊藤博文のリーダーシップー 世界 …

no image
世界一の熱血授業を読む(5)まとめ講義『中国近代史入門』辛亥革命百年の真実★―日本人の熱血支援による革命

世界一の熱血授業を読みにいこう(5)   ☆★まとめ講義『中国近代史入 …

no image
日本リーダーパワー史(136) 帝国ホテル・犬丸徹三が関東大震災で示した決断と行動力に見習え

 日本リーダーパワー史(136) 帝国ホテル・犬丸徹三・関東大震災で示した決断と …

no image
日本リーダーパワー史(214)『英タイムズ』が報道した「坂の上の雲」の真実①『ネルソン提督を超えた東郷の偉大な勝利』

日本リーダーパワー史(214) <『英タイムズ』が報道した「坂の上の雲」①> & …