前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

月刊誌『公評』7月号掲載 『異文化コミュニケーションの難しさ―『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目➂

      2015/01/01

 

 

月刊誌『公評』7月号―特集『実感』❸

『異文化コミュニケーションの難しさ―

『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目➂

 

 

                       前坂 俊之

(静岡県立大学名誉教授)

 

 

(以下の原稿は5月15日までの状況分析である)

 

 

●では、この問題での日本人と西欧人との違いは何か

 

というと、感情主義の小保方氏と科学論理主義の西欧といえる。西欧の近代社会の根底には近代科学主義が根づいている。

西欧での近代化の過程は神話や迷信の支配していた中世・封建社会から宗教改革を経て、コペルニクス、ガリレオ、ニュートンらの「地理上の発見」や真理の発見で「ルネッサンス」(文化革新、人間解放)を経て、近代科学が誕生し、合理主義、個人主義が開花し、ヨーロッパでの近代文明が幕を開けた。

日本人と西欧人の違いはこうしたヨーロッパ人の理性的な思考、真理の探究、近代科学主義、合理主義に対しての日本の仏教・儒教・朱子学、土着の自然崇拝的なものの融合した「日本主義的思想」である。140年前に鎖国から開国したばかりの明治初期の日本にきたフランス人ジャーナリストは、日本人を観察してこう書いている。

 

1874(明治7)年5月23日付  フランス紙『ル・タン』(日本便り 江戸 
330日)はこう書いている。

 

 

「彼らの理解力の鋭さとすばやさは.驚くべきものだ。また知識が欠けているわけでもない。その教育は確かに初歩的なものだが、きわめて大規模に、くまなく十分に普及している。大変貧しい娘ですら.小説を満喫している。

日本人には何が欠けているのだろうか?彼らに欠けているのは.論理の技術だ。そしてそれは.人類の精神が中国的とアーリア的の2つに分かれるという,われわれにとって重大な結果をもたらす問題がない限り、1つの方法なのだ。彼らの教育制度は.ただ記憶力だけを対象としている。

頭脳は無秩序、無分別に中国古典一式を詰め込み.覚えることができることはすべ暗記し,歴史学は日付を覚えること.教学は計算方法を覚えること,論理的な学問は全くない。

逸話の収集.あるいは政令の編さんがすべて。それが師弟にとって理想なのだ。かつての大君による変化のない統治は.人親の自立の発展を停滞させたが,同時に理性の発展を停滞させた。

それは.理性的学問の分野では.小学生と同じくらい無能な学者を作ることを目的とした,計り知れない政策だ?たように思える。われわれがあまりに長くスコラ哲学にはまり込んでいたのと同じように,日本は中国的教養主義にはまり込んでおり.依然として自らのルネサンスを待っているのだ。

こうした制度が人々の精神の中のばく然とした優柔不断で不完全な事素を必ず残してしまうことは.容易に理解できる。さまざまな事実を脈絡なく押し込まれれば.論理的な能力はなくなり.たどたどしい物言いが同じ言葉のくり返しに変わるだけで.成熱することはない。

校を卒業するときには,新しい要素に同化できない,古い要素でできた欠陥のある精神になっており.その性格に応じて半睡状態か妄想状態に陥る。そうした人物には.実際的な良識が欠けている。」(『外国新聞からみた日本』毎日コミュニケーションズ 1989年)

 

140年前に日本人の国民性への驚くべき洞察力である。

 

私の言う『日本病』を指摘している。これから約70年後の1945年(昭和20)8月に、日本はアジア太平洋戦争で全面敗北した。

 

GHQ(連合軍総司令部)のマッカーサー元帥は敵国の日本人とドイツ人を比較して「民主主義において、アメリカやドイツが45歳ならば、日本は、まだ12歳の少年、ドイツ人は経験を積んだ大人にも関わらず戦争を犯したが、日本人はまだ経験の無い子供だから戦争を起こした」、と、米議会で証言して、日本人はショックを受けた。

 

マッカーサーは「日本人は12歳の少年の精神状況であり、大人の判断力、理性的で、論理的な思考力がまだ備わっていない」と、フランス人ジャーナリスト同様の指摘したのである。

 

それからさらに、約70年が経過した現在の日本で、『311原発事故』が起こり、今回の「STAP細胞スキャンダル」が「最高の頭脳集団」を直撃した。日本人の精神構造は大人に成熟したのかどうか、その論理的な思考力、コミュニケーション力が問われている。

 

 

●日中韓対立の根源にある『民族感情』のギャップ

 

そんな思いから、今回のSTP細胞疑惑と同時並行的に展開された日本、中国、韓国の一連の対立、外交非難に心を痛めながら、この各民族のもつ感情表現、コミュニケーション態度、行動のギャップをヨーロッパ人のそれと比較しながらつくづく考えさせられた。

 

45月には習近平がヨーロッパを歴訪し、日本の安倍首相の歴史認識を批判すれば、こんどは安倍首相がヨーロッパ各国と中国の軍事費増大を批判する、中国、韓国は協力してハルピンに伊藤博文暗殺の安重根の記念博物館をつくり、外国人記者たちを招いて、日本側をけん制する、激しい外交つばぜり合いが繰り広げられた。

 

ウクライナ問題ではロシアに経済制裁を加えた米EU各国の大統領、外相は電話会談を含めて度々、会談しているのに、日中韓ではなぜ、話し合いさえできないのか。

 

その答えは仏ジャーナリストの言うヨーロッパ論理社会と中華圏の「メンツ重視」思考、感情中心のギャップにある。自己感情に重きを置くか、感情を超えた『論理』を優先するか、ヨーロッパの3世紀にわたる戦争、外交、友好、和解の繰り返しで築かれた成熟した大人の思考力によるEU統合のレベルに日中韓国三国はまだ遠く及ばないといえる。

 

そこに異文化間コミュニケーションの難しさが横たわっている。なぜ国や地域、民族が異なると『感情表現』『価値観』「コミュニケーション」「行動様式」は違ってくるのか。

人間の感情イメージは生まれ育ったその国の国土、風土、自然、生活文化、歴史の中で生まれる「文化スキーマ」によって規定される。

 

「文化スキーマ」とは脳の中で何十億もの神経回路網のことで、赤ん坊から成長していく過程でさまざまな感情表現、思考回路、コミュニケーション、行動形式、体験を通して記憶し他膨大な「データ・べース」なのである。

 

外部からの大量の刺激・情報をこの神経回路網を通じてこの脳コンピュータに集めて言語変換処理、チェック、判断、行動指令を瞬時に行う巨大なコンピュータと同じ。

この「文化スキーマ」は地球71億人の各個人でもすべて異なり、国、民族単位ではもっと複雑に異なる。

 

                           つづく

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(825)「小泉進次郎氏激白!補助金漬けと決別し農業を成長産業に」●「なぜ日本の男は苦しいのか? 女性装の東大教授が明かす、この国の「病理の正体」」●「中国経済の足を引っ張る「キョンシー企業」を退治せよ」●「Facebook、マイクロソフト、ソニーも参戦 今年ブレイクするバーチャルリアリティ」

   日本メルトダウン脱出法(825)   小泉進次郎氏激白!補助金漬 …

no image
日本リーダーパワー史(764)―『さらば!「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」、「瞑門」へ』● 『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読む』③『社内の人間の顔をたてるよりも、社外への会社の顔をつぶさぬことを考えよ』★『賃上げは生産性向上の範囲内で」ではなく「賃上げを上回る生産性向上を」と考えよ』

  日本リーダーパワー史(764) さらば!「東芝」の150年歴史は「名門」から …

no image
石田勇治 東京大学大学院教授の「ドイツの戦後和解」(ナチズムの克服)の講演動画(120分)

石田勇治 東京大学大学院教授の「ドイツの戦後和解」(ナチズムの克服) の講演動画 …

59830793154a5ed694ab292.82578910435182873
★『時代を超えたスーパー・ジャパニーズ』◎『192,30年代に『花のパリ』でラブロマンス/芸術/パトロンの賛沢三昧に遊楽して約600億円を使い果たした空前絶後のコスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の華麗な生涯』★『1905年、日露戦争の完全勝利に驚嘆したフラン人は、日本人を見るとキス攻めにしたほどの日本ブームが起きた』

コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上) http://w

no image
日中北朝鮮150年戦争史(35)★歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 ロシアは『露清密約』(李鴻章の巨額ワイロ事件)を結び遼東半島を入手、シベリア鉄道を 建設して居座り、日露戦争の原因となった。

 日中北朝鮮150年戦争史(35) 歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 …

no image
日本メルトダウン脱出法(894)【日米首脳会談】海外メディアはどう報じた? 安倍首相の抗議を「驚くほどの強い言葉遣い」と米紙』●『アングル:オバマ大統領の広島訪問、核なき世界への一歩か』●『サミット:世界経済「クライシス」の認識に異論、表現を最終調整へ』●『オピニオン:伊勢志摩サミット成否の分かれ目=竹中平蔵氏』

 日本メルトダウン脱出法(894)   【日米首脳会談】海外メディアは …

no image
日本メルトダウン脱出法(745)「大村智さん、美術館丸ごと故郷に寄贈、特許料は「食べるだけで十分」●「富豪バフェット氏の超質素な生活、資産9兆円、自宅は60年前のまま」「4ノーベル賞の中村修二氏、「アメリカの市民権」を取った理由を語る」

  日本メルトダウン脱出法(745) 大村智さん、美術館丸ごと故郷に寄 …

no image
日本リーダーパワー史(722)『強中国夢』③(中華思想単独覇権主義)をめざす習近平共産党政権はー孫文の「覇道」「王道」 の認識は完全に間違っており、習近平も 同じ誤りの道を暴走している。<孫文「大アジア主義」の演説全文を再録>③

日本リーダーパワー史(722) 『強中国夢』(中華思想単独覇権主義)をめざす 習 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(4)<最重要記事再録>日中のパーセプションギャップ、コミュニケーションギャップの深淵』★『(日清戦争開戦1週間前ー「戦いに及んでは持久戦とすべきを論ず」(申報)』★『120年前の日清戦争で近代科学思想、合理的精神の西欧列強に一歩でも近づこうとした日本と、1000年にわたる封建的、儒教精神の旧弊で風水の迷信に凝り固まった「中華思想」、メンツから一歩も発展していない清国(中国)が戦端を開いてみれば、どんな結果になったか ー新聞『申報』のバックナンバーを読むとよくわかる。』

2014/09/09の記事再録 『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 …

no image
速報(107)『日本のメルトダウン』●<小出裕章動画情報2本>『食品安全委員会発表「生涯上限100ミリシーベルト」のゆるさ』

速報(107)『日本のメルトダウン』 ●<小出裕章動画情報2本>『作業員の『被曝 …