前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(479)杉山茂丸の研究⑤ 『日清戦争勝利の陰で陸奥宗光、川上操六、荒尾精を操った<もぐら>

   

   日本リーダーパワー史(479)



<日本最強の参謀は誰か「杉山茂丸」の研究⑤ >

◎『日清戦争の勝利の陰で陸奥宗光、川上操六、

荒尾精を縦横に操った<もぐら>

 

 

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

日清戦争の開戦については明治天皇は反対の意向が強く、伊藤博文首相もそうであった。陸奥宗光外相と川上操六陸軍参謀次長が桶狭間の戦をみならって先手必勝で突っ走ったが、その裏で杉山がマネージメントしていたのである。荒尾精に川上同様に資金を提供し、清国情勢の把握と日清貿易を促進させる用意周到さである。外交、軍部、玄洋社の3位1体の「オールジャパン」体制を築いたのも杉山である。

 

 

●<野田美鴻著『杉山茂丸伝・もぐらの記録』(島津書房、平成4年)の
154P以下によると、

 

 

「明治23年12月、茂丸は荒尾精を知ったようである。さて、この荒尾精

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E5%B0%BE%E7%B2%BE

 

なる人物は尾張の人で陸軍に入り、明治一八年、二八才時に参謀本部附支那課勤務翌一九年春、命により支那における諜報勤務に従事することとなり、上海に渡った。後に叔父甥の契を結んだ26才年長の岸田吟香と出会うのである(これは川上が岸田を紹介している)

 荒尾は岸田の物心両面に亘る支援を受けて漢ロに入り、長江河畔に楽善堂の看板を掲げて支那官憲の眼を逸しながら多数の同志とともに支那全土にわたる活発な諜報活動を展開した。彼はこの任務遂行の間に極東地区に於ける日本の安全獲保には日支間の和平親交こそ最重要政策であって、それには両国間の貿易振興を図るべきだ、と考えるに至った。

http://maesaka-toshiyuki.com/detail?id=590

 

荒尾は明治22年春、兵籍を離脱し、上海に日清貿易研究所

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%B8%85%
E8%B2%BF%E6%98%93%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

 

 

なる学舎を設立して人材養成機関とすることを企画し、その具体案を持って同年四月に帰朝した。帰国した後は首相黒田清隆、蔵相松方正義、農商相岩村通俊、同次官前田正名等を説いて賛同を得るとともに各府県知事に対する紹介状も手に入れて全国遊説に旅立った。

 

福岡に入ったのは、2212月である。荒尾は紹介状を持って安場知事を訪れたようだ。安場は頭山を紹介したことと考えられるし、頭山はまた茂丸を紹介したのであろう。

 荒尾が福岡で講演は玄洋社のバック・アップにより行われたものと考えられる。

 こうして茂丸と荒尾は交友関係を結ぶに至り、いろいろな話しの中で荒尾は茂丸の香港貿易希望を知り、茂丸は荒尾から支那事情の専門知識を吸収し、特に香港情報、広東人で荒尾に好意を持つ人物の所在についても聞き知った。

 

 明治2212月、茂丸は香港を目指して第一回渡航を敢行した。香港での茂丸の行動は始めに荒尾の友人を訪ね、その紹介で英商シーワンと面接、日本炭の輸出を相談したようである。(俗戦157頁)

 

 茂丸は先ず若松港の問屋に狸掘り石炭の集荷を依頼した。

 この狸掘り石炭とは当時、筑豊の全炭山が海軍の管轄下にあった中で、ここに住む農民達が細々と内職的に掘り出した石炭の名称である。また、この集荷に当っては当時既に遠賀川流域における石炭運搬舟を取り仕切る川筋者として大兄貴分となっていた茂丸の幼友達、吉田磯吉

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%A3%AF%E5%90%89

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1157338

 

 

なども大いに助勢したのではなかろうか。

集めた石炭は門司港に停泊中の英国船ベンラワー号に船積みして香港へ.と出航、同地シーワン商会にこれを渡して二八〇〇円の利益を得、内2000円を荒尾に渡した。(俗戦157頁)という」

 

日本リーダーパワー史(128)空前絶後の名将・川上操六

日清戦争前哨戦のインテリジェンス・・<川上の対中国インテリジェンス網>
http://maesaka-toshiyuki.com/detail?id=590

  

日本リーダーパワー史(71) 明治のトップリーダーの素顔は・中江・山県・川上・・・
<頭山
満が語る明治リーダー真の姿>荒尾精が日清貿易研究所を作って金に窮した時、
川上が番町の自宅を抵当にして四千円の金を都合してやったことなどは、誰も知らない>

http://www.toshiyukimaesaka.com/wordpress/?p=2245

 

 

日本リーダーパワー史(257『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、日清、日露
戦争の勝利方程式を解いた稀代の名将・川上操六36http://www.japanesemission.com/detail/680

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(138) 83年前の関東大震災で示した日立創業者・小平浪平のリーダーシップ

 日本リーダーパワー史(138) 大震災とリーダーシップ・日立創業者・小平浪平の …

qqqq
「世界的日本人びっくりクイズ①」<日本の歴史上の人物で、最大の世界的天才とは誰か>南方熊楠こそグローバル・スーパーマンです>

  「世界的日本人びっくりクイズ①」 <日本の歴史上の人物で、最大の世 …

no image
日本リーダーパワー史(859)「アメリカ初代大統領・ワシントン、イタリア建国の父・ガリバルディと並ぶ世界史の英雄・西郷どん(隆盛)ー奴隷解放に取組む」★『奴隷解放』のマリア・ルス号事件がある。

  「世界史の英雄・西郷どんー奴隷解放に取組む」                 …

41DboFLJGZL._AC_US300_QL65_
片野勧の衝撃レポート(82)原発と国家―封印された核の真実⑭(1997~2011) 核抑止力と脱原発 ■東海再処理工場で火災・爆発事故発生ー三谷太一郎氏 (政治学者、東大法学部長、 文化勲章受章者)の証言➀昭和20年6月の岡山大空襲を9歳で体験、 九死に一生を得た。『原発事故は近代日本の挫折である』

  片野勧の衝撃レポート(82) 原発と国家―― 封印された核の真実⑭(1997 …

no image
日本リーダーパワー史(289)「政党政治の父・日本最強の宰相・原敬は藩閥政治の元凶・山県有朋をどう倒したのか①

日本リーダーパワー史(289)   「政党政治の父・日本最強の宰相・原 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(198)』100歳現役学入門― 団塊世代は元気な百歳をめざそう, <健康長寿の秘訣はこれじゃ>『「少くして学べば、則ち壮にして為す有り。壮にして学べば、則ち老ゆとも衰へず。老いて学べば、則ち死すとも朽ちず」(佐藤一斎)』

100歳現役学入門― 団塊世代は元気な百歳をめざそう, <健康長寿の秘訣はこれじ …

no image
日本リーダーパワー史(362)『軍縮・行政改革・公務員給与減俸』など10大改革の途中で斃れたライオン宰相・浜口雄幸

日本リーダーパワー史(362) <昭和史の大宰相のリーダーシップ> &nb …

no image
『百歳学入門』(229)-『 ルノアールの愛弟子の洋画家・梅原龍三郎(97)の遺書』★『「葬式無用、弔問、供物いずれも固辞すること。生者は死者のために煩わされるべからず』

『百歳学入門』(229) 洋画家・梅原龍三郎 97歳(1888・3・9~1986 …

thH190M67T
百歳学入門(149)『百里を行くものは、九十里を半ばにす』 ●『心は常に楽しむべし、苦しむべからず、身はつねに労すべし、 やすめ過すべからず』貝原益軒) 』●『老いておこたれば、則ち名なし』●『功のなるは、成るの日に、成るにあらず』●『 咋日の非を悔ゆるものこれあり、今日の過を改むるものすくなし」(佐藤一斎 )

 百歳学入門(149) 『百里を行くものは 九十里を半ばにす』戦国策 …