前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(103)』「70歳からのパリぶらぶら散歩はステキ!」③―街中を歩くと、 微笑はモナリザだけではないな、と感じました。妙齢のご婦人が微笑で返して来るのです>

   

  『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(103)』記事再録

「パリぶらぶら散歩(4/30-5/3)③―

<パリは歴史的に、街創りに丹精を込めてきた訳で、生活24時間を如何に快適に過ごすか、フランス人の知恵が詰まっています。街中を歩くと、微笑はモナリザだけではないな、と感じました。妙齢のご婦人と目線が合うと、微笑で返して来るのです>

<F氏のコメント>

写真を整理しながら、現場でどんな事を感じていたのか、思い出しています。
凝縮した旅日記を書く作業で、旅情を復習する想いです。

パリは歴史的に、街創りに丹精を込めてきた訳で、生活24時間を如何に快適かつ充実して過ごすか、フランス人の知恵が一杯詰まっている趣です。

2222

ご承知の様に、過去、日本の文人、画家がいつのまにか住み付いてしまった例は枚挙に暇がない訳で、数日見聞するだけで、金があれば1年ぐらい居ても良いな、と思ってしまいます。

京都、NYC、ローマ、ベネチア等なども一日中歩き回っても見飽きない楽しい所ですが、パリは観光客を誘惑して、住民にしてしまうクラブのママの様な魔力があると感じました。

過去、仕事時代に3、4回来ていますが、ビジネスマンの感性ではパリのアンニュイ、魅力的な倦怠感、ボードレールやマラルメ、ランボーが表現したものは分かりませんね。人生の終楽章、これからがパリの真価が分かる時では?

黒人街、ユダヤ人街の広さにもビックリしました。

22222

日本、日本人を、国際比較の中で冷静客観的に評価する、このためにはくたびれますが、欧米にショッチュウ出かける重要性を改めて痛感しました。現地の市民が幸せな表情をしているか?凝視する事です。

街中を歩いていて、微笑はモナリザだけではないな、と感じました。妙齢のご婦人と目線が合うと、微笑で返して来るのです。
当方ももちろん、会釈して笑顔を返すのですが、東洋人にも「ヨウコソ パリへ」の歓迎です。

3333
プラハのカフェでご一緒した40代の素敵な夫婦もそうでした。プラハ生まれ、生粋のチェコ人でしたが、女性の微笑の美しさは、その街の文化のバロメーターでは無いかと思いました。話題の中で、ロシアの名前を出しましたら、途端に表情が一変し、全てが分かりました。

《前坂からの返信ー多言妄語?》

「Fさんの写真エッセイ同感ですね。女性の美しさ、とくにその笑顔は素敵ですね。微笑みの国・タイから日本にきた女性がかって「顔の悪い日本人」という本を出して話題となったことがあります。彼女の第一印象では「日本人はそっけなく表情、笑顔がない、仏頂面の日本人に驚いて、こんな題をつけたということですね。「和顔愛語」という仏教語があるのに、日本は仏教と同時に儒教の影響が強いのではとも感じます。

1111111111111

それに日本で最近一番、気になるのは男も女も老いも若きもマスクをしている人があまりに多いことです。原発の放射能除けか(それならば白いガーゼのマスクなど全く役に立ちませんし)花粉症予防なのか、かぜを引いているのか、紫外線除けなのか、口臭防止なのか、はたまたいったい何のために・、自信がないのかな、顔を隠すなんて、不思議な日本人をかんじますね。

何より「顔は自分の履歴書です」「顔はアイデンティティーの証明、人間の証明なのに」

-ヨーロッパでマスクとサングラスをして、店に入るとギャングか、強盗と間違えられますよね(笑)、ついとりとめもなく・・、次号の期待大!」
4444

 – 湘南海山ぶらぶら日記現代史研究

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★『奥田正行/イタリア料理のスーパーシェフの世界を変えるパスタゆで方と鍋のふり方」の秘伝一挙全公開(40分間)「厨房設備機器展2019」のマルゼンブースでのスーパースチームでの実演デモはスゴイよ!

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 厨房設備機器展2019(2/20、東京ビ …

no image
日本メルダウン脱出法(636)「長生きのための方法論3つ」「中国の話題3つ」など8本

日本メルダウン脱出法(636) 再始動した中国のアンフェアな対日宣伝中東イスラム …

no image
書評/河田宏著「第一次世界大戦と水野広徳」三一書房(1996)★『中野正剛と水野広徳を論議させたところはまるで「三酔人経綸問答」』

書評「図書新聞」(1996年6月15日)掲載 河田宏「第一次世界大戦と水野広徳」 …

★『この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編②』-『台風18号の波はどうか、胸くらいかな(9/15)』★『稲村ヶ崎ビッグサーフィン/上級テクニック学習動画(20分ぶっちぎり)ー台風15号接近中の稲村ヶ崎海岸』

★『この夏の思い出/稲村ヶ崎サーフィン総集編②』 今朝(9/15AM6,50)の …

『リーダーシップの日本近現代史』(172)記事再録/『100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三氏(101歳)は三浦雄一郎のお父さん』★『ギネスブックの百歳冒険家の超人親子』

    2015/03/27 /「百歳・ …

no image
日本メルトダウン(943)『人口減少、移民受け入れ拒否で、あえて死を待つ日本』●『労働人口減と移民受け入れ』●『「日本経済の問題は人口問題」移民受け入れ以外に成長不可能と海外紙』●『誰が「円」を殺したか? これから日本国民が味わう塗炭の苦しみ』●『移民ビジネスの経済効果は20兆円!? 専門家に聞いた』●『若者の精子減少が深刻化、親世代の半分か…原因はサラダ油などの植物油、生殖機能低下』

日本メルトダウン(943) 労働人口減と移民受け入れ https://vpoin

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』150回連載の41回~51回まで』●『『太平洋戦争の引き金を引いた山本五十六のインテリジェンス』★『東條英機自身も仰天した組閣の大命降下ー東條首相誕生の裏側』★『<軍人たちは『戦争責任』『敗戦責任』をどうとったのか、敗戦で自決した軍人は一体何人いたのか』★『無謀な大東亜戦争での日本兵残酷物語の「内務班」<兵士たちは召集令状「赤紙」1枚(1銭5厘の命―現在の値段で約100円)とただ同然で招集』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』 ★『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 & …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(117)「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『 …

no image
日本メルトダウン脱出法(843)『今では「ガイジン」じゃなく「YOU」と言われる、日本は変わったって?ーコリン・ジョイスの「新作」日本論』●『TPPには日本の法体系を破壊する「罠」がある、知的財産権を巡る合意の巨大インパクト』●『EU離脱か残留か、イギリス国民投票の衝撃度ー離脱のリスクを過小評価してはならない』●『「今ない仕事」が作れれば、誰でも第一人者になれる~『「ない仕事」の作り方』

    日本メルトダウン脱出法(843)   今では「ガイジン」じゃなく「YOU …

no image
百歳学入門③ー知的巨人たちの往生術から学ぶ③

  知的巨人たちの往生術から学ぶ③ 前坂 俊之             …