前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(415)『インド独立の原点・日本に亡命帰化しインド独立運動を指導したラス・ビハリ・ボース (中村屋ボース』

      2015/01/01

 日本リーダーパワー史(415

グローバルジャパニーズ

『インド独立の原点・日本に亡命,帰化しインド

独立運動を指導したラス・ビハリ・ボース

(中村屋ボース)

<歴史読本(201011月号)に掲載>

 

前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)

 

〔インドの若き革命家 〕

 

 英国からインドが独立する引き金となった男である。英国官憲に追われて日本に亡命、大アジア主義者の頭山満や新宿中村屋の相馬愛蔵・黒光夫妻らの庇護を受け、相馬の長女俊子と結婚、インド独立運動の先頭に立った。日本・インド友好の先駆者である。

 

 ラス・ビバリ・ボースは一八八六年(明治十九) 三月、インド東部のカルカッタ近くで生まれた。父はベンガル政府の役人だった。

一七六五年、英国は東インド会社主導でインドを植民地とした。その徹底した搾取と差別と弾圧に憤ったボースは十五歳で独立運動に立ちあがった。明治三十八年(一九〇五)、日露戦争が日本の勝利に終わる。初めて有色人種が白色人種をやぶったニュースは世界を驚かせ、アジアをふくめた有色人種に大きな希望を与えた。

 

 十八歳のボースも感動し勇気づけられた。その後、営林署長となり、化学薬品に精通して、爆弾作りの技術を磨くなど武力革命のリーダーに成長していった。

 明治四十五年(一九一二)、ボースは武力革命の秘密が発覚したため、単身で英総督府入城直前のハーディング総督に爆弾を投げつけて重傷を負わせた。大正四年(一九一五)二月にはインド全土の兵営の反乱を指揮したが失敗し、英国官憲に追われる身となった。

 

 このため、あこがれの日本に脱出し独立運動を再構築することを決意し同年六月、船に乗りの変名を使って神戸に亡命してきた。

 

〔 東京での亡命生活 〕

 そのころ東京はアジア革命の一大拠点であり、アジアの植民地各国の独立運動家たちの亡命したきていた。清国から追われていた孫文も東京で亡命生活を

送っており、ボースは孫文から日本での庇護役の頭山満、犬養毅らのアジア主義者を紹介されたのである。

 同年十一月、上野精養軒で開かれた在日インド人主催のパーティーでボースが英国の植民地政策を激しく批判する演説を行い、英大使館はボースの拘留と国外退去を日本側に強く要求してきた。

 

 当時、日印協会会長であった大隈重信首相は、日英同盟重視からボースの引き渡しを認めたため、野党やアジア主義者たちは新聞を通じて一斉に反対の声をあげた。

しかし、同年十二月二日を期限として国外退去命令が出された。その期限日までの船便は上海行きしかなく、上海で英国官憲につかまれば処刑される絶体絶命のピンチとなった。

    

 ここで「窮鳥(きゆうちよう)、懐に入るじゃ、オレが助ける」と頭山満が言明。やがて政府もボースの国外退去を撤回したが、英国官憲の追及の手は厳しく、頭山は玄洋社の配下を使ってボースを匿うことにした。そこで国際派の相馬夫妻にボースの隠れ家を依頼し、中村屋のアトリエに庇護することになった。

 

 ボースはその後、頭山らの庇護を受けながら十七回も隠れ家を転々と変え、六年間の地下生活を送った。

 

〔 母国独立への貢献 〕

 この間、ボースとの秘密連絡係を務めたのが相馬の長女・俊子である。頭山はボースの身辺を守るために、キリスト教の教育を受け英語が堪能だった俊子とボースの結婚を望み、二人は大正七年(一九一八)に結婚する。同十二年にボースは日本に帰化して日本人になった。中村屋の重役に就任してインド式の本格的なカレー料理を伝授しながらその後もインド独立運動にまい進した。

 

 二人の間には子供二人ができたが、大正十四年、俊子は二十六歳の若さで急死した。ボースは翌年、アジア民族連盟を組織、アジア各国の独立支援運動に乗り出した。昭和に入って戦雲が急を告げると、青年アジア同盟(昭和八年)、日印交友会(同十一年)、インド独立連盟(同十二年)などを次々に結成した。

 

 昭和十六年十二月に太平洋戦争が勃発するとインド独立連盟、インド独立軍の総統に就任、十八年にボースは病気となって帰国、バトンタッチしたチャンドラ・ボースがインド仮政府首席に就任した。

 

 亡命以来三十年間、日本で母国インドの独立運動に生涯をささげたボ

ースは、インド独立を見ずして昭和二十年(一九四五)一月二十一日、六十歳で病死した。

 それから二年後、昭和二十二年(一九四七)八月にインドはイギリスから独立した。そのキッカケとなったのは、ボースが訓練したインド国民軍を英国が処罰しょうとしたのに反対して全インドの軍隊、学生、労働者が一斉蜂超したためだ。

 昭和戦後、ネール首相などのインド要人が相次いで来日、インド国民の名において中村屋とボースの功績をたたえた。

 

●『日本リーダーパワー史(33)『日本とインドの架け橋』大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース

http://maesaka-toshiyuki.com/detail?id=313


 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

222
日本リーダーパワー史(547)<日本スーパーマン>明治の奇跡「坂の上の雲」忘れられた主人公・川上操六伝(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)①

日本リーダーパワー史(547) ◎<日本のスーパーマン> 『明治維新から1 …

no image
女性学を切り開いた稀有の高群逸枝夫妻の純愛物語

 「国文学」09年4月号に掲載     <結婚とは死にまでい …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑭「朝鮮における日本」(上)「英タイムズ」(明治40年9月27日)

  「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう …

no image
  世界、日本メルトダウン(1029)ートランプ大統領、習近平の注目の米中会談が6日から始まった。『米国で北朝鮮攻撃が議論の的に、日本は備えを急げ ソウルは火の海に、日本も報復攻撃されることは確実』★『北朝鮮攻撃の日は近い?米国で崩れてきた前提とは 米中首脳会談は成果を出せるか(古森義久)。』

 世界、日本メルトダウン(1029)ー トランプ大統領、習近平の注目の米中会談が …

mq2
『鎌倉カヤック釣りバカ/タコ日記』★『大ダコがキス細竿にかかり、船べりに吸着し格闘10分』『大アジ(30㎝)をゲット』★『タコ刺し、タコ料理法を伝授しますよ』』

  2013/07/19  「カヤック釣 …

ダウンロード
『棺を蓋うて』ー冤罪救済に晩年を捧げた正木ひろし弁護士を訪ねて』★『世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝12回連載一挙公開」』

  『棺を蓋うて』ー冤罪救済に晩年を捧げた正木ひろし弁護士を訪ねて 前 …

2
百歳学入門(232)-東京で歩いて百歳めざす<健康長寿階段>ナンバーワンはここじゃよ?ー(答)地下鉄永田町駅です

百歳生涯現役実践入門ー東京の長寿「健康階段」ベストワンはここだよ。 http:/ …

no image
日本リーダーパワー史(663) 『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』③吉田首相は五次にわたる内閣で、実数79人、延べ114人の大臣を『 粗製乱造』した。その『吉田ワンマン学校」で「果たしてステーツマン(政治家)を何人つくることができたのか」

  日本リーダーパワー史(663) 『昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』 ③  …

no image
世界、日本メルトダウン(1018)-『トランプの政策顧問で対中強硬派と言われるピーター・ナヴァロ氏の「米中もし戦わば」(副題「戦争の地政学」を読む」●「米中戦争が起きる確率は「非常に高い」*「中華思想」のエスノセントイズム(自民族優先主義)、日中パーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップ、歴史認識ギャップから対立がエスカレート、戦争が始まる」

世界、日本メルトダウン(1018)   トランプの政策顧問で対中強硬派 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059)>トランプ大統領半年間のお笑い暴走暴言運転の支離滅裂。「ロシアゲート事件」「パリ協定離脱」で世界から見捨てられ空中分解、 墜落過程に入った。

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059) …