前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(58)江戸城無血開城で百万人を救った勝海舟(75歳) 『長寿法などない」「南光坊天海(107歳)を論ず」

   

 百歳学入門(58)
 
江戸城の無血開城で百万人の江戸ッ子を救った勝海舟(75歳)
 
 
「長寿法などない」と南光坊天海(107歳)を論ず
 
 人間長寿の法というものはない。
② 余裕をもって、物事に執着せず、拘泥せず、円転解達の妙境に入れ
③ そうすれば、連動も食物もあったものではないのさ
④ 人間は身体が壮健でなくてはならぬ。精神の勇ましいのと、根気が強くなければ天下の仕事はできぬ。
⑤ 60歳で定年、隠居だとか何だとか言って、世の中をから逃げるな。 
⑥ 身体と心の余裕さえあれば、五十、六十になっても、血気の盛んな若武者だ。
⑦ 昔の武士は、武芸を修業して身体をいつまでも鍛えたものよ。
⑧ 学問はその割にはしなかったが、一旦、緊急の場合は命を投げ出した。
⑨ 学問にこり固まった今の人は、小理屈で声ばかり大きく、肝っ玉は小さい。
⑩ まさかの場合に役に立つものは稀だ。みんな縮み込んでしまうよ。
 
                 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
                  以下は勝海舟『氷川清話』より。

人間長寿の法
 
人間長寿の法というものはない。俗物には、飲食を摂して、適度の運動を務めなさいと言へば、それでよいが、しかし大人物にはそうはいかない。

見なさい、おれなどは何程寒くつても、こんな薄っぺらな着物を着て、こんなせんべいのような蒲団の上に座って居るばかりで、別段運動ということをするわけでもないが、それでも気血はちゃんと規則正しく循環して、若い者も及ばないほど達者ではないか。

さあ、ここが、いはゆる、思慮の転換法というもので、すなはち、養生の第一義である。

 
つまりしゃくしゃくたる余裕を存して、物事に執着せず、拘泥せず、円転解達の妙境に入りさえすれば、連動も食物もあったものではないのさ。
 
 
                           勇猛の精神と根気をもて
 
 なにしろ人間は、身体が壮健でなくてはいけない。糖神の勇ましいのと、根気の強いのとは、天下の仕事をする上にどうしてもなくてはならないものだ。

そして身体が弱ければ、この精神とこの根気とを有することが出来ない。つまりこの二つのものは大丈夫の身体でなければ宿らないのだ。

 
ところが、日本人は、五十になると、もうじきに隠居だとか何だとか言って、世の中を逃げ去る考へを起すが、どうもあれでは仕方がないではないか。
 
しかし、島国の人間は、どこも同じことで、とにかくその日のことよりほかは、目が付かなくつて、五年、十年の先きはまるで黒暗(くらやみ)同様だ。それもひっきょう、器量が狭くって、思量に余裕がないからのことだよ。
 
もしこの余裕といふものさえあったなら、たとへ五十になっても、六十になっても、まだなかく血気の若武者であるから、この面白い世の中を逃げるなどというような、途方もない考へなどは決して出ないものだ。
 
 それであるから、昔の武士は、身体を鍛えることには、よほど骨を折ったものだよ。弓馬槍剣、さては柔術などといって、いろいろの武芸を修業して鍛へたものだから、そこでおれのやうに年は取っても身体が衰へず、精神も根気もなかなか、今の人たちの及ぶところでないのだ。
 
 もっとも昔の武士は、こんなに身体を鍛えることには、ずいぶん骨を折ったが、しかし学問はその割にはしなかったよ。それだから、今の人のように、小理屈を言うものは居なかったけれども、その代り、一且、国家に緩急がある時は、命を君の御馬前に捧げることなどは平生ちゃんと承知して居たよ。
 
しかるに、学問にこり固まって居る今の人は、声ばかりは無暗に大きくて、胆玉の小さきことは実に豆のごとしで、空威張りには威張るけれども、まさかの場合に役に立つものはほとんど稀だ。みんな縮み込んでしまう先生ばかりだよ。
 
 
                                                                            
南光坊天海は
 
南光坊天海は、非凡な奴であったらしい。あれが、今しばらく頭を円(まる)くせなかったなら、きつと家康にむかって弓をひいたであろう

あの男はもと、宗家の葦名家が滅亡したために、流浪、落はくして、とうとう比叡山の坊主になり、そこで非常に苦学したるものだが、-朝、家康公の知遇に感激してからは、赤心を捧げて徳川氏のために画策、経営の労を執ったのだ。

なかなか今時の懶惰な書生が、十分の学資がありながら、それで何事をもしでかさないで、空しく一生を過ごしてしまうのとは、頭から較べものにならない。ところで家康公が天海をなぜ用いられたかといふことについては、おれにも一説がある。

 
それはほかでもないが、家康公は幼少の時に今川家の人質となって、駿河の臨済寺で読み書きの稽古をせられたが、その寺の住職は、よほどな高僧であったと見えて、始終、今川家の枢機に参与して、今川家のためにはずいぶん功労があったらしい。
(家康が今川家に人質となっていたときに習った禅僧は、雪斎で、今川義元を後見していた)
 
 
家康公は明け暮れそれをみて居られたから、出家といふものは、政治上、至極大切なものだというお考へが、深く脳髄にしみ込んでいたに相違ない。そこで彼の天海が非凡な坊主であることを見ぬかれて、あの通り重く用いられたのだ。
 
三代将軍が、沢庵和尚を座右におかれて、始終、民間の事情や何かを聞いて居られたのも、つまり家康公が、天海におけるのと同じ筆法だ。
 
それはさておき、天海はあれほどの人物であって、そしてあれほど重く家康公に用いられたとすれば、天海の事蹟といふものが、それ相応には伝はつて居なければならないのに、それは一向に居ないのは、なぜだろうと疑うものがあるかも知れない。
 
がしかしその伝はつて居ないのが、すなわち天海の天海たる所以なのだ。

今日やつた事をすぐに明日、しかも針ほどの事を、棒のように吹聴するのが今時の流行だが、天海などのはそれと違って、家康公の枢機に参与しても、どんな事を計画したのか、世間へは少しも吹聴しない。この吹聴しない、少しも分らない底に、叩くと何だか大きく響くものがあるのだ。そこがすなわちえらいといふものよ。

 

 - 健康長寿 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界/ 日本メルトダウン(914)『イギリス国民投票に中国共産党が衝撃を受ける理由』◎『英国EU離脱は経済的悲劇をもたらさない!今週の日経株価は1万4900~1万5800円か』●『英国のEU離脱は、日本の誰が考えているよりも重い』●『孫正義氏に「後継者」はいない 資本主義にはカリスマの独裁が必要だ(池田信夫)』

 世界/ 日本メルトダウン(914) イギリス国民投票に中国共産党が衝撃を受ける …

default
鎌倉歴史ウオーキングー800年前の面影を唯一とどめる鎌倉古道の名越切通しをぶらり巡礼す』★『名越切通し、第一切通し、ウグイスの初鳴きを楽しむ、道案内してくれる。緑の間から鎌倉武士が出てくる雰囲気だね。』『まんだら堂やぐら群(百数十基の中世の墓群)に強者どもの夢の跡、諸行無常を感じる』

  鎌倉歴史ウオーキングー800年前の面影を唯一とどめる鎌倉古道の名越切通し➀ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(144)再録★『日本世界史』-生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか②ー<英国「タイムズ」の150年前の報道><日本の現代史(明治維新からの明治、大正、昭和、平成150年)は 日本の新聞を読むよりも、外国紙を読む方がよくわかる>

  2013/06/23    『日本世 …

no image
記事再録/『中国/内モンゴルのゴビ沙漠の不毛の砂漠を300万本のポプラの木を植えてと緑の農地によみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛(97歳)★『中国で、生前銅像が建てられたのは毛沢東と遠山の2人だけで、その台座には「90歳の高齢ながらたゆまず努力し、志を変えなかった」』

    2009/05/06 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(265 )★『60,70、洟垂れ小僧、生涯現役、カヤック人生』★『定年なし、年齢差別なしの米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』だよ。』★『シニアを襲う燃え尽き症候群 “仕事ロス”など吹き飛ばせ!』

 2014/09/15 /百歳学入門(99)『百歳挑戦・鎌倉バカ仙人の …

no image
日本リーダーパワー史(832)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )④ 』★『『武士道とは何かールーズベルト大統領が知り たいー金子のハーバード大での名スピーチ④』★『マカロフ大将の死を悼み、新聞に賞賛される』●『日露戦争は正義のための戦いで日本は滅びても構わぬ』★『◎ル大統領は「日本が勝つが、黄禍論を警戒せよ」と忠告』

2011年12月19日掲載<日本最強の外交官・金子堅太郎④> ―「坂の上の雲の真 …

no image
知的巨人の百歳学(136)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習えじゃ、大喝!★「少くして学べば、則ち壮にして為す有り。壮にして学べば、則ち老ゆとも衰へず。老いて学べば、則ち死すとも朽ちず」(佐藤一斎)』

記事再録/ ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)団塊世代こそ<老害といわれ …

no image
日本メルトダウン(929)『世界的な無秩序への道を描く出来事 トランプから南シナ海まで、国内政治のけんか腰が国際舞台に波及(英FT紙)』●『 にわかに日本会議を叩き始めた欧米メディア(古森義久)』●『暴発寸前の中国を制するには、この「封じ込め戦略」が最も有効』●『日本の若者は本当に「右傾化」しているか?  無責任なレッテル貼りが「無用な対立」を生んでいる』●『韓国女性の平均身長、過去100年で20センチ伸びる=日本を上回り世界一に―韓国メディア』

 日本メルトダウン(929)   世界的な無秩序への道を描く出来事 ト …

no image
百歳学入門(53)清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓-人問いつか死によるんやから、死ぬことなんか考えてないの』

百歳学入門(53)     清水寺貫主・大西良慶(107歳) …

3111
CEATEC JAPAN 2017(10/5)-『Panasonicのプレゼン「Smart Aging Care System」★『omronのブース『ピンポンロボット(フォルフェウス)の第4世代機を発表』

 日本の最先端技術「見える化』チャンネル 「CEATEC JAPAN 2017」 …