前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(147)『日本のメルトダウン』『原子力学会の無責任ぶり』と『辞めてから弁明する総理大臣の無責任、職務倫理の崩壊』

   

 速報(147)日本のメルトダウン』

 『原子力学会の無責任ぶり』と『辞めてから弁明する
総理大臣の無責任、職務倫理の崩壊』

            前坂 俊之(ジャーナリスト)



●『原子力学会シンポ、反省・批判相次ぐ 事故後初の大会』

http://www.asahi.com/national/update/0919/TKY201109190273.html

 

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E3EBE2E2838DE3EBE2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 
●『原子力利用「継続が前提」』
http://mytown.asahi.com/fukuoka/news.php?k_id=41000001109200014

F国際ビジネスマンのコメント

「さて、こう言う記事ですが、学者も記者も本質から外れて、原発事故で遊んでいます。学者は、原子力村から外される、出世の道が閉される、経産省や電力から資金が来なくなるなどを心配し、真実を知っていても言わないのです。学者として、道義と倫理に著しく欠けていたことを、白日に晒して、心底から詫び、愚行を二度と繰り返
さない様国民に約束しなければなりません。

JR北海道の社長でも、入水されたのです、彼等、学者の方がもっと万死に値すると考えます。記者も過去、原子力行政について、正論で学者のいい加減さを追及していませんから、同じ穴の狢です。公に対する義務と責任の所在が曖昧かつ不明になっている典型一つです。この様な記事を書いても、もう読者も、誤魔化されない人が、増えていると思います。NYTの東京支局長の指摘通りです。

☆★ <やはり、菅前首相は口舌のだったのか。敗軍の将も兵を語るべきだが、
政治家役割は最も大切なのは言うまでもなく実行力と
危機管理能力です。
日本国総理大臣の役目はまず国、国民を守ること。在任中に国民、世界に
向けて正確な危機管理の情報を自ら話す義務があるのに引っこんでいて
 
やめてからの弁明が多すぎる。

   「原発事故、首都圏も避難対象 菅氏、最悪予測で3千万人」

http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091801000331.html

●「米大統領、230兆円超の削減表明 財政赤字で独自案」

http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091901000285.html

 

 

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(491)自由民主党のルーツ<幻の名著『『閥族罪悪史』<細井肇著、大正8年刊>を一挙公開

     日本リーダーパワー史(491) …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 日本メルトダウン(1060)>★『週刊ニューズウィーク日本版 』特集『2050 日本の未来予想図』★『『日本を待ち受ける2つの未来』<中国の機嫌をうかがう衛星国か、平等な世界における中堅国になるか>』★『先進国陥落は間近!戦後幻想の終焉(デービッド・アトキンソン)』★『座して死を待つ<自死>の国/日本の惨状!終焉のベルはなる』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1060) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(30)記事再録/大震災とリーダーシップ・日立創業者・小平浪平の決断力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

 日本リーダーパワー史(138)   大震災とリーダーシップ・日立創業 …

no image
「日本敗戦史」㊴徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたか』⑤「昭和天皇の帝王学とリーダーシップー明治天皇と比較」

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊴   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『日本 …

no image
速報(364)老害が国を亡ぼすのは、日本も中国も独裁国もいずこも同じ『長老政治』『老害リーダー』『2重権力』を排せ

速報(364)『日本のメルトダウン』   <総選挙12月16日投票と決 …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞はどう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・①『対朝鮮発言権は日本のみと』(徳富蘇峰)

  日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳 …

qqqq
最高に面白い人物史①人気記事再録★「日本人の知の限界値」「博覧強記」「奇想天外」「抱腹絶倒」―南方熊楠先生の書斎訪問記(酒井潔著)はめちゃ面白いよ①

    2015/04/29 &nbsp …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑿」ー『日本には元々「情報戦略」という場合の「情報」(インテリジェンス)と『戦略(ストラジティ)』の概念はなかった』★『<明治の奇跡>が<昭和の亡国>に転落していく<戦略思想不在>の歴史を克服できなければ、明日の日本はない』

「戦略思想からみた日清・日露戦争」 「日本人と戦略思考、インテリジェンス」につい …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(127)『画家は長生き』・奥村土牛(101歳) 「牛のあゆみ」で我が長い長い道を行く』★『 60歳から代表作を次々に出した』

  2010/11/03  百歳学入門( …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮』『開戦4ヵ月前の「英ノース・チャイナ・ヘラルド」の報道』ー『 朝鮮の危機ー日本民衆の感情ーもし朝鮮政府がロシアに対して,竜岩浦の利権を与えるようなことがあれば,日本の民衆感情は激化し,日本政府は戦争以外に選択がない』●『ロシアに朝鮮を取らせるようなことがあれば,日本の隆盛にある歩みは不面目な結末を迎えるだろう。世界史上最も驚嘆すべき進歩を遂げ,絶対の自信を持って偉大な未来を夢見ている日本国民は.このように認議している』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮ 1903(明治36)年9 …