前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(541)サッカーアジア杯のUAE戦での敗北に『死に至る日本病』を考える①

   

 

日本リーダーパワー史(541)

①サッカーアジアカップの準々決勝UAEでの敗北ぶり、

➁同時進行中のイスラム国人質事件での右往左往ぶり、

➂積年の病弊「農協改革を」一挙断行できない自民党の怠慢に共通する

『ガラパゴスジャパン病』(『死に至る日本病』)を考える①

              前坂俊之(ジャーナリスト)

1/23日夜、サッカーアジアカップでの準々決勝UAE戦を見ながら、ブラジルWカップ結果惨敗同様の既視感を覚えた。Wカップの惨敗について、サッカー連盟はその敗戦責任に頬かぶりして、総括もせず、早々にアギーレ監督を身体検査もせずに選んで丸投げ、その後に同監督の疑惑が浮上したがこれも、問題先送りの無責任に終始した。本田以下の選手もほぼそのままに、今大会に臨んだ。

これは誰もが指摘している事だが、日本サッカーの勝てない最大の要因は絶対勝つための戦略、戦術がないためである。

  • シュートを打てない、打っても入らない、決定力の徹底不足、フォワードのストライカーがいないことも長年の宿題だが、先送りされたままで、本気で育成しようとしていない。今回も「シュート35本でわずか1点」のみ。これでは勝てる訳がない。
  • http://www.daily.co.jp/soccer/2013/10/20/0006433146.shtm
  • 野球で言えば、打率0割の三振、空振り打者ぞろいで、空砲と弾丸の真っ直ぐ飛ばない足鉄砲をもって毎回試合に臨み『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』という出たとこ勝負の戦術なのである。
  • 「百発百中の砲一門は百発一中の砲百門に勝る」—これは日本海海戦で有名な東郷平八郎元帥の言葉だが、この猛訓練によって日本海海戦では世界の海戦史上で空前のパーフェクトな勝利、サッカーで言えば30対0の極大差の勝ちをおさめた。この歴史的な故事をもちださなくとも、本田がエースで球の配給役が重点で、香川、岡崎などにも得点力がないのだから、エースストライカー、決定力のある選手を世界中からスカウトして引っ張るしかない。ヨーロッパの各リーグはこれをやっているが、日本では移民政策を拒否している国柄だけに、できないのである。
  • その点で、日本のサーカーは点を取る、結果勝負の攻撃サッカーではなく全員参加型のパス回しのプロセス重視のサーカーなのである。それも横パス、後ろパス、スローパス、ショートパス、ロングボールなし、スピードパスなし、のスローモーな試合運び(これが一番悪い)で、決定的にスピードに欠けており、パスミスを奪われて、一瞬にワンツー、スリーくらいでスピード得点されるケースが多いのは、これまでの負け試合のパターンである。
  • このパス回しサッカー、「決断力なし、みんなでがんばります」サッカーは責任回避のパス回し、結果責任は問われず、負けると「すいません」の謝罪だけですむのがガラパゴス日本の基本システムであり、日本の政治、行政、企業、全般にわたる共通行動形式である。「会議漬け、会議だらけ」「全員、鳩首会議」を長時間ガンバってやれば仕事をした気になっている。「会議は踊る、されど決せず」の典型なのである。パスもヨコパスばかり、自分でドリブルでもロングボーでもゴールをめざし攻撃する決断力、自己責任の敢闘精神に欠ける、得点能力なしの責任回避のパスが多いのである。

つづく

 

「采配的中も…アギーレ監督“終戦”今大会限りの解任決定的」

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/24/kiji/K20150124009684580.html?feature=related

「シュート35本わずか1点…アギーレ監督「続けたい」/アジア杯」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150124/jpn15012405040004-n1.htmlhttp://www.sanspo.com/soccer/news/20150124/jpn15012405040004-n1.html

「相手より「良いサッカー」も…本田 精神面の未熟さ指摘「重圧に勝てなかった」

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/24/kiji/K20150124009685120.html

 

「◎【記者の目】監督解任先送りも時間の浪費避けるべき」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150124/jpn15012405000007-n1.html

  ◎<ブラジルW杯カップ惨敗も無責任、総括せずー今回の惨敗を招いた↓

山本昌邦「FootBallマネージメント」】日本代表には何が足りなかったのか? 後任監督人事よりも、W杯で明らかになった課題の検証が先決だ!

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39819

↑<前坂俊之のコメント>↑

 山本さん、あなたのNHKでのW杯予想解説で1次リーグ突破は難しくないという希望的コメントを何度も聞いており、岡田元監督同様に『大甘の身びいき発言だな』といつも思ってましたが、惨敗した後の手の平返した次の記事は何ですか。まず、自分の分析力の不足を総括しなさい。国民はちゃんとみているよ

http://www.maesaka-toshiyuki.com/massmedia/376.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●『邦人人質事件 解放へあらゆる手段を尽くせ

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150123-OYT1T50168.html

  • <イスラム国人質事件・冷静で客観的な視点を>受動喫煙の死亡者7000人と「人質2人」の命の重みをどう考えるべきか?
  • http://blogos.com/article/104049/

●「米大統領、北朝鮮「いずれ崩壊する」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H0D_U5A120C1NNE000/

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(122)「三原じゅん子議員の「八紘一宇」発言、議員辞職に値する」(3/30)◎「辺野古作業で岩礁破砕、政府・沖縄県知事が真っ向対立」(3/25)

           池田龍夫のマスコミ時評(122)           池田 …

no image
日本メルトダウン脱出法(723)「米政府、中国国家主席の訪米前に中国企業制裁へ」(英FT紙)●「中国が直面する「経済の断絶」のリスク」(英FT紙)

   日本メルトダウン脱出法(723)   米政府、中国国家主席の訪米前に中国企 …

no image
1954(昭和29)年とはどんな時代だったのか-<大疑獄事件で幕を閉じた吉田長期政権(昭和29年)>

                                         …

no image
日本のメルトダウン(528)TPP交渉不調で再び国際孤立へ向かうのか?25日に結論、ロンドン軍縮会議の失敗のテツを踏むな

     日本のメルトダウン(528) …

no image
百歳学入門(95)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>10ヵ条③ー「天才は1%の霊感と99%が汗である」

   百歳学入門(95)  「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>③ & …

no image
 クイズ『坂の上の雲』(資料) 英紙『タイムズ』が報道する『日・中・韓』三国志③<朝鮮統治のむつかしさ>

      クイズ『坂の上の雲』(資料) &nbs …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⒁」―『明治維新を点火した草莽の革命家・吉田松陰⑵』松下村塾で行われた教育実践は「暗記ではなく議論と行動」

松下村塾で行われた教育実践は「暗記ではなく議論と行動」 2015年、松下村塾が「 …

無題
★⑩日本リーダーパワー史(714)伊勢志摩サミットの陰の主人公はこの人注目!(記事再録)「真珠王」だけでなく『世界の生涯現役・長寿王でもあった御木本幸吉(96歳)』「朝食は茶碗3分目、昼は2分目、夜は「旨い物は2箸残す」

  日本リーダーパワー史(714) <記事再録>百歳学入門(69 …

no image
日本リーダーパワー史(305)『日韓外交衝突の歴史を検証する② ーアジアの観察者・ベルツの『日中韓』の500年史

  日本リーダーパワー史(305)   『日韓外交衝突の歴史 …

no image
 日本リーダーパワー史(145)国難リテラシー・『大日本帝国最期の日』(敗戦の日)昭和天皇・政治家・軍人はどう行動したか③

 日本リーダーパワー史(145)   国難リテラシー・『大日本帝国最期 …