前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『各国新聞からみた日中韓150年対立史④』(1882年の壬午の変)で『東京日日新聞』は『朝鮮の内乱不干渉』を主張④

   

  『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史④』

 

131年前の日韓第一次戦争

1882年の京城事変、壬午の変)で『東京日日新聞』

は『朝鮮の内乱不干渉』を主張した

交渉難航の現在の北朝鮮6か国協議と比較すればよくわかる

  

 最近の日中韓の対立のコジレをみていると、日中韓の150年戦争史の既視感(レジャビュ)がよみがえります。あと5年(2018)後は明治維新(1868年)からちょうど150年目に当たります。この間の三国関係を振り返ると、過去100年以上は対立、紛争、戦争の歴史であり、仲良くしていた時期はこの最近3,40年ほどの短いものであり、単に「近隣関係、近隣外交は仲良くしなければ」という建前論からではなく、その対立、戦争のとなった原因までさかのぼって客観的に調べなければ、何重にもモツレた歴史のネジレを解いて真の善隣友好関係は築くことができません。その意味で、150年前の対立、戦争となった事件の各国の報道をたどってみたいと思います。

 

 東日、朝鮮の内乱干渉不可を主張(一)

 〔明治15815日 東京日日).

 (社説)朝鮮の内乱に干渉すべからず(第一)

 朝鮮の内乱に干渉すべきの説は主戦論者の主張する所にして、我々が排斥する所たり。主戦者の言う所を察するに、

(第一)朝鮮国王は正統政府なり、大院君党は乱臣賊子なり、我が朝廷は国王と修交条約を結びたまう上は、義に於いて我が兵力を以って国王を授けて、その乱賊を平らげ王位を復せしめらるべし。

(第二)朝鮮国王は開国党なり、大院君は攘斥党なり、攘斥党をして朝鮮の主権を操らしむるは我が利にあらざるが故に、我が兵力を以って国王党を援くべし。

(第三)我が兵を出して国王を援けざる時は国王は、或いは元山、釜山を割譲して英、仏、独、露に援兵を乞うことあるベし、これ我が国の大不利なるが故に我が兵力を以って国王党を援くべし。

(第四)今日の機会を以って大いに我が武威を朝鮮に輝かすにあらざれば、朝鮮の官民ますます我を侮辱すべきが故に、兵力を以って朝鮮を懲戒すべし。

(第五)朝鮮は東洋の咽喉なり、韓人怯弱これを守ることあたわず。他日、清、露の有とならんは我が利にあらざるが故に、早く今日に於いて我が兵力を以ってこれを併略すべしと云うに外ならず。その浅薄軽躁の見たる知るべきのみ、い.やしくも識見を具するの人は敢えてこの輩のために誤まるる事なきを信ずるなりといえども、世或いはこれに惑うものなきにあらざるべきを懼れ、吾曹はために一言せざるを得ず。(後略)

 

 東日(社説)朝鮮の内乱干渉不可を主張(二)

 〔明治15817日 東京日日〕

 朝鮮の内乱に干渉すべからず(第二)

そもそも朝鮮の開国主義たるも攘斥主義たるも、その心術は我に於いて与からざる所なり、我が与かる所は彼をして我が国に対して、その条約を遵奉せしむるにあるのみ

。たとえ国王は開国党なりとも、もし条約に違戻(いれい)せば、我これを責めざるべからず、また大院君は譲斥党なりとも、条約を履践する際は我敢えて問すべき所なし、我が見る所は条約を遵奉すると否とにありて、その心術の如何にあらざるなり。しかるをかの主戦論者が、朝鮮の主権まったく攘斥党の掌握に帰するときは、我が国の利にあらずと断定して.かの内乱に干渉せんと欲するものは、まず彼が条約を遵奉すると否とを問わずして、

早くも彼が心術に立ち入りて、以って我が国是を定むべしとするもの、言を換えてこれをいえば、大院君は攘斥の精神なるが故に、たとい条約を遵奉するも我に不利なり、これを討つべしという論理に帰着す。これ決して外交上に於いても政略上に於いても、ともに取りて以って根拠となすべからざるの論理なり。(後略)

 

 東日、朝鮮の内乱干渉不可を主張(三)

 〔明治15818日 東京日日)

 朝鮮の内乱に干渉すべからず(第三)

今の朝鮮もまた我が二十年前の活劇を再演するがごときものなるべし。かの開国党といえども皆聡明鋭敏にあらず、

幕末官吏のごときとうあんなるも多からん。そのとうあんを憤るがために攘斥党に居る人も少なからざるべし。かく考察し来れば、大院君がいったん政を執るに至り、かく然鎖国の非なるを悟り、もっぱら心を開国に傾くる、

 

あたかも今日の明治政府のごとくならんも未だだ知るべからず。すでにその因を同じくせば、あんにその果を異にするを常なりとせんや。もし大院君にしていったんその志を改めて開国に進まば、仕前のとうあん開国党に比すれば、その速力を増すなるべし。これによりてこれを観れば、大院君たとい攘斥の主義を執るとも、我が問罪の要債に応じ粂

約を遵奉すべ七と云わば、我はこれに満足してかの内乱に干渉するを要せず。そのなす所に任せんのみ(略)

 

しかれども我が明治政府を視よ、初め尊王攘夷を以って開国佐幕を倒したるに付き、佐幕論の開国説と密附の関繋ありしがごとく、尊王論と鎖攘説とは固着の連合主義たりしといえども、大政維新の時に方りては、鎖攘論は煙散霧消してその踪影をだに留めず。

 

これ当時我が維新の元勲に智略に富みたる英傑多かりしを以っての故にあらずや。大院君もまたよくその素論を変じて、人心の乖離を致さざるに足るの智略あらば、敢えて攘夷斥を固執せざるも人心を収攬するに難ぜざるべし。

もしその智略これをなすに足らず、にわかに攘斥説を変更して開国説に傾向したるがためにその地位を失うとも、我に於いては大院君の存亡興廃に.いささかも関繋あることなし。論者何を苦しみてか、国用を費消し生霊を糜爛するをも厭わず、これを討つべし、彼を助けざるべからずとの念を生れずるや、無名の兵を起して非義の儀をなすを好むものなり。朝鮮国にして今回問罪の要債を承諾し、条約を遵奉する以上は、大院君党といえども、すなわち我が朗友なり

 

主戦論者の第三説は、表が兵を出して朝鮮国王を助けざるときは、国王或いは元山、釜山を割譲し、英、仏、独、露に援兵を乞うことあるべし、これ我が国の大不利なるが故に国王党を援けるべしというにあり。これまた論理に契(あ)わざる言のみ。

論者の言を借りていて言えば、我が兵を也して大院君政府を助けざるときは、大院君は元山、釜山を割譲して英、仏、独、露に援兵を乞うことあるべし。これ我が国の大不利なるが故碇、我が兵力を以って大院君を援くべしと謂う事となる。しかるときは畢竟その土地を外国に割くことあるを懼れて、双方ともこれを援けざるべからず。これを以って朝鮮の内乱に干渉せざるべからざるものとするは、最も浅慮にあらずして何ぞや(後略)

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『日中韓150戦争史』(57)維新直後に外交関係を求めた時、朝鮮側が拒絶したパーセプション(認識)ギャップはこうして起きた。

      『中国紙『申報』などからの『日中韓15 …

no image
片野勧の衝撃レポート『太平洋戦争<戦災><3・11>震災⑲ なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すか』
 原町空襲と原発<下>

  片野勧の衝撃レポート   太平洋戦争<戦災>と …

no image
高杉晋吾レポート⑥日本の原発建設は住民の命を「いけにえ」に、企業の利益を守る立場で出発①

高杉晋吾レポート⑥   日本の原発建設は住民の命を「いけにえ」に、 企 …

no image
速報(161)『★<小出裕章情報>●『除染必要地域は日本の3%』★『除染基本方針案骨子は本当ふざけた国」』など

速報(161)『日本のメルトダウン』 ★<小出裕章情報>   ●『東京 …

no image
世界、日本メルトダウン(1027)ー 「トランプ大統領の暴走/暴言/ひとり芝居で 『エアーホースワンはダッチロールをくり返し、墜落寸前! 世界の大波乱より前に,覇権国米国の没落が 毎日のように報じられている、オーノー」④『トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間』★『「アメリカは70年間、衰退し続けている」——チョムスキーの視点』

世界、日本メルトダウン(1027)ー 「トランプ大統領の暴走/暴言/ひとり芝居で …

no image
梶原英之の政治一刀両断(5)『休止原発は再開させられるのかー10年後の脱原発より、重大なことだー』

梶原英之の政治一刀両断(5)   『休止原発は再開させられるのかー10 …

no image
World Robot Summit 2018(10/17)-慶応大理工学部の「次世代人工知能・ロボットの「汎用人口手の研究開発」のデモ

日本の最先端技術「見える化」チャンネル Japan Robot Week2018 …

no image
近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158)-『渋沢栄一(91歳)の国民平和外交を潰した関東軍の満州事変の独断暴走が、日本を破滅(戦争)の道へ陥れた。この4ヵ月後に渋沢は亡くなった』

近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158) 明治、大正、昭和で最高のトッ …

no image
日本リーダーパワー史(282)『尖閣問題を巡る世論の高まり、衝突をリスク管理せよ、日中外交失敗を繰り返すな』

日本リーダーパワー史(282)   <尖閣諸島問題を考える視点> &n …

no image
日本メルトダウン脱出法(542)「福島第一の原発所員、命令違反し撤退、吉田調書で判明」「ブラジル、W杯の場外に厳しい試練」

       日本メ …