前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

陸 羯南の日清戦争論①韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)①

      2015/01/01

         

        

 


羯南(くが かつなん)の日清戦争論①

韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初年から

日清(日中)外交、日朝(日韓朝)外交の年表
 『我東洋問題の起因』①

 

羯南(くが かつなん)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%BE%AF%E5%8D%97


  『我東洋問題の起因』 【日本】明治27年11月12日号

 

 神功皇后

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%8A%9F%E7%9A%87%E5%90%8E

 

 

が三韓征伐

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%9F%93%E5%BE%81%E4%BC%90

 

をして以来、1千年を経て蒙古襲来(元寇の役)があり、千四百年にして秀吉の朝鮮出兵があった。

一の侵攻と二の出兵を除く外は、日本の歴史上では対外戦争はなかった。日清戦争が始まれば実に神功以後千七百年のことになる。王政が衰えて藤原氏が国をもてあそび、鎌倉、室町、豊臣時代を経て徳川時代となった。

この時まで政府(徳川幕府)はただ掌中の私権を失うことを恐れて、国権、国家について少しも考える者はいなかった。北条時宗が蒙古襲来を防いだのと秀吉の朝鮮征伐とは日本史上、絶無で希有のことであった。

 

 

その他の者は皆な何事もないことをよしとして、国外に向けてはただ虚礼(儒教)を修め、物を贈って(朝貢)交際するだけで、これを論じるには値しない。

 ヨーロッパ人の始めてアジアに侵略してきてすでに三百年、当時はヨーロッパ人を「南蛮紅毛」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E8%9B%AE

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E6%AF%9B

といって、気にもかけなかった、ポルトガル人、オランダ人の九州に来る者は皆なこう呼んで軽視した。航海術がとみに進み、船団をくんで関東の沿岸にくるや、西欧の黒船はたちまち三百諸候の耳目を驚かせた。島国日本はこれより多事騒乱に陥り,ついに徳川幕府は自ら崩壊してしまった。王政が再興して、いわゆる維新時代がきた。

 

この時は海外、各国とは無事は望めなかった。往時のいわゆる外患は今日の常事となり(外交の困難は当たり前)、時勢は功臣(維新の功労者)は太平の栄華に酔うべきではないのに、功臣の希望は時勢と相異なり、藤原氏の栄華を夢見る者が多く、誰も東洋問題(西欧のアジア侵略)に思いを馳せる者はいなかった。

 

 神功の偉業を謳い、時宗の勇断を歌い秀吉の雄図を謡って慷概していた壮士は、王政維新が成就するや、たちまち変じて奈良京都の太平を慕い、あるは鎌倉の威厳を学び、或は室町の風流に倣い、外交を虚礼方物に寓し、坐して征夷大将軍となり、爵禄衣冠以て君国の事を揺譲の間に料理せんとするの端乃ち見はれぬ。

 

内乱始めて息み、士心、猶は安んぜざるの時に当り、休養の策を立てて、以て富裕を民業に与えん欲するはまた名臣の意たるを見る。岩倉具視、大久保利道の殖産論はこれと似ている。

 況んや、欧米の事物は皆な意想の外に出で、其の制度文物の興は長袖の徒を騒がせ、其の船艦砲銃の巧は戎衣の輩を驚かし、農工商の術、その他百般の精は士民の耳目をして聾盲に均しからしむ。

 

要するに西洋という名称は開国の恐怖を惹起したことは疑なし。恐怖は退縮の原因なれば、維新初期の外政は少なくとも西洋に対して幕府と同一の退縮に陥りたり。然れども国の周囲に於ける形勢は退縮を容れず、且つ功臣中にも猶は壮士の気象未だ消えざるものあり。乃ち内乱鎮定の余威を以て海外に加えんと希望す。いま維新以来今日に至るまでの事跡を略叙して、以て東洋間題の実演せられたる其の起因を講究せんと欲す。

 

 

  明治三(1870)年八月、各港在留の清国人にして本邦の禁令を犯す者は、処するに本邦の法律を以ってするの制を定む。

  同十月、上海に仮領事館を置き同地の道台に協議して我が人民の取締をなす。

 

案ずるに当時清国は無条約なり、従て領事裁判枠は彼れの有にあらず、而して我れは仮領事館を以て居留邦民の取締を為さんとせり。

維新の始に於ける我れの対清国策は壮快なりし。

 

○明治四年七月、大蔵卿兼全権大臣伊達宗城、旨を奉じて清国に往き李鴻章と会同して条約を議定す。条約は諸外国との条款を基礎とせり。同八月、伊達宗城は本国より召遺されて帰朝す。これより先き岩倉外務卿条約改正のため欧米行の企あり。宗城の訂約は岩倉卿が帰朝後に決すべきものなり故に召還す。

 

 対清策の当時に定まらなかったのは今日の如きなりしを見る。然れども既に国法を以て在日本の清国人を処分すと為し、領事を以て在支那の日本民を取締ると為せり。訂約は宜しく此に基くべし。故に伊達氏の談判を非として之を召還す。朝令暮改の姿あれども進為の心、取るべきものあり。

 

              【日本】明治27年11月12日号



 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン(941)『コラム:米中戦争シナリオ、核攻撃は杞憂か』●『「富の大きさ」で世界地図をつくると、日本はこう姿を変える【画像】』●『英国メイ新政権:原発政策「急変の兆し」を注視せよ』●『北朝鮮の高位外交官がイギリスから亡命か エリート層の脱北、報道相次ぐ』

 日本メルトダウン(941)   コラム:米中戦争シナリオ、核攻撃は杞 …

no image
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊼★『児玉源太郎のインテリジェンス』★『袁世凱と太いパイプを持つ青木宣純大佐に満州馬賊団を起して鉄道破壊のゲリラ部隊の創設を指示』●『青木大佐と袁世凱の深い関係』

  ★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した 明治人のリーダーパワー,リス …

no image
速報(207)『日本のメルトダウン』『レヴィ・ストロースで読解くー日本にリーダーがいない理由』『ユーロ危機、三十年戦争の教訓』

速報(207)『日本のメルトダウン』 ●『レヴィ・ストロースで読み解くー日本にリ …

no image
日本リーダーパワー史(759)-『名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」「瞑門」へ」●『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読む①』★『『日本老舗大企業にとって明日は我が身の教訓、戒語です』

日本リーダーパワー史(759)   名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷 …

no image
知的巨人たちの百歳学(165)ー『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル・植物学者・牧野富太郎(94)植物学者・牧野富太郎 (94)『草を褥(しとね)に木の根を枕 花を恋して五十年』「わしは植物の精だよ」

    94歳 植物学者・牧野富太郎 (1862年5月22日 …

no image
『F国際ビジネスマンのウオッチ④』<何とも賢い、いち早く脱原発したドイツ、原発維持をやめられない不決断病のバカ・日本>

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ④』 <日独原発判断の180度の …

no image
高杉晋吾レポート⑪「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ーー元、淀川水系流域委員長 宮本博司氏へのインタビュー(上)

高杉晋吾レポート⑪   ダム推進バリバリの元国交省エリート、宮本博司が …

no image
速報(60)『日本のメルトダウン』ー動画2本『原発の国際基準「1年1ミリシーベルト以上の被曝は危険』『ドイツ原発汚染の真相」

速報(60)『日本のメルトダウン』   ★動画2本『原発の国際基準「1 …

no image
  世界、日本メルトダウン(1038)– 『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した。』●『トランプ、大統領就任100日 公約は果たせたかチェックまとめ』★『ツイート479回…ゴルフは? トランプ氏の100日』●『トランプ氏、就任100日 連発大統領令、乏しい成果』★『トランプは金正恩とハンバーガーを食べるのか?』

   世界、日本メルトダウン(1038)– トランプ大統領の就任10 …

no image
★『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』③―「1903(明治36)年1月3日 付『英タイムズ』『満州とロシア鉄道』(上)『日本外交の失敗は三国干渉を受諾した際、三国は返還した遼東半島をその後占領しない旨の一札をとっておれば,その後の東アジアの戦争は起きなかったであろう』●『このため、3年もたたないうちに,ロシアは日本を追い出して満州を軍事占領した。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』③   1903(明治36 …