前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉒「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑦『前代未聞の退位と即位』

      2015/09/14

 

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が

報道した「日韓併合への道』の真実㉒

  「伊藤博文統監の行動」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)⑦

『前代未聞の退位と即位』

『前代未聞の退位と即位』

林外相の入京した十八日に、首相李完用始め閣員一同が三たび参内したが、光武帝は、臣として君に退位を迫るのは無礼なりとて聴き容れなかった。この時一番末座に控ていた宋秉畯(そうへいしゅん)がズカズカと前に進み、

『日本は、今回の密使事件のみならず、従来陛下の十五回に亘る背信行為につき確実なる証跡を握れり。統監、若しこの証跡を挙げて陛下に迫らば、陛下はただ知らずの一語を以て免れ給う可らず。陛下強いて偽りを以てし給わば、邦家の災は益々重大を加うるに至らん。苦し陛下の逃れ給うべき途為らば、臣等登にこれを求むる労を厭うものならんや。今臣として君の退位を勧むるは真にやむを待ざれはなり。切に明鑑を仰ぐ。』と言上した。

ここまで直言されては、如何に固い光武帝の心も動かざるを得なかった。なお李完用は林外務大臣が本日を以て入京し、時局切迫、最早一刻も猶予すべきにあらずと言葉を添えた。

光武帝は閣員の意見一致すといえども、元老に問わざるべからずとて、閔泳韶(びんえいしょう)、李允用(りいんよう)、申箕善(しんきぜん)、閲泳微(びんえいき)、李重夏(りじゅうか)、李容植(りようしょく)等を召して譲位の可否を諮諭されたが、いずれも内閣諸大臣の奏するところに賛同したので、光武帝はここに始めて意を決し、四十四年間占有された図位を皇太子に譲らるることを宜言された。

それは十九日の午前二時であったが、三時には早くも譲位の詔勅が発せられ、次いで八時に即位式を行われ、その翌日午後二時三十分に、新帝が内外臣僚を引見して即位の事実を公表することに定められた。

一潟千里とはこんな事を形容するのであろう。

深夜の中に、譲位詔勅が焼発され、それからわずか五時間の後に正式の即位式が行われるなどは、前代未聞の事であるが、韓廷では日本の怒りを和らげるために、かかる非常手段をとったのである。

こういう場合に、あらぬ流言蜚語の起ることは当然の事で、新帝朝見式の当日は、何となく物情騒然として薄気味の悪い形勢であった。当時の韓国駐都軍司令官・長谷川好道の如きは態々統監を訪うて、

『かかる場合には、途中の要撃は予防しがたく、別けて宮城内に如何なる兇漢が潜伏するやも測り知れぬから、御自身の参内は見合せられ、代理を立てられるようお勧めすと注意した。統監邸に詰めかけた随員中にも、死恥をかくまいとて新しい褌(ふんどし)を締めて来たなどと戯談に本当の事を口走った勇者もあった。著者は一足先きに参内した。

宮中には各大臣はもとより各国総領事も悉く参集していた。 やがて定刻の二時三十分になったが、時間を厳守する統監がまだ見えない。統監がいなくては式を始めることができないので、著者は電話を統監邸にかけて開いて見ると、まだ出られないというから、内閣員、王族、元老、各国領事等、一人の遅刻者もなくことごとく出揃っていると統監に告げよと言って電話を切った。

あとで開くと、この時まで統監の出馬を止めた者が多かったので、統監も一寸躊躇していたが、この全員参集の電話を聞くや否や、.バネ仕掛のように椅子から飛び上って、

『さあ行こう。』

と言いつつ馬車に乗ったので、一同その後につづいて出かけた。

統監到着は定刻より三十分ばかり遅れたが、儀式は支障もなく済んだ。

宮城には何事もなかっが、ふと窓ガラス越しに市中を見下すともうもうたる猛火が俄に起った。急報によると一団の暴徒が首相李完用の邸宅に焼き討をかけたということである。

李完用はその自邸の焼けるのを一寸見ただけで、神色自若、殆ど意に介せざる様子であった。伊藤は自分の馬車に李完用を乗せて帰り、しばらく総務長官・鶴原定吉

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E5%8E%9F%E5%AE%9A%E5%90%89

の官舎に住まわせた。

つづく

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
1954(昭和29)年とはどんな時代だったのか-<大疑獄事件で幕を閉じた吉田長期政権(昭和29年)>

                                         …

no image
まとめ>『日本興亡150年史』2018年は明治維新から150年『第3の敗戦(国家破産)を避ける道はあるのか』

      <まとめ>『日本興 …

no image
日本株式会社、このまま国債を発行し続ければ国家倒産の赤ランプー米投資誌が警告

  日本株式会社、このまま国債を発行し続ければ国家倒産の赤ランプー米投 …

no image
速報(166)『日本のメルトダウン』●『オリンパス社長解任事件の深層!』★『総理大臣はなぜ力を発揮できないか?』

速報(166)『日本のメルトダウン』   ●『オリンパス事件の深層!』 …

no image
日本メルダウン脱出法(640)『アベノミクスに時間を稼いだ幸運」(英FT紙)「日本経済に「空前の好環境」、株価2万5000円へ」など7本

  日本メルダウン脱出法(640) 『アベノミクスに時間を稼いだ幸運」 …

41AlHzHlLjL._SX298_BO1,204,203,200_
知的巨人たちの百歳学(172)記事再録/「みんなで『百歳学入門』へ・超高齢社会を元気に長生きする『長寿脳』を鍛えるために』★『『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』』

  2009/06/06 /みんなで『百歳学入門』へ &nb …

no image
日本リーダーパワー史(306)ベルツの「日中韓500年史②」『朝鮮が日本に併合されるまでの最後の五十年間の経緯』

日本リーダーパワー史(306)   『日韓外交衝突の歴史を検証する③』 …

no image
日本リーダーパワー史(796)ー「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス』⑬『日露開戦7ゕ月前、ロシアは韓国を強圧して竜岸浦の租借を要求した。

 日本リーダーパワー史(796)ー 「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリーダ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(128)/記事再録★『明治のトップリーダーのインテリジェンスー日露戦争開戦前の大山厳、山本権兵衛の「軍配問答」(出口戦略)にみるリーダーパワー(指導力)』★『アベクロミクス、地球儀外交には出口戦略があるのか!?』★『日韓衝突は近衛外交の「国民政府は相手にせず』の轍を踏んではならない』

 2009/08/21  日本リーダーパワー史 ⑩ …

no image
日本風狂人伝⑳日本最初の告別式である 『中江兆民告別式』での大石正巳のあいさつ

  『中江兆民告別式』での大石正巳のあいさつ   &nbsp …