前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(594)「世界が尊敬した日本人」(21)『アジア、欧米ともに通じた稀有のコスモポリタン・日本美術の父・岡倉天心』

   

日本リーダーパワー史(594)

 世界が尊敬した日本人(21)

『アジア、欧米ともに通じた稀有のコスモポリタン・

日本美術の父・岡倉天心』

 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授)

 

<以下の原稿は2009年10月の 月刊「歴史読本」に掲載>

今、インドへの関心が高まり、政治、経済的にも『アジアを見直せ』との声が大きい。同時に、日本精神の基底にあるものへの関心も深まっているが、明治後期に『アジアは一つ』と唱え『武士道』と並ぶ『茶の本』(1906年)を英文で書いた岡倉天心の再評価が進んでいる。

総合的な英語コミュニケーション能力(会話、英文著作、国際コミュニケーション能力、国際機関、海外企業の活躍体験)で明治以来のインテリを比較すると、多分、岡倉は『武士道』(英文)を書いた新渡戸稲造らに並んでベスト3には入るのであろう。

さらに海外体験で比べると、欧米中心の留学、生活体験を持ついわば片面体験のインテリがほとんどの中で、欧米、アジアの両方に通じた思想家は数少ない。欧米にも深く通じた上に、中国奥地やインド全土も長期に周り、その民族、文化、歴史に通じて、アジアの一体性の中から日本文化をグローバルに思考した思想家といえば岡倉1人といって過言ではない。

(彼以上の存在は南方熊楠くらいではないか)。世界を股に駆けた行動力と世界的な視野で日本精神を考察した岡倉は米国でも、フランス、イタリアでも頑として和服を通して世界中を闊歩した。西欧コンプレックスから夏目漱石のようにノイローゼになることもなかった。

太平洋戦争中、にわか『大東亜共栄圏』主張者によって、岡倉が急に脚光を浴び、日本至上のアジア国粋主義者と誤解された。これまで『日本美術の父』の面ばかりに焦点が当たってきたが、真の姿は日本主義者を超えた『アジア主義思想の父』でありコスモポリタンである。

文久二年(1863)一二月、岡倉覚三(号・天心)は横浜本町生まれ。幼時に外国人から英語を学び、漢籍よりも英語の方が読み書き話せるレベルになっていたというからすごい。1877(明治10)年、東大に入学、その英語力を買われてアーネスト・フェノロサ(教授)の通訳兼助手として働くうちに日本美術に目を開かれた。その後、文部省に入り、九鬼隆一(文部少輔)に目をかけられ、フェノロサとともに日本美術の収集、研究、普及に力を注いだ。

1889年(明治22)に岡倉、フェノロサは約9ヶ月にわたって西欧を米、独、仏、イタリア、スペイン、オーストリアなどくまなく美術館、博物館を見てまわった。日本の美術教育の方針は、岡倉、フェノロサによって作られ、帰国後には帝室博物館美術部長、東京美術学校校長(現・東京芸大)に就任した。ここで教え子として横山大観、下村観山、菱田春草らを育て、日本画の発展に大きく貢献した。

1893年(明治26)には中国服、辮髪にふんして3ヵ月にわたり中国奥地までの美術調査に出かけたかと思うと、1901、2年には約1年に及ぶインド旅行で全土をくまなく回り、その仏教、ヒンドウ、美術、文化と日本とのつながりをインド思想家・タゴール(ノーベル文学賞受賞者との直接の交友を通して学んでくる。岡倉は行動する思想家であると同時に、明治のこの時代では屈指の大旅行家であった、といえる。

同37年(1904)にはフェノロサの紹介でボストン美術館中国・日本部顧問に迎えられて、日米の間を頻繁に往来しながら、日本美術院の指導と米国での東洋美術の紹介につとめた。この間、『東洋の理想』(1903年) 『日本の目覚め』(04年)『茶の本』(06)、などの英文著作を相次いで刊行し、アジアの思想と「アジアは一つ」という主張を初めて、アジア人の中の日本人が西欧に向けて広めていった。

ボストン美術館には日本以上に国宝級の「平治物語絵巻」や、日本絵画3万8千余点、浮世絵版画二万余点、その他美術工芸品四千余点という膨大なコレクションがそろっているが、岡倉が責任者として、整理、分類を行い、世界の美術の中で日本美術を正当に位置づけた。こういった業績は誰もが知るところだが、何といっても天心のすごさはその社交性と、コミュニケーション能力にあり、大変女性にもてたという男の魅力である。

ボストンでは社交界で女王・美術の大パトロンに気に入られ、多くの米女性に囲まれてジョークを飛ばして、大いに笑わせて女性にはモテモテで、美しいインド人の女性詩人とはラブロマンスを、1913年(大正2)9月、51歳で天心が亡くなる直前まで繰り広げた。熱烈なラブレター(19通が残る)を送って、それが絶筆になった。これは恋愛のできない日本人男性では稀有のことであり、西欧崇拝、アジア蔑視が大半の当時のインテリのなかでも、真のコスモポリタンであり、アジア主義者であったことの証明ではなかろうか。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(656)◎日本の経済政策:蜜月の終わりーー安倍首相率いる政府と日銀の関係が徐々に悪化している(英エコノミスト誌)など6本

 日本メルダウン脱出法(656)   ◎日本の経済政策:蜜月の終わりーー安倍首相 …

1111

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(89)』   「正月 …

no image
 日本メルトダウン(1025)『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』ー『l  ウエスチングハウス破産申請か 東芝に問われる保証責任』◎『福島原発事故から6年 「アンダーコントロール」からほど遠い現状、海外メディア伝える』★『3・11とメディア 福島 もう一つの真実』●『原発事故から6年。食品の汚染度は低下するも「食の安全」は本当に取り戻せたか?』◎『国の東芝支援はあり得ない…「ゾンビ企業」を保護する日本に海外メディアが苦言』★『廃炉措置機関の創設で国が責任を持つ体制に変えよ 福島事故6年目、ガバナンスの根本改革にとりかかるときだ』

 日本メルトダウン(1025) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』 …

no image
百歳学入門⑤<クイズ>日本の長寿経営者はだれか<農業、食品企業の創業者になぜ長寿者は多いのか>②!?

  百歳学入門⑤<クイズ>日本の代表的長寿経営者は誰か?② <農業、食 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑼」『高杉晋作のインテリジェンスと突破力②』●『上海租界地には「犬と中国人は入るべからず」の看板。ここは植民地である』★『内乱を抑えるために、外国の経済的、軍事的援助を受けることは国を滅ぼす』★『大砲を搭載した蒸気軍艦を藩に無断で7万両で購入幕府軍を倒すことに成功した、倒幕の第一歩!』

  1862年(文久2)5月6日に上海についた高杉一行はほぼ2ヵ月間、上海の植民 …

no image
日本メルトダウン脱出法(813)「相場大荒れでまたも大損失!? 公的年金の「運用責任」は誰にあるか」●「2016年のテクノロジートレンドを展望する―人間とモノ、仮想とリアルのボーダレス化が加速する」●「個人の孤独感を助長する、ソーシャルメディアが持つ「矛盾」」

  日本メルトダウン脱出法(813) 相場大荒れでまたも大損失!?公的年金の「運 …

no image
日本メルトダウン脱出法(753)「国立大学に文系の学部はいらないー 私学助成もやめて幼児教育に投資せよ(池田信夫)」●「野草で飢えをしのいだ」「病気を治すカネがない」 ルポ・下流老人~9割が予備軍。転落は、突然やってくる」

日本メルトダウン脱出法(753)   国立大学に文系の学部はいらない …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(204)』★『日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」・カゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の長寿健康・経営訓10ヵ条』

人気リクエスト記事再録『百歳学入門(204)』   百歳学入門(70) …

94070974054a5f1c6636dc8.44492353133891856
長寿学入門(216)<松原泰道老師!百歳>『 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密を尋ねると、佐藤一斎の『言志晩録』に「見える限り、聞こえる限り、学問を排してはならない、とある。私も、いまや、目も見えない、耳も聞こえませんが、読み、書く、話すことは生涯続けたいと思います」と語る。合掌!

松原泰道老師百歳 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密は・ …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(212)』―『清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓-『ほっといたって、人問いつか死によるんやから、死ぬこ となんか考えてないの!』

百歳学入門(53) 清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓- ①  …