前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(151)『日本のメルトダウン』『世界失速でリーマンショックは再来か』『海外メディアの原発報道は客観的か』ほか

   

速報(151)日本のメルトダウン』
 
世界失速でリーマンショックは再来するか?
☆『
海外メディアの福島原発報道は客観的か
ほか
                         
                                                      
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
[これでわかる。ギリシャ、EU不安の今]
 
F国際ビジネスマンのコメントー「本件、最悪の事態も十分あり得ます。本当に、今は不気味な情勢です。激震が走っています。日本への経済収縮の影響はハンパではありません。
 ユーロの危機、リーマンショックを上回る破壊力です。経済の国境と国家の国境を同一視出来ると錯覚したのです。
 地中海沿岸4カ国を、独、仏他が身代を傾けて助けられるかどうか、です。ユーロ圏を構築する時、プラスの局面ばかり想定し、斯様な負の側面は余り想定しなかったのでは?
 助けても自力で更生出来ない国民性も厄介です。日経のこの様な記事は、有益です。」

[FT]新生リビアの利権に群がる欧州企業<日経>
 
F国際ビジネスマンよりー『イラクでは、米国最大手ゼネコンのベクテルが真っ先に上陸し、国土修復のデザイン、
スペック作り、国際入札業務で、厖大な金額を仕切っていました。反カダフィ派の幹部とは、裏取引が有ったと思います。
米欧のいつもの遣り口です。』
 

http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819584E3E4E2E2E38DE3E
4E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2


●『ユーロ圏救済基金の拡充になお難題―レバレッジ化構想も』
 

 
『“世界失速”でリーマンショックは再来するか?
紙芝居形式でスラスラわかる「経済解説の決定版」』

【11/10/01号】 2011年9月26日 週刊ダイヤモンド編集部

 
 http://diamond.jp/articles/-/14139
 
●【日本版コラム】海外メディアの福島原発報道は客観的か―
この疑問に答える有益な1冊』
金井啓子のメディア・ウオッチ2011年 9月 16日  10:58 JST
 
●『今なお続く大手メディアの“不誠実”な報道に対する不信』
上杉隆 [ジャーナリスト])
 
第193回】 2011年9月22日 上杉隆 [ジャーナリスト]
◎【肥田美佐子のNYリポート】米国の「失われた10年」―中流層出身の3割が
低所得層に』
◎『自民党中心の「日韓議連」去り領土問題で日本外交の反撃開始
ニュースポストセブン201109261600
 
 
●『放射能汚染食品」はいつの間にここまで増えたのか?買い控えから
自己防へと移り始めた“食卓の常識”』
314回】 2011年9月23日 友清 哲
 

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日露300年戦争(5)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『第2次訪日使節・レザノフは「日本は武力をもっての開国する以外に手段はない」と皇帝に上奏、部下に攻撃を命じた』

  結局、幕府側の交渉役の土井利厚生https://ja.wikipedia.o

ダウンロード
『百歳学入門』(222)佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

『百歳学入門』(222) 「学びつづけること」が心も身体も健康にする。  「学ぶ …

no image
 日本メルトダウン(994)―『かつての「政財官」鉄のトライアングルの『日本株式会社』、「世界で最も成功した共産国日本」、「社会主義国家以上に社会主義的な日本の会社主義」は昔の夢、いまや「アジアの後進国」に転落し、「小中学生の数学テストではシンガポール、香港、韓国、台湾にぬかれて5位。これではIT競争力の復活は絶望的、日本沈没待ったなしを示す赤信号情報9本』●『  20代兄弟が生んだ1兆円企業、モバイル決済「ストライプ」の躍進』●『アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り』

 日本メルトダウン(994)   20代兄弟が生んだ1兆円企業 モバイ …

no image
世界リーダーパワー史(928)-『「アメリカ・ファースト」から「トランプ・ファーストへ」」★『トランプの仕掛ける世界貿易戦争勃発』、第一ターゲットは対中国、第2ターゲットはEU・NATO同盟国、日本も第3ターゲットに?』★『1945年後の米国1国支配の国際秩序の崩壊へ』―「トランプ・ファースト」へ

  米中貿易関税戦争勃発―「トランプ・ファースト」へ コミー前FBI長 …

no image
日本メルダウン脱出法(670)「米議会演説から「アベノミクス」が消えたわけ」●「トヨタ、「意志ある踊り場」の先に何を見る?」など7本

  日本メルダウン脱出法(670) 「米議会演説から「アベノミクス」が消えたわけ …

no image
日本興亡学入門⑦軍神東郷平八郎の悲劇=日露戦争の大勝利が太平洋戦争の大敗北に。

                             <2009、04,02 …

d0170835_17195139
★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④『大歌人・斎藤茂吉』 ♡『ウナギ』狂でスタミナ倍増『老らくのラブラブ』 (。・ω・。)ノ♡に恋心を燃やし続けた大歌人・斎藤茂吉(71)』

★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④ 「大歌人・斎藤茂吉」 ♡『ウナギ』狂 …

no image
 日本リーダーパワー史(767)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む➀『婦人女子、老翁、老婆、分別もない小児の首に、縄を掛けてこれを絞め殺すとは果していかなる国か。』『この社説が『脱亜論」のきっかけになり、日清戦争の原因ともなった』

   日本リーダーパワー史(767)   『朝鮮独立党の処刑』『時事新 …

no image
TPP交渉、日中交渉で外交力を発揮せよ①>日本は戦争では勝ったり、負けたり、外交では負け続けてきた「交渉力無能国家」

   <TPP交渉、日中交渉で外交力を発揮せよ①> &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(974)ー記事再録/『2・26事件で襲撃をうけ九死に一生を得た大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎(82歳)の終戦決断力が『日本を救った』

大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎(82歳)の晩年   《2009/02 …