前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

お勧めの歴史本1冊―2012年1月号『歴史人』(「日清・日露戦争の真実」特集号)

      2015/01/01

お勧めの歴史本1冊―
2012年1月号『歴史人』(「日清・日露戦争の真実」特集号)
 

12
月から始まった NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』(第3部)の放送に合わせて、雑誌、出版で再び「日露戦争もの」が数多く本屋に並んでいる。その中でもピカイチがこれ。

月刊「歴史人」1月号、保存特集「坂の上の雲」の時代を読む―『「日清・日露戦争の真実」(合計111Pのぶっちぎり)がお勧め、読みごたえ、見ごたえがたっぷりあるよ。


編集方針が

 
① グローバルな編集方針が貫徹されている。
② 複雑な明治の日清、日露戦争への歴史経過を公平客観的にわかりやすく記述している。高校生にもよくわかるというのが同誌の編集方針らしい。
③ 手に取ると、歴史に立体的に迫っている。写真、グラフ、イラスト、CG,グラフィックなどで鮮明、ビジアル、みせる編集技術が優れている。
④ グラフィックでボリュームがあるのに680円と安い

 
以上が理由。

「日清・日露戦争の真実」の目次は次の通り。

 
   日清戦争への道
開国以来、急速な近代化をすすめる日本は、日本に突きつけられた刃・朝鮮をめぐって、清国と抜き差し成らない対立を繰り広げていた。アジアの眠れる獅子と恐れられた清国との初の対外戦争へと突き進んでいく。

   列強の圧力に屈しー富国強兵に邁進した10年
三国干渉で遼東半島を奪われ、「臥薪嘗胆」をスローガンに。欧米列強をめざした日本の行く先にロシアとの決戦が迫る!
 
   ロシア艦隊を撃滅せよ! 連合艦隊出撃!!
 
南下を始めたロシアに対し危機感を募らせていた日本は、明治37年2月、ついにロシアとの全面対決を決意する。連合艦隊が目指したのは、ロシア太平洋艦隊を撃破すること。旅順港をめぐる攻防の幕が切って落とされた――。
   旅順、遼陽を目指すー日本陸海軍の激闘
 
日本初勝利から、金州・南山の戦い、黄海・蔚山沖海戦、遼陽会戦までを追う!
 
   屍の戦場!―旅順要塞と二〇三高地攻略
 
開戦から半年、乃木希典率いる第三軍は、難攻不落の旅順要塞攻略に打って出た!世界で初めての本格的な近代要塞戦で乃木はどのように判断し命令したのか?歩兵による銃剣突撃、28サンチ砲の砲撃、築城作戦など、乃木の戦略と戦果に迫る。
 
   今戦役の関ヶ原」と訓示されたー日露両陸軍の大決戦
 
遼陽でロシア軍を殲滅できなかった日本陸軍は、総兵力を集結させ、ロシア軍が退却していった奉天に向けて北上。大山巌元帥をして「今戦役の関ヶ原」といわしめた日露戦争最大の奉天会戦を、両陸軍の心理と背景を読みながら、事細かに追っていく。
 
   「皇国の興廃、この一戦にあり」―日本海海戦でバルチック艦隊を殲滅す!
 長く続いたロシア軍との死闘は、ついに最大の山場を迎える。世界最大級の規模を誇るバルチック艦隊が、大海を越え、刻々と日本列島へと迫っていた。最高司令官・東郷平八郎は、参謀・秋山真之らとともに、祖国の命運を賭けた大海戦に挑んだ!

   日本はいかにして日露戦争を終結させたのか?―ポーツマス講和条約
大国ロシアが勝利への最後の望みを賭けた大艦隊を撃破しながら、なぜ日本は講和へと動いたのか?不利な戦局にもかかわらず強気な姿勢を見せるロシアをいかにして講和のテーブルにつかせたのか?日露戦争終結への道のりを追う。

 - 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(282)『尖閣問題を巡る世論の高まり、衝突をリスク管理せよ、日中外交失敗を繰り返すな』

日本リーダーパワー史(282)   <尖閣諸島問題を考える視点> &n …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(27)-記事再録/野球の神様・川上哲治の『V9常勝の秘訣』とはー「窮して変じ、変じて通ず」(野球の神様・川上哲治の『常勝の秘訣』とは) ①「窮して変じ、変じて通ず」 ②スランプはしめたと思え ③「むだ打ちをなくせ」 ④ダメのダメ、さらにダメを押せ

  2011/05/20/ 日本リーダーパワー史( …

no image
日本メルトダウン脱出法(776)「大阪ダブル選挙圧勝! 橋下維新「恐るべき強さ」の謎を解く」●「香港からも欧州からもいなくなる中国人観光客、 年末、年始は日本に殺到か?」●「貧乏老大国が目前の中国、夢も希望も捨てた韓国 アジアの少子高齢化(3)~国家消滅の危機にも」

日本メルトダウン脱出法(776)    「大阪ダブル選挙圧勝! 橋下維 …

no image
速報(192)『日本のメルトダウン』 『ユーロ救済なるか? 命運を左右する10日間』★『国際金融システムは崩壊寸前=ソロス氏』6本

速報(192)『日本のメルトダウン』   ●『ユーロ救済なるか? 命運 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』VW不正事件―4兆円どころか、もっと天文学的数字になるのではない でしょうか?何にしても、一人のリーダーの狂気が悲劇的な結末を招いたのです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』 VW不正事件―4兆 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉔』 『リアルの本屋は消えていき、Amazonタブレット、Kindle時代がくる!

      『F国際ビジネスマ …

no image
速報(415)「サイバー攻撃の技術や実態について」 ④名和利男 サイバーディフェンス研究所情報分析官部長の動画会見

 速報(415)『日本のメルトダウン』 ●『21世紀のグローバルワール …

no image
日本メルトダウン(995)ー『1930年代化する世界にファシズムは再来するか(池田信夫)「アメリカの平和」が終わり、日本が自立するとき』●『ジョセフ・スティグリッツ氏が語る「ドナルド・トランプが非常に危険な理由」●『不動産帝国の実態:ドナルド・トランプの利益相反 (英エコノミスト誌 2016年11月26日号)』●『新国防長官候補、マティス氏は本当に「狂犬」なのか 次期政権の人事案に秘められたトランプ氏の深謀遠慮』●『ソ連崩壊と同じ道を再び歩み始めたロシア ロシアとの安易な提携は禁物、経済制裁の維持強化を』●『「韓国に謝れ」産経に圧力をかけていた日本の政治家(古森義久)ー内なる敵がいた産経ソウル支局長起訴事件』

 日本メルトダウン(995) 1930年代化する世界にファシズムは再来するか(池 …

no image
日本リーダーパワー史(620) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑭『福島安正のインテリジェンス『日本は清国と共に手を取り合ってやって行ける国ではない』

 日本リーダーパワー史(620)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑭ 『福 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(139)』VW不正事件―トッド氏の言うように、ドイツ人が米国人を小馬鹿にしている姿勢が、 今回の底流にある。郷に入れば郷に従うグローバル商売の鉄則を無視した結果です。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(139』 VW不正事件―トッ …