前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

生涯現役・百歳実践入門–『鎌倉で天然生活』大漁!豊漁?―カヌーフィッシングで百歳めざす

   

生涯現役・百歳実践入門
 
『鎌倉で天然生活』大漁!豊漁?―カヌーフィッシングで百歳めざす
 
                    前坂 俊之
                   (ジャーナリスト)
 
年とともに、故郷がますます懐かしくなり、子供の頃の遊びに戻るのは人の常なのか。

昭和20年代(1950~)の小学生時代、父親に連れられて、故郷の岡山で毎週のようにつり船を雇っては瀬戸内海で釣り楽しんだ。

 
今の瀬戸大橋付近(岡山―香川県坂出)の海である。キス、ハゼ、ベラ、クロダイ、マダイなど釣れた魚を、船頭が早速、船上でサシミや鍋、塩焼にして食べる。白砂青松,多島海のすばらしい風景をバックにその何とも旨かったことか、今でも舌に焼き付いている。
 
40歳前に東京転勤になった際、モーレツ社員を降りて窓際族を志願し、思い切って海の近くの神奈川県逗子市に引っ越した。無性に釣りがしたくなったのである。
 
それ以来、休みは家族も投げうって相模湾で遊漁船にのって一人でタイ釣りに興じ、夏は早朝4時から貸しボートで鎌倉材木座沖の海へ漕ぎだした。

近くに江の島、遠く富士山を眺めながら『ククッ―』『ガガッー、キューン』と静寂の海からキスの鋭角的な魚信が伝わる。

1週間、脳にたまったストレスのゴミ箱が一瞬にしてクリーンアップ。午前7時には帰って、釣ったキスを塩焼き、サシミにして朝食をかけこむ。

そして東京にご出勤という“半漁半サラ生活”を何年も続けた。まさに『釣りバカ日誌』のハマちゃんである。

 
45歳の時にカナダ・バンクーバーに旅行した。カヤックを乗せた車が街中を行きかい、静かな海でカヌーを楽しむ人々のスローライフに目からウロコが落ちた。

『よし、湘南でカヌーフィッシングのハマちゃんになるで』と、一隻買った。それから20年、毎年毎年、春夏秋冬、正月も欠かさず海に出る。

今では2人乗り艇1隻、1人乗り艇3隻の計4隻のカヤック、カヌーが狭い庭にならび、同じ年67歳の『川越ちゃん』と『湘南カヌー釣りバカクラブ』を作り、

「三つ子の魂百まで」、平櫛田中翁の『60、70洟たれ小僧、わしも百歳これからこれから』で、百歳まで続けるつもりなのである。

 
カヌーをやっているというと、誰もが驚いて「ひっくり返りませんか」と聞かれる。

とんでもない、カヌーほど安定したものはない。カヌーは吃水線が低い。波の上に座り浮かんでいる感じで、ミズスマシのようにスイスイ進む。

近くの魚でシラスの大群が波間に盛り上がり、それに回遊魚が襲いかかる。トビウオが水平飛行する。かとおもえば逗子沖で大きな海ガメと遭遇したこともある。

海はドラマチックである。この海に抱かれて、海洋生物と友だちになる一体感が何とも心地よい。まさしく早朝の「海の散歩」、ジョギングなのである。

 
それに、カヌーの中では両足を延ばして座って、両手でパドルをこぐので、腹筋、両腕の筋肉には結構いい筋トレになる。
 
東京で仕事、飲み会、深夜帰りなどでストレス満載、疲れた場合には余計に行きたくなる。3,4時間の睡眠時間でも早朝に飛び起きて無理をしても出かける。
そして、ひとっこ一人いない鎌倉沖の海でカヌーのゆりかごにゆられて、ゆらりゆらり。見渡す限り水平線まで全部自分のもの。どこに行こうと、流されよと「プライベート・シー」そのもの。
 
つり竿をたれて魚と遊び、手で海水をすくっては何度も何度も顔を洗い、目をつぶる。丹田に力をいれて深呼吸百回。静かに波音に耳を傾けると、

身も心もリラックスして、すべての雑念も消えてなくなる。ほんと、これで1年長生きできる心持である。これこそ、私流の鎌倉『素人海上座禅』なのである。

 

 四面海に囲まれた島国日本、世界でも稀なすばらしい海にめぐまれながら、海と遊んでいる人がこんなに少ない国も珍しい。

 

 
カヌーフィッシングにこれほど適した国もない。カヌーは大人も男女も子供まで誰でも手軽にできる。モーターボートと違って安く手に入り、場所もとらない。

                                                                                                               人力船なので地球にやさしい。

<豊饒の海>からは年中、魚のプレゼントつき。スポーツ、ストレス発散、体力づくり、

魚のプレゼントつきの一石三鳥のカヌーフィッシングをみなさんも試してみませんか。

 
 
 

 

 

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル』2012年最後のサーファーズパラダイスKamakuraー材木座ゴールドサーフィン(12月29日)

『鎌倉サーフィンチャンネル』 ★<2012年最後のサーファーズパラダイスKama …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『六十、七十,洟たれ小僧の湘南海山ぶらぶら日記』/『つり竿さげて、鎌倉海をカヤックフィシングでさかな君と遊べば楽しいよ』★『「半筆半漁」「晴釣雨読」「鉄オモリをぶら下げて」鎌倉古寺を散歩すれば、悠々自適!』

以下は2011年7月7日に書いた「湘南海山ぶらぶ日記」の再録である。約10年前は …

no image
サーファーズパラダイスKamakura!『寒くてサーフィンを撮りに行けない日は海外ビッグサーフィンを見てスゲーぞ、オー・ゴッド!(11/14)

 ★<サーファーズパラダイスKamakura!>   ◎『寒 …

no image
「今はもう秋!誰もいない海・鎌倉沖をカヌー涼風日記」ーサバが爆釣!サバフライにビールは絶品、過ぎゆく夏に乾杯!

  「今はもう秋!誰もいない海・鎌倉沖をカヌー涼風日記」 人っ子1人い …

no image
『鎌倉カヤック釣りバカ日記ービッグフィッシュ!50センチ巨大サバを細竿で釣る、スリル満点だよ』

<ベストシーズン!・カヤック日記ね>   『鎌倉カヤック釣りバカ日記ー …

no image
平田カヤッキストの『カナダバン クーバー島北部を島巡り」ー「フィッシングパラダイス(釣り天国)」だよ⑧

        <『葉山海』の …

no image
<夏休み!鎌倉・なまくら・ぼんくら日記>ぐうらた自遊海人の「半筆半漁」「晴釣雨読」―「『鎌倉海山・古寺社なんでも巡礼』

<毎日が夏休み!鎌倉・なまくら・ぼんくら日記>   夏休みでまっ黒け! …

no image
『花の美しい鎌倉』スペシャルガイド!『真夏の穴場・鎌倉―<花の美寺・ビューティースポット・ポイント>を紹介するね

<『花の美しい鎌倉』スペシャルガイド!>   『真夏の穴場・鎌倉―<花 …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ日記』(8/23)エンジョイ!KAMAKURAカヤッキングーソーダカツオを爆釣し、カモメ と遊ぶ』

   ★5 『鎌倉カヤック釣りバカ日記/爆釣!』( …

no image
湘南海山ぶらぶら日記 『この夏の鎌倉マリンスポーツ/ベスト動画選②』★『台風3連発接近の稲村が崎・音無川サーフィン(8/21am6,30) -残念、波なし、風なし、サーファー少なし』

湘南海山ぶらぶら日記 この夏の鎌倉マリンスポーツ/ベストショット選②   台風3 …