前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(179)記事再録/★ 『本田宗一郎(84歳)』ー画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」★『私は生きていく大きな自信をもったのは貧乏な家に生まれたからだ』★『貧乏はクスリ、人生も企業も、一度貧乏とか不況とか克服すると一層強くなる』

   

  百歳学入門(105)の記事再録

スーパー老人、天才老人になる方法—

本田は74歳の時、フランスの画家シャガール(94歳)の自宅を初めて訪ねた。9シャガールは本田から硯、墨、筆をもらい、喜々としてアトリエに入って、画業に熱中して出てこなかった」ーその姿に本田は感動した。

物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」「好きこそものの上手なれというが、これは未来に続く基本の理念でしょう」(本田の言葉)

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

本田宗一郎【84歳)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%AE%97%E4%B8%80%E9%83%8E

マルク・シャガール【97歳)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

 

本田宗一郎の名言「貧乏はなによりの薬」「人生も企業も、一度貧乏とか不況とか克服すると一層強くなる」

私は私なりに、生きて行くことへの大きな自信をもっている。どうしてそういう自信が生まれたかと書かれれば、やはり貧乏な家に生まれたからだというはかはない。

貧乏だと、結局、自分以外にたよるものがないのだから、丈夫でいこうという自戒と、独立心が当然盛んになってくるわけだ。ふるい言い方だが、やっぱり「貧乏は何よりの薬」だと思う。

したがって、人は貧乏を悲観することはない。貧乏をしてヒネくれてしまっては困るが、しっかり根性をすえて、貧乏をプラスにかえることさえできたら貧乏は一応だれしもやってみるべきである。

人生でも企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。大きくなる。貧乏時代こそ人も事業も将来へ大きく伸びる絶好の準備時代である。貧乏しているが、体だけはピンピンしてる、気持だけはノビノビしてるという奴は、まったく頼もしい。

「物事に熱中できる人間は「創造的な人間になり」長寿となる

「人間が物事に熱中できるということ-」に本田宗一郎は絶対的な人生の価値観を見出していた。「ホンダの経営」はとっくの昔に若手にまかせて、悠々自適し日本画に熱中していた本田は74歳の時の1980年12月、好きなフランスの画家シャガールの自宅を初めて訪ねた。このシャガール邸を訪問した時、20歳も年上ながら94歳のシャガールの若々しく画業に熱中するその姿に強烈なショックを受けた、という。

本田は硯、墨、大小の筆をシャガールへのオミヤゲとして持参した。94歳ののシャガールは思った以上に若々しく。カタシャクとしていた。

シャガール夫妻は、愛想よく本田を応接間に招き入れた。こうした初対面でも本田は生まれつきの「天真爛漫」さで、大声で話し、笑い、泣く「日本人特有の遠慮がち」など態度は全くなかった。欧米人でも少しオーバーに思えるほどの派手なオーバーアクションであいさつした。

そのためか、初対面のシャガールとも、たちまち打ち解けた。通訳の言葉を待つより、本田のアクションジェスチャー、スマイルのほうがシャガールにはストレートに気持ちが伝わったのだろう。

「ムッシュー・ホソダ、私は広重などの浮世絵のラインは素晴らしいものだと思う。広賓は、あなたが私にくれたこういう筆で書いていたのか。これは私にとって、なによりの贈り物だ」

老画家は、本田の贈り物がことのほか気に入った。そうこうしているうちにシャガールは熱心に硯をすりはじめた。やがて嬉々とした足どりで、硯と筆をもって隣接するアトリエに入って行った。

本田は「あんまり喜んでいるので、その場で一枚描いてくれるのか」

と思っていると、シャガール夫人が言った。

「ムッシュー=・ホソダ、ごめんなさい。あの人はアトリエに入るともう出て来ませんよ。いつ出て来るのか、私もわからない。仕事になると食事もなにもないんだから……」

この夫人の言葉に、本田は、はっと我にかえり、すぐに感動がこみ上げてきた。九十四歳となった巨匠が、これほどまでに「仕事に熱中している」生涯現役の姿を目の当たりにみて、ショックを受けたのである。

本田はこの時、現役を引退しており、自分は熱中した仕事に対してはいまや過去形でしか話せなかったが、七十四歳の本田よりも二十歳も年長のシャガールは、仕事についてはまざれもなく「現在進行形、生涯現役」だったのである。

「心の底からシャガールをこの時はうらやましいと思ったね。たしかに、シャガールは俺にさよならも言わずにアトリエに消えた。人によっては、本田さん、シャガールはずいぶん失礼な人だね、と言われるが、俺は絶対にそうは思わない。自分も若いときはシャガールと同じだった。

仕事になれば失礼もへったくれもないよ。三旦二晩、一睡もせず、何も食べずに研究していたことが何回もあった。そのときは夢中だ。自分が生きていることすら忘れてしまう。どうやらメドがついて部屋から出て来ると、初めて眠気と食い気に気がついて、なあんだ俺は生きているんだ、と思うんだな。

そんな経験があるから、シャガールの喜びと夢中になってアトリエに入って行った気持ちが理解できるんだ。俺は誰よりもシャガールを理解できたと思った。シャガールの絵のことは専門家の人々にかなわないが、シャガールという人間についての理解は、俺なりに自信を持ったが、そんなことよりもシャガールが本当にうらやましかったな」

 さて、このあとがいかにも本田らしい。

シャガールがアトリエに入ってしまって、本田宗一郎はシャガール夫人と応接間に取り残されてしまったが、そこでシャガール邸を辞する前に、本田らしいサービスをシャガール夫人に披露した。

本田はいきなり、ソファから立ち上がると、シャガールが筆と硯を手に持って喜んでアトリエに入って行くさまを真似してみせた。あまりにもおどけた本田の姿にシャガール夫人は笑い転げた、という。この物まねジェスチャーは正し言語コミュニケーションをこえた「ボディラングエッジ」(肉体言語)で二人の間には、言葉以上の心が通じ合ったという。

九十四歳のシャガールの姿に本田はよほど感動したのである。

「熱中できるものには二種類ある。趣味でやるのと、なんらかの使命感を持ってやるのとだ。たしかに趣味も熱中できるが、使命感のある仕事の熱中には及ばない」とも語っている。

「策では絶対大きくならん。やっぱり好きこそものの上手なれです。好きなものに情熱を燃やし、仮に燃え尽き灰になったところで、いっこうに後悔しない」

「やっぱり好きじゃなければだめです。好きこそものの上手なれというが、これは未来に続く基本の理念じゃないでしょうか。どこの国に行っても、好きなものでないかぎり絶対だめだと思う。策では絶対大きくならんです。いっペんはふくらむだろうが、絶対ではない。あくまでも中のほうは空気で、炭酸入れてふくらませたようなものです。好きこそものの上手なれ。これはどこにも通用する真理だと思うな。命令されて働くのと、自主的に働くのではまったく違うんです。」

「経営とは何か」と質問されると、本田「俺はハソコさえ押したことがないんだよ、俺に経営なんかわからんよ」と、はにかんで答えたという。

「好きなものに情熱を燃やし、それを持続させる。具体的には子供のころから好きだった〃機械いじり〃を終生しつづけたい、そのためには会社をつくり、大きくして、新しいものへ次々と挑戦していかざるを得ない環境をつくる」 ー 本田にとっては、会社づくり、経営は〃好きなものをやる〃手段だったのである。好きなことに熱中し努力し、精進した結果がたまたま〝成功〃という二文字を手中にしたということなのだ。

<参考、引用 梶原一明著「本田宗一郎 男の幸福論」(PHP研究所.1982年刊)>

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/歴代最高の経済人とは誰か②ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りしたメッセの巨人』~大原孫三郎の生涯①ー『単に金もうけだけの経済人はゴマンとおり、少しも偉くない。本当に偉いのは儲けた金をいかに遣ったかである。儲けた金のすべてを社会に還元するといって数百億円以上を社会貢献に使いきったクラレ創業者・大原孫三郎こそ日本一の企業家

歴代最高の経済人は誰か②ー『大原孫三郎の生涯①   2019 …

no image
日本リーダーパワー史(653) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(46)日清戦争開戦での中国側の対日観『日本の謀略がすでに久しいことを論ず』(申報)➡『中華思想、事大主義」から最後まで脱皮できない中国、この 日中異文化理解ギャップを知らないと何度でも誤る。

  日本リーダーパワー史(653) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
日本リーダーパワー史(202)「第3の敗戦、この国難を突破できるリーダーは革命政治家・橋下徹以外にはいない』

日本リーダーパワー史(202) 「第3の敗戦、この国難を突破できるリーダーは革命 …

no image
知的巨人の百歳学(102)岩谷直治(102歳)の百歳健康長寿の「否凡」経営」』★『長寿経営秘伝10ヵ条』★『子孫のために財を遺す、子孫必ずしもこれを守らず。子孫のために書を遺す、 子孫必ずしもこれを読まず。めいめいのうちに陰徳を積んで遺すに如かず」(司馬温公)』

知的巨人の百歳学(102)岩谷直治(102歳)の百歳健康長寿の「否凡」経営 &n …

no image
百歳学入門(57)スルガ銀行創業者・岡野喜太郎(101歳) 『欲を離れるのが長寿の妙薬』

  百歳学入門(57)   スルガ銀行創業者・岡野喜太郎(101歳)健康長寿法 …

no image
百歳学入門(76)日本長寿学の先駆者・本邦医学中興の祖・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓を実践せよ

 百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養 …

no image
速報(94)『日本のメルトダウン』『日本の原子力発電の将来の形を決めてしまう一知事の力』『ニューヨーク・タイムズ(7/2付)』

       &nb …

no image
「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑦」★『山座円次郎の外交力』●『山座が「伊藤公を叩き殺さにゃいかん」と吠え 伊藤はカンカンに怒った』★『即時開戦論に山本権兵衛海相は「貴様のいう通りだが、戦争には二十億の金が要る、金はどうしてつくるか」と逆襲』

 「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパ …

no image
人気記事再録/「日本興亡150年史―外国人が日本を救う』★『明治の大発展から昭和の戦争敗北が第一の敗戦』★『戦後(1946年)廃墟から立ち上がり独立、奇跡の高度成長で世界第2の経済大国にのし上がるが、一転、バブルがはじけて第2の敗戦へ』★『「少子超高齢人口急減国家」「ゾンビ社会」に明日はない』

2018年6月20日/日本興亡150年史―外国人が日本を救う。 日本はついに移民 …

no image
★「東京モーターショー2013」(11/23→12/1)が東京ビッグサイトで開催ーテーマは「世界にまだない未来を競え」①

                 ★「東京モーターショー2013」(11/23& …