前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本メルダウン脱出法(639)『地方創生の空念仏』<借金地獄を作った「自民党政治」は徳川時代の「藩財政再建の神様」上杉鷹山、恩田木工、山田方谷にこそ学べ

   

日本メルダウン脱出法(639)『地方創生の空念仏』-

<借金地獄を作った「自民党政治」は徳川時代の藩財政再建の神様」上杉鷹山、恩田木工、山田方谷の

『御先祖様』にこそ学べ

 

  またまた続く自民党の『地方行政の無為無策』-田中角栄元首相の「列島改造」や竹下登元首相の「ふるさと創生」(1億円を各自治体にバラマキ政策)「1村1品運動」などのまるでやきなおし。

②  徳川時代にあったケネディーも絶賛した上杉鷹山、https://www.google.co.jp/#q=%E4%B8%8A%E6%9D%89%E9%B7%B9%E5%B1%B1

恩田木工http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E7%94%B0%E6%B0%91%E8%A6%AA

山田方谷http://ja.wikipedia.org/wikiいさm0%E6%96%B9%E8%B0%B7

など藩財政再建の神様からこそ学べ

★(まとめ)「地方創生」―かつての「ふるさと創生」の轍は踏まない!頑張れ石破茂担当相!http://matome.naver.jp/odai/に2141074820527145701

●『地方創生のあるべき姿:コンパクトシティー化だけでは不十分?ー見落とされがちな「農地の多面的機能」とその貨幣価値

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42585

●『平均年収2500万の村も。「脱・過疎」を果たした地方の星

http://suumo.jp/journal/2012/10/31/31800/

■過疎化から一転、都会からIターン者が殺到する人気の街に(島根県海士町)http://www.town.ama.shimane.jp/

 『限界集落を”集楽”に!美作市地域おこし協力隊が ”全国最強”とよばれる秘策とは?http://greenz.jp/2013/10/03/mimasaka-mlat/

 

◎「手厚い移住者サービスと自然・環境分野への特化で「住みたい田舎」第2位にランクアップ

日本一人口が少ない県庁所在地のオンリーワン戦略〜鳥取県鳥取市http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43027

『市町村合併の欠点を長所に変えた東近江市―よそ者を拒まない進取の気性がアイデアの横展開を可能にhttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40584

◎「地方に移住し、地域活性に携わる「地域おこし協力隊」 応募~採用の実録

http://suumo.jp/journal/2013/05/13/43653/?pid=31800&awasete=3

◎[なぜ「円高・デフレ」が日本を救うのか-アベノミクスは最初から間違っていた]http://toyokeizai.net/articles/-/62232?page=4

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(80)記事再録/ ★『日本の〝怪物″実業家・金子直吉―鈴木商店を日本一の商社にした』★『当時、鈴木商店の倒産は世界三大倒産の一つといわれた』「もし、金子が米国で生まれていたならば、 カーネギー、ロックフェラーと並んで偉大な事業家として成功していたであろう。二人 には科学的な頭脳はなかったが、金子は持っており、無から有を作る事業家であっ た』

    2009/02/10 &nbsp …

no image
日本メルトダウン脱出法(879)『米国の著名学者が進言「オバマは原爆投下を謝るな」 「広島に行くべきではない」とも主張』(古森義久)』●『 米大統領警告「EU離脱なら英経済に打撃」』●『「日本は理想郷」ネオ親日派は中国を変える』●『この6万年でヒトの進化は急激に加速していた! どこへ行く?ホビットもマンモスも滅ぼした私たち』

   日本メルトダウン脱出法(879)   米国の著名学者が進言「オバ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(114)/記事再録☆『世界が尊敬した日本人(36)ー冷戦構造を打ち破り世界平和を模索した石橋湛山首相』★『世界の平和共存、日本の対米従属から自主独立を盛り込んだ「日中米ソ平和同盟」の大構想を掲げ対米関係は岸、池田首相に任せ、自らソ連に飛んで、日ソ平和条約を話し合った大宰相』

    2015/10/11 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い        …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(234)/ 『日本のドローン市場の発展を妨げる各種規制を撤廃して成長産業に離陸させねばならない』★『 第3回国際ドローン展(2017/4/20)』ー『ロームの<ドローン産業の未来を支えるI0Tソリューション>』★『JUAVAC ドローン エキスパート アカデミーのドローン女子』のプレゼン(動画20分あり)

    2017/04/22 /日本・世界最先端「 …

no image
日本リーダーパワー史(439)日米中韓150年戦争史②『征韓論の深淵』大院君は日本の外交関係などへとも思ってなかった②

 日本リーダーパワー史(439)   日米中韓150年戦争史をしっかり踏まえて …

no image
日本リーダーパワー史(367) 日本占領から日本独立へ ,マッカーサーと戦った日本人・吉田茂と白洲次郎(1)

    日本リーダーパワー史(367) &nbsp …

ダウンロード
百歳生涯現役入門(179)-『晩年の達人/渋沢栄一(91歳)④』★『不断の活動が必要で、計画を立て60から90まで活動する』●『煩悶、苦悩すべて快活に愉快に、これが私の秘訣です。』★『90歳から屈身運動(スクワット)をはじめ、1日3時間以上読書を続けていた』

                         百歳生涯現役入門(179)- …

no image
知的巨人の百歳学(131)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』★『『人間尊重』『つとめて困難を歩み、苦労人になれ』『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』★『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

2011/07/31記事再録/  日本リーダーパワー史(179) 『国 …

no image
『日本を救え、最悪のシナリオから考える④』ー生き延びるための知恵をー福島原発を軍事学的視点から見る(池田知隆)

『日本を救え、最悪のシナリオから考える④』   生き延びるための知恵ー …