前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(32)『日本のメルトダウン』45日目ー『米紙「福島に比べればスリーマイルは公園の散歩』

   

速報(32)『日本のメルトダウン』45日目
米紙「福島に比べればスリーマイルは公園の散歩
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
24日(木)午後5時現在まで
 
●『米紙「福島に比べればスリーマイルは公園の散歩」
 
●「1、3号機周辺で高放射線=原発敷地の線量マップ-福島第1」
 
●『注水で燃料プール温度低下 4号機、水位上昇も確認』
2011/04/23 22:49  【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042301000609.html 
 
●「2号機汚染水の水位下がらず、工程表に影響か」
(2011年4月22日11時48分  読売新聞)

●『福島第1原発:東電、ベント着手遅れ 首相「おれが話す」
日新聞 2011年4月4日 2時33分(最終更新 4月4日 14時56分)
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110404k0000m010149000c.html
「この毎日の裏話は良いですね。班目氏は、出鱈目氏ですね。事態を直視し決断するのが仕事、これが分かっていません。
アレバの女史が遅いと怒っている事の一つです」
 
●『福島第1原発、慎重な対応があだに=日米専門家』
<ウォール・ストリート・ジャーナル2011年 4月 23日  10:21 JST>
 [福島第1原子力発電所の事故では、原子炉1号機の圧力が設計圧の2倍に達していたにもかかわらず蒸気放出が遅れたことが、
状況の悪化につながった可能性がある]
 
●「【ブログ】中国国民が7割が「苦労している」=幸福度調査」
China Real Time Report<ロイター2011年 4月 22日  12:23 JST>
 
●『電子書籍の売上高、「紙の本」を上回る 全米書籍市場で初 』
CNN
2011.04.17 Sun posted at: 11:59 JST
米国出版協会(AAP)の2月の書籍販売市場統計報告発表によると、電子書籍の売上高が前年同期比202%倍増の9030万ドルとなり、あらゆる形態の本の中で最多を記録し、ペーパーバックやハードカバーなどの「紙の本」を抑えて、全米で初めて「もっとも売れている形態の本」となった。」
 
●『アメリカ人「資本主義はもうたくさん」自由市場に対する支持率は
今や中国やブラジルのほうが高い』
<ニューズウイーク>2011年04月08日(金)16時22分トマス・ミュシャ
 
 
 
●『NYT が SONYの大賀氏の逝去を伝える』


ある関係者のコメント「昔 ソニーを担当し、毎週の様に厚木のテクニカルセンターなど、各工場へ出掛けておりました。今のストリンガーはハード開発のソニーを潰したとボロクソに云われ、出井はネットに夢中でハードは二の次、この二人が斬新な製品を出せ ないソニーにしてしまった元凶と、社員は云ってます。
今はソニーの歴史の中で最悪の様です。ストリンガーは開発より、外から買ってアセンブリーしろと、云っている様です。短期利益重視です。出井も社長時代から、社員から悪口雑言でした。先進技術の開発に関心が無く、ネットだけに夢中だと。
 

AV
のプロ、大賀を悪くいう人はいませんでした。彼を指名したのは、盛田、井深
両氏、芸大生の時から人物を見抜き、将来の社長候補として採用したと。
 
このNYTの記事は、大賀氏の足跡の要点を実に過不足なく纏めています。
 
逗子の披露山邸園団地の中、海の良く見える位置に大賀氏の別荘、先日散歩の時に見付けました。ソニーの凋落が激しいので、感慨一入です。大賀氏の唯一の汚点は、出井氏を後継に選んだ事です」
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(419)●『ボランティアの力を懸念する中国政府』●『株高予兆する金急落、「鬼に金棒」の好環境=武者陵司氏』

速報(419)日本のメルトダウン速報   ●『ボランティアの力を懸念す …

no image
日中朝鮮,ロシア150年戦争史(51) 副島種臣外務卿(外相)の証言③『明治の外交ー日清戦争、三国干渉から日露戦争へ』★『ロシア朝鮮支配の陰謀・奸計で山県外交手玉にとられる』

   日中朝鮮,ロシア150年戦争史(51) 副島種臣外務卿(外相)の …

no image
『F国際ビジネスマンのワールドウオッチ③』ー「原子力発電所の新設計画の英政府の狙いが頓挫」BBC NEWS(3/29) 

日本のメルトダウン(278) 『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ③ …

no image
日本メルトダウン脱出法(559)『世界を駆け回る安倍首相、中国と影響力の奪い合い』(英FT紙)◎『中国に期待してはいけない人権意識』

      日本メルトダウン脱 …

no image
日本リーダーパワー史(811)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉖『「 戦争は避けることばかりを考えていてはますます不利になる」(マッキャベリ)』★『田村参謀次長は『このような微弱な戦力をもってロシア陸軍に起ち向かうことは無謀にひとしく、確固たる自信は持てない』と明言した』

 日本リーダーパワー史(811)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

m1111
『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々」★『水野広徳年譜●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし』』

米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々 前坂 俊之( …

no image
『司法殺人と戦った正木ひろしの超闘伝⑤」全告白・八海事件の真相(中) 偽証を警察・検察から強要された

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い …

no image
『なぜ日中は戦争をしたのか、忘れ去られた近現代史の復習問題』―「日清戦争の引き金の1つとなった『長崎清国水兵事件(明治19年)の5年後、再び日本を震撼させた清国艦隊『巨艦』6隻の東京湾デモンストレーション」

   『なぜ日中は戦争をしたのか、忘れ去られた近現代史 の復習問題②』 …

no image
日本リーダーパワー史(364)山県有朋、児玉源太郎の原典伝記を読んで『日露戦争』を当事者の苦悩とともに学ぶ

日本リーダーパワー史(364) 明治のトップリーダーは国難とどう戦ったのかー 山 …

no image
『国難の研究』日露戦争開戦の外交交渉の経過と政府の対応②日露切迫 と田村卒去と児玉源太郎の参謀本部次長補職

―国難の研究― 日露戦争開戦の外交交渉の経過と政府の対応②   &nb …