前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(527)『有言不実行』の安倍首相よりも 「有言実行」「断固行動派の橋下氏のほうが数段と上↑」①

      2015/01/01

  日本リーダーパワー史(527

 

安倍首相と橋下維新の会代表とのリーダーシップ

を比較する①ー

『有言不実行』の安倍首相よりも

「有言実行」「断固行動派の橋下氏のほうが数段と上↑」

<優れたリーダーを選ぶことは核兵器、ミサイルを

つくるよりも難しい。

政治家世襲23世、東大、松下政経塾出身者

が全く使い者にならないのは証明済みでは

ないかー

国士(政治家)になるには学歴ではなく、実力、

修羅場をくぐった人間以外に資格はない・

 

 

 

 

            前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

橋下氏は「へートスピーチ」に対して、自らできる範囲で被害者への補助、在特会との対決にいち早く行動を起こしている。国会議員で役人の作った答弁書(カンニングペーパー)を読み上げるだけで、自己の政治哲学も経綸も全くない連中が多い中で、しかも答弁書の難しい漢字をよみちがえる落第議員が多い中で、橋下氏の「有言スピード断固実行」は称賛に値する断トツの勇気ある、行動派である。

大正デモクラシーを先導した吉野作造(東大法学部教授、後朝日新聞論説委員)と右翼黒龍会との対決を見る思いである。

デモクラシーを唱える吉野に右翼団体は反撃してきた。黒竜会系右翼団体「浪人会」は吉野に弁論決闘を申し込み、大正711月、神田で立会演説会が開かれた。数千人が会場を取り巻き世紀の対決を見守った。

吉野は「国体を破壊するのは浪人会一派ではないか」と論理明快、痛烈に論破した。学生たちは「デモクラシー万歳」を叫んで歓喜し、吉野を胴上げして会場から引き上げた。大正デモクラシーのピークの瞬間である。

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1706

http://maesaka-toshiyuki.com/tag/5598

 

吉野は朝鮮併合とそのごの武断統治に反対の論陣を「中央公論」で展開していた。

橋下氏の怒鳴りあいの対決に対して、とやかく言う政治家マスコミ、、評論家はいつものように、紳士的な対応をなどと、それこそ「有言不実行」みずからは行動しない。いつも時代の風向きをみて「女性議員の登用」「経済界にもそのことを政治が強制という名の要請」をしているが、安倍首相が断固戦い行動すべきは身を切る政治であり、小泉首相が『自民党をぶっ壊す』と叫んだように、現在の老朽化した日本の政治官僚国家、経済体制改革、借金体質財政改革、を築いてきた自民党こそをぶっ壊す行動力を持たねばならない。橋下氏のほうがはるかにリーダーシップもパワーもある。新聞、テレビはなぜだめか。新聞は「永田町のB級田舎芝居」をワンパターンの短い文章で記事にするよりも、全文掲載、テレビも23分の短いビデオではなく、全中継のYOUtubeで行うべきなのだ。ブログ、Youtubeでしか現在の世界の変化はわからないのだ。

 

 

●「橋下大阪市長と在特会会長が「罵り合い」10分間の不毛なバトル
(全文書き起こし)

http://www.bengo4.com/topics/2190/

 

 

 

●『橋下市長:在特会と面談、怒号飛び交い10分足らずで終了

 

http://mainichi.jp/select/news/20141021k0000m
050077000c.html

 

★★<会見動画でのやりとり>

http://mainichi.jp/select/news/20141021k0000m
050077000c.html

 

 

 

 

「閣僚の靖国参拝 自覚と責任欠いている(10/19)」

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/569399.

 

 ●「在    「在特会」と安倍政権の危険な関係(10/15

  

 

池田龍夫(いけだ・たつお)毎日新聞ОB。

 

 

 在特会(在日特権を許さない市民の会)のヘイトスピーチが、国際的な非難を浴びる深刻な事態になってきた。

 「在特会の動きを取り締まる国家公安委員長に、貴女はふさわしくないのではないか」――107日の参院予算委員会で小川敏夫議員(民主党)は、山谷えり子国家公務委員長(拉致問題担当相)が、在特会の関係者と2009年に一緒の写真に納まっていたことが先月発覚した」と追及、これをきっかけに騒ぎが広がっている。

 在特会は、安倍晋三氏が首相就任以前(2009年ごろ)から自民党にシンパシーを抱き、安倍氏らに接触していたという。安倍氏にもその頃、1回会ったと週刊誌が伝えていた。

高市早苗総務相と稲田朋美自民党政調会長が「ネオナチ団体と隣合わせに写る写真が明るみに出た」と複数の海外メディアが報じ、一気に問題が拡大したようだ。

 自民党支持のネット右翼が仕掛けた企みは明らかで、第2次安倍改造内閣への欧米の冷ややかな視線を感じる。

毎日夕刊で、「間接的な影響は『日本売り』にまで及ぶ」との警告する声まである」と、米在住の作家,冷泉彰彦さんの危惧を伝えている。

「アベノミクスの行方に関心を持つ人々は多い。だが在特会や右翼団体と閣僚らの写真の問題は、『安倍内閣は、考え方の非常に古い支持層から送り込まれた議員で構成されている』というメッセージと受け止められた。古い支持層の反発を招く第三の矢(成長戦略)は実行できないだろうとの失望が広がった」と指摘していたが、まさにその通りと思う。

(いけだ・たつお)毎日新聞ОB。

 

 - 人物研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(43)水野広徳による『秋山真之』への追悼文(上)

  噫(ああ)、秋山海軍中将(上)   &nbsp …

mq2
★『鶴岡八幡宮の秋の例大祭は10月6日(日)に開催。恒例の「流鏑馬神事」が午後1時から挙行される。』★『鎌倉流鏑馬の動画ハイライト集の一挙公開、アメイジング!?

鶴岡八幡宮の秋の例大祭は10月6日(日)に開催されるが、恒例の「流鏑馬神事」が午 …

hokusai
『百歳学入門(202)』<100歳社会の手本―葛飾北斎に学ぶ -「創造力こそ長寿力」★『70歳以前に画いたものは取るに足らない。八十歳にしてますます精進し、九十才にして奥義を極め、百才にして神技となり、百才を超えて一点一画を生きているように描きたい』(画狂老人述)

100歳社会の手本―葛飾北斎に学ぶ ―「創造力こそ長寿力」 私は富士山マニアであ …

no image
 日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉑『第一回日露交渉(小村、ローゼン交渉)は両国の満州への「パーセプション(認識)ギャップ」が大きく物別れに終わる、日露開戦4ゕ月前)  

   日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦 …

no image
日本メルトダウン脱出法(572)☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」◎「2戦連続弾の本田に高評価

     日本メルトダウン脱出法(572) 本日の …

kindaichi
★『大爆笑、メチャおもろい日本文学史』⑤『アイヌ「ユーカラ」研究の金田一京助はメチャおもろい』講義は人の3倍の情熱、純情一直線の金田一先生』

  ★『大爆笑、メチャおもろい日本文学史』⑤ 「言語学者・金田一京助」 …

no image
 日本リーダーパワー史(768)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②『我々日本の人民は今日の文明において治にも乱にも殺戮の毒害を見ず、罪を犯さざる限りはその財産、生命、栄誉を全うしているが、隣国の朝鮮を見れば、その野蛮の惨状は700年前のわが源平の時代を再演している』

 日本リーダーパワー史(768) 『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルー …

no image
日本リーダーパワー史 (27) 国家破綻をストップせよー鳩山首相は「戦う総理大臣をめざせ」

  日本リーダーパワー史 (27) 国家破綻をストップー鳩山首相は「戦 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(771)―『トランプ暴風で世界は大混乱、日本の外交力が試される時代を迎えた。日清戦争の旗をふった福沢諭吉の日清講和条約(下関条約)から3週間後の『外交の虚実』(『時事新報』明治28年5月8日付』を紹介する。この後の三国干渉(ロシア、ドイツ、フランス)の恫喝外交、強盗外交に弱国日本は屈した。

    記事再録2017/02/22 日本リーダー …

no image
日本リーダーパワー史(91)日露戦争でサハリン攻撃を主張した長岡外史・児玉源太郎,「ないない参謀本部」のリーダーシップの実態

日本リーダーパワー史(91) 日露戦争でサハリン攻撃を主張した長岡外史・児玉源太 …