前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(762)名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」、「瞑門」へ 『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読む② ー『やるべきことが決まったならば執念をもってとことんまで押しっめよ。問題は能力の限界ではなく執念の欠如である』 ★『六〇点主義で速決せよ。決断はタイムリーになせ。決めるべきときに決めぬのは度しがたい失敗だ』

   

 

日本リーダーパワー史(762)

 

名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」、「瞑門」へ

『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読むー②

『日本老舗大企業にとって明日は我が身の教訓』

 

 経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語,経営戒語禄 

27)問題を掘り起こし体当りせよ。摩擦を恐れるな。頭がよくても問題や摩擦を避けていては組織は動かぬ

28)「見(けん)の目」には問題はみえない。問題は「観(かん)の目」でみつけだせ

29 )意思決定は最後には勇気の問題に帰着する。幹部は勇気をもて

30)考えるより当たれ。体当りによって生きたアイディアが生まれる

31)いったん計画したものは万難を排して完成させよ。その中で人間形成ができる

32)危険を避けるな。失敗を恐れるな

33)できない、むり、むずかしい、という先入主を払いのけよ。問題への態度かすべてを決する

34)やるべきことが決まったならば執念をもってとことんまで押しっめよ。問題は能力の限界ではなく執念の欠如である

35)六〇点主義で速決せよ。決断はタイムリーになせ。決めるべきときに決めぬのは度しがたい失敗だ

36)成功は次の成功への呼び水とせよ。失敗は次の成功への足がかりとせよ

37)成果があがったから報告するのではなく、よく報告するから逆に成果もあがってくる

38)人は早く高度の仕事につけるほど伸びる公算が大きい。仕事は重課主義でゆけ

39)仕事の報酬は仕事である。そんな働きがいある仕事をみんながもてるようにせよ

40)人はシリーズにでなくパラレルに使え

41)能力があるから地位につけるのでなく、地位につけて能力を発揮させよ

42)人はいつも不足ぎみにしておけ。そうでなければ人は育たぬ

43)人間の能力には大きな差はない。あるとすればそれは根性の差だ

44)人はその長所のみとらば可なり。短所を知るを要せず

45)人の評価はその時点時点で見直しを行なえ。人は変わりうるものである

46)一人の上位者の判断が、一人の人間の一生を左右することがあってはならない

47)有能な部下をかかえて放せぬ者は、無能といわれてもしかたがない

48)上司がその椅子にしがみついていたら部下は育たない。自分はいつでも転出できるように後継者を育てよ

49)管理者はまず自分自身を管理せよ。そうすれば部下を管理する必要も減

50)部下に強いる前に、まず自らが体得せよ。部下に浸透しないのは、自らが体得していないからだ

51)幹部は裸になって部下に接せよ。権力意識を取り除け

52)もっと部下に近づけ。声をかけよ。盆栽でも一番よいこやしは、持主が毎朝息を吹きかけることだ

53)リーダーシップは上へ向かっても発揮せよ

54)動機づけは部下に対してだけでなく同僚上長に対してもやれ

55)幹部はときどき現場を歩け。歩くことによって物がはっきりみえてくる

56)部下は上長を呼びだせ。ラインはスタッフを使いこなせ

57)部下は上司のうしろ姿を学ぶ。上司が真剣に仕事に打ち込むことが最上の教育になる

58)ほめるべきときにはほめ、しからねばならぬときにはしかれ。ほめもしかりもしない管理者は度しがたい

59)スぺシャリストを養成せよ。専門職に権威をつけよ

60)現場のことは現場にまかせよ。現場出身のフォアマンがどんどんマネジャーに上ってくるようにならねばならぬ

 

 

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評⑯ 「沖縄密約文書開示訴訟」の結審 4月9日の「判決」の行方を注視

池田龍夫のマスコミ時評⑯「沖縄密約文書開示訴訟」結審 4月9日「判決」の行方を注 …

no image
日本リーダーパワー史(501)勝海舟の外交突破力を見習え③各国の貧富強弱により判断せず、公平無私の眼でみよ③

 日本リーダーパワー史(501)     いま米国 …

no image
片野勧の衝撃レポート(34)太平洋戦争とフクシマ❼≪悲劇はなぜ繰り返されるか,原発難民<中>「白河以北一山三文」

    片野勧の衝撃レポート(34)   …

no image
日本リーダーパワー史(576)昭和戦後宰相最大の怪物・田中角栄の功罪ー「日本列島改造論』で日本を興し、 金権政治で日本をつぶした

   日本リーダーパワー史(576) 昭和戦後宰相列伝の最大の怪物・田 …

no image
日本リーダーパワー史(173)『勝海舟の遺言・最強のリーダーシップとは⑨』政治家・リーダー必読●○『国は内からつぶれる』・・・

 日本リーダーパワー史(173)   『勝海舟の遺言・最強のリーダーシ …

yukiti
『日中韓150年戦争ルーツ・無料電子図書館を読む』『福沢諭吉の朝鮮政策』(井上角五郎)

  『日中韓150年戦争のルーツ・無料電子図書館を読む』 『福沢諭吉の …

no image
日本リーダーパワー史(517)『「明治大発展の国家参謀・大軍師/杉山茂丸の戦略に学べ①「黒田官兵衛など比較にならぬ」

    日本リーダーパワー史(517) &nbsp …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊱』/『開戦2週間前の『申報』の報道ー『『東三省(満州)を放棄し.境界線を設けて中立とするは良策にあらざるを諭す』

 『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊱』/『開戦2 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(642) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(35)世界史を変えた日露戦争勝利のスパイ大作戦→ ドイツ皇帝ウイルヘルム2世は『明石元二郎たった一人のインテリジェンスで、満州軍20万人に匹敵する成果を挙げた』と大絶賛した⑥

  日本リーダーパワー史(642) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
◎<日本最強の参謀は誰か-杉山茂丸>⑧明治の政治・外交・戦争を影で操った破天荒な策士・杉山茂丸の黒子人生

    ◎<日本最強の参謀は誰か-杉山茂丸>⑧   …