前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(588)史上最強の外交官・小村寿太郎ーその外交力の秘訣は1に胆、2に剛、3に堅実、「ただ誠の一字に尽きる」と述べている。

   

日本リーダーパワー史(588) 

世界が尊敬した日本人(54)

史上最強の外交官・小村寿太郎ー

その外交力の秘訣は1に胆、2に剛、3に堅実と評され、

外交姿勢は「ただ誠の一字に尽きる」と述べている。

 

前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授)

 

今、日本の「リーダーパワー」が問われているが、史上最強の外交官は誰かと聞かれれば、小村寿太郎に指を屈する。外務省の外交史料館の入り口には日本外交に大きな功績を残した陸奥宗光、吉田茂と並んで小村寿太郎の写真が掲げられている。

小村は1855年(安政2)9月に現在の宮崎県日南市に下級武士の子として生まれた。

大学南校(東大の前身)を2番で卒業、20歳で文部省第1回留学生として米ハーバード大学法律学科に留学。卒業後はニューヨークで法律事務所に勤めた後、帰国して司法省に入省、その後、外務省へ転じた。小村は身長143センチしかない病弱な体格で、顔もやせて目も落ちくぼみ、太い眉毛に、濃い髭をはやし「ねずみ公使」「小村チユ一公」と呼ばれた。

こうした肉体的なコンプレックスの上に、父親がつくった約一万五千円もの借金が小村にのしかかった。銀座の一等地の坪単価が五十円という明治二十年頃の大借金で、連日、外務省には借金取りがつめかけた。親友の杉浦重剛らが連帯保証してしのいだが、剛毅な小村は一向に平気で飲み歩き、料亭から外務省に出勤して一週間、全く帰宅しないこともあり、借金は一層脹らんだ。妻はヒステリ一で家庭的な不和も重なった。

三重苦を乗り越えて外交の勉強に打ち込み不屈の精神力を鍛え上げていった。外務省では不遇をかこっていたが、陸奥宗光にその偉才を見いだされて清国の公使に抜擢され、日清戦争の後は駐韓弁理公使、外務次官、駐米・駐露公使を歴任、1901(明治34)年、桂太郎内閣が誕生すると外務大臣に上りつめた。

ここで小村の卓越した外交力が発揮される。

「光栄ある孤立を」を守ってきた超大国英国と弱小国日本が翌年、日英同盟を締結して、世界をアットいわせた。日露戦争中は戦時外交の舵をとり、ポーツマス講和条約では全権大使としてウイッテ・ロシア全権と対決して決裂寸前で「樺太の南半分」割譲という講和をまとめた。

これには、「日本大勝利」の報道で賠償金など過大な期待を持った世論は「国辱外交」「腰ぬけ外交」と大暴発して、日比谷焼き打ち事件を起こした。

しかし、戦争の内実は日本側に兵力、弾薬とも尽きはて、これ以上戦争継続できなかったためで、小村のタフネゴシエーターによって講和を勝ち取ることができたのだが、国民は知る由もなかった。

精魂つくし大病をして帰国した小村を新橋駅で迎えた元老山県有朋、桂太郎首相、山本権兵衛海相らは激昂した民衆から守るため、自ら護衛しながら小村をかばった。

一身は犠牲の覚悟の上という気概にリーダー、国民ともあふれていたのである。講和でやっと手に入れた満鉄の価値がわからず米鉄道王ハリマンに売却の仮調印をしていたこと知った小村は、病を押して奔走して、これを叩き潰して、国益を守り通した。

これだけではない。

小村外相は1911(明治44)年には日米新通商航海条約など各国との不平等条約を改正させ「関税自主権」「治外法権」を回復し、明治以来、念願の「独立主権国家」をやっと実現した。小村の外交力によって日本は、半世紀をかけてアジアの新興国から名実ともに先進国の仲間入りを果たしたのである。

その小村の外交力の秘訣は1に胆、2に剛、3に堅実と評され、自身の姿勢も「ただ誠の一字に尽きる」と述べており、

「政治家は信じて事を断行し,責を一身に負う覚悟がなくてはならない」とリーダーの在り方を述べている。

1911年11月、外交で心身ともにすり減らし清貧の中で56歳で亡くなった。

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(142)再録★『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃『『感情的』か、論理的か』★『中国の漢民族中心の「中華思想」華夷秩序体制)」 ×韓国の『恨の文化』(被害妄想、自虐 と怨念の民族的な情緒)⇔日本の『恥の文化』『ガマン文化』 『和の文化』のネジレとギャップが大きすぎる』

2014/06/17  /月刊誌『公評』7月号の記事再録 中国の漢民族 …

no image
日本リーダーパワー史(611)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界を視察した末広鉄腸の『インテリジェンス』②<西洋への開化主義、『鹿鳴館」の猿まね外交で、同文同種の中国 を排斥し、日中外交に障害を及ぼすのは外交戦略の失敗である>

 日本リーダーパワー史(611) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥ 『188 …

no image
知的巨人の百歳学(138)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳・天才老人の勉強法を見習えよじゃ、大喝!』-儒学者・佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

  2018/04/11    …

no image
日本リーダーパワー史 ⑩ 日露戦争での大山厳、山本権兵衛の軍配問答にみるリーダーシップ

日本リーダーパワー史 ⑩日露戦争での大山厳、山本権兵衛の軍配問答にみるリーダーシ …

no image
日本リーダーパワー史(587)「 中国の沙漠をよみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛」不毛の砂漠は約300万本のポプラの植栽並木と緑の農地によみがえった。

日本リーダーパワー史(587)  世界が尊敬した日本人(51)  中国の沙漠をよ …

無題
★★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『中國革命/孫文を熱血支援した 日本人革命家たち①(16回→31回連載)犬養毅、宮崎滔天、平山周、頭山満、梅屋庄吉、 秋山定輔、ボース、杉山茂丸ら

 ★(再録)日中関係ギグシャクしている今こそ、 振り返りたい『辛亥革命/孫文を熱 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』★『5月の日米首脳会談でトランプが日本を切り捨てる可能性』●『 中朝“血の同盟”にトランプ氏激怒 軍事オプションに障害…「核・ミサイル開発」時間稼ぎ許す恐れも』★『コラム:北朝鮮の金正恩氏、「変心」は本物の可能性』

世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』 5月の日米首脳会 …

113718263554a5e8be57c669.19971778701099590
『リーダーシップの日本近現代史』(158)再録/『幽翁』伊庭貞剛・住友精神を作った経営哲学<三菱財閥・岩崎弥太郎を超えた明治のナンバーワン経営者>『部下を信頼して「目をつぶって判を押さない書類は作るな」』

前坂 俊之(ジャーナリスト) 住友家総理事・伊庭貞剛(1847.弘化4.2.19 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(7)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載81回中、71-81回終)★『『ニューヨーク・タイムズ』仰天論評(日清戦争未来図ー 日本が世界を征服してもらえば良くなる』●『文明化した聡明な日本が世界征服すれば、中国は野蛮なタタール人に征服され続けているよりは、より早く近代化する。 現在ヨーロッパ各国政府の悪政という重荷と各国間の憎悪と不信感という重荷を背負わされている一般民衆は.日本人を解放者と思うようになり,天皇の臣民の中でも最も忠実な臣民となるだろう』

  「日中韓150年戦争史」(71)『ニューヨーク・タイムズ』仰天論評(日清戦争 …

no image
日本リーダーパワー史(517)『「明治大発展の国家参謀・大軍師/杉山茂丸の戦略に学べ①「黒田官兵衛など比較にならぬ」

    日本リーダーパワー史(517) &nbsp …