前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(130)声楽家・中川牧三(105歳)の生涯現役/健康長寿法>「好きなことを好きなようにやってきたら、いつの間にか100歳を迎えていました」

   

  •  知的巨人たちの百歳学(130

    105歳 声楽家・中川牧三の生涯現役/健康長寿法>

    「好きなことを好きなようにやってきたら、いつの間にか100歳を迎えていました」

105歳 声楽家 中川牧三 (1902年12月7日~2007年2月6日)

 

日本におけるイタリア・オペラの草分けで、百歳を過ぎてもなお現役としてオペラを指導している。

若い頃からヨーロッパへ留学し、戦前は世界を舞台にテナー歌手として活躍。2005年にイタリア政府より日本人初の『連帯の星』最高位の勲章「グランデ・ウフィチャーレ勲章」を授受した。長年日本イタリア協会会長も務めた。

104歳になっても歌のレッスンを欠かさない。

弟子は大学の教授から20代の若者まで多数おり、多いときには月に10回もこなす。熱が入ると発声やオペラ・アリアを2時間ぶっ通しでやり、弟子たちが音をあげることもあるというから驚きである。

特別な健康法はしていない。「好きなものを好きなだけ食べて飲む」

と言うように、104歳になったときもフォアグラ、魚料理、ステーキ、デザートのフランス料理をたいらげ、出されたビールやワインも飲み干す。食欲はさして衰えていない。朝食には砂糖をかけたトマトが定番であり、意識的に肉(動物性たんぱく質)を摂っているだけだという。

声を出すことを職業にしている音楽家、政治家、俳優らに長寿者は確かに多いが、中川の場合も声楽家である。

発声による複式呼吸が老化防止に役立ち、歌うことでストレス発散、精神安定が長寿につながったのでは。

そもそもオペラを含めた音楽への情熱は半端ではない。

日本のオペラはまだまだ発展途上で、本物に一歩でも近づくために若手音楽家の指導、教育に力を入れる。これが心の張り合いにもなっている。そういえば中川は大変なおシャレ。

イタリア仕込みの粋なファッションでよく現らわれ、イタリアに赴くときには若いガールフレンドとのデートを楽しみにしているとも。

まさにかくしゃくたる生き方を謳歌しているセントナリアン【百寿者】である。

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(83)大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治健康法とは①<長寿の秘訣は人を食うこと>

 百歳学入門(83)   大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々 …

no image
片野勧の衝撃レポート(61) 戦後70年-原発と国家<1952~53> 封印された核の真実ー「すべて公開にすべき」武谷三男②

片野勧の衝撃レポート(61)  戦後70年-原発と国家<1952~53> 封印さ …

no image
 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1045)>『トランプ大統領、FBI長官クビに!CNN「米国史に残る権力乱用」』★『大統領失格を自ら宣言する権力乱用であり、トランプは弾劾されて、辞任に追い込まれる可能性がより大きくなった。』

   ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(10 …

no image
百歳学入門(160)★『100歳以上の高齢者、過去最多の6万5692人、国内最高齢は116歳の女性』★『「老人に押し潰される」日本の医療に迫る危機4人に1人が75歳以上の時代はそう遠くない』★『2030年、遂に「ピンピンコロリ」が普遍化!? AIが迫る介護業界の抜本的なモデルチェンジ』★『「万引き老人」悲しく切なすぎる貧困の実態――食うに困っていてもいなくても』★『「世界未病の日」をつくるべきだと思う。そしてその声を日本が上げていかなきゃ – 第10回片山さつき氏』

  百歳学入門<160> 100歳以上の高齢者、過去最多の6万569 …

no image
松原泰道老師百歳 !! 「生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到!その長寿脳の秘密は・・・・」

2008年8月 松原泰道老師百歳 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到!その長 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン(35)』/『開戦2週間前の『仏ル・タン』報道ー『日本国民は自分たちの力と軍事力に対する節度の感覚を失っています。中国に勝利して以来,日本はロシアにも簡単に勝てるだろうと思い込んでいる』●『「対露同志会」がメンバーを旅順や満州,ウラジオストクに派遣して,極東におけるロシアの状況を調査している』

『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン(35)』 『開 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉛『開戦32日前の「英タイムズ」の報道―『日英同盟から英国は日本が抹殺されるのを座視しない』●『『極東の支配がロシアに奪われるなら、日英同盟から英国は 日本が抹殺されたり,永久に二流国の地位に下げられる のを座視しない』』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉛ …

no image
『百歳長寿経営学入門』(209)―『生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に学ぶ/『老人になれば、若い者以上に物事を考え、楽隠居をして休養するなどということは、絶対にしてはいけません。逆に、死ぬまで活動をやめないという覚悟が必要なのです』

2011/05/04記事再録 生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(125)』 <韓国ぶらり散歩> ー世界遺産の仏国寺に参拝した

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(125)』 <韓国ぶらり散歩> …

no image
100歳現役学入門―団塊世代は元気な百歳をめざそう<健康長寿の達人へ>

100歳現役学入門―団塊世代は元気な百歳をめざそう           …