前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人の百歳学(149)-失明を克服し世界一の『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした漢学者/諸橋徹次(99歳)

      2019/03/31

『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした諸橋徹次(99歳)

諸橋轍次(もろはしてつじ)は、わが国を代表する世界的漢学者である。最晩年に至るまで書斎を離れることなく、学問一筋に生き、その名を不朽にとどめた。晩年の号は「侠我以老人」(いつがいろうじん・天の神は、自分をのんびりさせるために老境をもたらす、の意)。

「大漢和辞典」は字数五十二万余語を収め漢字辞典としては中国の「康煕字典」(こうきじてん)」、「侃文韻府」を上回り、国語、英語で字数を上回るのはわずかに米国の「新ウェブスター」(五十五万語)のみであった。

諸橋が大修館書店から『大漢和辞典』編纂の依頼を受けたのが一九二五(大正十四)年。完成には実に十八年にわたる長い歳月を要して、初版第一巻が発行されたのは一九四三(昭和18)年で、諸橋はすでに還暦(六十歳)のなっていた。ところが、第二巻を印刷中の昭和二〇年三月、米軍のB29 の東京大空襲により、印刷用の版すべてが灰燼に帰してしまった。

同年十月、諸橋は東京高等師範・東京文理科大学を退官。時に六十三歳。しかし、手塩にかけた門弟の戦死や自身の右目の失明、空襲による『大漢和辞典』の校正刷りの焼失など次々と不幸に襲われ、気の萎えた諸橋は「わが天命なり」と慨嘆し、あきらめかけていた。

諸橋自身、「左眼もほとんど文字が見えない状態に陥った。心はあせっても整理は遅々として進まない」(初版第一巻刊刊行時の序文)と『大漢和辞典』の持続は不可能と思われた。

そんな失意の底で、山梨県にある都留文科短期大学の初代学長に就任してほしいとのの懇請があった。諸橋は一時は固辞したが、承諾。同大の建学精神を『詩経』小雅の「菁菁者莪」の詩に基づいて、「菁菁(せいが)育才」と決めた。「莪」は、和名「つのよもぎ」という植物、「菁菁」は青々と同じで、植物が勢い良いく生い茂る様子を形容した言葉であり、「菁莪育才」の四字には、「つのよもぎが勢いよく成長するように学生が成長して欲しい」との願いを込めた。人材を教育することを楽しみ、高い識見と広い視野に立つ教育者および有為な社会人の育成を教育を建学の理念としたのである。

これと並行し、諸橋はライフワークの『大漢和辞典』の完成に向けてわずかに残っていた薄くて、目に見えないような校正版を元に執念で再編集に着手、弟子に漢字のつくり、へんを読ませて校正を続けて何とか完成にこぎつけた。

一九五五(昭和30)十一月に第一巻を出し、以後、三~六カ月に一冊の割合で予定どおり発刊、六五年五月に『索引』が完成して『大漢和辞典』(全十三巻)がついに完結した。このとき、諸橋はすでに七十二歳になっていたが、その後も修訂作業を続け、百歳近くになって、『大漢和辞典』の修訂版を刊行した。そのときに語ったのが次の言葉である。

  • 「学問の大道を歩む限り、読むべきものを読み、学ぶべきものを学んでから、本格的な研究に入らなければならぬ。漢文学ではそれがもっとも大切である」と

諸橋の座右の銘は「行不由径」(行くに径(こみち)由らず/急がず、あわてず公明正大な大道を闊歩せよ)[との意。『大漢和辞典』という息の長い超大作を見事に完成させた根底には、「行くに径に由らず」、すなわち一歩一歩、着実に公明正大な大道を歩む信念があったからだろう。

一九六四年(昭和39)三月、八十二歳の春、第一回卒業生を見送ると、惜しまれながら同大学も退任した。翌年、『大漢和辞典』(全十三巻)の完成によって文化勲章を受章した。

この世界的な大学者は日常生活はまるでダメで、ガスや電気の栓一つつけられなかった、という。記憶力抜群と思いきや、全く逆で〝物忘れの天才〟だった。

諸橋は研究の合間に散歩をするのが趣味だったがある時、散歩に行く途中でたまたま顔見知りの人に会った。ニコニコしてあいさつするので、こちらも答えた。その人は一緒に歩きながら、さかんに時候のあいさつや世間話をする。諸橋は何者か思い出せない。相づちを打ちながら、とうとう家の前まで来て、言わないでもいいのに「ここで失礼しますが、お宅はどちらでしたか」とたずねると、「私はお隣りですよ」とその人はゲラゲラ笑い出した。

下駄、帽子、ネクタイ、羽織まで間違えて、人のものを持ち帰ることはしばしば。先輩教授宅に届けものを持参して、降りの家に誤って持っていったり、嘉納治五郎を訪れた時、用件をすませて表に出るとどうも頭が寒い。帽子を忘れた。とって返すと、先生はまだ玄関におり「どうした」「イヤ、帽子を忘れまして」と言うと、先生は笑いながら「君、手に持っているじゃないか」などの思わず吹き出しそうなエピソードを残している。

  • 生まれ故郷に一千万円を寄付

1968年(昭和43)、諸橋は、生まれ故郷の新潟県下田村に蔵書3000余冊と百万円を寄贈。また昭和49年、九十二歳を迎えた諸橋は、村のために使ってほしいと一千万円の浄財を寄せた。村では「諸橋奨学基金」を創設し、その運用益から毎年、十数名の高校生に奨学金を給付した。

1982年(同57)六月四日、諸橋の百歳の誕生日を祝って、下田村の皆川村長がお祝いに参上した折、諸橋はベッドから起き上がり、弱々しかったが、はっきりした口調で、「下田は年々発展している由、まことにうれしい。もう一度、行きたいと思うのだが・・。夢に出て来るのは、今も古里のことだけだ」と語った。

そして、臨終間近の諸橋は、「私の心は、すでに古里の庭月にある。私の心からの願いは、両親と一緒に眠りたい。ただ、それだけだ」と家族にしっかりした口調で語ったという。諸橋は同年十二月八日午前九時、家族に看取られながら永眠した。

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(6)「燁子を救うのか私の義務」と宮崎龍介(東京朝日)

  NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(6) 当時の …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(314)★『戦略眼からみた世界サッカー戦国史』①ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の戦略を比較する。西野監督は名将か、凡将か➀-8回連載公開

                   前坂 俊之(ジャーナリスト) & …

no image
速報(383)『日本のメルトダウン』◎『「日本は年内破綻も」という藤巻健史氏、「破綻は早いほうがまし」というのは本当か?』ほか

  速報(383)『日本のメルトダウン』   ◎『「日本は年 …

no image
速報(413)『日本のメルトダウン』●『初心者を相手にする「核のポーカー」は危ない』『アベノミクスは日本救うか波及に正念場』

    速報(413)『日本のメルトダウン』 &n …

no image
日本メルトダウン脱出法(846) 『習近平が振り回す「絶対権力」の危うさ』●『シャープ買収を目指す鴻海の異才・郭台銘は「炎上王」だった』●『注目される積極財政論、日本が抱える格下げリスク』●『「軍事のツボ】–北朝鮮の核とTHAAD』

 日本メルトダウン脱出法(846)   習近平が振り回す「絶対権力」の …

no image
日本メルダウン脱出法(634)『日本の格差:身分の保証された人vs貧しい人」『”動的な独占”こそが、技術革新を加速するピーター・ティールが語る「成功する起業など8本

 日本メルダウン脱出法(634) 『日本の格差:身分の保証された人vs貧しい人( …

no image
日本リーダーパワー史(267)名将・川上操六伝(39)野田首相は伊藤博文首相、川上参謀総長の統帥に学べ②山県有朋を一喝

日本リーダーパワー史(267)名将・川上操六伝(39) <野田首相は明治のトップ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(113)/記事再録☆『軍縮・行政改革・公務員給与減俸』など10大改革の途中で暗殺されたライオン宰相・浜口雄幸の『男子の本懐』★『歴代宰相の中で、最も責任感の強い首相で、国難打開に決死の覚悟で臨み、右翼に暗殺された悲劇の宰相』★『死後、3週間後に満州事変を関東軍が起こした。』

2013/02/15  日本リーダーパワー史(362)記事再 …

no image
近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(87)-『憲政の神様/尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』<1946年(昭和21)8月24日の尾崎愕堂の新憲法、民主主義についてのすばらしいスピーチ>

2010年8月17日 /日本リーダーパワー史(87)  &n …