前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界が尊敬した日本人◎「メジャーリーグを制した「野球道」の天才 ・イチローは現代の宮本武蔵なり」

   

  


 
世界が尊敬した日本人

 

◎「メジャーリーグを制した「野球道」の天才

・イチローは現代の宮本武蔵なり」

 

<歴史読本(201101月号)に掲載>

 

前坂 俊之(ジャーナリスト) 

 

 {天才ができるまで 〕

  20109月、イチローは十年連続二〇〇本安打の大リーグ(MBA)新記録を作った。あの小柄な体で、打撃眼、打撃技術、俊足をフルにいかした内安打という「イチローマジック」

を量産し打撃王に輝いた点では、まさに「打撃の発明王」という名がふさわしい。

「天才とは一パーセントのひらめきと九九パーセントの努力である」(エジソン)そのものなのだ。

 

 イチロー(本名は鈴木一朗) は昭和四十八年(一九七三)十月、愛知県西春日井郡豊山町生まれ。小学三年生から、一年間全く休まず三六〇日少年野球に明け暮れ、夜は父と近所のバッティングセンターで時速一四〇キロのボールを打っていた。中学でも二百球以上の打ち込みを毎日欠かさなかった。愛工大名電高校で平成二年に甲子園に左翼手として出場し、同四年ドラフト四位でオリックスに入団した。

 

「音楽の英才教育に一万時間」という法則がある。

 

物心ついた幼児から一日三時間、十年間休むことなく稽古すれば、約一万時間の練習になる。ピアノやバイオリンの世界コンクールに入選する多くが、この手である。イチローはこのスポーツマンのダントツの世界新記録である。日本の武道をさかのぼれば、宮本武蔵が『五輪書』で強調した「鍛錬」が思い浮かぶ。

 

<鍛とは千日の稽古、鎌とは一万日(三十年)の毎日欠かさず>の修行である。

 

〔野球道―アメリカの舞台へ〕

 イチローの野球道は剣をバットにかえた剣豪・宮本武蔵、佐々木小次郎の生まれかわりを見る思いである。オリックスプレイブス入団三年目の平成六年(一九九四)からパリーグ首位打者を七年間続けて、タイトルを総なめにして念願の大リーグに挑戦する。

 

二〇〇一年に入団したマリナーズのキャンプでは「日本の野球は3Aクラス。あの振り子打法でヒットが打てるのか」と監督からも疑問視されたが、いざフタを明けると、いきなりア・リーグ新人王、首位打者(三割五分)、盗塁王(五六回)、新人最多安打記録(二四二本) の鮮烈デビューを飾った。

 

 それから十年。「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」(イチローの言葉)でMBAで革命を起こし次々に金字塔を打ち立てた。

二〇〇四年には、一九二〇年にジョージ・シスラーが記録した年間最多安打記録二五七本を更新して二六二本安打という大リーグ記録を塗りかえる。二〇一〇年には連続十年の二〇〇本安打達成と記録づくめである。

 もともと、MBAのベースボールはベーブルース、タイ・カップ、ハンクアーロン、ボンズらの西欧、中南米出身者の肉体的に秀でた選手たちのホームランを競うパワースポーツだったが、そこにイチローはスピード、テクニック、頭脳、ストレッチを加味して、日本の 「武道」 の進化系の 「野球道」 を吹き込んだ。

 

〔天才バッターは努力・継続の人〕

 

 世界一の記録を作ることは難しい。その記録を伸ばすことはもっと難しい。最高に至難なのは十~二十年と連続してトップを維持することで、天才・イチローは「努力の継続」で頂点に立った。

 

バッターボックスに入る前に必ずおこなうヒザの屈伸、足腰の筋肉のストレッチ、バットを垂直に立てる一刀流の構え、という不変のイチロー流儀は、人間の生き方、仕事術にも通用する方法論なのである。けがをしない身体の入念な管理と筋肉ストレッチを毎日欠かさない。

 

どの分野のプロフェッショナルのトップリーダーになるためのマインド10条件―

 

毎シーズン休まず百五十試合に出場するように心がける。

グローブその他の道具の手入れを丁寧に毎日欠かさない。

試合前後の入念な筋肉トレーニング、バッティング練習も三十年欠かさない。

カレーを常食にする

「(打率でなく)ヒットを一本増やしたいとポジティブに考える。そうすれば打席に立つのがたのしみになりますよ」

「何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では『次の打席が大事だ』と思っていました」

「自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います」

「打てない時期にこそ、勇気をもってなるべくバットから離れるべきです」

「打線が苦しいときには、守備とか走塁で流れをつくるのが野球の基本です」

⑩「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」

 

「野球殿堂」 入りは間違いない。どこまで記録をのばすか、楽しみだ。

 

          (201010月に執筆)

 

 

●「イチロー、「年齢による衰え」の固定観念に挑戦状 
スポーツライター 丹羽政善

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO60897550Q3A011C1000000/

 

 

●「イチローが大切にする「記録」に残らぬプレー 
スポーツライター 丹羽政善

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO54692150V00C13A5000000/

●「本田圭佑「ここでメディアやファンに叩かれてブレるのが一番ダメ」
/日本代表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000016-ism-socc

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集(16) 『“ダム経営”を行え』(松下幸之助)『朝令朝改をせよ』(盛田昭夫)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集(16)            前 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(38)記事再録/『東西冷戦の産物として生れた現行憲法➂』★『 2月 13日、日本側にGHQ案を提出、驚愕する日本政府 』★『予期していなかった憲法草案の突然の提示に日本側は驚愕した。松本蒸治国務相、吉田茂外相らは恐る恐る頁をめくると、天皇はシンボルだとか、戦争放棄とか、一院制などの条項にダブルショックを受けた。』

日本リーダーパワー史(356)                &nbs …

no image
<クイズ『坂の上の雲』>日本史上の最高の軍人は一体誰でしょうかー「秋山真之ではない。参謀総長だった川上操六じゃよ、ホント」①

<クイズ『坂の上の雲』>日本史上の最高の軍人は一体誰でしょうかー「秋山真之ではな …

no image
記事再録/巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン創業者)の名言、至言、確言百選②-『新しき考えに対し、実行不能を唱えるのは卑怯者の慣用手段である』★『知と行は同じ。学と労とも同じ。人は何を成すによって偉いのではない。いかに成したかによって価値あるものなのだ』

 2016年7月13日 /巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史が続く⒂」-『明治維新を点火した草莽崛起の革命家・吉田松陰⑶』★『言葉だけの武士、政治家、学者を最も軽蔑していた』★『辞世の句は「此程に思ひ定めし出立を けふきくこそ嬉しかりける」享年30歳』●『身はたとえ 武蔵の野辺に朽ちぬとも とどめおかまし大和魂』

松下村塾の塾生の松蔭の人格を語る 松陰の性格、人柄は謹厳実直、厳格ではと思われる …

no image
日本リーダーパワー史(30)インドに立つ碑・佐々井秀嶺師と山際素男先生 <増田政巳(編集者)>

日本リーダーパワー史(30)   インドに立つ碑・佐々井秀嶺師と山際素 …

no image
★10・世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「インカ帝国神秘の魔宮『マチュピチュ』の全記録、一挙公開!」水野国男(カメラマン)⑤

    2015/11/02 &nbsp …

no image
記事再録/歴代最高の経済人とは誰か①ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りしたメッセの巨人』三井、三菱、その他の実業家より偉大な財界人・ 社会貢献の偉大な父・大原孫三郎から学ぶ③

歴代最高の経済人は誰か①ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りし …

no image
日本リーダーパワー史(423)『日中韓150年対立史⑨「ニューヨーク・タイムズ」は中国が 侵略という「台湾出兵」をどう報道したか②

 日本リーダーパワー史(423)   ―『各国新聞からみた東 …

no image
日本リーダーパワー史(733) 記事再録『 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言』★『どんな発明発見も他人より一秒遅れれば、もう発明、発見でもなくなる。時間こそすべての生命である』●『頭を使わないと常識的になってしまう、頭を使って〝不常識″に考えろ』

日本リーダーパワー史(733) 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言 ( …