前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『美しい自然と文化の鎌倉歴史都市』スペシャル!<大仏切通>は800年前の<古道巡礼>をすれば心も体も癒される。

   

<『美しい自然と文化の鎌倉歴史都市』スペシャル!>
 

世界文化遺産指定前に一足早く見にいこうよね

 
『鎌倉のすべての道は中世の歴史に通じる。

大仏さんの裏山に眠る<大仏切通>こそ800年前の
旅人がウオークした古の道。
苔むした中世のこの<古道巡礼>をすれば心も体も
癒される。鎌倉の絶景ポイントを紹介
1012日現在)』
 
           前坂 俊之(鎌倉ブラブラウォ

鎌倉世界文化遺産の目玉ー800年前の面影残る大仏切通を歩く①

鎌倉大仏を見ただけでひっかえす観光客が多いが、こちらこそ鎌倉時代の面影を残す古道である。ここまで足をのばせば800年前の旅人にタイムスリップできるよ。
大正時代に今の大仏トンネルができたので、昔ながらの大仏切通を通る人は少なくなったが、こここそ世界文化遺産の隠れ目玉である。
 
行き方は鎌倉大仏から藤沢に向かう道路をそのまま約800㍍ほど歩く。トンネルをこえて[打越」につぐバス停2つ目の「火の見下』停留所(要注意/鎌倉行のバス停)がある。そこから3㍍ほど鎌倉よりの左側の路地(民家の間の道幅2mもない細道なので、これも要注意)を曲がればよい。
あとは民家の間を進むと、山に通じる。杉の大木がうっそうとはえる広い場所に出る。この正面に説明掲示板があり、崖を切り取った拓いた大仏切通野道が右手の山につながっている。ここはいつも訪れるひとがほとんどいない。すぐ横が住宅街だが、一歩はいると森閑、古色蒼然としていて、高い崖の隙間の苔むした道からいきなり鎌倉武士が
現れるのではないか、との錯覚を覚える。
 
 
 大仏坂の切り通しが開かれた時期は、仁治元年(1240)に巨福呂坂切り通しが着工され、朝比奈切り通しがその翌年に着工されたのと同じころであろう。それは大仏建立の工事とも関連があったと思われる。
 鎌倉の大仏は、吾妻鏡の暦仁元年(1238)三月二十三日の条に「今日、相模国深沢里大仏堂事始也」と初めて出ており、寛元元年(1243)六月十六日の条には、その供養が行われたことが記されている。当時の大仏は木像であったことが、東関紀行で知ることができる。
 
 大仏坂北方常盤の谷の御所ノ内に、七代執権北条政村の屋敷があった。これは極楽寺口前面の北条重時の屋敷と同じく、大仏坂口の押えの役割をもっていた。
吾妻鏡には、康元元年(1256)八月二十三日に将軍宗尊親王が政村邸を訪れたこと、また弘長三年{1263)二月九日に政村邸で一日千首の和歌の会が開かれたことが記されている。
 藤沢から大仏坂に向かう道の傍ら常盤の谷の入り口近く、常盤御所の硯水と伝える良質の水のわく井戸がある。この地は旅人が足を休めるゆう水地の一つで、また政村邸の和歌の会のときなどは、すずりの水に使用されたものであろ
.
 大仏坂道は、硯水の東方のやぐら(中世の納骨くつ)群の前から丘陵にかかり、現在の大仏トンネルの上を通り大仏前に下った。
 
 藤沢には鎌倉時代後期の正中二年(一三二五)に、時宗開祖一遍から四代目の春海により西富の地に清浄光寺(遊行寺)が建立された。北条、足利両氏も同寺建立に積極的援助をしたと伝えられ、関東管領上杉氏の帰依も厚かった。
 また西富や隣りの大鋸は、その門前町として発展した。これらの地から弥勒寺(藤沢市)を経て柏尾川を古館橋付近で渡り、深沢の谷から大仏坂に向かう道の利用が盛んになったものと思われる。(「かながわの古道」阿部正道著、神奈川合同出版、昭和56年刊)

鎌倉世界文化遺産ー800年前の面影残る大仏切通を歩く②(大仏→火の下)

材木座海岸百選ー誰も誰もいない淡い茜色の美海に夕やみ迫る

同じカテゴリーの記事

湘南海山ぶらぶら日記
冬の鎌倉古寺百選ー日蓮ゆかり「安国論寺」の禅庭は白雪、白・紅梅が咲き香りステキ!(2/19)カラスが呼んでいる
鎌倉カヤック・パドボ釣り日記ー夏は終わり、今はもう秋、誰もいない海―回遊魚は御留守。鎌倉海はベスト『ヒーリング』
『鎌倉桜絶景チャンネル』『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/21)『竹の報国寺』『瑞泉寺は安らぎの寺』

この記事のキーワード

この記事についてのコメント コメントは承認制です。承認後公開されます。

コメント

ニックネーム

前坂俊之プロフィール

お問い合わせ先

月別アーカイブ

記事についたコメント

「タイタニック号」   「売家と唐様で書く三代目」   アジアの犠牲者   インテリジェンス   カワハギ釣り   ガラパゴス   ガラパゴス日本   キキ   キス   グロバリゼーション   グローバリズムガラパゴス   ジェンダー論   スクープ   スティグリッツ   センティナリアン   センテナリアン   パリ   パリの日本人   フミニスト   フミニズム   ヘッジファンド   マジック   メバル   ユーモア   リーダーシップ   リーダーパワー   三上於菟吉   世紀のスクープ   世襲制   世襲議員   中江兆民   二重橋事件   仙厓   仙涯   伊藤博文   伴野文三郎   佐々井秀嶺   保全経済会事件   健康法   健康長寿   八海事件   内田百閒   内田百間   冤罪   加藤寛治   北原白水   南方熊楠   参謀本部   吉田茂   国家戦略   国難   坂の上の雲   大久保清   大山厳   大本営発表   太平洋戦争の犠牲者   奇人   女性学   女性関係   女王   宮武外骨   封建国家日本   小原保   小平義雄   小笠原康晴   尾崎士郎   山本五十六   山本権兵衛   川上操六   川端康成   平櫛田中   張作霖   後藤基治   恋愛   指導力   日本   日米戦争   日露戦争   明治天皇   昭和天皇   昭和25年   本田宗一郎   杉山茂丸   東條英機   東郷平八郎   松原泰道   松旭斎天勝   核持ち込み密約   梅子   梶山季之   正木ひろし   死刑   死刑囚の最後   永井荷風   池田龍夫   河合千代子   河本大作   泉重千代   泉鏡花   洞爺丸事件   海軍省記者クラブ   玄洋社   田中正蔵   百寿者   百歳   百歳学   直木三十五   福沢諭吉   稲垣足穂   第五福竜丸   純愛   統帥権   肝あえ   脳死状態の日本   若山牧水   菊池寛   萩原朔太郎   葛西善蔵   藤田嗣治   袁世凱   裁判員研修   西郷従道   誤判   近きより   近衛文麿   造船疑獄   野垂れ死に   金子堅太郎   金閣寺放火事件   鎌倉材木座海岸   長寿   長寿の秘訣   長寿者   長生き   長谷川時雨   長谷川海太郎   開戦   静岡連隊物語   非核三原則   頭山満   高群逸枝   鳩山一郎   鳩山和夫   鳩山由紀夫   鳩山総理   鹿鳴館   黄興   黒潮会   1960年   CDS  

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(29)『女性センテナリアンからの百歳名言』ー宇野千代 『死なないような気がするんですよ』

百歳学入門(29) 『女性センテナリアンからの百歳名言④   前坂 俊 …

76995065354a534aff1f287.70582157147709118
『リーダーシップの日本近現代史』(238)/『三井物産初代社長から61歳で財界を引退、あとは『鈍翁』と称して『千利休以来の大茶人』となった益田 孝(91歳)の晩晴人生』(上)★『 財界人として鋭く生きて早死にするより、鈍根で長生きして<晩晴>を尊ぶマイウエー』

    2012/12/06 &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(131)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』★『『人間尊重』『つとめて困難を歩み、苦労人になれ』『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』★『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

2011/07/31記事再録/  日本リーダーパワー史(179) 『国 …

no image
百歳学入門(27)お笑い・ジョークこそ長寿の秘訣・内田百閒の『一笑一若、一怒一老』は超おもろいよ

百歳学入門(27) お笑い・ジョークこそ長寿の秘訣・内田百閒の 『一笑一若、一怒 …

no image
知的巨人の百歳学(133)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』⓷『九十歳になっても一向に衰えない元気の秘訣は「強烈な指圧と週一回のゴルフ」で目が悪いのも前立腺、心臓肥大、歯槽膿漏も自分で治したというから驚く』

   出光 佐三(1885―1981、95歳)は九十歳になっ …

no image
『巣ごもり京都観光動画』★『世界文化遺産・京都南禅寺(3/29)参拝の全記録』☆『石川五右衛門が「絶景かな・」とうたった大山門へ』☆『京都三大山門の1つを拝観、高さ22メートルかから、京都市内を見渡す、まさに絶景だったよ』

  世界文化遺産・京都南禅寺(3/29)に参拝すー石川五右衛門が「絶景 …

no image
日本メルトダウン(929)『世界的な無秩序への道を描く出来事 トランプから南シナ海まで、国内政治のけんか腰が国際舞台に波及(英FT紙)』●『 にわかに日本会議を叩き始めた欧米メディア(古森義久)』●『暴発寸前の中国を制するには、この「封じ込め戦略」が最も有効』●『日本の若者は本当に「右傾化」しているか?  無責任なレッテル貼りが「無用な対立」を生んでいる』●『韓国女性の平均身長、過去100年で20センチ伸びる=日本を上回り世界一に―韓国メディア』

 日本メルトダウン(929)   世界的な無秩序への道を描く出来事 ト …

no image
『百歳学入門』(225)-『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学②』-『長寿は芸術であり、創造者は長寿となる』★『 長寿の秘密「長寿遺伝子」のスイッチをオンにせよ』★『日野原先生流は「腹7分の1日1300キロカロリー」の食事減量』★『三浦敬三・雄一郎親子の運動、スクワット、筋トレの実践』

  『百歳学入門』(225) 『長寿は芸術であり、創造者は長寿となる』 &nbs …

img04
知的巨人の百歳学(117)ー『米雑誌「ライフ」は1999年の特集企画で「過去1000年で最も偉大な功績をあげた世界の100人」の1人に、日本人では唯一、浮世絵師の葛飾北斎(90歳)を選んだ』(上)

『世界ベストの画家・葛飾北斎(90歳)の創造力こそが長寿力となる』★『北斎こそ世 …

no image
日本メルトダウン脱出法(894)【日米首脳会談】海外メディアはどう報じた? 安倍首相の抗議を「驚くほどの強い言葉遣い」と米紙』●『アングル:オバマ大統領の広島訪問、核なき世界への一歩か』●『サミット:世界経済「クライシス」の認識に異論、表現を最終調整へ』●『オピニオン:伊勢志摩サミット成否の分かれ目=竹中平蔵氏』

 日本メルトダウン脱出法(894)   【日米首脳会談】海外メディアは …

PREV
<衝撃深層レポート①>地名学が教える尖閣・竹島の真相はこうだ(上)楠原佑介(地名情報資料室主宰)
NEXT
★若者たちの<サーファーズパラダイス鎌倉>』スペシャル!台風21号で3m以上のビッグウエーブが襲来、スゲー