前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(21) 伝説上の100歳以上の長寿者たち(古代から徳川時代まで)

   

百歳学入門(21)
伝説上の長寿者たち(古代から徳川時代まで)
 
 前坂 俊之
(静岡県立大学名誉教授)
 
日本の百歳学研究は最近やっと始まったばかりである。古代から明治まで(明治5年以降は戸籍法により、出生届を出すことを義務付けられたため、年齢の特定が可能となった)の長寿者、百歳以上の特定は難しいが、文献学的にせまったものはいくつか存在する。以下は佐藤峰雄著「百歳を生きるー高齢者の形態・機能に関する調査の記録」(日本出版サービス、1980年刊)よりの「長寿者の記録(日本書紀.柳営目録,兼好公記などより)」である。
1つ1つの出典も明示しておらず、著者も「調査が不完全だが・・」と断ってはいるが、参考までに紹介する。徳川時代までの平均年齢はせいぜい50歳までであり、100歳を超えて長生きした人はほぼ皆無と思われるが、こうした伝説の長寿者が存在したということはそれだけ長寿、不老不死への強い願望が民衆にあったという事であろう。
 
 
<長寿者の記録(日本書紀.柳営目録,兼好公記などより)>
 
 
伝説上の長寿者
 
武内宿彌                  300歳―400歳 
 西天宝掌禅師                  1072歳 
奥州白石の農夫段平(文政12年 )  672歳 
和田安麻呂(廷暦16年)           640歳
妖尼妙椿                       800歳
 
わが国100歳以上の名士たち
 
南天坊                           300歳余 
浅夢和尚                       199歳   
仙 術(享保8年医師)              172歳  
志賀随                         167歳  
教 待(山城円城寺)              162歳
瓦屋能光(日向長輿寺)           163歳
平賀源内(植物学者・劇作家)      156歳
八百姫(八百比丘尼)            800歳
彦火火見尊                     580歳
浦島太郎                        800-8000歳
支那の彰祖                      800歳
 丹羽太郎妻(尾州長久手のひと) 150歳
清丹尼(大石良雄の娘)        144歳
沙門行表(大和高僧)           140歳
基 燈(周防)                  140歳
祐 慶(刀匠大進坊)           138歳
小林勘斉(医師)               136歳
慈眼大師                   132歳  
尾張浜主(伶人)              130歳
渡辺幸奄(武蔵医師)          130歳
杉本一斉                   127歳
仁 境(大和高僧)             127歳
原田覚円(芸州のひと)         121歳
輝山宗珠(三河高僧)          121歳
舜 悦(武蔵高僧)             120歳
一口残人(日光山隠士)        120歳
禅 修(土佐のひと)             119歳
永田徳本(甲斐姓医師)        118歳
源 算(因幡)                   117歳
全 珠(薩摩禅師)             115歳
本阿弥明本                 115歳 
義円艘(画家)                 114歳
寺田正忠 (寺田無禅ともいう)   112歳
森川武左衛門(大阪の俳優)    112歳
珠 鷹(武蔵)                 112歳
栄 松(深川西光寺開祖)     108歳
古結宗軒(松下肥後藩士)     107歳
野馬一道(画家)            102歳
尊 曉(松尾山の寺僧)        101歳
萩野鳩谷                   100歳
伊能一雲(宝蔵院槍法の名人) 100歳
 鬼谷子(ト者)              100歳
 長 円(豊後刀匠)         100歳
秋村専斉(鴻儒)           100歳
常 慶                   100歳
林家正蔵(芸人)           100歳
赤松沙鴎(江戸の儒者)     100歳
 
 
長生きの古文学者・美術家たち
 
〔90歳以上〕
土佐光信,俊成,北斎,周行
 
 
〔80歳以上〕
 
信実,鳥羽僧正,季吟,雲舟,宗長,宗鑑、元信,梅室、貞徳、宗祇、也有,蒼軋、馬琴,定家,兼良,蓼太,兆殿司,湖山,通明
 
〔70歳以上〕
 
紹巴,蘆庵,杏坪,宗因,野披,雅望,秋成・常信・文晁、守武,南海、光起、千代,景樹、一蝶,真淵,鵬斉,探幽,巣林,宣長・千蔭、心敬、其碩
 
 
 
 
 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
最高に面白い人物史⑥人気記事再録★「米国初代大統領・ワシントン、イタリア建国の父・ガリバルディと並ぶ世界史の英雄・西郷隆盛のリーダーシップに学ぶ。ー『奴隷解放』のマリア・ルス号事件を指導。明治維新の主な大改革は西郷総理(実質上)の2年間に達成された。

日本リーダーパワー史(858) 国難の救世主「西郷隆盛のリーダーシップ」に学ぶ。 …

default
鎌倉カヤック釣りバカ日記(6/18)『美しい鎌倉海』で海の恵みをいただいて『ハッピーライフ」「天然生活」ー釣った魚をおいしく食べる。

  鎌倉カヤック釣りバカ日記(6/18)ーワカシが金魚釣り状態で、爆釣へ、材木座 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン(34)』『開戦2週間前の『ロシア・ノーヴォエ・プレーミャ』の報道」-『イギリスと米国に支援された日本とわが国の戦争が迫っている。日本はその過剰な人口を移住させるために朝鮮を必要としている。他の2国は商品を売るために満州と朝鮮の門戸開放を必要としている。

 『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉞『開戦2週 …

no image
  『百歳学入門』(168)ー『長寿な人に共通する9つの習慣とは–「生きがい」を持つだけで寿命は7年伸びる』●『これを見ても「時間がない」って言える? ”人生を2回生きる男”が語る、自由に生きるための時間生産術』★『これが長寿のヒミツ!! 目からウロコ「100歳長生き健康法」』●『健康寿命を延ばす「10の方法」 生活習慣と食事、運動がカギ!』★『「100歳まで元気な人」はやっている?たった3つの意外な長寿法』

  『百歳学入門』(168)   長寿な人に共通する9つの習慣とは–「 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(180)』『BBCの速報で、男の子退院の記事「未成年の保護養育義務」を報道』●『舛添氏の「公私混同金銭感覚」ー世界の東京の顔に『この破廉恥・悪人ズラ』では都民は眠れない→「悪い奴ほどよく眠る」

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(180)』 ①『BBCの速 …

no image
『百歳学入門』(224 )『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学』➀『高齢化率は日本 26.6%で世界一、百寿者は6万7824人、90歳以上は約200万人』★『「六十、七十 はなたれ小僧、八十,九十男盛り、女ざかり、百歳わしもこれから、これから』<彫刻家・平櫛田中(107歳)>の烈語!

『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』 前坂俊之 (静岡県立大学名誉教授、 …

no image
「湘南ダイビング挑戦したい日記」じゃ(8/11)伊豆大瀬崎のダイビング「数十万匹のスズメダイの巨群と遊ぶ」エビちゃんからのクールビデオ

  鎌倉カヤック釣りバカ日記番外編― 湘南ダイビング挑戦したい日記じゃ …

118486930354a5eb67b11921.61888010859296389
新一万円札の肖像画となった渋沢栄一翁(91歳)は「日本株式会社の父」ー「すでに150年前に現在の米国型強欲資本主義」を超えた「道徳経済合一主義(仏教的資本主義)を実践した稀有の資本家」★「人生100歳時代の先駆者として、年をとっても楽隠居な考えを起さず死ぬまで社会に貢献する覚悟をもつ』

  日本リーダーパワー史(88)経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済 …

no image
片野勧の衝撃レポート(81) 原発と国家― 封印された核の真実⑬(1988~96) 「もんじゅ」は世界に誇れる知恵ではない(下)小出裕章氏へのインタビュー『いまだに放射能汚染は続く』

  片野勧の衝撃レポート(81) 原発と国家―― 封印された核の真実⑬(1988 …

no image
日本リーダーパワー史(907)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』★『人を挙ぐるには、すべからく退を好む者を挙ぐるべし』

日本リーダーパワー史(907) 日本興業銀行特別顧問 中山 素平(1906-20 …