前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 『わしは、過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる』

   

『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』
 
『わしは、過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる
 
                  前坂 俊之
                (ジャーナリスト)
 
 
 
鈴木大拙(1870~1966、95歳、)
 
人間の生命は短い。何万光年という大宇宙の光の世界に比べればまさに一瞬にもならない。「あっ」という間にこの世は終わる。諸行無常。「今日一日」「現在一瞬」の生命。ゆえに「一日一生」である。
 
 中国禅の初祖達磨大師は嵩山の少林寺で面壁九年の歳月が流れた。ここで悟りの境地を開いた。536年10月に、この世を去ったが天寿150歳(?)と伝えられている。
達磨大師は、禅の道を以心伝心の心で門人に示した。万物唯心の一心に立ち、すべて、自心の観念、幻想と見た。
「貪欲に執着する心を離れれば、安心は直ちに得られるが、その安心にも執着してはならない」
 
達磨の悟りとは『緩(かん)・浄(じょう)・善(ぜん)』である。
 
 
①    ゆっくり行け。かたつむり、ゆっくり登れ、富士の山のごとく
②   清浄心でくらせ。貪欲をたち、清く、貧しく
   ―善意の心であたる、無心であれ。
       
 
東洋哲学に詳しいドイツの哲学者、シュプランガーは、「いま、世界に聖者が二人いる。アルベルト・シュバイツァーとダイセツ・スズキである」と言った。
                
 鈴木大拙は、北鎌倉の松ケ岡文庫に住み、あじさいを特に好んだ。90歳を過ぎても、その日常生活はかわらずかたつむりのごとし。毎朝6時前には起き庭に出て草花を愛でる。それから書斎で、朝のうちに四時間は、原稿の執筆を1日も欠かさない。
 
                             
 鈴木大拙はがアメリカで勉強していたころ、「ひじ、外に曲らず」という一語に出合って、電気が走った。
 「アメリカへ行って、ラサールで何か考えていたときに、(ひじ、外に曲らず)という一句を見て、ふっと何かわかったような気がした。うん、これでわかるわい。なあるほど、至極当り前のこと。なんの造作もない。そうだ、ひじは曲らんでもよいわけだ。不自由が自由なんだ」と悟った。
 
明日のことは明日、過去のことはすんだこと、現在のこの一瞬しか存在しない。あすのことをあれこれ心配しても仕方がないのじゃ。死ぬときが来ればだまってしねばよい。にっこり笑って死ねばよい。死を恐れるな。人類いまだかつて死ななかった人はいない。みんなが死んでいるのが、自分一人死ねない訳もない。全員死ぬようにできていることなどを思い煩うな。
 
 鈴木大拙は自然体で生き抜いた。
 
 「わしは、過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる。あれをしなくてはならぬ。これをしなくてはならぬ - とな。わしは、死神と競争で仕事をする。やらねばならぬ、やらねばならぬ」
 
 

 - 健康長寿 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(71)『トマト王』のカゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の長寿健康・経営10訓 ②

 百歳学入門(71) 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」 ・カゴメの …

no image
百歳学入門(94)天才老人NO1<エジソン(84)の秘密>➁落第生 アインシュタイン、エジソン、福沢諭吉からの警告

   百歳学入門(94)  「20世紀最大の天才老人NO1<エジソン( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(60)記事再録/『高橋是清の国難突破力②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 (賀屋興宣の評)

  2013/11/11    …

no image
知的巨人の百歳学(144)/『天才老人・本多静六(85歳)ー「70,80歳になっても元気で創造する秘訣―『人間は老衰するから働けなくなるのではなく、働かないから老衰する』★『② 「忙しさ」が自分を若返らせる、忙しいことほど体の薬はない』

  記事再録/ 2012/05/12/ &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(135)ー昭和天皇(88歳)-『皇太子時代のヨーロッパ青春の旅で、広く世界に目を開き、人格・思想形成の原点となり帝王学の基礎となった。』

  昭和天皇は皇太子時代のヨーロッパ訪問で、広く世界に目を開き、人格・ …

no image
日中韓近代史の復習問題/『現在の米中・米朝・日韓の対立のルーツとしての中国・韓国の外交詐術は変わらない』★『記事再録/日本リーダーパワー史(705) 『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件 <1889年(明治22)>』★『最後の最後の最後まで、引き延ばし、拒否戦術で相手をじらし土壇場にならないと妥協しないのは中国/朝鮮側の常套手段』

  2016/04/24  /日本リーダ …

mq1
★『湘南海山ぶらぶら動画日記』★『2月18日夕方、クリーンな富士山のサンセットを見ようと久しぶりに葉山森戸海岸、石原裕次郎の記念碑までぶらり散歩したよ。かくも美しき世界に心癒される』』

湘南海山ぶらぶら日記         葉 …

no image
日本リーダーパワー史(735) 明治維新150年『明治極秘史』① 『日露戦争の勝因は!―空前絶後の名将・川上操六参謀総長 のインテリェンスー田中義一(後の首相)をロシアに 派遣,徹底調査を命じ、田中は名前を変えてダンスを習い、隊付となって上流貴族と親友となって秘密情報を入手、ロシア革命のレーニンにも接触した。①

日本リーダーパワー史(735) 明治維新から150年、『明治極秘史』① ―日露戦 …

41G9W+aLBFL
☆電子書籍で新刊を出版しました。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅』 (22世紀アート) Kindle版』

☆電子書籍の新刊出版。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅」 (22世紀アート)&n …

default
鎌倉歴史ウオーキングー800年前の面影を唯一とどめる鎌倉古道の名越切通しをぶらり巡礼す』★『名越切通し、第一切通し、ウグイスの初鳴きを楽しむ、道案内してくれる。緑の間から鎌倉武士が出てくる雰囲気だね。』『まんだら堂やぐら群(百数十基の中世の墓群)に強者どもの夢の跡、諸行無常を感じる』

  鎌倉歴史ウオーキングー800年前の面影を唯一とどめる鎌倉古道の名越切通し➀ …