前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉒「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑦『前代未聞の退位と即位』

      2015/09/14

 

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が

報道した「日韓併合への道』の真実㉒

  「伊藤博文統監の行動」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)⑦

『前代未聞の退位と即位』

『前代未聞の退位と即位』

林外相の入京した十八日に、首相李完用始め閣員一同が三たび参内したが、光武帝は、臣として君に退位を迫るのは無礼なりとて聴き容れなかった。この時一番末座に控ていた宋秉畯(そうへいしゅん)がズカズカと前に進み、

『日本は、今回の密使事件のみならず、従来陛下の十五回に亘る背信行為につき確実なる証跡を握れり。統監、若しこの証跡を挙げて陛下に迫らば、陛下はただ知らずの一語を以て免れ給う可らず。陛下強いて偽りを以てし給わば、邦家の災は益々重大を加うるに至らん。苦し陛下の逃れ給うべき途為らば、臣等登にこれを求むる労を厭うものならんや。今臣として君の退位を勧むるは真にやむを待ざれはなり。切に明鑑を仰ぐ。』と言上した。

ここまで直言されては、如何に固い光武帝の心も動かざるを得なかった。なお李完用は林外務大臣が本日を以て入京し、時局切迫、最早一刻も猶予すべきにあらずと言葉を添えた。

光武帝は閣員の意見一致すといえども、元老に問わざるべからずとて、閔泳韶(びんえいしょう)、李允用(りいんよう)、申箕善(しんきぜん)、閲泳微(びんえいき)、李重夏(りじゅうか)、李容植(りようしょく)等を召して譲位の可否を諮諭されたが、いずれも内閣諸大臣の奏するところに賛同したので、光武帝はここに始めて意を決し、四十四年間占有された図位を皇太子に譲らるることを宜言された。

それは十九日の午前二時であったが、三時には早くも譲位の詔勅が発せられ、次いで八時に即位式を行われ、その翌日午後二時三十分に、新帝が内外臣僚を引見して即位の事実を公表することに定められた。

一潟千里とはこんな事を形容するのであろう。

深夜の中に、譲位詔勅が焼発され、それからわずか五時間の後に正式の即位式が行われるなどは、前代未聞の事であるが、韓廷では日本の怒りを和らげるために、かかる非常手段をとったのである。

こういう場合に、あらぬ流言蜚語の起ることは当然の事で、新帝朝見式の当日は、何となく物情騒然として薄気味の悪い形勢であった。当時の韓国駐都軍司令官・長谷川好道の如きは態々統監を訪うて、

『かかる場合には、途中の要撃は予防しがたく、別けて宮城内に如何なる兇漢が潜伏するやも測り知れぬから、御自身の参内は見合せられ、代理を立てられるようお勧めすと注意した。統監邸に詰めかけた随員中にも、死恥をかくまいとて新しい褌(ふんどし)を締めて来たなどと戯談に本当の事を口走った勇者もあった。著者は一足先きに参内した。

宮中には各大臣はもとより各国総領事も悉く参集していた。 やがて定刻の二時三十分になったが、時間を厳守する統監がまだ見えない。統監がいなくては式を始めることができないので、著者は電話を統監邸にかけて開いて見ると、まだ出られないというから、内閣員、王族、元老、各国領事等、一人の遅刻者もなくことごとく出揃っていると統監に告げよと言って電話を切った。

あとで開くと、この時まで統監の出馬を止めた者が多かったので、統監も一寸躊躇していたが、この全員参集の電話を聞くや否や、.バネ仕掛のように椅子から飛び上って、

『さあ行こう。』

と言いつつ馬車に乗ったので、一同その後につづいて出かけた。

統監到着は定刻より三十分ばかり遅れたが、儀式は支障もなく済んだ。

宮城には何事もなかっが、ふと窓ガラス越しに市中を見下すともうもうたる猛火が俄に起った。急報によると一団の暴徒が首相李完用の邸宅に焼き討をかけたということである。

李完用はその自邸の焼けるのを一寸見ただけで、神色自若、殆ど意に介せざる様子であった。伊藤は自分の馬車に李完用を乗せて帰り、しばらく総務長官・鶴原定吉

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E5%8E%9F%E5%AE%9A%E5%90%89

の官舎に住まわせた。

つづく

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑨ 「独フランクフルター・ツアイトゥング」(1907(明治40)年7月24日付>『韓国のハーグ事件と皇帝の退位』

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道』 …

no image
速報(343)『アメリカ政治―「おバカで結構」米共和党綱領の呆れた中身』◎『欧州に蔓延する自殺という疫病』

速報(343)『日本のメルトダウン』     ◎『アメリカ政 …

no image
速報(43)『10分ですぐ分かる』◎日本民族の生死がかかる!『浜岡原発の虚実』『必見ビデオー広河隆一が語る』

速報(43)『10分ですぐ分かる』◎日本民族の生死がかかる!『浜岡原発の虚実』 …

By: Kentaro Ohno
日本リーダーパワー史(539)『ゾンビ日本』への警告➁「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)

 日本リーダーパワー史(539)   「FOREIGN AFFAIRS …

no image
高杉晋吾レポート⑰ルポ ダム難民①超集中豪雨の時代のダム災害①森林保水、河川整備、住民の力が洪水防止力

高杉晋吾レポート⑰ ルポ ダム難民① 超集中豪雨の時代のダム災害① 森林保水、河 …

no image
梶原英之の政治一刀両断(4)ー『やらせメールが原発再開を遅らせた』

梶原英之の政治一刀両断(4)   『やらせメールが原発再開を遅らせた』 …

no image
  日本リーダーパワー史(773)『金正男暗殺事件を追う』●『金正男暗殺に中国激怒、政府系メディアに「統一容認」論』◎『北朝鮮が「韓国の陰謀」を主張する真意は? 韓国側の指紋・入れ墨情報提供で計画にほころびか』◎『北朝鮮崩壊の「Xデー」迫る!金正恩は、中国にまもなく消される』●『金正恩の唯一の友人が明かす平壌「極秘会談3時間」の一部始終 「私は戦争などする気はないのだ」』★『金正男氏殺害、北朝鮮メディア「幼稚な謀略」』

   日本リーダーパワー史(773)『金正男暗殺事件を追う』   金正 …

no image
小倉志郎の原発レポート(3)★『政府や電力会社が「安全を確認した上で」という枕言葉にだまされないようにしましょう』

      小倉志郎の原発レポ …

no image
日本メルトダウン脱出法(861)『シャープはなぜアジア企業に屈したか? 「仕事後進国」日本の敗因』●『日本が「テロの標的」になる日が迫っている ブリュッセル連続テロから学ぶべきこと』●『恐怖心からアメリカ人がトランプを選ぶ悪夢 あと1回、テロが起こったら何が起きるか』●『“安価な中国製”が席巻する日本の太陽光発電の明日』●『イギリスは「テロとの百年戦争」の最中にある ロンドンは、ずっと過激派の標的だった』

  日本メルトダウン脱出法(861)   シャープはなぜアジア企業に屈したか? …

no image
速報(55)『日本のメルトダウン』ー仏アレバ日本法人社長が汚染水処理方法について語る(動画ビデオ)

速報(55)『日本のメルトダウン』 ●仏アレバ日本法人社長が汚染水処理方法につい …