前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「今はもう秋!誰もいない海・鎌倉沖をカヌー涼風日記」ーサバが爆釣!サバフライにビールは絶品、過ぎゆく夏に乾杯!

      2015/01/02

 
「今はもう秋!誰もいない海・鎌倉沖をカヌー涼風日記」
人っ子1人いない海でサバが爆釣!サバフライにビールで、過ぎゆく夏に乾杯!

前坂 俊之(ジャーナリスト)



35
度近い猛暑日が延々1ヵ月以上続いた「地球温暖化・異常日本炎上」もやっと終局を迎えてきたな!?

この夏ほど鎌倉材木座海岸で、カヌー、釣り、サーフィン、海水浴、海中温泉満喫、海岸でビールを一杯と「カマクラ・シー・ワールド」を丸まる遊び、丸かじりしたことはなかったな。

8月など、ほぼ毎日、遊びに行ったよ。

ホント!タダでこんな自然と魚と健康と癒しとスポーツの大プレゼント地が、古都鎌倉にあるなんて、ありがたや、ありがたやで丸かじりじゃ。ごっつあんですバイ。

 

てなわけで、少し涼しくなった9月11日(土曜日)、カヌー釣りバカコンビの川越ちゃんと日の出の午前5時15分に合わせて材木座海岸からスタートしました。海岸のアクセス道までほぼいっぱいに潮位が上っている。こんなことは2年前までなかったのに、温暖化で海水面の上昇よ。

 
ポイントはいつもの小坪沖。水温が2度ほど下がっている。ひんやり気持ちいい。どんより湿った雲が逗子、葉山に分厚くたれこめているな。
「グアム、サイパンと一緒の熱帯気候になったね、午前九時にもなれカンカン照りだよ。2時間勝負だ」と川越チャン。
こちらは秋の気配の海面にカヌーから足を出して海面をバシャバシャ、手で海水をすくって顔を何度も洗う。『気持いい、最高じゃ』ー思い切り背中をのばし、深呼吸を2度3度。心も体もリセット、クリーンアップ。

澄んだ海面にわずか3センチほどの生れたばかりのシラスじゃろうね、ゆっくり泳いでいる。可愛いね。

無風なので鏡のような海面の少し離れた場所で、こっちは少し大きい、小魚の群泳で波がザワザワ。早朝の鎌倉シーには遠くの江の島近辺以外には舟もサーファーも見えない。

『今日は釣れるぜ!最高の海だね』とワシ。

仕掛けを準備しながら、2人の口かから、いつもの青春のあのトワ・工・モアの歌が同時に飛び出したのよ。

『今はもう秋、誰もいない海、知らん顔して 人がゆき過ぎても、私は忘れない

海に約束したから、つらくても つらくても死にはしない』『誰もいない海』

(昭和43年)山口洋子作詞内藤法美作曲

2人ともこれが大好きな曲。秋に海上で口ずさむと全くジーンとくるぜ。砂浜ではすでに海の家は跡形もなくさびしい。昼間は若者やサーファーや、海水浴客でにぎわいもあるが、早朝の砂浜、海の上は誰も、誰もいない静かな静寂な海なのよ。
しばし目をつぶって涼風を感じながら、わが「悔い多き青春』を静かにふりかえっていると、『もう来たよ』と第一投の川越さんが大きな声。
『仕掛けを落とす途中で来たよ』と30センチほどのサバが上がる。
第2投も「また途中できたよ」とこれまた良型30センチのハタ。『こいつは熱いところの魚だよ』

第3、4,5投とサビキ仕掛けを落とすごとに、竿がギューと90度近く曲がり、左に右にの逃げ回り、
暴れまくるサバパワーのさく裂に『サバがうじゃうじゃ集まってきたよ』と川越。

わしも負けじとサビキを1本投入、15mほど落として、2度3度コマセをまくがピリとも当たるなし。

川越ちゃんへは当たり続く。まったくどういうわけよ、今度は水面下3メートルほどの上の層を狙う。それでも不発、どうなっているのじゃな。「まあ仕方ない、気長に待つしかないよ」とコマセをまいて、置き竿にしてほっておく。

もう1本、銀メタルのルアーで底に落としてスピーディにまいてくると、上層で「ググー」と1発目からかってきた。結構引きも強いが、竿がルアー竿でない、ゴンボウ竿なので、途中でバレる、2度、3度も失敗する。今日は出だしはついていないな。川越ちゃんに完敗だよ。

「釣れない魚、恋れない彼女にもアタック百回」が釣り道、恋愛のコツ、そのうち、潮も流れだし、まいて、撒いて、また撒いてのコマセが効いてきたのか、30分ほどしてこちらもサビキに入れ食い状態となった。

引いてもすぐ上げずに2匹3匹の追い食いをねらうと、その通り、竿が満月状態で、すぐには上がってこず、ダブル、トリプルの連続で、最後には見事に竿を折られてしまった。トホホ・・・

 
午前6時半をまわって太陽が本格的に顔をだすと、紫外線が肌に突き刺して痛い、痛い。2人とも小さいクーラーはすぐいっぱいになって7時過ぎには早々に終えた。川越ちゃんはサバ、ソーダカツオ、ハタなど20匹。私も30センチの中型のサバ、ソーダカツオ合計25匹で会った。
近くの漁師の話では網にカワハギがかかりだしたとのこと。10月は回遊魚とカワハギの2本立てが楽しめるよ。
てなわけで、本日の夕食はサバずくし、サバのフライがなんといっても冷たいビールにあって最高なのよ。そのためにアドバイス。
男の釣りと台所じゃよ。

   
釣った魚はそくサバなどは首を落としてハラワタを抜いておく。



サバの生きぐされではないが、カヌーの狭い船上でも血でまっかになりなが頭を落とし、ハラワタもカヌーについてくるカモメにくれてやること。
    少しの海水に氷を立つぷり入れて、サバを生き締めでもってかえれば、身が固く締まっている。

    こうすればサバもしめサバ二も出来るし、そのままのサバの刺身は絶品。ほかの魚の何倍もうまい。


    サバのフライはテンプラもうまいが、それ以上に揚げたてのアツアツのはソース、

マヨネーズにつけて冷たいビールのおかずにするとこれまた最高の逸品、アジフライの10倍は旨いよ保証する。


 

 中骨はそのままでも柔らかになるので抜く必要はない。一度やってみなはれ、やみつきになるよ。

 というわけで、この日はご近所の仲間を呼んで、サバフライ、サバの刺身、

ソーダカツオの刺身で猛暑の夏の最後の乾杯とあいなったのじゃ。

 

 

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『釣れなくてよい日記』―釣りは恋愛じゃ、釣れないほど魚、海、自然への愛が高まるのよ

『釣れなくてよい日記』―釣りは恋愛じゃ、釣れないほど魚、海、自然への愛が高まるの …

世界が尊敬した日本人◎「日本らしさを伝える<小津スタイル>-世界の映画ベストワン「東京物語」に輝いた小津安二郎監督「なんでもないことは<流行>に従う。重大なことは<道徳>に従う。芸術家は<自分>に従う」­(小津の信条)

  2023年12月12日は、日本映画の巨匠・小津安二郎監督の没後60 …

no image
『2009年最後』ヤンキース・松井秀喜の<勝負脳>に学べーMVPを獲得した松井選手は日本最強の宮本武蔵なり

  ヤンキース・松井秀喜の<勝負脳>に学べ   MVPを獲得 …

『Z世代のための百歳学入門』★『物集高量は(元朝日記者、大学者、106歳)は極貧暮らしで生涯現役、106歳の天寿を果たした極楽人生の秘訣③』★『物集高量の回想録②、大隈重信の思い出話』★『大隈さんはいつも「わが輩は125歳まで生きるんであ~る。人間は、死ぬるまで活動しなければならないんであ~る、と話していたよ』

    2021/05/28 &nbsp …

no image
『鎌倉桜絶景チャンネル』『鎌倉花の寺、毎日中継(3/29)』☆北鎌倉第一の「円覚寺」◎『東慶寺の桜と仏』

 『鎌倉桜絶景チャンネル』 『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/29) …

no image
新刊お勧め本ー日本にいいとこないかな、引越しするのに<最適の岡山>「ハレの国で、深呼吸」(安心して幸せに暮らせる街>

◎日本にいいとこないかな、移住、引越し するのに?→<最適の岡山です> …

no image
熊本・天草の「聖地巡礼」に往く①「島原・天草の乱」舞台の富岡城址などを訪れる>江藤則幸のビデオレポート

  <熊本・天草の「聖地巡礼」に往く①ー ー日本最初の異文化衝突の地ー …

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(111)』「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑨ピカソが愛した女たちー画家の精力絶倫振りは超弩級

  『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(111)』 「パ …

『リモートワーク動画/(Kyoto Sightseeing)』★『世界文化遺産・平安神宮へ参拝(3/29)★『明治28年に創建の豪華絢爛の「平安神宮」応天門から本殿に向かう』★『平安神宮神苑」(池泉回遊式の日本庭園・国指定名勝)の蒼龍池を臥龍橋から観賞、桜はまだだが庭園美の傑作』

世界文化遺産・平安神宮へ参拝(3/29)ー明治28年に創建の豪華絢爛の「平安神宮 …

長寿学入門(221)『96歳、平和でなければ走れない。人々に感謝し、走り歩くことが万病の薬となる』★『走る高齢者たちーオールドランナーズヒストリー』(福田玲三著、梨の木舎2020年6月刊)を読んで』★『『佐藤一斎(86歳)『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』★『作家・宇野千代(98歳)『生きて行く私』長寿10訓ー何歳になってもヨーイドン。ヨーイドン教の教祖なのよ』

『人々に感謝し、歩くことは万病の薬となる』 『走る高齢者たちーオールドランナーズ …