前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『2014世界各国―最新ミステリー、サプライズニュース①』中国の2大ミステリー「①万里の長城」 「②中国の覇権」

   

2014世界各国―最新ミステリー、サプライズ、面白ニュース①』

 

 

中国の2大ミステリー?「①万里の長城の謎」

「②中国の覇権は短い」ということ

 

前坂 俊之

(静岡県立大学国際関係学名誉教授)

 

★中国の謎―中国の「万里の長城」は中国人が「中華思想」を信奉し
<攻撃民族ではなく守成民族>である歴史的な証拠物件である

 

 

人口も国土面積も歴史も世界トップクラスの巨大・中国のシンボル的な存在が「万里の長城」である。

 

中国の国土は日本の二六倍、東西に長く雄鶏の形をしているが、長城は周辺の外敵から守るために築かれた長大な城壁。現存する長城は明時代(13681644

後半に築造されたもので、西は玉門関から標高数千mの山脈の稜線を延々と続きシルクロードの河西回廊を走り、黄河を渡り、東は渤海湾に臨む山海関で海に消える総延長2700kmにものぼる人類史上最大の建造物である。

 

世界の他にも古代ローマの長城や英国スコットランドにも長城は残っているが、これほどのものはない。

長城の構造はレンガ造りで,内部は粘土で固め、高さ約9m,幅は上部で約45m,底部で9m、壁には銃眼を設け,約100mごとに見張城が置かれているものが多い。

 

なぜ、こんな巨大な万里の長城を築いたのか。それは中国の悠久の歴史、過去二千数百年にわたって、北方騎馬民族、遊牧民族、匈奴、騎馬軍団らの外敵から執拗に波状攻撃、襲撃、略奪を繰り返されてきたためである。司馬遼太郎は外敵の攻撃を「遊牧民族が放牧地とした草原に鍬を入れ、沙漠化を進めた漢民族への報復のため」という。

 

長城の起源は春秋戦国時代にさかのぼり、当時は北方遊牧民に限定せず、中原の地に建国した漢民族の国々も、長城を築いて外敵の侵入に備えた。BC221年,中国を統一した秦の始皇帝がこれらの北辺の長城を連結し.西方へと延長して北方遊牧民族に対する防衛線とした。その後、歴代王朝は築城を延長し、補修、修復しながら現在まで残ったという。

 

この長城建設に中国人の民族的特性である①巨大なもの好き②息の長さ③攻撃よりも防御④中華思想(中国が世界の中心で、進んだ文化であり、周辺民族は野蛮とする思想)が現れている。

 

 

2020年代の中国経済覇権の時代は短命に終わる!?

 

「米国国家情報会議」(NIC)の「2030年の世界トレンド予測」によると、

GDP」「人口」「軍事費」「技術投資」の4点から試算した国力比較では、2030年までに「アジア地域」は「北米+欧州地域」より大きくなる見通しで、中国とインドがスーパーパワーとして台頭する。

 

2020年代中には中国は米国を抜き世界第l位の経済大国になる。欧州、日本、ロシアの経済力は弱体化、2030年には中国GDPは日本のGDP140パーセント上回ると予測する。

 

 ただし、「世界一の経済大国」中国の地位は意外にも短命となる。2030年の時点では、中国がインドを上回っているが、インドの成長率が中国を凌駕するため2030年代はインドが「世界景気の牽引役」となり、中国経済の発展は「過去の栄光」となる。

 

その原因は労働人口(人口ボーナスと言われる生産年齢人口)と老齢化のスピードにあり中国の労働人口のピークは2016年(99400万人)を頂点に減少に転ずるが、インドの労働人口のピークは2050年ごろになる見通し。

 

急速な高齢化が進む中国では2015年には、65歳歳以上の高齢者人口は2億人を突破し、全人口の17%に達すると見られている。これは「一人っ子政策」の失敗によるものだが、中国の専門家はこの状況を「末富先老」(豊かに前に老いる)と呼び、警鐘を鳴らしてきたが、「中国の覇権は短い」との見方が増えてきている。

 

19世紀のイギリス、20世紀のアメリカのように一国で国際社会をリードする「ヘゲモニー=覇権国」「世界帝国」はなくなり、世界のあらゆる地域で覇権国の交代が起こる。

 

今後は米国の衰退と中国の覇権も短期に終わり、世界は多様性の中での多国間協力・共存・緊張体制に移行し国家ではない団体やネットワークが国際社会での発言力を増すと分析している。

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(423)『日本のメルトダウン』●『中国と津波で気力を取り戻した日本』◎『日本の公的債務、財政再建は置き去り』

  速報(423)『日本のメルトダウン』  &nb …

no image
片野勧の衝撃レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑤ーなぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』郡山空襲と原発<上>

片野勧の衝撃レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑤ 『なぜ、日本人は同 …

no image
日本リーダーパワー史(391)(まとめ)『日露戦争』はなぜ起きたのか① 英国『タイムズ』米国「ニューヨークタイムズ」で読 む

 日本リーダーパワー史(391)    (まとめ) …

no image
世界/日本リーダーパワー史(955)ー米中間選挙(11/6)後のトランプ大統領の対外政策は一層エスカレートするのか(下)『米中冷戦下のサイバー戦争の勃発か』★『中東問題の新たな紛争の火種ーサウジのジャーナリスト殺人事件』

世界/日本リーダーパワー史(955) 米中貿易戦争の裏では情報、スパイ、プロパガ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(183)記事再録/★「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑯「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)①

    2015/09/03 &nbsp …

no image
野口恒の<インターネット江戸学講義⑩>第4章 網の目に広がった情報通信のネットワ-ク(下)―“町飛脚のネットワ-ク”

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑩>   第4章 網の …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(66)竹島・尖閣問題、冷静な対処をーナショナリズムの暴発を警戒すること

池田龍夫のマスコミ時評(66)   竹島・尖閣問題、冷静な対処をーナシ …

no image
『震度6、大阪北部地震発生、参考記事を掲げる②』―★記事再録『2016年4月の熊本地震から2ゕ月』(下)『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込みながら熊本地震まで38年間の『 巨大地震』の予知にことごとく失敗した。<ロバート・ゲラー東京大学理学系教授の正論>』

『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込みながら熊本地震まで38年間の …

no image
日本リーダーパワー史(341)水野広徳の日本海海戦論④ 秋山真之語る「バルチック艦隊は対馬か、津軽海峡か、運命の10日間」

日本リーダーパワー史(341)  ● 政治家、企業家、リーダ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』「ISと云うイスラム原理主義組織の現在の破壊力、 近未来の戦闘能力がどの程度のものになるのか?」

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』 「 …