前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(188)』●「とんがったことを」富士フイルム、76歳の変革者 富士フイルムHD会長兼CEO古森重隆氏に聞く』●『ソフトバンクが英ARM買収、過去最大規模3.3兆円IoT強化へ』●『「ポケモンGO」大ヒットに見る、ソニーが敵わない任天堂の強み』●『LINE上場で“1兆円企業”入りも課題は深刻な人材不足』

      2016/07/19

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(188)』

 「とんがったことを」富士フイルム、76歳の変革者

富士フイルムHD会長兼CEO 古森重隆氏に聞く

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

この古森氏の手腕はもっと世上に喧伝されるべきと考えます。

このヒヤリングは大変参考になります。

写真フィルム事業という主力事業がカメラのデジタル

化で「本業消失」という最悪の事態になったが、ヘルスケア、

高機能材料、印刷、医薬 品、医療機械など、

苦境を乗り越えて、多彩な事業展開に成功し、過去最高益を

出せるところまで会社を再建している。

富士フィルムという会社は、小生の経験では、老舗には

珍しく荒々しい侍気質を社風としており、攻撃的で進取の

気性に富んだ社員が多いという印象である。

創業以来のこの大変な難局は、古森氏の様な強烈な

個性とリーダーシップ が無ければ、超克できなかったと思われる。

多忙の中、2007年〜2008年には請われて、

NHK経営委員長にも就 任している。

2008年には、エボラ出血熱の特効薬など、先端医薬品開発

で著名な富山化学を買収して世間を驚かせている。

古森氏は大手老舗企業が本業を毀損した場合、会社再建の手本と

なる様 な大きな足跡を残されており、その経営手腕は特筆に価する。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO04537390W6A700C1000000?channel=DF180320167066 http://style.nikkei.com/article/DGXMZO04537400W6A700C1000000?channel=DF180320167066&style=1

一問一答 ソフトバンク・孫社長「人生で最もエキサイティング」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18H4B_Y6A710C1000000/

ソフトバンクが英ARM買収、過去最大規模3.3兆円 IoT強化へ

http://diamond.jp/articles/-/95975

至宝アームが陥落!イギリス国民の複雑胸中

数少ない世界的テック企業だったのに・・・

http://toyokeizai.net/articles/-/127953

柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

http://modify.forbesjapan.com/articles/detail/12847

「ポケモンGO」大ヒットに見る、ソニーが敵わない任天堂の強み

http://diamond.jp/articles/-/95341?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

LINE上場で“1兆円企業”入りも課題は深刻な人材不足

http://diamond.jp/articles/-/95906

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(335)『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにして読書すればこれをほめる者が多いが、私は子供の読書、勉強は反対でこれをとめている。年齢以上に歩いたとか、柔道、体操がよくできたといえば、ホウビを与えてほめる』

    2012/10/22 &nbsp …

www1111
最高に面白い人物史①人気記事再録★「日本人の知の限界値」「博覧強記/奇想天外/抱腹絶倒」➂九十まで生きて思うよう仕事を完成して、死んだら頭の先から爪の先まで売り払って乞食にいっぱいのましてやると豪語

  2015/05/01   「先生は本 …

no image
日本リーダーパワー史(243)150年かわらぬ日本の派閥政治の根幹<尾崎咢堂の語る首相のリーダーシップとは

日本リーダーパワー史(243)   <尾崎咢堂の語る明治の首相の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(170)記事再録/「プラゴミ問題、死滅する日本周辺海」(プラスチックスープの海化)ー世界のプラゴミ排出の37%は中国、2位のインドネシアなど東南アジア諸国から棄てられた海洋プラゴミは海流によって日本に漂着、日本の周辺海域は「ホットスポット(プラゴミの集積海域=魚の死滅する海)」に、世界平均27倍のマイクロプラスチックが漂っている』

「プラゴミ問題」(日本海はプラスチックスープの海)                …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(97)◎『東京五輪より、原発被災地復興が最優先課題』(10/21)

   池田龍夫のマスコミ時評(97)   …

ダウンロード (1)
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊺★『世界史を変えた男・明石元二郎』-『日露戦争勃発。児玉から「至急、ストックホルムに行き、ロシア反体制革命家を扇動して、ポーランド人と一体となって武力闘争を起こせ」との秘密命令を受けた』★『ロシアの植民地なった周辺各民族の革命家を一堂に集めて組織、資金提供、武器援助をしてロシア革命に火をつけた奇跡の男』★『「明石一人で20万人の兵に相当する」とドイツ皇帝は驚嘆した』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
日本リーダーパワー史(741)『だまされるなよ!安倍ロシア外交の行方』(対ロシア外交は完敗の歴史、その復習問題)●『ロシャに対しては、日本式な同情、理解で 仕事をしたら完全に失敗する。 ロシャは一を得て二を望み、二を得て三を望む国であり、 その飽くところを知らず、このようなものに実力を示さずして 協調することは彼らの思うままにやれと彼らの侵略に 同意するのと同じことだ」 (ロシア駐在日本公使・西徳二郎)』

  日本リーダーパワー史(741)『だまされるなよ!安倍ロシア外交の行 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評 ⑥「集団的自衛権」見直しを—武器輸出三原則緩和の報告書に驚く

  池田龍夫のマスコミ時評⑥「集団的自衛権」見直しを  武器輸出三原則 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(72)』「競争力の源泉は若者のアドベンチャー精神だが、 東大生の保守的現状は」

     『F国際ビジネスマンのワールド …

no image
世界/日本リーダーパワー史(901)米朝会談への参考記事再掲ー『1993、94年にかけての北朝鮮の寧辺核施設疑惑でIAEAの「特別査察」を拒否した北朝鮮がNPT(核拡散防止条約)を脱退したのがすべての始まり』★『米軍はF-117戦闘機で寧辺の「核施設」をピンポイント爆撃し、精密誘導爆弾で原子炉を破壊する作戦を立案した』

2009/02/10掲載 有事法制とジャーナリズム-1993年の北朝鮮核疑惑から …