前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日中韓150戦争史』(57)維新直後に外交関係を求めた時、朝鮮側が拒絶したパーセプション(認識)ギャップはこうして起きた。

      2015/01/01

 
 
 
『中国紙『申報』などからの『日中韓150戦争史』 
日中韓のパーセプションギャップの研究』(番外編)(57)

 
 
 
★「明治維新直後に新政府が朝鮮に外交関係を求めた時に、
朝鮮側が頑強に拒絶した理由――パーセプション(認識)/
コミュニケーション・ギャップはこうして起きた
 
<名草杜夫『右翼浪人登場―岡本柳之助の光と影』(草風社刊 昭和1980年刊)
186188Pによると次の通りである。
 
 
それを政府も悟って、明治二年十二月、外務省出仕・佐田白茅、
 
森山茂
 
らを対馬藩士の名を仮りて釜山に派遣して、日韓外交の実際を調査せしめている。
 
翌三年十月外務省権少丞・吉岡弘毅、外務権大録・森山茂・外務省出仕・広津弘信をその代表と定め、翌四年三月、吉岡らは釜山倭学訓導・安東唆と会見しているが、安東唆は一向に誠意を示そうともしない。
 
倭学訓導というのは日本語教授の意だが、官職名で日本との交渉の現地担当者であって、日本政府の代表らは釜山から一歩も外に出ることは許されず、東莱府使に会見することすら許されない。
 
吉岡らはこの様に朝鮮からまともに相手にされないのは、従来よりの対馬藩宗氏の姿勢に問題があるとして、本国に対し、草梁倭館より宗氏家役罷免の断行と、日韓外交に伴う弊習の一掃すべきを-上申している。
 
 
 外務省では沢宣嘉外務卿宛の佐田白茅からの建議書(明治三年三月)が届いており、佐田の大院君政権の不誠意に対する怒りは、「守を知りて攻を守らず、我を知りて彼を知らず、其の人となり深沈狡猾にして固随傲頑であり、これを覚えて覚えず、これを激して激せざる」へ『朝鮮交際始末』)が故に、断然兵力で膺懲すべしと主張している。
 
 
これに呼応する者が外務省の内部にも居て、大いにこの佐田の檄文的な建議書が後の征韓論の台頭に影響している。 佐田は素一郎と通称.久留米の人であり、武人上りである。
 
たまたま外務省出仕となり釜山に派通されたが、元々は外交官ではない。佐田の激する如く、李王朝には時代を透視する能力もなく、その出先き官吏においては腐敗惰落した者が多く、誠意を以て事に当ろうとする者もなかった。
 
わけてもその民族風習の相違から来る誤解は、佐田をして更に征韓の決意を固めさせている。
 
 この佐田の朝鮮出兵論に共鳴したのが、外務権大丞丸山作楽であった。
 
 
丸山は明治二年十二月,樺太に出張し、ロシアとの紛争問題で談判しているが、強引なロシアの南下政策の前に、国力の伴なわない外交官の哀れさというものをしみじみと味わっている。樺太問題の交渉失敗は丸山個人の責任ではないが、彼は深くそれを遺憾に思っていた。
 
丸山は釜山から報告される日韓外交の停頓をみて、沢外務卿に佐田案の実行を迫ったが用いられず、遂に在職中、腹心の笹山藩士畑経世を通じ、高知藩士岡崎恭輔、久留米藩士古松簡二ら数十人と結託し、明治三年十二月、軍艦、兵器を購入し、死士を募り朝鮮に上陸する計画を企てている。
 
翌四年初、事発覚して丸山らは逮捕された。現職の外務省高官が、その職務を利用して・外国に対する政治的暴動を計画した空前の大事件であった。
 
 
 丸山作楽の犯罪は現官の国事犯として・当時の法律ではその規定なく、之を審理すべき裁判所も設置されていない。一応、司法省に臨時裁判所を設け、玉乃世履判事がその審問に当っている。しかし丸山らは逆に反論し、その裁判闘争を通じて世論喚起に利用したが、丸山は遂に終身禁錮の刑に処せられている。
 
 
 日本の国内にあっては、朝鮮の開国をめぐって沸騰したが、現地釜山では一行は草梁の倭館で一年余りの月を費したが、交渉は進展せず・朝鮮側は元通り宗氏をつうじてでなければ交渉に応じないと主張して譲らなかった。
 
 
明治四年の廃藩置県で、対馬藩もなくなった。外務省は改めて朝鮮外交の行き語り打開のため宗重正を外務大丞に任じ、宗氏の旧臣相良正樹を外務省出仕に命じた。
 
十二月に相良、森山、広津を朝鮮に派通し、宗重正の任官や廃藩置県で国政が一新されたことを告げ、宗重正の信書を持って交渉に当ったが、朝鮮の態度は相も変らずで、交渉にすら入ることができなかった。
 
                                                  つづく
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(152)『日本のメルトダウン』 「ソブリンリスクの本質」『ユーロの崩壊は近いーユーロを救えるのは政治統合だけだ』ほか

速報(152)『日本のメルトダウン』  「ソブリンリスクの本質」 『ユ …

no image
日本メルトダウン(958)『東京五輪新施設 建設中止も…費用3倍、都調査チームが削減提案』『ノルウェーの巨大ファンド:国富を使わない方法 (英エコノミスト誌)●『「ポスト真実」の政治:ウソで真実を圧倒する技 (英エコノミスト誌』●『ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し』●『なんと粗末な代表質問!民進党のレベルは「お子様級」というほかなし』●『【特集】“超巨大津波”の恐れ、南海トラフ地震でも』

    日本メルトダウン(958)   東京五輪新施設 建設中止も…費 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑬『朝鮮独立党が起こした甲申政変について』英『タイムズ』

    『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(208)ー『2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」「ジャパンウエー」』★『その勝利の秘密はエディー・ジョーンズ前HCのコ―チ学にあり、これはリーダーシップの免許皆伝の書といえる』(上)

  2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」とその秘 …

no image
★よくわかる日本原子力導入の歴史ー『日中原子力テクノロジー再考』・山口直樹(北京日本人学術交流会、北京大学)

    第32回北京日本人学術交流会   原子力を …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …

no image
速報(193)『日本のメルトダウン』『独国債下落―ユーロ存続はメルケルの決断に』『日本「グローバル人材」育成戦略をどう見るか』

速報(193)『日本のメルトダウン』   ●『独国債下落―ユーロ存続は …

no image
裁判員研修ノート⑦ 冤罪、誤判と死刑を考える①-明治、大正、昭和の死刑誤判事件の全調査

    裁判員研修ノート⑥ 冤罪、誤判と死刑を考え …

no image
日本リーダーパワー史(880)-『明治裏面史』★『幕末から明治の日露戦争勝利までの約50年間は「西郷隆盛・従道兄弟政権時代」であり、日本大発展の『坂の上の雲」を築いた。

  日本リーダーパワー史⑤ 明治以来、最高のリーダーは誰だ!?西郷従道 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰『日本の最も長い日(1945 8月15日)をめぐる攻防・死闘ー終戦和平か、徹底抗戦か②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …