前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(183)』「 AIで人事部いらず? データで最適配置 :日経」●『米第3艦隊が東アジアへ活動範囲を拡大、中国との緊張悪化で』●『英国のEU残留は楽観できない、離脱なら世界恐慌の懸念も』●『電気動車からドローンまで「次のIT」を支えるあの電池』

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(183)』

 

AIで人事部いらず? データで最適配置 :日経新聞」

 

<F氏のコメント>

50年以上のAI技術の開発の歴史、今回のブームは本物と思われます。 機械学習、ディープラーニングなどのAIの実用化が、IoT、ビッグデータの 深化と拡大で実現してきております。

自動運転、ロボット、などを手始めにAI技術の活用がどこまで広がるか、予測出来ないほどです。経済予測、マーケティングなどへの応用は目前と言われます。

 

当分はトライエラーを繰り返して精度を上げて行くと思われます。 あらゆる分野で、生身の人間とAIの知性、知力との競争となり、人間不要の世界が広がるのは不可避です。 この人事AIが人間以上の実力を発揮するのはまだ先と思います。

人事担当の経験から、これは一つの補完参考資料にはなると思いますが、まだまだ任せられるものではないと思います。人間力に対する総合判断は, 人間の五感の方がまだ勝るのでは?

余談ですが、スタンフォード大学の一番の人気講座は「機械学習」だそうです。 http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXLZO03611460U6A610C1TI1000/

 

米第3艦隊が東アジアへ活動範囲を拡大、中国との緊張悪化でhttp://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/06/3-29.php

英国EU離脱投票、実は世代の「上vs下」が鍵を握る?http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/06/post-5326.php

 

英国のEU残留は楽観できない、離脱なら世界恐慌の懸念も

http://diamond.jp/articles/-/92974?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

“トランプ化”する離脱派 「EUはヒトラーと同じ」…過激化する前ロンドン市長

http://www.sankei.com/world/news/160615/wor1606150003-n1.html

電気動車からドローンまで「次のIT」を支えるあの電池

http://www.newsweekjapan.jp/takashiro/2016/05/post-2.php

 

 

 - IT・マスコミ論, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(430)『日本のメルトダウン』●『橋下大阪市長、慰安婦発言について外国特派員協会で記者会見全記録』

 速報(430)『日本のメルトダウン』   ●『橋下大阪市長 …

no image
日本メルダウン脱出法(645)アジア開銀(AIIB)参加問題で日本は1人「アジア巨大市場行きのバス」 に乗り遅れるのか、「君子は豹変せよ」

                   日本メルダウン脱出法の失敗か!( …

no image
『日本敗戦史』㊱『近代最大の知識人・徳富蘇峰の語る『なぜ日本は敗れたのか➁』「リーダーシップ・長期戦略の欠如」

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊱   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『 …

no image
日本リーダーパワー史(758 )―『10日日米首脳ゴルフ会談はどうなるか』ー安倍外交の「国際ルール守れ、価値観外交」の建前、看板を下ろし「すりより外交」「小切手朝貢外交」を展開。『仲良くしなさい』「ケンカはだめよ」「怒鳴るのはもっとダメ」とおとなしい「安全安心教育」された日本の政治家ではトランプ、プーチンの悪役プロレス政治家には全く歯が立たない

   日本リーダーパワー史(758) ドナルド・トランプ米大統領は10日、安倍晋 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか ⑧ 「英タイムズ」(1907(明治40)年7月22日付> 『朝鮮の危機ーー日本の政策』

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道』 …

no image
世界、日本メルトダウン(1017)ー「トランプ操縦の『エアホースワン』は離陸後2週間、目的地も定まらず、ダッチロールを繰り返す」★『仏大統領選 ルペン氏が首位 左派アモン氏低迷 世論調査』→『トランプ大火災は「パリは燃えているか」(第2次世界大戦中のヒトラーの言葉)となるのか!

  世界、日本メルトダウン(1017) トランプ操縦の『エアホースワン』は離陸後 …

no image
速報(285)●『日本崩壊は不可避か?『日本経済と原発』を斬るーディープ3人座談会を開催(80分)』(4/17)

速報(285)『日本のメルトダウン』   ●『日本崩壊は不可避か?『日 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(56)A級戦犯指定・徳富蘇峰 『なぜ日本は敗れたのか』⑧大東亜戦争では陸軍、海軍、外交、廟謨(びょうぼ、政府戦略)はそれぞれバラバラ、無統制であった。

  終戦70年・日本敗戦史(56) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰 …

no image
日本リーダーパワー史(670) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(52) 「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とその影響ー陸軍での川上の存在がいかに大きかったか

 日本リーダーパワー史(670) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(52)   …

no image
記者クラブの歴史と問題点

1 前坂 俊之 (静岡県立大学国際関係学部教授) Ⅰ ある記者クラブでの体験 新 …