前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(29)『日本のメルトダウン』41日目ー◎世界一原発大国へ突進の中国対敗戦日本の新たな戦いが始まる●

   

速報(29)『日本のメルトダウン』41日目
◎世界一原発大国へ突進の中国対敗戦日本の新たな戦いが始まる
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
21日(木)午後8時現在まで
 
 
 
●『原発支持、最高中国70%=日本は39%-世界の世論調査
時事通信(2011/04/21-08:53)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2011042100109

『AFP通信によれば、調査は事故後に47カ国で実施された。原発への支持率が最も高かったのは中国で、70%。韓国が64%、
ナイジェリアが63%、ブルガリアとチェコが各61%でこれに続く。
 原発反対はオーストリアの90%を筆頭に、89%のギリシャ、80%のグルジアなどが高率。原発計画の無期限
凍結を決めたイタリアは75%、反原発を掲げる「緑の党」が支持を伸ばしているドイツでも73%が反対と回答した』

 
 
 
●『海に流れた汚染水、総量で4700兆ベクレル』
(2011年4月21日13時24分  読売新聞)
「4、5日に集中廃棄物処理施設などから海に緊急放出された低濃度汚染水約1万トンの放射性物質の総量は
0・15テラ・ベクレル。今回の量は約3万1000倍」

●「キシコ湾原油流出事故から1年、湾岸地域に回復の兆しも」
<ニューズウイーク2011年04月21日(木)16時28分>
 
米政府の推計では海面以下に沈んでいる原油の量は数百万バレルに上っている可能性もあり、
海洋生物への影響は依然として不明となっている。
 ミシシッピ州ロングビーチに住む、ボートのチャーター事業を手掛けるクレイグ・ムーアさんは
「沿岸部分などではまだ原油が漂着している」と述べた。報道機関が去ってからはBPも原油除去活動を停止し、
自分たちの生活もなくなってしまったと話した。
 
 
●『日本経済 ―余震と原発が日本復活の足かせに』
Nerves Fray As Aftershock Rocks Japanガビン・ブレア
<ニューズウイーク2011年04月12日(火)17時32分>
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/04/post-2050.php
 

 

●『イギリス 「移民受け入れという慈善」はやめたCameron Pledges to Cut Back on U.K. Immigration』<ニューズウイーク2011年04月15日(金)16時32分>
<優秀な移民以外はお断り──欧州屈指の寛容さを誇った受け入れ大国が保守党政権下で規制に乗り出した>
●『中国は大国ぶった「隠れ小国」Why China Is Not a Great Power―』
「敵」を見ればその国の大きさがわかる。一人の芸術家や「ジャスミン」と
いう検索語にも脅える中国が大国のはずはない』
<ニューズウイーク2011年04月08日(金)17時53分>
デービッド・ロスコフ(カーネギー国際平和財団客員研究員)

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/04/post-2046.php

 
注目記事ー感謝!)
『東日本大震災:台湾・王立法院長が義援金 10億5千万円』
<毎日新聞 2011421日 1950分>http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110422k0000m030080000c.html
  『王院長は「日台間には心の絆がある」と深い関係を強調。福島第1原発の事故が日本の観光業に与えた打撃にも触れ
「私も大好きな北海道の観光が回復するよう尽力したい」と述べた。今回を含め義援金は台湾全体で20日までに約51億台湾ドル
(約146億円)に上るという』

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
  日本メルトダウン( 971)トランプ次期大統領誕生ー日本大ショック!「ピンチをチャンスにせよ」ーこれまでの米国他力本願から、 独立自尊、自力本願行動力で逆境を突破せよ

   日本メルトダウン( 971) トランプ次期大統領誕生ー日本大ショック、 「 …

no image
速報(46)『福島原発事故2ヵ月、100年廃炉戦争へ②』悲惨を極める原子力発電所事故』(小出裕章講演)

速報(46)『福島原発事故2ヵ月、100年廃炉戦争へ②』 悲惨を極める原子力発電 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(127)『画家は長生き』・奥村土牛(101歳) 「牛のあゆみ」で我が長い長い道を行く』★『 60歳から代表作を次々に出した』

  2010/11/03  百歳学入門( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(198)ー『日本敗戦史』㊱『来年は太平洋戦争敗戦から75年目―『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)の語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』②―現在直面している『第二の敗戦』も同じパターン』

    2014/12/03 /『ガラパゴス国家・ …

no image
日本史の復習問題/『日本で最高のリーダ―シップを発揮した英雄は・・西郷隆盛です』―『山県有朋から廃藩置県の相談を受けた西郷隆盛は「結構」と一言の基に了承、断固実行した➀』

    記事再録2012/03/23 /日本リーダーパワー史 …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(52)『宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。』★『孫文や黄興ら中国革命家たちを支援した犬養木堂、頭山満ら玄洋社の支援グループの一人だった』★『『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

                                 ★『明治裏面史 …

no image
<日本最強の外交官・金子堅太郎④>『武士道とは何かールーズベルト大統領が知りたいー金子の名スピーチ④』

<日本最強の外交官・金子堅太郎④> ―「坂の上の雲の真実」ー 『武士道とは何かー …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑥『朝鮮分割論』<日露戦争開戦37日前>『ニューヨーク・タイムズ』 1903年12月31日

  『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』⑥-英国『タイムズ』 米 …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年―逆転日中関係歴史情報③―『孫文革命を日本の新聞はどう報道したか』③

辛亥革命(1911年10月10日)から百周年   ―逆転した …

no image
日本リーダーパワー史(487)日中韓の対立長期化の今こそ,150年前からの≪朝鮮史≫(久保得二著)を読み返してみよう。

  日本リーダーパワー史(487)                        …