前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(104)伊藤博文・歴代宰相では最高の情報発信力があった,英『タイムズ』の追悼文

   

日本リーダーパワー史(104)
伊藤博文・歴代宰相では最高の情報発信力があった
     <英タイムズなどの追悼文で歴史に残る政治家と絶賛>
 
    前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
明治国家を作ったのは伊藤博文。初代総理大臣となり、ドイツに学んで帝国憲法を作り、アジア各国が軒並みヨーロッパの植民地にされている危機的な状況の中で、東洋の1小国の日本がわずか40年で大国ロシアと戦争して勝って西洋列強と肩をならべるまでになった。伊藤の功績は大きい。貧乏百姓の子から総理大臣、初代枢密院議長、朝鮮総督、明治の元老となるなど、豊臣秀吉以来の日本一の出世男である。
 
 その出世の第一の秘密は『英語力』。一八八五年(明治十八)十二月、伊藤は初代総理大臣になったが、その時の総理の条件は「英語力」であった。誰を総理にするか参議の選考会議が開かれた。「これからの総理は赤電報(外国電報のこと)が読める者でない」と井上馨が口火を切り、山県有朋が「そうすると、伊藤君より他にはいないではないか」と賛成。他の参議も反対せずにあっさり決まった。
 伊藤はそれまで英国・ロンドンに半年間滞在しただけの英語力だが、それでも天皇が外国大使と会見する時は、必ず伊藤が通訳をし、その後、英語力はめきめき上達した。
 
明治4年12月、岩倉使節団が米国・サンフランシスコを訪問した際、レセプションで31歳の同団副使・伊藤が英語でスピーチを行った。これが日本人による公式の場での初英語スピーチ。「日の丸演説」と絶賛された。
「数百年来の封建制度は、一個の弾丸も放たれず、一滴の血も流されず、一年で撤廃されました。このような大改革を、世界の歴史で、いずれの国が戦争なくして成し遂げたでしょうか。今日、わが日本の政府、国民の熱望していることは、欧米文明の最高点に達することであります。このために、陸海軍、教育の制度で欧米の方式を採用しており、文明の知識は滔々と流入しつつあります」。新生日本を象徴する若々しいスピーチに万雷の拍手がわき起こった。
 
伊藤は西洋主義の積極的な推進者として、鹿鳴館に入れ込んだ。鹿鳴館では内外の大臣、紳士淑女が集まり、衣裳を凝らし仮装舞踏会が催された。第一次伊藤内閣の時には連日連夜、舞踏会や夜会を自ら主催し「舞踏内閣」と悪口を叩かれた。伊藤は無類の女好きで夜の部では、こうした舞踏会を利用して片っ端から女を口説いた。
 明治二十年四月に首相官邸で主催した派手な大仮装パーティーでは社交界で評判の美人であった戸田氏共伯爵夫人との関係がウワサとなった。伊藤は共伯爵夫人を裏庭の茂みに誘い込んで、乱暴して、いかがわしい振る舞いに及んだとか、夫人が裸足で逃げだしたとか新聞がおもしろおかしく書き立てた。このあと、戸田が全権公使に推挙されると、世論は博文にごうごうたる非難をあびせた。
 
藤博文直話』(小松緑著)の中で、「自分は、立派な家に住みたいとの考えもないし、巨万の財産を貯えたいという望みもない。ただ公務の余暇に芸者を相手にするのが何よりのたのしみだ」と書いている。「自分は生来欲が少なく貯蓄など毛頭考えない。子孫に美田を残すことも悪いことではないが、たいていは『長者三代』でつぶれる場合が多い。しかも、子孫の独立心を失わせ、放蕩癖を残すことになる。たかだか一万や二万のはした金は子孫の考えでどうにでもなるものだ。人にケチといわれてまで貯蓄する必要はない」
 明治四十二年十月二十六日朝、満州・ハルビン駅頭で伊藤博文は韓国人安重根に狙撃されて、六十九年の生涯をとじた。死後残されたものは、尾崎行雄がその安普請にあきれた「槍浪閥」とわずかな刀剣だけだった。元老の井上馨が千三百万円、松方正義が八百万円もの遺産を残したのに比べると、ゼロに等しく「スケェベー人間・博文」の清廉さを表わしていた。
 
19091027日付『英タイムズ』
 
伊藤公爵の殺害
 
当事国日本に次いでは,伊藤公爵の死を悼むに足る理由を持つ国は,日本の同盟国としてのイギリス以外にない。彼は昨日の朝ハルビンの鉄道駅で一朝鮮人によって射殺された。
彼がそのときロシアの蔵相のココグッオフ氏の横に立っていたという事情から,ロシア人は当然ながら屈辱と怒りに満ちている。殺害犯は,はっきりとこの犯罪を実行する目的でハルビンに赴いたと述べている。彼の言によれば,彼の国と,公爵の命令で処刑された彼自身につながりのある人々の復讐を望んだという。
 
彼の動機説明はもっともらしくなくもないものだ。暗殺は長い間,朝鮮の内政の常套的習慣だったし,伊藤公爵が最近朝鮮で統監として演じた偉大な役割によって,彼は朝鮮の非妥協的な分子の激しい憎悪の対象になっていた。この殺害犯の裁判で,彼が壮士として知られる政治的狂信者-朝鮮でも日本でも有名な犯罪者のタイプ-に過ぎないのか,彼の自白から推測できるように,もっと冷静で緻密な計算のできるタイプの悪漢なのかがたぶん判明するだろう。
 
だが,朝鮮人の気質や習慣を知る者にとって,日本の支配に対する彼らの怒りが暗殺に帰結したことは,全く驚くべきことではないが,この暗殺犯が行った犠牲者の選択には,とりわけ残酷な皮肉が感じられるのだ。彼が殺害した政治家は,朝鮮における日本の政策と統治に初めて融和的性格を刻印した人物だったのだ。彼は,すべての真の政治家と同様に,他民族支配は断固として行うべきであり,そうでなければ害悪を生み出すことを知っていた。
 
だが彼はまた,それがどちらにも益をもたらすものになるためには,武力だけに頼ってはならないことも知っていた。彼の前任者たちが朝鮮人に対処する際にあまり柱も高圧的手段だけに頼り過ぎたと,彼は実感していた。
そして彼がその国の統治の責任を負った3年半の間,彼は前任者たちの誤りを正し,前任者たちがつくり出した好ましからざる印象を和らげるのに全力を尽くした。彼は,その人生を大きな諸問題の解決に費やしたが,朝鮮問題についても他の問題と同様に,全く幻想にとらわれることはなかった。
 
彼は,彼の国の朝鮮における任務がつらく長いものになることを覚知していた。だが,最後には,彼が導入し追求したような,賢明かつ穏健で忍耐強い政策が必ず近親人種であるこの民族を味方につけることを確信していた。
 
われわれは日本人の自制心を十分に信頼しているので,彼らがこの極悪人の一撃を受けても,殺害された政治家自身が彼らのために朝鮮で引いた道から逸脱することはないものと信じている。
日本人が彼の追憶のためにささげ得る最も高貴なたむけ.彼らが彼の最も傑出した美徳だったものを分かち持っていることを示す最高の証拠は,彼らの生んだ偉人の中の最大の人物を倒したこの犯罪に動揺することなく,その道を歩み続けることなのだ。
 
 世界がその歴史の中に伊藤公爵を位置づけるには,長い時間の経過を必要とするだろう。われわれはまだ彼の業績のあまりに近くにいるので,その規模も展望も識別することができない。
 
だが今すでに分かるのは,それがこの時代で最も目覚ましい仕事だったことであり,われわれの多くは,それが人類の進歩における最大のものの中におそらく含まれることになるものと直観している。伊藤公爵は,その青年期の初めに,
アジア的で封建的な日本を近代的大国に変革することを志した一握りの人々の中にいた。
 
その驚異的な成果を達成する上で,彼は他のいかなる同志よりもはるかに功績があった。彼の若いときの物語,彼の封建領主によって大君の都に派遣された,憎むべき外国人を神聖な日本の国土から排除する最高の手段として,外国人の武器を研究し-武器の使用法以上に外国人からもっと学ぶべきことがあるとすばやく理解し,この知識を得るために命を賭けて脱出してイギリスに旅し,その知識の根本原理を容易に把握し,それを活用する方法を知っていたという話は,千夜一夜物語の挿話のようだ。
その後には,本国の反動勢力との長い葛藤の,移行と弱さの時期が続くが,それはゴールに到達するためには避けられない時期だった。
 
その時期とその経験によって,伊藤の心と性格において最も顕著な才能が成熱したのだ。彼はその当時得た教訓を決して忘れなかった。彼が最高度に自分のものとしている事実を直視する技を完成させたのはその時期のことだった。
 
彼はこの技を,彼の国の最重要利益がかかった際に発揮できた。例えば1895年にヨーロッパ列強3国が,日本に中国に対する勝利の主要な成果を辞退するよう迫った際に.彼はそれを顕著に発揮したし,ロシアとの戦争の直前にペテルプルグに派遣された際にも,その戦争の終結時の交渉の際にも発揮した。彼はこれを自分の朝鮮政策においても劣らずに目覚ましく発揮したし,また彼
が,自分の国が再生を達成した際の状況と中国が同じ仕事を試みざるを得ない際の状況の違いをはっきりと理解していることにも,それが発揮されていた。
 
 彼は,大人になった最初の数年間に形成されたとりわけ偉大で大切な理想が完全にそして恒久的に実現するのを生きて目にするという最高の幸福を味わった。彼は近代日本の揺籃期を見守り,近代日本が国際的に高い地位に就くのを見た。カブールとは違って,彼は自分の事業が固まりその耐久性に満足を覚える前に早逝しはしなかった。
 
確かに彼は,日本にとりアジアにとり,そして世界にとりそれがどういう結果をもたらすかは見ていない。それは最高の賢者にも分からない秘密であり,それがどういう実を結びどういう実を結ばなかったのかを時が示すまでは,秘密であり続けるだろう。
だがすでにわれわれの多くは,彼の偉大な才能を全く持たないものの,その影響がアジア全体に広がっており,遠からず人類の思想と政治全体に深い効果を及ぼす可能性があることを,十分はっきりと知覚できる。
 
伊藤公爵が創造した国家は,イタリアやドイツが新しいという意味で新しいだけではない。それは独特であり,文明諸国民の伝統の共有財産にこれまで知ら
れていなかった思考習性と理想をもたらすものだ。そのことが,伊藤の業績をかくも重要にし,彼に歴史上の隔絶した地位を約束しているのだ。
 
 
 
  19091027日付『ニューヨーク・タイムズ』

伊藤公爵の殺害

朝鮮人による伊藤公爵暗殺は,彼の命を狙う一連の試みがっいに成功したに過ぎない。この犠牲者は,危険が減じていたと思っていたかもしれないが,おそらくそれが消えたわけではないことを知っていただろう。最近では,伊藤公爵は,朝鮮人に対するより寛大な扱いに賛成していると認められていたし,この半島からの大半の報道は,この寛大な処置によって国民の感情が一般的に和らいでいることを表していた。

 しかし,この暗殺者の行動は愛国心に必然的に鼓舞されたものだとか,日本人が遂行してきた政策への怒りによるものだということすら,確実な想定とはなり得ないだろう。周知のように,朝鮮は,以前の政府のもとで,西洋人の頭脳では把握しがたいほどの腐敗,情実,大衆への圧制によって苦しめられていた。

日本に対する反対の多くが,特権階級を富ませ人民を搾取する手段だった悪弊を,厳しく抑圧したことに起因したのは間違いない。日本人の手法と様
式が厳しく無慈悲ですらあったことは,異論がなくもないが,広く伝えられている。伊藤公爵の暗殺者が特権階級に属していた可能性は非常に高い。

 この老公爵の死が,日本政府が現在直面するさまざまな事柄におけるその政策に深刻な影響を与えることはないだろう。彼は非常に有能な人物で,日本の再編成と,国民を近代生活の諸条件および機会に適応させることに関する偉大な仕事を行った。だがおそらく,彼がその形成に貢献した諸政策は,彼とつながりのあったもっと若い人々によって,途切れることなく遂行されていくだ争う。公爵は・常はアメリカ国民に対する友情と称賛を心から表明していたが,自分が自国の利益と見なすものを他のすべての上に置いたし,最近,満州における平等な権利と機会の維持に関して不安を呼ぶ原因となった処置の立役者とされていた。

死んだとき,彼は,この8月の中国との協約によって生じた関係を弱整する交渉に当たっていたが,これは,わが政府が多少懸念しているものだ。日本の政策の一般的な傾向は,今や間違いなく,非常にはっきりと堅固に確定されているので,これほど有能な老練の政治家が欠けても深刻な影響を受けることはない。
 
 
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰『日本の最も長い日(1945 8月15日)をめぐる攻防・死闘ー終戦和平か、徹底抗戦か②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

no image
人気リクエスト記事再録 『百歳学入門(186 )』-百歳長寿社会へのお手本『世界ベストの画家・葛飾北斎(90歳)の創造力、晩年学こそ長寿力』★『北斎こそ世界を席巻した「ジャポニズム」「ジャパンアニメ」「ジャパンクール」の元祖である』

2011年1月15日執筆<超高齢社会のモデル> 世界ベストの画家・葛飾北斎―90 …

ダウンロード
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊻★『児玉参謀次長が日露開戦と同時に命令したのは満州馬賊をシベリア鉄道の破壊工作に活用する 『特別任務班』の編成で福島に指示した。』★『青木宣純大佐を『特別任務班』隊長に任命』

 ★『明治裏面史』 – 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(152)再録/『知的巨人の長寿学』の牧野富太郎(94)に学べ<植物研究と山歩きで、世界的な植物学者になる>★『学歴差別をものともしなかった「日本の植物学の父」』

   2010/10/31   記事再録 …

no image
日本リーダーパワー史(209)ー太平洋戦争敗戦時の畑俊六陸相(A級戦犯)の「国民に詫びる」

日本リーダーパワー史(209)     <政治家・官僚・リー …

no image
日本リーダーパワー史(278)EUの生みの親・クーデンホーフ・カレルギーの目からウロコの日本論「美の国」

  日本リーダーパワー史(278)   『ユーロ危機、<西欧 …

no image
巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン創業者)の名言/至言/確言百選②●『知と行は同じ。学と労とも同じ。人は何を成すによって偉いのではない。いかに成したかによって価値あるものなのだ』●『新しき考えに対し、実行不能を唱えるのは卑怯者の慣用手段である』

  巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン)の名言、至言、確言百 …

no image
★『地球の未来/明日の世界はどうなる』< 東アジア・メルトダウン(1080)>『トランプ対金正恩の「悪口雑言」で米朝開戦 となるのか?』★『ロケットマン×過去最大級の水素爆弾の実験と応酬』●『「第3次大戦の危機もたらす」有力議員がトランプ氏批判 』

  トランプ対金正恩の「悪口雑言」で米朝開戦 となるのか? 「『HUF …

no image
日本リーダーパワー史(275)欧州連合(EU)の生みの親・クーデンホーフ・カレルギーの「お伽話の国、優雅の国、英雄の国」③

日本リーダーパワー史(275)   『ユーロ危機を考える日本の視点』③ …

no image
日本リーダーパワー史(345『明治の黒幕・三浦梧楼の痛快無比な外交力①」『支那(中国)は事大主義の国である』

日本リーダーパワー史(345)      …