前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉘』レッドソックスの神業マネージメント!昨年の大不祥の後遺症を猛スピードで解決した

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ


<レッドソックスの神業マネージメント!エキサイティング>

 

◎「オルティーズと上原、田沢の活躍ばかりが目立つが、バレンタイン
前監督の昨年の大不祥の後遺症を猛スピードで解決した神業マネジ
メントこそ奇跡の優勝の原動力」

 

 

●『2013/10/31』<ニューヨーク・タイムズ>by TYLER  KEPNER

 

 

“ Farrell Brought Consistency to a Franchise in Chaos 

『ファレルは、混乱の極みにあった地元チームに一貫性のある調和を
もたらした

 

http://www.nytimes.com/2013/11/01/sports/baseball/it-took-only-one-
year-for-farrell-to-reset-the-red-sox.html?pagewanted=1&_r=1&ref=baseball&

F氏からのメール」

 

上原の大活躍で終わりましたレッドソックス優勝、新人監督のファレルとGMのチェリントンの大車輪の活躍がテーマです。オルティーズと上原、田沢の活躍ばかりが目立ちま

すが、バレンタイン前監督の昨年の大不祥事を考慮しますと、選手個々の野球人意識を早期に正常化させ、チームをハイレベルな戦闘集団に変貌させたこと、など後遺症を猛スピードで解決したマネジメントサイドの神業は脱帽です。

私はボストンは10回くらい出張していますが、どういう訳か、晩秋、初冬が多く、フェンウエイパークは実戦を見ておりません。ボストン美術館と、小沢のボストン交響楽団が休日、アフターファイブの楽しみでした。

昼日中、気温が簡単にマイナス20〜30度Cになり、慌ててエスキモーの様な装束を買った覚えがあります。

全米有数の学園都市、インテリ集団のボストンに、荒くれ男の集団、レッドソックスがあることが不釣り合いで、それが何とも言えない魅力と感じています。

 

「 F氏のコメント 」

 

1)    今年のMLB、ワールドシリーズでボストン・レッドソックスが優勝することを事前に予想出来た者は果たして何人いたであろうか?筆者は、この優勝は奇跡としか言いようがないと考えている。奇跡を起こした原動力は、新任のジョン・ファレル監督とベン・チェリントン・ゼネラルマネジャーのコンビである。

 

2)201112、ボビー・バレンタインがテリー・フランコーナの後任となっ

て以後、ユーキリスとの確執を始めとして監督と選手達との一年に及ぶ信

じられないバトル、そしてチームワークの崩壊は、周知の様に世界の野球

ファンを震撼させた。デービッド・オルティーズは「バレンタインは精神的に

問題があるか、薬か何かが必要な人間だ」と発言する始末であった。

 

  当然、2012 年のチーム成績は、20年振りの地区最下位、

  球団47年振りの(69勝)92敗と、目を覆う様な惨状で終

  わった。(因に、発足初年度の日本の楽天球団は38勝97敗で

  あった)

 

  2012/10/4のバレンタインの解任報道の後、2012

  /10/20にファレルの新監督就任が決まった。

 

3)本件、NYTの報道は、バレンタイン監督の残した途轍もない負

  の遺産―選手達の監督、GM、球団経営陣への根深い不信感、

  ユーキリス、ベケット等のアンチ・バレンタインの大物スタ—選 

  手達の大量トレード、選手達が本職の野球に専念しなくなって

  しまった事など ― をファレル監督が正面から引き受け、こ 

  れの解決に当たった様子を、詳細に語っている。

 

4)レッドソックスの歴史に参画した経験があり、主力現役選手と

  の信頼関係もあるファレルの選任、巨額の大量トレードの後の

  大量補強、コーチ陣の総入れ替え等、猛烈なスピードで経営陣、

  フロント、コーチ、選手の補強を進め、シーズンに入って、試

  合をしながら内外の体制を整備し、チームの勝率を上げて行っ

  た、ファレル監督とチェリントンGMの指導力は球史に残る偉

  業ではないか? 前年度はアリーグで最下位、今年度はワール

  ドシリーズのチャンピオンである。

                   

20131031 NYT  by  TYLER  KEPNER

 

“ Farrell Brought Consistency to a Franchise in Chaos ”

 

 

“ファレルは、混乱の極みにあった地元チームに,一貫性のある
調和をもたらした。”

 

http://www.nytimes.com/2013/11/01/sports/baseball/it-took-only-one-yea
r-for-farrell-to-reset-the-red-sox.html?pagewanted=1&_r=1&ref=baseball&

 

 

ボストン ― 一年前、ボストン・レッドソックスはフェンウェイパークの球場をハロウィーンのお祭りに解放した。子供達は、ハロウイーンの衣装で、外野のウォ―ニングトラック(警告帯)に沿ってパレードして回った。顔を顔料で塗りたくったり、魔法使い達や風船使い達がいる。ウィル・ミドルブルックスやリッチ・ゲッドマン、そしてレッドソックスのマスコット、ウォーリー・ザ・グリーンモンスターがファンの皆さんを迎えた。

 

この10/31、木曜日の早朝、フェンウェイパークは再び開場した。ワールドシリーズのファイナルを終えた表彰式で、暫くの間、低く棚引く靄がフィールドを覆い、それは薄気味悪い、秋の夜中の墓地から流れ出る霧の様であった。それは悪魔払いの儀式にそっくりであった。

 

“トロフィーの贈呈の際、遥か向こうの方で花火が上がり、球場が煙で充満した時、完全に超現実的であった。”とジョン・ファレル監督は言う。“今、チャンピオンと言うこの地位にあって、一年前の今日を振り返り、我々がどんな状況から戻ってきたかを考えると、この13ヶ月間には、実に沢山の事が起きた。”

 

おとぎ話の様な今シーズンの中で、レッドソックスは、2011/9月から2012/9を通じての恐ろしい出来事が、実際にはこの10年間,常に優勢な力を保ってきた中では、一時のほんの些細な事に過ぎない事を証明した。二人のマネージャーと一人のGMを手放し、プレイオフにも残れず、アメリカンリーグ東部地区の最後の試合では大破した。ところが、今では彼等、レッドソックスはこの10年、10シーズンの中で、3つ目の優勝を手にしている。

 

“ 組織には大勢の人達がいる、選手達が居るのは勿論だが、その他の人達 ― オーナー、フロントオフィスの人達 ー もタフな時間を経験してきた、”とシリーズ6戦目の勝利の後、フィールドでGMのベン・チェリントンが言った。“我々は厳しい視線を浴び、批判もされた、しかしグループ全体が、その様な経験をし、今晩この様な大変幸せな日を楽しめることは、私としては非常に嬉しい。”

 

ファレルはその様な厳しい渦中には居なかった。彼は監督としての最初の経験は、ブルージェイズに居て活気のない2年間のシーズン(154勝170敗)を送り、トロントで彼自身の葛藤に耐えていた(2010年10月〜2012年10月)。

 

それでも尚、レッドソックスは、ここでの経歴が全く無いボビー・バレンタインの下で崩壊してしまったチームに呼び戻す為に、ファレルを必死で説得した。彼は了解した(2012年10月)。ファレルは、テリー・フランコーナ監督の下で2007から2010年までピッチングコーチを勤め、その前は2001年から2006年迄クリーブランド・インディアンスの選手育成部長であった。

 

これらの仕事は、且つてはメジャーリーグの投手を努めたその経歴と併せて、ファレルをいつも目立って世間の注目を浴びる球団に特別に相応しいものにした。その球団は、フロントの強い信念があり、投手陣が安定を渇望していた。レッドソックスは、ブルージェイズとの間でまだ一年の契約を残しているファレルを獲得する為に、内野手のマイク・アビルをトロントにトレードした。 

 

“ 驚くべき成果で、Aプラスの評価だ 、”と球団社長のラリー・ルッキーノがファレルについて語った。“彼はGMのベン・チェリントンと、行動的、且つ生産的な協力体制を築き、ベースボールチームの経営でも同様であった。それは実に実際的な連携で、他の分野でも教訓になるほどであった。”

 

 

<『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉗』『私の見た聴いた
<グローバル・ベスト・ジャパニーズ・小澤征爾論>
NYTの報道と共に

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2243

 

F国際ビジネスマンの発言―バックナンバー>

https://www.google.co.jp/webhp?source=search_app&gws_rd=cr&ei=rtR5Us-tBIHbkAXWmoDwCw#q=F%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%93%E3%
82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

 

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
日本メルトダウン脱出法(703)「一方通行の日米安保に米国で高まる不満(古森義久)」「TPPは日本に無益、中国経済圏拡大への対処こそ重要だ(野口悠紀雄)」

   日本メルトダウン脱出法(703) 一方通行の日米安保に米国で高まる不満(古 …

no image
見切り発車の「出入国管理法改正案」(12/8)ー政府は移民政策ではないと否定し、単純労働を含めた外国人労働者を5年間で34万人受け入れる方針』★『「ドイツは労働力を呼び寄せたが、来たのは人間だった」という教訓から学べ』

見切り発車の「出入国管理法改正案」 明治以来の人口政策の失敗の歴史を再び起こすの …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊸★『日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、すぐ渡米し、 ルーズベルト大統領を味方につける工作を命じた。』★『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の世界最強のインテジェンス(intelligence )』

日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、す …

no image
日本メルトダウンの脱出法(543)●「大飯原発判決、司法の姿勢転換点か」●「日本のエネ政策は世界に逆行= 飯田哲也氏」

       日本メ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(30)記事再録/大震災とリーダーシップ・日立創業者・小平浪平の決断力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

 日本リーダーパワー史(138)   大震災とリーダーシップ・日立創業 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1074)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉④』★『「クリスマスまでに…」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機限界点』★『アメリカは北朝鮮の「先制攻撃」を、いまかいまかと待っている 国連安保理の制裁決議で起こること』★『北朝鮮より大きな危機が、5年以内に日本を襲う可能性 中国に「乱世」がやって来る』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1074 …

no image
日本リーダーパワー史(819 )『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉞『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑥』★『明治32年1月、山本権兵衛海相は『陸主海従』の大本営条例の改正を申し出た。』★『この「大本営条例改正」めぐって陸海軍対立はエスカレートが続いたが、児玉参謀次長は解決した』

 日本リーダーパワー史(819 )『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」 …

no image
知的巨人の百歳学(155)記事再録/ 百歳学入門⑱ <日本超高齢社会>百歳元気健康長寿者200人リスト一挙大公開① 2010/01/31 時点での調べですのでお間違いなく。

    2010/01/31 /百歳学入門⑱ &n …

無題
★⑩日本リーダーパワー史(714)伊勢志摩サミットの陰の主人公はこの人注目!(記事再録)「真珠王」だけでなく『世界の生涯現役・長寿王でもあった御木本幸吉(96歳)』「朝食は茶碗3分目、昼は2分目、夜は「旨い物は2箸残す」

  日本リーダーパワー史(714) <記事再録>百歳学入門(69 …