前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑱』『開戦4ゕ月前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』の報道ー『日露紛争ーロシアの行動を正当化するもの』●『日本は急速に経済面でも教育面でも,朝鮮の実質的支配者の地位を占めつつある。すでに実質的に日本のものになっている』★『その日本の進出は,朝鮮における他の国々の利益に対する脅威であり,朝鮮自身に対する脅威だと,日本では考えられていないのだろうか?』

   

 

 1903(明治36)年109

         『英ノース・チャイナ・ヘラルド』

『日露紛争ーロシアの行動を正当化するもの』

  日本政府は現在朝鮮に干渉すべきだと,日本の新聞が強く主張していることは,よく知られている。 当然のことだが,旅順のロシア人社会は,日本の新聞のこのような扇動を不満に感じている。

ノーゲイ・クライ紙は最近の論説の中で,東京の国民新聞の記事を引用している。 その記事は朝鮮をわらぶき小屋にたとえ,この小屋は住人の不注意のために今にも火事になりそうな危険をはらんでおり,隣人がよく面倒を見てやらないと,その出火によって隣人が迷惑を被ることは確実だ,と論じている。

  上に引用したロシア紙によれば,このような日本の新聞の興奮ぶりは,数人のロシア人が最近境線江岸の竜岩浦で一片の土地を賃借したというだけのことに起因しているという。 この竜岩浦問題に入る前に,日本がこれまで朝鮮において演じてきた役割について少々触れてみたい。

日本がまずやろうとしたのは,朝鮮のこれからの世代をつかむことだった。

この目標を念頭に置いて,日本は朝鮮のいたるところに学校を作り,もちろん日本の学習課程を教えさせた。日本がこの壮大な計画を実行するにあたって,すばらしい根気のよさを示したことは,認めなければならない。 この計画が軌道に乗り始めると,次に日本は2つの重要な港,済物浦と釜山を日本化する作業に取りかかった。

これら2港はすでに実質的には日本が所有している。 その時点から現在に至るまで,あらゆる方面で日本の事業が進められてきている。日本は・ソウルー済物浦間の鉄道を建設した。

現在はソウルー釜山間の鉄道を建設中だ。ほぼ18か月以内にはこの鉄道系統が全部開通するが,釜山はその最南端の駅になる。 何千という朝鮮人が日本人に指揮されて鉄道建設の労働に従事している。 船の貨物を直接鉄道貨車に移せるようにするために,埠頭や堤防が建設されつつある。

日本の商人たちは,鉄道の沿線や駅周辺の最良の土地を買い占めた。 駅は港の中心に位置している。同じ地域に,かなりの広さを持っ日本の材木置き場ができあがっている。日本人地区にはあわただしさと活気があふれている。

長く延びた幅広い街路が,すでに土台石で区分されている。その地域で住宅用や店舗用の土地を買うことは,もはや不可能だ。 すでに全部日本人が買い占めたからだ。

朝鮮皇帝はときどき思い出したように,土地を外国人に売ることを禁止する勅令を出すが,この不思議な国では,こうした勅令は順守されないのが当り前になっているようで,日本人への土地売却は相変わらず活発に続けられている。

ソウルでは不動産の3分の1,済物浦では不動産の半分が,日本人の所有に帰している。一一方,そのほかの町における日本人の利益も,これほどではないにしてもかなり重要なものだ。

貧しい朝鮮

朝鮮人は一般的には無一文で,のんきな性格で,ミコーバー氏のように,いっも何かが起こるのを待っている。

そうした場合たいがい日本人の金貸が現れて,何かを期待している朝鮮人に,家や土地を担保に金を貸すのだが,その結果日ならずして,その不運な朝鮮人は追い立てをくらい,日本人は取り上げたその財産を最大限に活用する,という結果になる。

朝鮮の実質的支配者かくして日本は急速に経済面でも教育面でも,朝鮮の実質的支配者の地位を占めつつある。機会があり次第,朝鮮は,すでに実質的に日本のものになっているように,名義上も日本のものになってしまうだろう。そして,この機会が早く来ればよい,というのが.全日本人の熱望なのだ。

竜岩浦事件

  竜岩浦問題に戻如i,日本の新聞は英字紙も日本語紙も,こぞってわれわれに対し正面から十字軍的論陣を張り始めている。 問題になっている朝鮮の村で数人のロシア人が数エーカーの土地を賃借したことを取り上げて,朝鮮の主権を侵害する試みであり,日本の利益に対する脅威だと言う。いや,それだけではない。

これは,朝鮮の独立はおろか,日本の独立まで脅威にさらすものだと言うのだ。 しかし,このような日本人の熱狂的妄想も,竜岩浦問題が純粋に商業的性格のものであることを,うまく覆い隠してはいないと思う。

この賃借に関する協 定が締結されたのは,かなり以前の1896年にさかのぼるが,当時は必要な作業を実行に移すだけの条件が整っていなかった。 しかし現在ある企業がこの利権を引き継ぎ,それを活用しているところだ。

ロシアが侵略行為を行っている。と非難される理由はどこにあるのか?

何千という日本人が釜山から元山までの地域で働いているではないか。 朝鮮半島でのこの恐るべき日本人の進出を,日本の新聞は皆,あらゆる点で厳密に合法的で,安心でき,満足のいくものでは全くないと見なしているだろうか。

その日本の進出は,朝鮮における他の国々の利益に対する脅威であり,朝鮮自身に対する脅威だと,日本では考えられていないのだろうか?

それでも,ロシアの材木商人が朝鮮北部でささやかな事業を始めたら,とたんに日本中の新聞が半狂乱になって,これはロシアの侵略であり戦争を意味するというのだ。 しかも,日本の新聞は,今こそ日本が望みなき、そして力なきは 朝鮮に干渉すべきときだと考えているのだ。

文明の恩恵

 ノーゲイ.クライ紙は次のように言う。 「この陰うつな悲嘆の声すべてに対するわれわれの回答はこうだ。   北部朝鮮におけるロシアの利益が,純粋に平和的なものであることは公平な観察者ならだれでも認めるはずだ。 また、日本の強硬外交論者には.正義と相互尊重の原則にのっとり,隣国に文明の恩恵を平和的に.しかし確実に導入しようという,ロシアの決意を揺るがすことはできないということを付け加えておこう」        

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(11)記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』<1896(明治29)年7月20日付)がみた明治のトップリーダー・伊藤博文の英語力、対外発信力とは

       2010/02/ …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(142)●長谷川如是閑(93歳)の悠々自適とはー「他からわずらわされない悠々自適の暮しが健康法」 ●「老人になって子供に帰ったのではなく、20歳前後から 同じ気持をもちつづけてきていて、それに帰っただけの話」

  2015/08/26/知的巨人たちの百歳学(114) 長谷川如是閑 …

長寿学入門(218)★人気リクエスト記事再録『2025年問題の解決に向けて「団塊世代は元気な百歳をめざそう』★『長生きの秘訣は若い医者や研究者よりも百寿者(センテナリアン)にこそ聴け』★『「おじいちゃん、おばあちゃんの口癖こそ長寿の秘訣の宝箱ですよ』

100歳現役学入門―団塊世代は元気な百歳をめざそう,<健康長寿の秘訣はこれじゃ> …

『タイの新型コロナウイルス(COVID-19)の防止策(周辺国も含めて)についての最新レポート(4/18)公表』★『世界各地から危機感が薄いと言われている日本ですが、確かに海外から見ると、その様に見えます』★『マレーシアのLockdown、インドネシアの大規模行動制限が延長されました(4/25』

 タイの新型コロナウイルス(COVID-19)の防止策(周辺国も含めて …

no image
『巣ごもり動画一挙公開(60分)これを見るだけで現地にはいかないでね!』★『日本の「秘境」を往く』-『熊本県の平家の落人伝説のある五家荘→五木村(五木の子守唄の里)→二本杉五家荘へ」(自然林と大峡谷)へ

日本の「秘境」を往く➊ー熊本県の平家の落人伝説のある五家荘、平家の里、五木村(五 …

日本リーダーパワー史(925)人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い②』★『権力と戦うには組織内ジャーナリストでは不可能とさとり、フリージャーナリストとして個人誌「他山の石」(いまならSNS,ブログ)で戦った』★『言論機関は今、内務省と陸軍省の二重の監督下にある。私たちは『三猿』の世界に棲む。何事も、見まい、聞くまい、しやべるまいむ否、見てはならない。聞いてはならない。しやべってはならない「死の世界」に棲まされている』★『「言論の自由を圧迫し、国民をして何物をもいわしめない。これが非常時なのだ」』★『「畜生道に堕落した地球より去る」と 69 歳で壮絶死』

2010年1月26日  日本リーダーパワー史(34) 日本リーダーパワー史(34 …

no image
日本メルトダウン脱出危うし(834) 『世界の壁』『日本バカの壁』の宴のあとー『あきれた東芝!存亡の危機に瀕してなお「長老支配の強化」に乗り出すとは 大赤字に紛れて、驚くべきことが発表』●『野村克也 清原逮捕に「天才だが考えられないバカ。野球人としての復帰は難しい」●『島尻沖縄北方相「歯舞(はぼまい)群島」読めず」●「英紙がベッキー騒動を報道「日本の芸能界にはびこる性差別」●「東国原英夫、大嫌い「文春」の“ハニートラップ”手法を明かす」

   日本メルトダウン脱出危うし!(835)         『世界の壁』『日本 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(208)ー『2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」「ジャパンウエー」』★『その勝利の秘密はエディー・ジョーンズ前HCのコ―チ学にあり、これはリーダーシップの免許皆伝の書といえる』(上)

  2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」とその秘 …

no image
日本メルトダウン脱出法(761)「高齢者さえ増えなくなる人口減少の新局面でー日本は成長できるか?」●「軽減税率で貧富の格差は拡大するー公明党のポピュリズムは大混乱を招くだけ」●「こうして弾き出される!実体にそぐわない中国のGDP~中国の経済統計』

 日本メルトダウン脱出法(761)   高齢者さえ増えなくなる人口減少 …

知的巨人の百歳学(150)人気記事再録/百歳学入門(59)三井物産初代社長、『千利休以来の大茶人』益田 孝(90歳)『「鈍翁」となって、鋭く生きて早死により,鈍根で長生き』★『人間は歩くのが何よりよい。金のかからぬいちばんの健康法』★『 一日に一里半(6キロ)ぐらいは必ず歩く』★『長生きするには、御馳走を敵と思わなければならぬ』★『物事にアクセクせず、常に平静を保ち、何事にもニブイぐらいに心がけよ、つまりは「鈍」で行け。』

    2012/12/06 &nbsp …