前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(190)』『(コラムニストの眼)クーデター未遂 民主主義の勝利ではない ロジャー・コーエン』●『不明学生の車か、両親らが発見 熊本地震・崩落現場下流:朝日新聞デジタル』

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(190)』

(コラムニストの眼)クーデター未遂 民主主義の勝利ではない ロジャー・コーエン:朝日新聞デジタル

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

気がつきませんでしたが、3月から朝日新聞の月曜にロジャー・コーエン
、NYTの有力コラムニスト、のNYT寄稿文の翻訳が載り始めている様で
す。同氏によるトランプ、イスラム国関連記事も下記に添付します。

このトルコ クーデターの記事はNYT掲載が7/16で、朝日への転載は
本日7/25日です。

いかなる理由があるのか知りませんが、中東の大国トルコの行く末にはク
ーデター勃発以来、日本人も重大な関心を持って注視している訳ですが、
一週間以上経過した後の紙面作りとはどうしたことでしょうか?

政治的動乱などのニュースは、スピードが命と思われますが、色々な情報
を一刻も早く読者に届け、読者に考えさせることが第一です。読者は朝日
新聞の結論を待っている訳ではありません。

朝日は日経のFT記事の取り扱いに見倣って、NYTブランドを前面に出して
読者に紹介した方が、読者は事態の真実により多面的に接近できると思わ
れます。日本人の読者は、外国人、外国生活者の視点を強く欲していま
す。考えて結論を見出すのはあくまで読者です。

<http://digital.asahi.com/articles/DA3S12478085.html?>

http://www.asahi.com/articles/DA3S12395372.html

>http://www.asahi.com/articles/DA3S12315527.html

<http://digital.asahi.com/articles/DA3S12478085.html?rm=150http://www.asahi.com/articles/DA3S12315527.html>

不明学生の車か、両親らが発見 熊本地震・崩落現場下流:朝日新聞デジタル

<F国際ビジネスマンのコメント>
本件、現場の二次災害リスクの可能性は不明ですが、東日本三県の警察、消防と熊本県を如何しても比べてしまいます。

熊本の捜索指揮官は、三県の様に「自分の身内を絶対に探すつもりで、何としても探し出せ」とはゲキを飛ばしていないのでは?  東北人と九州人の人間性の差が出ていると言うのは言い過ぎでしょうか?

両親の心情に寄り添って、私的な捜索にもっと大勢が加わっても良かったのでは?

被害者の両親の毎日の捜索行脚で漸く発見されている様では、熊本の警察、消防の幹部は顔から火が出ているのでは?  蒲島知事もクマモンにも捜索活動に参加させ、休日には自分も捜索に参加するくらいの義侠心が必要です。

それにしましても、親の執念に圧倒され当方も落涙です。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ7S6JR8J7STLVB00Y.html?iref=sptop_8_02

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(220)/「2019年の世界と日本と地球はどうなったのか」(下)『気候非常事態と日本』★『「日本は安全、安心な国」とのイメージが強いが、「紛争や災害の脅威による都市リスクランキング」(2019年版)では東京がワースト1、大阪が6位』  

いまや「巨大災害多発時代」「気候非常事態」に突入した日本 前坂 俊之(ジャーナリ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(4 )記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』④ 『明治維新後、世界に初船出した日本丸はどこを目ざすべきか』― 明治のトップリーダーの『インテリジェンス』 長期国家戦略「富国強兵」政策はビスマルクの忠告から決まった。

     2015/11/24日本リーダ …

no image
日本メルトダウン脱出法(831)「崖っぷちの東芝、目前に迫る「債務超過転落」-NAND価格に不安、銀行頼みで綱渡り」●「既得権者優遇で日本は世界の“産業革命”から取り残される」●「「LINE LIVE」はテレビと異なるスマホエコシステム–過去のメディアのメソッドは通用しない」●「アマゾン、書籍販売事業を強化か–電子書籍端末のソフトを改良、実店舗展開拡大も」

   日本メルトダウン脱出法(831)   崖っぷちの東芝、目前に迫る「債務超過 …

no image
日本メルダウン脱出法(653)「政治とメディアの生み出す「老人翼賛体制」—膨張する「行政国家」と無力化する国会」●「日本劣化は避けられるか?—「人口減少社会」の誤解と真のリスク」ほか6本

 日本メルダウン脱出法(653) ◎◎◎「政治とメディアの生み出す「老人翼賛体制 …

no image
『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 『わしは、過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる』

『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』   『わしは、過去の …

no image
日本メルトダウン脱出法(749)「安倍首相の経済への理解度に対する疑問」●「TPPの湯」に入れない中国の自業自得」●「中国の成長率は本当は何パーセントなのか?」

日本メルトダウン脱出法(749) 安倍首相の経済への理解度に対する疑問 http …

57376517954a5ebf5567c57.79657042402330703
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑲★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』「釣れない・恋れない・釣りバカ日記③」 ★ 『自然に帰れ』―母なる海に抱かれて、魚と戯れる、また楽しからずや」 『鎌倉沖プライベート・シーで、同窓会ラブを思い出したよ』

  2010/07/03  「釣れない・ …

no image
百歳学入門(45) 『日本長寿健康参考文献決定版90歳代、100歳越えの歴史有名人の関連本一覧』

百歳学入門(45)    『日本長寿健康参考文献決定版 90歳代、10 …

no image
リクエスト再録『百歳学入門(207)』-<昭和の傑僧・山本玄峰老師(95歳)の一喝!>★『一日不働 一日不食。(1日働かなければ、1日食わず、食わんでも死なん』★『 力をもって立つものは、力によって亡ぶ。金で立つものは、金に窮して滅び、ただ、徳あるものは永遠に生きる。』★『 法に深切、人に親切、自身には辛節であれ』

百歳学入門(40)―『百歳長寿名言』 <昭和の傑僧、老師・山本玄峰(95歳)の一 …

mq2
『動画リモートワーク/湘南サーファーズパラダイス」を見に行こう(20分)』★『国道134号線の海側でガードレールもなく太平洋の水平線が一望できる鎌倉ロングビーチ(稲村ケ崎から腰越まで約2キロ)が都心から近い日本一の「サーファーズパラダイス」だよ』★『逗子、鎌倉サーフィンドライブウオッチ(2020/5/24/am8,20)③

逗子、鎌倉サーフィンドライブウオッチ(2020/5/24/am8,20)太平洋の …