前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁

      2015/01/01

 

 

月刊誌『公評』7月号―特集『実感』②

『異文化コミュニケーションの難しさ―

『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目➁

 

 

                       前坂 俊之

(静岡県立大学名誉教授)

 

(以下の原稿は5月15日までの状況分析である)

 

●小保方氏は科学者か、論理的な説明がなぜできない、

 

小保方氏の証言を聞いて痛感するのは事実をきちんと数字、記録、物的な証拠に基づいて論理的に、相手が納得するよう説明する態度がみられないことである。それは「不勉強だった」とか「未熟だった」「申し訳ありません」とか、言い訳ですまされる問題ではなく、本質的に真実に対する怠慢、科学者としての良心の欠如があるといってよい。

科学的な証明とはいったい何か、生物、科学的な実験とは何だろうかー正確な事実が合理的に立証されるということである。他者が同じ条件下で再現実験をしても同じ結論に達するということで、それができなければ「科学的な新発見」ということはできない。

実験ノートがないというのは、ジャーナリストが取材に行ったのに取材ノートをとらなかったというのと等しい。イロハのイもできていない。しかも、自らへの捏造疑惑を晴らすための最重要な会見で、「STAPは200回以上成功」したと、ビックリ発言をしながら、それを証明する物的証拠、記録、写真を提示できなければを、彼女の証言に信憑性がないと判断されるのは当たり前ではないか。そんな普通の大人の判断力さえ欠いた会見のやりとりだった。

200回も成功したのにそのことを実験ノートになぜ、記録しなかったのか、それは不勉強で済まされる問題ではない。

もし、新聞記者だった私の職業的な体験から考えた場合「世紀のスクープといわれる大物との会見成功」という原稿を書いても、それを裏付ける写真、記録も、取材ノートもなければ、デスクは記事を信用せず、別ルートからも念押し、裏付け確認する。記者本人の話だけでは、絶対に出稿をしない。スクープの信憑性を担保する写真、録音テープなどは不可欠な要件である。

 

科学者の場合も、研究者の場合も同じである。STAP細胞という世紀の大発見をしながら、その存在証明を記録しなかったなんて、あり得ないではない。現に、山中教授のiPS細胞発見の論文も、本人も論文発表ではその正確性を徹底して追及されるので、再現実験を何十回もやって間違いないと確認した上に、実験記録や確証もってしっかり担保して発表したという。

小保方氏が「200回も成功したとのビックリ発言をしながら、実験ノートに記載せず、証拠の写真、記録を取らないということは100人中小保方氏を除いてあり得ない、と断言してもいい。

この実験を確認しているほかの研究者が1人がいるといいながら、その人の名前は言えませんなんて、一体何のための反論会見なのか、自ら墓穴を掘った発言といえよう。

この200回作成については『週刊文春』(4月24日号)でも、同じ研究者のコメントとして「どの段階を成功と言っているのか。200回の作成には最低数年はかかる。STAP実験3年で200回成功なら、3日に一度、長くても週に一回は実験可能ということになる」と信憑性を疑問視している。

 

 

200回実験成功したのに、なぜその証拠がない!?

 

 

2010年にノーベル化学賞を受賞した根岸英一教授(78)は「私は化学が専門であり、STAP細胞については詳しく知りません。ただ、科学者たるもの、百パーケント自分に正直でなくてはならないということです。報道を見る限り、小俣方さんはそこを十分に守れたのか、疑問に思うのです」(週刊文春4月24日号)と指摘。

科学ジャーナリストでもある評論家の立花隆氏は「STAP細胞はあり得ると思っています。論文発表した長い間立って再現実験にやっと成功した例はいくつもある」」(週刊文春5月815日号)と述べている。」―この小保方氏擁護ともとれる発言もあり、まだ私の結論は出ていなかった。

ところが、5月9日になって、小保方氏側はようやくその「実験ノート」なるものを公開したが、その内容は想像以上にお粗末なもので、細胞が作成された日時や詳細な実験条件の記述はなく「陽性かくにん!よかった。」とか「小学生の理科の観察日誌?」のようなものであり、これが世界的な発見をしたという証拠の実験ノートなのかと理研側もびっくり、偽造判断の大きなポイントになったという。私もこれが200回の実験成功を疑わせる決定的な証拠と思う。

 

 さらに、59日の調査委員会の発表によると、小保方氏は「サイエンス」にも同様の論文を投稿、画像の切り貼りを指摘されたいう。

調査委員会はこの論文の提出を求めたが、小保方氏は拒否したまま。理研側の「サイエンス論文はネイチャー論文と同様のSTAP細胞の存在を裏付ける資料ならば速やかに提出すべきものだが、これを拒否しているのは存在そのものが疑問視される」との指摘は的を射ていると思う。

 

いずれにしても、あらゆる部門に一番大切な科学的、論理的、実証主義の姿勢が欠落し、無責任であることがわかった。3・11福島原発事故を「想定外」として、政府、通産省、文科省、東電、原子村の責任追及は一切、不問に付されたが、文文明国の最低条件である科学主義の欠如が日本全体に蔓延していると気になる。

 

                           つづく

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(648)「中国のアジア開銀(AIIB)参加問題で、日本は米国に追随し、外交失敗をするか、近衛外交<中国は相手にせず>の二の舞を踏むのか

     日本メルダウン脱出法(648) 「中国主導のアジア開銀(AI …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉒「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑦『前代未聞の退位と即位』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(196)』★『空調トラブルで2日連続引き返す、半世紀ぶりの国産旅客機、今後の受注活動に影響も』●『テスト飛行の連続失敗の原因は?- MHI(三菱重工)組織の驚くべき硬直性ー 日本企業の中でもこれほど上意下達と その履行を強制する会社は珍しいと実感!』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(196)』 『三菱MRJ …

no image
★➉外国人観光客へのおすすめベスト第1位ー「世界文化遺産.醍醐寺」のすべて―『 慶長3(1598)年の春、豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」を契機に 秀吉と秀頼によって金堂や三宝院、山上では開山堂や如意輪堂などが再建された。』●『三宝院の秀吉が設計した庭園。天下の名石『藤戸石』がある。』

★➉外国人観光客へのおすすめベスト第1位ー「世界文化遺産.醍醐寺」のすべて➀   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(145)』 エマニュエル•トッドのグローバル・トレンド『近い将来台頭するドイツ帝国とアメリカ合衆国の衝突を極めて危惧する』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(145)』 エマニュエル …

111111111111111111111111111111111
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(177)』2016/5『ポーランド・ワルシャワ途中下車③ 『世界遺産の旧市街』ナチスにより徹底的に破壊された市街は市民により丹念に復元され世界遺産となった➂

  ★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(177)』 20 …

no image
<新刊> 前坂 俊之編解説 『軍談 秋山真之の日露戦争回顧録』新人物文庫(2010年2月刊)

前坂 俊之編解説 『軍談 秋山真之の日露戦争回顧録』新人物文庫(2010年2月刊 …

no image
日本リーダーパワー史(226) ●<『外国新聞』が報道した「明治7年の日本政治と日本人」<日本の教育を根本的に批判>

日本リーダーパワー史(226)   <140年前に驚くべき卓見― …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(79)★『 原発と国家―封印された核の真実⑫(1985~88) 』 チェルノブイリ原発事故30年(下)

 片野勧の衝撃レポート(79)★ 原発と国家―封印された核の真実⑫(1985~8 …

no image
東京理科大学・大庭三枝教授が著書『重層的地域としてのアジアー対立と共存の構図』について3/8日、日本記者クラブで講演動画(120分)

東京理科大学・大庭三枝教授が著書『重層的地域としてのアジアー対立と共存 の構図』 …