前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

お勧めの歴史本1冊―2012年1月号『歴史人』(「日清・日露戦争の真実」特集号)

      2015/01/01

お勧めの歴史本1冊―
2012年1月号『歴史人』(「日清・日露戦争の真実」特集号)
 

12
月から始まった NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』(第3部)の放送に合わせて、雑誌、出版で再び「日露戦争もの」が数多く本屋に並んでいる。その中でもピカイチがこれ。

月刊「歴史人」1月号、保存特集「坂の上の雲」の時代を読む―『「日清・日露戦争の真実」(合計111Pのぶっちぎり)がお勧め、読みごたえ、見ごたえがたっぷりあるよ。


編集方針が

 
① グローバルな編集方針が貫徹されている。
② 複雑な明治の日清、日露戦争への歴史経過を公平客観的にわかりやすく記述している。高校生にもよくわかるというのが同誌の編集方針らしい。
③ 手に取ると、歴史に立体的に迫っている。写真、グラフ、イラスト、CG,グラフィックなどで鮮明、ビジアル、みせる編集技術が優れている。
④ グラフィックでボリュームがあるのに680円と安い

 
以上が理由。

「日清・日露戦争の真実」の目次は次の通り。

 
   日清戦争への道
開国以来、急速な近代化をすすめる日本は、日本に突きつけられた刃・朝鮮をめぐって、清国と抜き差し成らない対立を繰り広げていた。アジアの眠れる獅子と恐れられた清国との初の対外戦争へと突き進んでいく。

   列強の圧力に屈しー富国強兵に邁進した10年
三国干渉で遼東半島を奪われ、「臥薪嘗胆」をスローガンに。欧米列強をめざした日本の行く先にロシアとの決戦が迫る!
 
   ロシア艦隊を撃滅せよ! 連合艦隊出撃!!
 
南下を始めたロシアに対し危機感を募らせていた日本は、明治37年2月、ついにロシアとの全面対決を決意する。連合艦隊が目指したのは、ロシア太平洋艦隊を撃破すること。旅順港をめぐる攻防の幕が切って落とされた――。
   旅順、遼陽を目指すー日本陸海軍の激闘
 
日本初勝利から、金州・南山の戦い、黄海・蔚山沖海戦、遼陽会戦までを追う!
 
   屍の戦場!―旅順要塞と二〇三高地攻略
 
開戦から半年、乃木希典率いる第三軍は、難攻不落の旅順要塞攻略に打って出た!世界で初めての本格的な近代要塞戦で乃木はどのように判断し命令したのか?歩兵による銃剣突撃、28サンチ砲の砲撃、築城作戦など、乃木の戦略と戦果に迫る。
 
   今戦役の関ヶ原」と訓示されたー日露両陸軍の大決戦
 
遼陽でロシア軍を殲滅できなかった日本陸軍は、総兵力を集結させ、ロシア軍が退却していった奉天に向けて北上。大山巌元帥をして「今戦役の関ヶ原」といわしめた日露戦争最大の奉天会戦を、両陸軍の心理と背景を読みながら、事細かに追っていく。
 
   「皇国の興廃、この一戦にあり」―日本海海戦でバルチック艦隊を殲滅す!
 長く続いたロシア軍との死闘は、ついに最大の山場を迎える。世界最大級の規模を誇るバルチック艦隊が、大海を越え、刻々と日本列島へと迫っていた。最高司令官・東郷平八郎は、参謀・秋山真之らとともに、祖国の命運を賭けた大海戦に挑んだ!

   日本はいかにして日露戦争を終結させたのか?―ポーツマス講和条約
大国ロシアが勝利への最後の望みを賭けた大艦隊を撃破しながら、なぜ日本は講和へと動いたのか?不利な戦局にもかかわらず強気な姿勢を見せるロシアをいかにして講和のテーブルにつかせたのか?日露戦争終結への道のりを追う。

 - 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

111111
『オンライン/日本ジャーナリズム講義①』★『トランプフェイクニュースと全面対決する米メディア、一方、習近平礼賛、共産党の「喉と舌」(プロパガンダ)の中国メディアと日本のジャーナリズムを比較検討する』★『言論死して日本ついに亡ぶ-「言論弾圧以上に新聞が自己規制(萎縮)した新聞の死んだ日』

●『言論死して国ついに亡ぶ-戦争と新聞1936-1945」(前坂俊之著、社会思想 …

no image
日本リーダーパワー史(355)<日本の最も長い決定的1週間>『わずか1週間でGHQが作った憲法草案②』

日本リーダーパワー史(355)                <日本の …

no image
日本、世界の最先端技術『見える化』チャンネル-●「目からウロコの日本農業革命論』★『vegetalia・小池聡社長の「IT農業、日本の農業革命」●『大前研一の特別講義「農協リビルド・胃袋省設置・自給率切捨で進める農業改革」●『「他国のマネでは成功しない。脱”兼業”・脱”コメ”で進める日本の農業改革」』●『「搾乳から花市場まで。世界の農業シェアを握るオランダの戦略」』

日本、世界の最先端技術『見える化』チャンネル   『次世代農業EXPO …

1212
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(174)』『オーストリア・ウイーンぶらり散歩⑦] (2016/5)『世界遺産/シェーンブルン宮殿』その広大な庭園に驚く(下)。

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(174)』 『オース …

no image
日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い        …

no image
藤田嗣治とパリの女たちー「最初の結婚は美術教師・鴇田登美子と、「モンパルナスの大姉御」といわれたフェルナンド・バレーと二度目の結婚、3度目は「ユキ」と名づけた美しく繊細な21歳のリュシー・バドゥと』★『夜は『エ・コールド・パリ』の仲間たちと乱ちきパーティーで「フーフー(お調子者)」といわれたほど奇行乱行をしながら、昼間は、毎日十四時間以上もキャンバスと格闘していた』いた。

      &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(849)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか、いずれにしても「備えあれば憂いなし」③ 』★『戦後の日本人は「最悪に備える」態度を全く失ってしまった。』★『「ガラパゴスジャパン」(鎖国的、伝統的、非科学的、非合理的な日本思考)から脱さなければ、未来(希望)の扉は開けない』★『明治維新、倒幕の原因の1つとなった宝暦治水事件』

日本リーダーパワー史(849)  安倍首相の「国難突破解散」の判断は吉と出るか、 …

t02200340_0311048011007747551
『オンライン講座/ 初の現代訳『落花流水』一挙掲載 ―ヨーロッパを股にかけた大謀略 「明石工作」の全容を記した極秘文書 小説より面白いスパイ報告書。

『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』(前坂俊之著、新人物 …

no image
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(5)』「ベネチアふらり、ぶらり散歩(4/19-4/28)「ベネチア・サンマルコ広場の巻➂」

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(5)』 「ベネチアふらり、ぶらり散歩(4/1 …

no image
速報(404)◎『高齢者から奪い、若者に与える安倍首相は正しい』◎『中国の高速鉄道はなぜ不便なのか』

 速報(404)『日本のメルトダウン』   ◎『高齢者から奪 …