前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(135)』『独 VW事件』ーDefeat dvice、ソフトは世界最大の自動車部品メーカー ボッシュが製作。前会長が深く関わっていたのは間違いないと思います」●「それにしても、トヨタは環境対策技術の開発で、早々とディーゼルを捨て、ガソリンハイブリッドに傾注した慧眼恐るべし」

   

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(135)』

『独 フォルクスワーゲン の排ガスデータ捏造事件ー

『問題のDefeat dvice、ソフトは世界最大の自動車部品メーカー ボッシュが製作。違法性を知り、VWにも違法性を指摘しながらも、商売になるから製造し続けていたのです。

これまでの情報から、辞任した前会長が深く関わっていたのは間違いないと思います。それにしても、トヨタは環境対策技術の開発で、早々とディーゼルを捨て、ガソリンハイブリッドに傾注した慧眼は、結果論ですが大したものです。 

VW排ガス問題、社員と取引先が4年以上前に違法性を指摘=独紙

http://jp.reuters.com/article/2015/09/27/volkswagen-emissions-idJPKCN0RR13C20150927

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

問題のDefeat dvice、矢張り中味のソフトは世界最大の自動車部品メーカー ボッシュが作っていました。

違法性を知り、VWにも違法性を指摘しながらも、商売になるから製造し続けていたのです。断ると他の取引に影響すると脅かされながらやり続けたのでしょう。

VW担当の営業、エンジニアはこの数年、バレタ時の事を考え夜も眠れなかったと思います。なにしろ共犯者なのですから。

これまでの情報から、今回早々と辞めた前会長が深く関わっていたのは間違いないと思います。ボッシュの社長もVWから拝み倒されて、当然知ってて黙認していたと考えます。

4年間 1100万台続いたのは、トップ方針で、超機密事項として、組織も黙って不承不承付いて行かざるを得ななかったのです。

VW前会長のトヨタ追い落としの行動は、ポルシェの前会長との暗闘に勝ったこのVW前会長が、自分の権力基盤を強固にする為に、どうしてもやりたかった事だったと思われます。

米市場で問題のディーゼル車を売りまくり、華々しいシェアアップを実現しトヨタに大差を付けたかったのです。

それにしても、トヨタは環境対策技術の開発で、早々とディーゼルを捨て、ガソリンハイブリッドに傾注した慧眼は、結果論ですが大したものです。

当時の奥田社長が役員過半の反対を押し切って旗を振っていました。初代プリウスは、大赤字を続けましたが。 ハイブリッド用の部品の技術の難度と指値の厳しさに度肝を抜かれた想い出があります。

 <追伸コメント>

今回の事件で、ドイツ人の、会社との自己同一化、恐るべしです。日本も似たところが多分にありますが、今はもうこれ程ではないのでは? 通報制度の活用に抵抗する日本の若者は減っています。

早い時期に、VWの担当者が内部通報して、規制当局に垂れ込んでいれば、これ程傷口は広がらなかったのでは?
独の内部通報保護法制を調べる必要があります。

違法ソフトが積まれている旨ズバリ、スッパヌケばと、惜しまれます。もっとも当局もVWとグルの可能性もありますが。

東芝のケースは、証券監視委員会に実務クラスが、具体的に垂れ込んでいます。それでも西田、佐々木の二代は通過して、三代目でやっと露見したのですが。

トップが率先して悪事をやる場合は、リスクが大きく、担当者もビビるのでしょう?

大惨事!」VWまさかの愚行に悲鳴を上げる独メディア

http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/09/post-3934_1.php

アングル:中国失速でドイツの退潮鮮明、対中輸出の強さ裏目に

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2015/08/155824.php

焦点:独VWの不正告白、当局と繰り広げた長期攻防の舞台裏http://jp.reuters.com/article/2015/09/28/analysis-vw-confession-idJPKCN0RP0YU20150928

アングル:VW問題、ドイツ経済にギリシャ危機以上の打撃

http://jp.reuters.com/article/2015/09/24/auto-vw-germany-damage-idJPKCN0RO09Q20150924

アウディ、VW排ガス操作問題で210万台に影響

http://jp.reuters.com/article/2015/09/28/volkswagen-emissions-audi-idJPKCN0RS12D20150928

欧州車、試験と路上走行でCO2排出量に40%の差=環境団体

http://jp.reuters.com/article/2015/09/28/volkswagen-emissions-tests-idJPKCN0RS13U20150928

 

VW不正、ドイツで警告が無視された背景 政府と業界が癒着か

http://jp.wsj.com/articles/SB12598418299951774152004581257760919943914

 

VW、辞任したCEOに最大80億円の退職金?

http://jp.wsj.com/articles/SB11831858956330503399404581253762669966574

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(295)『日本のメルトダウン』●『5月3日 小出裕章さんのNY講演会の3本』◎『荒井聡(民主党原発事故収束対策プロ座長の会見』

速報(295)『日本のメルトダウン』   ●『5月3日 小出 …

no image
東京モーターショー2013」(11/23→12/1)開催,「世界にまだない未来を競え」④SUBARU、NISSAN、HINO、KAWASAKI, HYUNDAI

     ★「東京モーターショー2013」(11/ …

no image
★10『50年前の中国文化大革命の衝撃スクープ』ー荒牧万佐行氏(写真家、元毎日写真部カメラマン)の写真展を見に行った。『粉雪が舞う北京で、三角帽子をかぶされた実権派幹部が、 首から罪状の看板を下げてトラックの荷台 の先頭に乗せられ首根っこを押さえられていた』

  写真展『中国文化大革命( the Great Proletaria …

111
★『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(219』ー『ハンガリー/ブタペスト点描』★『世界遺産としてのブタペストの街はリスボン、パリ、プラハ、ワルシャワの美質を集約した深い憂愁さが漂う』

★『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(210)』   ハ …

no image
日本メルトダウン脱出法(856)「トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由党内の結束力に大きな差、経済の安定も強い追い風に』●『中国の「欺瞞」外交にオバマもいよいよ我慢の限界ー口では協調を求め、裏では米国に大胆に挑戦(古森義久)』●『人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来』

日本メルトダウン脱出法(856) トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由 …

no image
速報(134)『日本のメルトダウン』 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』

速報(134)『日本のメルトダウン』  『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ! …

no image
<裁判員研修ノート⑨> 『無実を訴えて62年』―加藤新一事件の再審で無罪判決が下る

無実を訴えて62年―加藤新一事件の再審で無罪判決            前坂 俊 …

default
熊本地震1ヵ月の現状②-加藤清正ゆかりの本妙寺は清正像、灯篭、石塔の多くに大被害、健軍商店街ピアクレス、倒壊した阿蘇神社の国重文の楼門、南阿蘇村(立野地区)、『武蔵塚公園』の宮本武蔵像

  熊本地震1ヵ月②ー 加藤清正ゆかりの本妙寺は清正像、 石像灯篭、石 …

no image
日本リーダーパワー史(408) 『東京五輪決定。安倍首相のリーダーシップの勝利⑤ 『今後の短期国家戦略プログラムを実現』

 日本リーダーパワー史(408) 『東京五輪決定。安倍首相のリーダーシ …

no image
速報(151)『日本のメルトダウン』『世界失速でリーマンショックは再来か』『海外メディアの原発報道は客観的か』ほか

速報(151)『日本のメルトダウン』   『世界失速でリーマンショック …