前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉕』『ハゲタカ外資業界で勝負した男を球団社長にした三木谷氏の眼力は見事!』

      2015/01/01

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ


◎『ハゲタカ外資業界で大男の米国人を相手に勝負して来た男を球団社長に据える、三木谷氏の眼力は見事!』

「楽天優勝の立役者は、42歳の元外資金融マン

 


●<F国際ビジネスマンのコメント> 


  楽天の社長が、このようなな球団社長人事、「立花陽三氏」のスカウ
  トをやっていたとは。

  ジョーンズ、マギーのスカウトより、この立花氏のスカウトの
  方に興味あります。大学スポーツの花形経験があり、米国ビジ
  ネスの「ど真中」で活躍している現役ビジネスマンを探し当て
  るのは最高難度のヘッドハンティングです。三木谷氏が常日頃
  のビジネス活動の中で、眼を付けていたのか?、ヘッドハンタ
  ーに依頼したのか?前者だと思いますが。

  ハゲタカ外資業界で大男の米国人を相手に勝負して来た男を
  球団社長に据える、三木谷氏の眼力は見事。そして立花氏と星
  野監督の二人三脚による大物MLBプレイヤーのスカウトと球団
  人事の抜本的刷新。野村前監督の遺産を早々に壊して新生楽天
  を再構築スタートさせた星野監督の勇断、などブラッドピット
  主演の映画、マネーボールの上を行く「優勝球団の作り方」の
  バイブルになりそうなストーリーです。

  アメリカンスタンダードを知悉したビジネスマンで、スポーツ
  をこよなく愛し、最下位球団を優勝させた若手球団社長が 
NPB(
日本プロ野球機構)の経営者集団の時代遅れを一掃してくれるのでは?

  楽天が読売巨人軍を日本シリーズで連覇する、常勝球団になることは夢物語
では無さそうです。ここでも、三木谷氏の手腕に刮目

 

◎「楽天優勝の立役者は、42歳の元外資金融マン 」

http://toyokeizai.net/articles/-/20443

 

 

●『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉒』 「本田選手 個力 の件」
新事業を立ち上げるられる人材は数少ない』

http://www.japanesemission.com/detail/1339

 

 

●「地球上最高のクローザー」上原旋風、米球界を席巻

http://nikkan-spa.jp/504621

 - 人物研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(375)まとめー国民必読の教科書・『憲政の神様』尾崎行雄の回顧録を読まずして近現代史を理解できない。

 日本リーダーパワー史(375) (まとめ)ー国民必読の教科書・尾崎行 …

no image
世界が尊敬した日本人★★<1億人のインド不可触民を救う仏教最高指導者・佐々井秀嶺 >★

  世界が尊敬した日本人    1億人のインド不可 …

no image
日本リーダーパワー史(259) 『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、日清、日露 戦争の勝利方程式を解いた川上操六(36)

日本リーダーパワー史(259)  『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、日清、 …

no image
『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』

<サンデー毎日1977年9月4日掲載> 『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録『袁世凱の政治軍事顧問の坂西利八郎(在中国25年)が 「日中親善・衝突・戦争の歴史変転への原因」を語る10回連載』●『万事おおようで、おおざっぱな中国、ロシア人に対して、 日本人は重箱の隅を小さいようじでほじくるような 細かい国民性が嫌われて、対立が戦争に発展したのだ> 現在の日本企業が海外進出する場合の大教訓、警鐘である。

 日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録再録  ――袁世凱の政治 …

無題
日本リーダーパワー史(724)ー『歴代宰相の器比べ』元老・山県有朋はC級宰相①「日本陸軍のCEO」と同時に派閥を作って老害ボスで君臨、政治指導をそっちのけで、趣味の庭づくりに狂熱を傾け,『椿山荘」,「無隣庵」「古希庵」など生涯、9カ所の大別荘、大庭園を造った。①

日本リーダーパワー史(724) 山県有朋天保9年~大正11年 (1838~192 …

no image
知的巨人の百歳学(106)ー農業経済学者・近藤康男(106歳)ー70才の人生の節目を越えて、以後40冊以上の超人的な研究力

睡眠健康法の農業経済学者・近藤康男(106歳)ー70才の人生の節目を越えて、以後 …

no image
  ★5日本リーダーパワー史(781)―『日中歴史対話の復習問題』明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる紛争のルーツは 『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」 との対立、ギャップ』②★「中国側の日本観『日本の行動は急劇過ぎる。朝鮮は末だ鎖国状況で、 日本はともすれば隣邦(清国、台湾、朝鮮)を撹乱し、 機に乗じて奪領しようとする」(李鴻章)』★『現在の尖閣諸島、南シナ海紛争、北朝鮮問題に続く日中パーセプションギャップのルーツの対談』

★5日本リーダーパワー史(781)―   明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年に …

no image
日本リーダーパワー史(708) 日中韓150年史の真実(11) 「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑪<記事再録>『福沢諭吉の「脱亜論」と時事新報の主張に全面的に賛成した』上海発行の英国紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」1884(明治17)年5月2日

  日本リーダーパワー史(708) 日中韓150年史の真実(11) 「 …

no image
  日本メルトダウン( 976)『トランプショックの行方!?』●『[FT]トランプ氏が「レーガン流」から学ぶべき教訓(社説) 財政赤字の規模や中身が問題』◎『トランプ政権で「米軍の日本撤退論」は強まるー米国民にとっては「リアルな選択肢」だ!』●『マイケル・ムーア「トランプは任期4年を全うできない」』●『トランプ氏、習主席との電話会談「なし」、中国「あった」』★『  移民、貿易で強硬姿勢=トランプ次期政権の「100日計画」―オバマケア廃止再考も』★『トランプ氏勝利でも株式相場の見通しなお明るい=バフェット氏』

  日本メルトダウン( 976) —トランプショックの行方!? &n …