前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本渓谷美をめぐる旅>★『高千穂峡(宮崎県五ヶ瀬川) は自然美の傑作』●『五ヶ瀬川流域の自然と清流の絶景」

   

  日本渓谷美をめぐる旅>


★『日本渓谷美百選ー高千穂峡(宮崎県五ヶ瀬川)

は自然美の傑作』

●『宮崎県五ヶ瀬川は高千穂町(日本神話の発祥)

流域で自然は雄大、怒涛のしぶきの

圧倒的な臨場感と迫力満点だよ!

  

Video  Report of Eto Noriyuki
 江藤則幸の「ビデオレポート」

 

516日(金)は快晴なので、朝6時30 分に家を立ち、学生時代以来行ったことのない九州山地の山奥にある
高千穂、椎葉村、五家荘と回ってみました。

 

 五ヶ瀬川、高千穂渓谷と自然は昔のまま山奥の原生林の中は半世紀前と少しも変わらない自然です。以前と比べて道路がよくなって、高千穂町などは団体でアジアの人たちも多く来ているみたいで、観光地として町も大きくなっています。

椎葉村の方は、高千穂からさらに車で1時間以上かかるので団体は少なくて個人旅行が多いのではないかと感じました。高千穂町、椎葉村双方とも観光に力をいれているようです。やはり、途中で見る雄大な原生林の山々は
昔のままで感動しました。

ビデオを撮りながらまわったら、五家荘で日が暮れてしまい、なんと五家荘から里へ下りるまでの約1時間30分の間、山道で鹿3匹、イノシシ1匹と出会っただけで、車とは1台も出会いませんでした。

以前と比べると道路が舗装されて随分車で走りやすくなっていますが、人間だけが時間を極端に早めて忙しくしてしまっているようです。秋の紅葉の時期に来れば最高かと思います。

 

 五ヶ瀬川は宮崎県北西部の五ヶ瀬町の九州山地の標高1684mの向坂山 に源を発し、深い峡谷を形成して
蛇行、東流して日向灘に注ぐ川です。これが 主流で流程106Km、この外に祝子川、北川の2支流があります。
さらに、この五ヶ瀬川は延岡市内で2叉して大瀬川と五ヶ瀬川に分かれ、下流域でまた交叉し 複雑な水系を形成しています。

 この五ヶ瀬川とは、上流から吐ノ瀬<はきのせ>・窓ノ瀬<まどのせ>・あららぎノ瀬・綱ノ瀬<つなのせ>・大瀬<おおせ>
と五つの瀬があることから五ヶ瀬川と名づけられました。上流域の宮崎県高千穂町は、日本神話の
天孫降臨の舞台として有名です。日本神話の発祥の地として、その他、河童などの数多くの伝説や民話が残されています。

300年の伝統を誇る延岡市流域一帯の鮎梁は秋の風物詩として有名であり、河原の簗場で鮎を焼く香ばしい香りは
環境省の「日本のかおり風景100選」にも選定されている。
 

http://www.weblio.jp/content/%E4%BA%94%E3%83%B6%E7%80%AC%E5%B7%9D

 

 ★❿日本渓谷美の傑作ー高千穂渓谷(宮崎県五ヶ瀬川)は
自然美の極致 

 

 

<千穂峡とは>阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷。高さ100m、 平均80mの起伏ととんだ断崖、絶壁、奇岩が東西に約7キロに渡って続いており、1934年(昭和9)に名勝・天然記念物に指定された。

見所はたくさんあるが、日本の滝100選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋など
 
高千穂峡の遊歩道の散策で雄大な自然を満喫できる。「高千穂三本ものアーチ橋」、遊覧ボートで落差17mの真名井の滝を見上げることもできる。

http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php

 

 


 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(182)-山田恵諦(98歳)の座右銘「勤めは堅く、気は長く、大欲にして心安かれ」 

  山田恵諦(98歳)の座右銘・ 勤めは堅く、気は長く、大欲にして心安かれ    …

no image
<鎌倉古寺巡礼>『鎌倉で最高の巡礼のお寺はどこでしょうか?ー妙法寺(苔寺)の山道じゃ。単独で往け』

             &n …

no image
知的巨人の百歳学(129)ー大宰相・吉田茂(89歳)の政治健康法②「こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられるか」

記事再録2013/11/05 /百歳学入門(84) 大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
『春の葉山海』カヤック・スペシャル(4/11)佐島マリーナまでぶらり・筋トレ・ツーリング,リラックス、エンジョイ!カヤック

  <『春の葉山海』カヤック・スペシャル!(4/11)> & …

no image
★『クール・ジャパン(夏の風物詩・涼しい音色)を聞きに行く』―川崎大師に『風鈴』を聞きにぶらぶら散歩する(7/18)

  ★『クール・ジャパン(夏の風物詩・涼しい音色)を聞きに行く』 ―川 …

IMG_0288
MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(6)』「フィレンチェぶらり、ふらり散歩(4/19-4/28)「ミケランジェロ広場からフィレンチェ市街を一望」

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(6)』 「フィレンチェぶらり、ふらり散歩(4 …

no image
『ぶらり散歩』『観光立国日本のシンボル都市―岡山県倉敷市の歴史美観地区」<和と洋、レトロとモダンな町並み>

『日本<歴史絶景の町>ぶらりぶらり散歩』   『観光立国日本のシンボル …

default
『湘南海山ぶらぶら日記』★『真夏の鎌倉海をひとり占め、さかなクンと 遊ぶの巻「釣りバカは死んでも治らない』●『真夏の鎌倉カヤック釣りアホ日記(8/5)』『中アジを連発!イナダはこないね、日射病よけで3時間勝負!』

 『湘南海山ぶらぶら日』 真夏の鎌倉海をひとり占め、さかなクン 遊ぶの巻ー「釣り …

no image
『花の美しい鎌倉』スペシャルガイド!『真夏の穴場・鎌倉―<花の美寺・ビューティースポット・ポイント>を紹介するね

<『花の美しい鎌倉』スペシャルガイド!>   『真夏の穴場・鎌倉―<花 …

no image
『鎌倉通―中世の面影残す神武寺』 ●『深山幽谷の古道を歩く、薬師堂((慶長3年)と森閑と霊気に包まれた境内』

  『鎌倉通―中世の面影残す神武寺』   ●『湘南 …