前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 オンラインW杯カタール大会講座 ①』★『<ドーハの悲劇>から<ドーハの奇跡>へ、ドイツに2-1の逆転勝利』★『第2戦は1-0でコスタリカに敗北し、再び天国から地獄へ』★『スペイン戦が運命の一戦になる!』

      2022/12/04

 

『 オンラインW杯カタール大会講座① 』(11月23日→27日)
  • ドイツに2-1の大金星!

 11月23日、日本(ランキング24位)は、1次リーグ初戦で強豪ドイツ(11位)を2―1で撃破、ワールドカップ史上に残る大金星を挙げた。

私は「ドーハの悲劇」(1993年)前からのサッカーフアンで、W杯の試合を楽しんできたが、この30年間の「悲劇を逆転して奇跡に変えた」Jリーグとその選手たちの躍進と努力、フアンの応援に深い感銘を覚えた。

前半戦は一方的にドイツに押しまくられた。ドイツのポゼッションは72%で、日本は防戦一方で、ヒヤヒヤの連続だった。何とかペナルティーキックの1点でしのいでハーフタイム。私はこれでは得点力のない日本は「3、4-0」で負けるのではないかとみて録画して床に入った。しばらくするとまだTV見ていた妻から大拍手と「キャー!大逆転、大逆転!!」と歓喜の悲鳴が上がった。

後半戦に入り日本はフォーメーションを一挙に4-2-3-1から3-4-2-1へと切り替えた。次々に投入して左から三笘、南野、浅野、堂安、伊東が並び、その後ろに鎌田が構える超攻撃的なシフトに全面チェンジした。

いつもの試合なら森保監督は20分過ぎから選手交代をしていた。ところが、追い込まれた森保監督のスピード決断力と勝利突破力の采配がドイツの鉄壁の壁をぶち抜いた。

選手たちも命がけで燃えていた。前半、ベンチから試合を見守っていた浅野、南野、堂安は「0-1なら行けると3人で話しあい、ピッチに立ったときのことをイメージできていた。」(浅野)

そして、わずか8分間に堂安が同点ゴールを決めると、続いて浅野が起死回生の逆転ゴールを世界一のキーパーの頭越しにぶち込んだ。

ドイツでプレーする鎌田(アイントラハト・フランクフルト)は「前半は彼らをリスペクトし過ぎて臆病に戦っていた。それを森保さんがシステムを(3バックに)変えて自分たちが勇気を持ってプレーできた」と振り返った。

世界最高峰GK・ノイアーを撃破した“ジャイアントキリング”の浅野は4年間の屈辱と執念が「みんなの気持ちが強い分と一緒になってボールに力が乗りうつった」と語る。

浅野のこの4年間の苦闘が実った瞬間だった。前回のロシア大会には出場できなかった。今大会直前の9月には内側側副靱帯(じんたい)を損傷。実戦復帰がかなわないうちのW杯メンバー入りには、批判が寄せられていた。結果でこの屈辱を晴らすぞと決めていた。

堂安(フライブルク)も同じ。「ヨーロッパがアジアをなめているところがあるので、ふざけるな、と見返してやろうって思っていた。その屈辱をバネに「俺が決めるとみんなに公言して自分を鼓舞していた。そのイメージトレーニングをこの4、5日ずっとイメージを持ってホテルで過ごしていた、という。

中継していた英テレビ局ITVの解説者の元スコットランド代表FWのアリー・マッコイスト氏は「アンビリーバボー!! あぁ、なんてことだ。素晴らしいランに、素晴らしいトラップ、そして素晴らしいシュート。センセーショナルなゴールだ」と声をからしながら絶叫し浅野をたたえた。

また同TVでの別の解説者の元アイルランド代表の“闘将”ロイ・キーン氏も、「日本の森保監督の采配は称賛に値する。後半頭にシステムを4バックから3バックに変更して試合の流れを変えた。彼らは知性と素晴らしいクオリティーを見せた。森保監督は8点と採点」し絶賛した。

● 第2戦のコスタリカ戦では1-0で敗北

世界情勢は時々刻々とかわる。私はコスタリカ戦の敗北で悔し涙で眠ったあと、11月28日午前6時に目が覚めてドイツ勝利を予想してスペイン戦を見ると、何と1-1のドローではないか。モロッコ(世界ランキング22位)がベルギー(同2位)に2-0で勝っており、サウジ、日本に次いで3度目の「ドーハの奇跡」をおこしていた。

予想(よそう)は反対から読むと「うそよ」だ。

「Hit or miss」(当たるも八卦当たらぬも八卦)の世界だが、今回の「カタール杯」はなんともエキサイティング(番狂わせ)でスリリングな「アラビアンナイト」物語の連続である。

コスタリカ戦(11月27日)では森保監督の采配は空転した。日本チームの守備型の悪い点が一挙に出た。コスタリカのように引いた固く守るチーム相手には、アジア予選(ベトナム、オーストラリア戦など)でも苦戦していたというのに,ㇲローな横パス、後パスばかりで時間を空費する。「パスは前に出さなければ未来は開かぬ」とのサッカー第一原則に反する。

14本のシュートを打ったが点が取れない。逆に1本のコスタリカはたった1本のシュートで決めた。フィジカル、テクニックでのスピード、ドリブル、突破力、シュート力、自分が決めるという積極果敢な決定力のある選手が少ないという永遠の課題を30年たっても克服できていない。改めてこの「日本病」を痛感した。

日本は12月2日午前4時開始のスペインに勝つか、引き分ければ決勝リーグ進出できる。絶体絶命の総力戦、決戦となる。 

 

 

  •  

 - 人物研究, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(558)アジア開銀(AIIB)参加で安倍外交は「近衛外交の大失敗」の轍を踏んだ。「今からでも遅くない,日本は6月までに参加すべき」である。

 日本リーダーパワー史(558) アジア開銀(AIIB)参加問題は中国外交の大勝 …

no image
速報(329)『日本のメルトダウン』◎『研究会「二大政党と選挙制度のあり方」成田憲彦・駿河台大学教授』ほか8本情報

速報(329)『日本のメルトダウン』   ◎『研究会「二大政党と選挙制 …

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(3)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『韓人の治安妨害』(「時事新報」明治27年4月19日〕』★『 朝鮮国王の指令で次々に4人の刺客を日本に送り込み、 日本の主権を侵し金玉均、朴泳孝の暗殺を実行した』★『朝鮮政府に対し不法なテロ事件の真相を究明し、国際談判を開き、黒白を明にして国家の治安を擁護すべし』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「 …

no image
●日本の最先端技術の「見える化」チャンネル「東京国際ブックフェア」「国際電子出版EXP」「プロダクションエキスポ東京」など開幕

●<日本の最先端技術の「見える化」チャンネル>   新聞記事で読んでも …

no image
速報(461)『オウンゴール国家「日本」の悲喜劇ー『アジアの平和を脅かす日本の失言・失策癖』(FT紙)

 速報(461)『日本のメルトダウン』   ●『オウンゴール …

no image
人気記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』で読む日本近現代史①ー日本についての最初の総括的なレポート<「日本および日本人ー国土、習慣について>

    2012/09/10 の記事   …

no image
『オンライン講座/日本は新型コロナパンデミックを克服できるのか(下)』★『欧米紙はIOCを「ぼったくり男爵」と大批判』★『「無観客大会」へ 会議は踊る、されど決せず』★『「ホテルに缶詰め、食事はカップ麺と欧州選手団から非難殺到」』★『スペイン風邪の苦い教訓』★『「大谷選手の100年ぶりの快挙」』

『オンライン講座/日本は新型コロナパンデミックを克服できるのか(下)』      …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1073)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉③』★『 北朝鮮より大きな危機が、5年以内に日本を襲う可能性』●『ミサイル発射の北朝鮮に圧力だけではダメだ 時間をかけて交渉、環境づくりに努めるべき』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『トランプは日韓で多数が死ぬと知りつつ北朝鮮に「予防攻撃」を考える』★『コラム:米朝開戦時の円相場シナリオ=佐々木融氏』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1073 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』★『5月の日米首脳会談でトランプが日本を切り捨てる可能性』●『 中朝“血の同盟”にトランプ氏激怒 軍事オプションに障害…「核・ミサイル開発」時間稼ぎ許す恐れも』★『コラム:北朝鮮の金正恩氏、「変心」は本物の可能性』

世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』 5月の日米首脳会 …

no image
日本の最先端技術『見える化』チャンネル-★再録『働き方改革EXPO(2008 /7/11、東京ビッグサイト)』でのプレゼンベスト5」★『富士ソフトブースでの「日本マイクロソフトが行った働き方改革」の実践。』

 2018/07/21日本の最先端技術『見える化』チャンネル再録 &n …