前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(58)江戸城無血開城で百万人を救った勝海舟(75歳) 『長寿法などない」「南光坊天海(107歳)を論ず」

   

 百歳学入門(58)
 
江戸城の無血開城で百万人の江戸ッ子を救った勝海舟(75歳)
 
 
「長寿法などない」と南光坊天海(107歳)を論ず
 
 人間長寿の法というものはない。
② 余裕をもって、物事に執着せず、拘泥せず、円転解達の妙境に入れ
③ そうすれば、連動も食物もあったものではないのさ
④ 人間は身体が壮健でなくてはならぬ。精神の勇ましいのと、根気が強くなければ天下の仕事はできぬ。
⑤ 60歳で定年、隠居だとか何だとか言って、世の中をから逃げるな。 
⑥ 身体と心の余裕さえあれば、五十、六十になっても、血気の盛んな若武者だ。
⑦ 昔の武士は、武芸を修業して身体をいつまでも鍛えたものよ。
⑧ 学問はその割にはしなかったが、一旦、緊急の場合は命を投げ出した。
⑨ 学問にこり固まった今の人は、小理屈で声ばかり大きく、肝っ玉は小さい。
⑩ まさかの場合に役に立つものは稀だ。みんな縮み込んでしまうよ。
 
                 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
                  以下は勝海舟『氷川清話』より。

人間長寿の法
 
人間長寿の法というものはない。俗物には、飲食を摂して、適度の運動を務めなさいと言へば、それでよいが、しかし大人物にはそうはいかない。

見なさい、おれなどは何程寒くつても、こんな薄っぺらな着物を着て、こんなせんべいのような蒲団の上に座って居るばかりで、別段運動ということをするわけでもないが、それでも気血はちゃんと規則正しく循環して、若い者も及ばないほど達者ではないか。

さあ、ここが、いはゆる、思慮の転換法というもので、すなはち、養生の第一義である。

 
つまりしゃくしゃくたる余裕を存して、物事に執着せず、拘泥せず、円転解達の妙境に入りさえすれば、連動も食物もあったものではないのさ。
 
 
                           勇猛の精神と根気をもて
 
 なにしろ人間は、身体が壮健でなくてはいけない。糖神の勇ましいのと、根気の強いのとは、天下の仕事をする上にどうしてもなくてはならないものだ。

そして身体が弱ければ、この精神とこの根気とを有することが出来ない。つまりこの二つのものは大丈夫の身体でなければ宿らないのだ。

 
ところが、日本人は、五十になると、もうじきに隠居だとか何だとか言って、世の中を逃げ去る考へを起すが、どうもあれでは仕方がないではないか。
 
しかし、島国の人間は、どこも同じことで、とにかくその日のことよりほかは、目が付かなくつて、五年、十年の先きはまるで黒暗(くらやみ)同様だ。それもひっきょう、器量が狭くって、思量に余裕がないからのことだよ。
 
もしこの余裕といふものさえあったなら、たとへ五十になっても、六十になっても、まだなかく血気の若武者であるから、この面白い世の中を逃げるなどというような、途方もない考へなどは決して出ないものだ。
 
 それであるから、昔の武士は、身体を鍛えることには、よほど骨を折ったものだよ。弓馬槍剣、さては柔術などといって、いろいろの武芸を修業して鍛へたものだから、そこでおれのやうに年は取っても身体が衰へず、精神も根気もなかなか、今の人たちの及ぶところでないのだ。
 
 もっとも昔の武士は、こんなに身体を鍛えることには、ずいぶん骨を折ったが、しかし学問はその割にはしなかったよ。それだから、今の人のように、小理屈を言うものは居なかったけれども、その代り、一且、国家に緩急がある時は、命を君の御馬前に捧げることなどは平生ちゃんと承知して居たよ。
 
しかるに、学問にこり固まって居る今の人は、声ばかりは無暗に大きくて、胆玉の小さきことは実に豆のごとしで、空威張りには威張るけれども、まさかの場合に役に立つものはほとんど稀だ。みんな縮み込んでしまう先生ばかりだよ。
 
 
                                                                            
南光坊天海は
 
南光坊天海は、非凡な奴であったらしい。あれが、今しばらく頭を円(まる)くせなかったなら、きつと家康にむかって弓をひいたであろう

あの男はもと、宗家の葦名家が滅亡したために、流浪、落はくして、とうとう比叡山の坊主になり、そこで非常に苦学したるものだが、-朝、家康公の知遇に感激してからは、赤心を捧げて徳川氏のために画策、経営の労を執ったのだ。

なかなか今時の懶惰な書生が、十分の学資がありながら、それで何事をもしでかさないで、空しく一生を過ごしてしまうのとは、頭から較べものにならない。ところで家康公が天海をなぜ用いられたかといふことについては、おれにも一説がある。

 
それはほかでもないが、家康公は幼少の時に今川家の人質となって、駿河の臨済寺で読み書きの稽古をせられたが、その寺の住職は、よほどな高僧であったと見えて、始終、今川家の枢機に参与して、今川家のためにはずいぶん功労があったらしい。
(家康が今川家に人質となっていたときに習った禅僧は、雪斎で、今川義元を後見していた)
 
 
家康公は明け暮れそれをみて居られたから、出家といふものは、政治上、至極大切なものだというお考へが、深く脳髄にしみ込んでいたに相違ない。そこで彼の天海が非凡な坊主であることを見ぬかれて、あの通り重く用いられたのだ。
 
三代将軍が、沢庵和尚を座右におかれて、始終、民間の事情や何かを聞いて居られたのも、つまり家康公が、天海におけるのと同じ筆法だ。
 
それはさておき、天海はあれほどの人物であって、そしてあれほど重く家康公に用いられたとすれば、天海の事蹟といふものが、それ相応には伝はつて居なければならないのに、それは一向に居ないのは、なぜだろうと疑うものがあるかも知れない。
 
がしかしその伝はつて居ないのが、すなわち天海の天海たる所以なのだ。

今日やつた事をすぐに明日、しかも針ほどの事を、棒のように吹聴するのが今時の流行だが、天海などのはそれと違って、家康公の枢機に参与しても、どんな事を計画したのか、世間へは少しも吹聴しない。この吹聴しない、少しも分らない底に、叩くと何だか大きく響くものがあるのだ。そこがすなわちえらいといふものよ。

 

 - 健康長寿 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人たちの百歳学(168)記事再録/『ロケットの父・糸川英夫(86)の『加齢創造学』ー人間の能力は6,70歳がピークだよ

    2012/04/11 &nbsp …

no image
百歳学入門(71)「センテナリアン・生涯現役・地産地消・鎌倉仙人の『朝飯は本日もまた玄米おじやなり」

百歳学入門(71) 「センテナリアン(百歳人)・生涯現役・地産地消・ ブログ、ビ …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑯『2011/03/30/From Kamakura with love and Fighting Split』と『老人と海』ー東日本大震災の皆さんに愛とエール、オールドパワーを込めて

2011/03/30  記事再録  前坂 俊之(ジャーナリス …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(699)日中韓150年史の真実(5) 福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか④<英国ノルマントン号事件ー徳富蘇峰のいう『死に至る日本病』の『外国恐怖症』『恐露病』『恐英病』『恐清病』の真相>

日本リーダーパワー史(699)   日中韓150年史の真実(5) 「ア …

no image
ジョーク日本史・禅語は落語以上におもしろい

       2009,05、10             前坂 俊之(愚魚) …

no image
『健康ならば死んでもいい患者』の『百歳ムリムリ入門』-『日本初!海上バカ説法を聞け! 鎌倉座禅カヤックー筋肉バトル1万回は<快楽、爽快、 苦役、悦楽、苦多苦多>大喝じゃ!,ああシンドいわ!』

2012年11月20日『百歳学実践入門』(223『釣りバカ・カヤック日記』番外編 …

no image
  日本メルトダウン( 976)『トランプショックの行方!?』●『[FT]トランプ氏が「レーガン流」から学ぶべき教訓(社説) 財政赤字の規模や中身が問題』◎『トランプ政権で「米軍の日本撤退論」は強まるー米国民にとっては「リアルな選択肢」だ!』●『マイケル・ムーア「トランプは任期4年を全うできない」』●『トランプ氏、習主席との電話会談「なし」、中国「あった」』★『  移民、貿易で強硬姿勢=トランプ次期政権の「100日計画」―オバマケア廃止再考も』★『トランプ氏勝利でも株式相場の見通しなお明るい=バフェット氏』

  日本メルトダウン( 976) —トランプショックの行方!? &n …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(259 )/「シュバイツァー博士(90歳)の長寿の秘訣」★「世界的チェロ奏者のパブロ・カザルス(96歳)」の「仕事が長寿薬

    2015/03/08 /百歳学入門(104 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(149)再録★『三菱財閥創業者/岩崎弥太郎の経営哲学は①海外留学、大卒社員を採用する教育重視②速戦即決主義』★『断じて往く』★『「創業は大胆に、守成は小心なれ」』★『岩崎家の家訓十訓』

前坂俊之著「痛快無比のニッポン超人図鑑(2010年、新人物文庫」より 岩崎弥太郎 …

no image
知的巨人たちの百歳学(126)カルピス王・三島海雲(96)の「天行健」(てんこうけん)>①に散歩、②に日光浴③に食養生④に早朝散歩を毎日実行する

   知的巨人たちの百歳学(126) <カルピス王・三島海雲(96)の …