前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(541)サッカーアジア杯のUAE戦での敗北に『死に至る日本病』を考える①

   

 

日本リーダーパワー史(541)

①サッカーアジアカップの準々決勝UAEでの敗北ぶり、

➁同時進行中のイスラム国人質事件での右往左往ぶり、

➂積年の病弊「農協改革を」一挙断行できない自民党の怠慢に共通する

『ガラパゴスジャパン病』(『死に至る日本病』)を考える①

              前坂俊之(ジャーナリスト)

1/23日夜、サッカーアジアカップでの準々決勝UAE戦を見ながら、ブラジルWカップ結果惨敗同様の既視感を覚えた。Wカップの惨敗について、サッカー連盟はその敗戦責任に頬かぶりして、総括もせず、早々にアギーレ監督を身体検査もせずに選んで丸投げ、その後に同監督の疑惑が浮上したがこれも、問題先送りの無責任に終始した。本田以下の選手もほぼそのままに、今大会に臨んだ。

これは誰もが指摘している事だが、日本サッカーの勝てない最大の要因は絶対勝つための戦略、戦術がないためである。

  • シュートを打てない、打っても入らない、決定力の徹底不足、フォワードのストライカーがいないことも長年の宿題だが、先送りされたままで、本気で育成しようとしていない。今回も「シュート35本でわずか1点」のみ。これでは勝てる訳がない。
  • http://www.daily.co.jp/soccer/2013/10/20/0006433146.shtm
  • 野球で言えば、打率0割の三振、空振り打者ぞろいで、空砲と弾丸の真っ直ぐ飛ばない足鉄砲をもって毎回試合に臨み『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』という出たとこ勝負の戦術なのである。
  • 「百発百中の砲一門は百発一中の砲百門に勝る」—これは日本海海戦で有名な東郷平八郎元帥の言葉だが、この猛訓練によって日本海海戦では世界の海戦史上で空前のパーフェクトな勝利、サッカーで言えば30対0の極大差の勝ちをおさめた。この歴史的な故事をもちださなくとも、本田がエースで球の配給役が重点で、香川、岡崎などにも得点力がないのだから、エースストライカー、決定力のある選手を世界中からスカウトして引っ張るしかない。ヨーロッパの各リーグはこれをやっているが、日本では移民政策を拒否している国柄だけに、できないのである。
  • その点で、日本のサーカーは点を取る、結果勝負の攻撃サッカーではなく全員参加型のパス回しのプロセス重視のサーカーなのである。それも横パス、後ろパス、スローパス、ショートパス、ロングボールなし、スピードパスなし、のスローモーな試合運び(これが一番悪い)で、決定的にスピードに欠けており、パスミスを奪われて、一瞬にワンツー、スリーくらいでスピード得点されるケースが多いのは、これまでの負け試合のパターンである。
  • このパス回しサッカー、「決断力なし、みんなでがんばります」サッカーは責任回避のパス回し、結果責任は問われず、負けると「すいません」の謝罪だけですむのがガラパゴス日本の基本システムであり、日本の政治、行政、企業、全般にわたる共通行動形式である。「会議漬け、会議だらけ」「全員、鳩首会議」を長時間ガンバってやれば仕事をした気になっている。「会議は踊る、されど決せず」の典型なのである。パスもヨコパスばかり、自分でドリブルでもロングボーでもゴールをめざし攻撃する決断力、自己責任の敢闘精神に欠ける、得点能力なしの責任回避のパスが多いのである。

つづく

 

「采配的中も…アギーレ監督“終戦”今大会限りの解任決定的」

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/24/kiji/K20150124009684580.html?feature=related

「シュート35本わずか1点…アギーレ監督「続けたい」/アジア杯」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150124/jpn15012405040004-n1.htmlhttp://www.sanspo.com/soccer/news/20150124/jpn15012405040004-n1.html

「相手より「良いサッカー」も…本田 精神面の未熟さ指摘「重圧に勝てなかった」

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/24/kiji/K20150124009685120.html

 

「◎【記者の目】監督解任先送りも時間の浪費避けるべき」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150124/jpn15012405000007-n1.html

  ◎<ブラジルW杯カップ惨敗も無責任、総括せずー今回の惨敗を招いた↓

山本昌邦「FootBallマネージメント」】日本代表には何が足りなかったのか? 後任監督人事よりも、W杯で明らかになった課題の検証が先決だ!

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39819

↑<前坂俊之のコメント>↑

 山本さん、あなたのNHKでのW杯予想解説で1次リーグ突破は難しくないという希望的コメントを何度も聞いており、岡田元監督同様に『大甘の身びいき発言だな』といつも思ってましたが、惨敗した後の手の平返した次の記事は何ですか。まず、自分の分析力の不足を総括しなさい。国民はちゃんとみているよ

http://www.maesaka-toshiyuki.com/massmedia/376.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●『邦人人質事件 解放へあらゆる手段を尽くせ

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150123-OYT1T50168.html

  • <イスラム国人質事件・冷静で客観的な視点を>受動喫煙の死亡者7000人と「人質2人」の命の重みをどう考えるべきか?
  • http://blogos.com/article/104049/

●「米大統領、北朝鮮「いずれ崩壊する」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H0D_U5A120C1NNE000/

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
  日中北朝鮮150年戦争史(36)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実』- 日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった①』

  日中北朝鮮150年戦争史(36) 120年前の日清戦争の真実 日清戦争は偶発 …

no image
日本メルトダウン脱出法(563)●「社説:アベノミクスの試練」(英FT紙)●「作家はアシェットではなくアマゾンを支持すべき」(英FT紙)

      日本メルトダウン脱出法(56 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(34)記事再録/当時の清国(中国)が侵略と言い張る『琉球処分にみる<日中対立>、台湾出兵をめぐる対中外交を絶賛した「ニューヨーク・タイムズ」(1874年(明治7)12月6日)

日中韓150年戦争史を踏まえて外交力を再構築せよ⑤   当時 …

no image
日本メルトダウン脱出法(690)「安倍政権に欠けている“サイバー安全保障”」「中国の独裁主義による発展は間違いなく脆いインドの民主主義が中国に勝る理由」

    日本メルトダウン脱出法(690)   安倍政権に欠けている“サ …

no image
日本メルトダウン脱出は可能か(596)●『世界経済を苦しめる需要低迷の呪い- 英FT紙)◎「1937年」の真の教訓とは何か」

    日本メルトダウン脱出は可能か(596) & …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(201)』-冬の京都・三千院、比叡山延暦寺、湖西の石山寺、三井寺を周遊、『この数年ヨーロッパばかり回り、石造り建築の露骨な存在感に食傷しておりましたので、自然と一体となった日本の寺院建築の楚々とした佇まいに改めて魅了されました。』

    2017/02/23 &nbsp …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史③』150回連載の31回~40回まで』●『『アジア・太平洋戦争全面敗北に至る終戦時の決定力、決断力ゼロは「最高戦争指導会議」「大本営」の機能不全、無責任体制にあるー現在も「この統治システム不全は引き続いている』★『『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)が語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史③ 』1 …

no image
『昭和戦後史の謎』-『東京裁判』で裁かれなかったA級戦犯は釈放後、再び日本の指導者に復活した』★『A級、BC級戦犯の区別は一何にもとづくのか』★『日本の政治、軍部の知識ゼロ、日本語を読めないGHQスタッフ』★『ウイロビーは『日本を反共の防波堤』に』★『A級戦犯岸信介は首相にカムバック』●『右翼は裁かれず、児玉は日本のフィクサーへ』

裁かれなかったA級戦犯 釈放後、 再び日本の指導者に復活!した 前坂俊之(ジャー …

no image
ジョーク日本史(6)西郷隆盛の弟・西郷従道②ー兄以上の超大物 で 『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」の面白エピソード、機智、ユーモア

  ジョーク日本史(6) 西郷隆盛の弟・西郷従道は兄以上の超大物 『バ …

no image
『インテリジェンス人物史』(13)記事再録/『真珠湾攻撃から70年―『山本五十六のリーダーシップ』ー 最もよく知る最後の海軍大将・井上成美が語るー

リーダーパワー史(869) 2011/09/27執筆<日本リーダーパワー史(19 …