前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『葉山通ーとっておきの散歩道●『はやま三ヶ岡山緑地ハイキングコース(1時間)で葉山の絶景を満喫しよう』

      2015/01/01

 『葉山通ーとっておきの散歩道を紹介


●はやま三ヶ岡山緑地ハイキングコース

(1時間)で葉山の絶景を満喫しよう』

 

                前坂 俊之(絶景ハイカー)

 

葉山の由来はいろいろあり、端山(山並みの端にある山)から葉山になったのではないか、という説が有力という。葉山には葉山御用邸(明治271894)年に建築)がある。いうまでもなく、天皇家の別荘で明治時代には、神奈川県内には、葉山、箱根、小田原、鎌倉に御用邸があったが、いまはこの葉山の葉山御用邸だけである。

知り合いの日航の機長の話では、葉山、三浦半島には山が宅造されず森がのこっており、東京の上空はどんよりスモッグに覆われていても、操縦していて葉山、逗子、三浦半島の上空はきれいな空気で、見晴らしが非常にいいという。それだけ環境がよいのである。葉山の山並みも、天皇のお住まいがあってか、周囲の山はあまり開発されておらず、文字通り、葉山のままなのである。

『昭和』時代の始まりはここ葉山でつけられた。病弱だった大正天皇は葉山御用邸に静養中に亡くなった。「大正時代」の終わり。ただちに、葉山で元号制定の会議が開かれ、「昭和」と決定したのである。

 

葉山は自然に恵まれており、大切に自然を保護している。あちこちに豊かな森が残っている。二子山とその南側の深い渓谷の森戸川の渓谷は、現在三浦半島では最も山深く、緑濃く、野生動物も豊富な自然であり、森戸川の渓流は水棲動物も種類、個体数とも三浦半島随一といわれる。

これから葉山のハイキングコースを順次、紹介していくが、まず今回はストレッチにも大変良い神奈川県立はやま三ヶ岡山緑地を連休中にあるいたので、紹介する。 

HPなどによると、神奈川県立はやま三ヶ岡山緑地は、「都市林」と呼ばれる都市公園。「都市林」とは、野生動植物の保護や都市気候の改善を目的としたもの。豊かな自然がはぐくまれ、四季折々の自然を多くの人が親しめる場で、春から梅雨時にかけてはサクラやツツジ、アジサイなどを、夏には青い空とノカンゾウをといった具合に、季節ごとにさまざまな出会いが楽しめる、書いてある。さらに。もう一つの楽しみとしては、目を見張るような眺望が楽しめること。広場や園路から海が見え、よく晴れた日には遠くに富士山までも望むことができるという。

 

●県立はやま三ヶ岡山緑地へのアクセス 
JR逗子駅、または京急新逗子駅からバス・つつじコース長井行きまたは横須賀市民病院行き、
大楠芦名口行きバス「旧役場前」下車・真名瀬コース
海岸回り葉山町福祉文化会館
  行きバス「真名瀬」下車は公園所在地/葉山町堀内。

バス停前に山側の路地を入ると、熊野神社がある。真名瀬コースの標識、看板でコースを紹介している。
登り始めると、頂上まで、木製の急な階段が、延々と
500段ほど続いている。足の弱い方、心臓の悪い人
は遠慮したほうがいい。
少し、この階段をのぼると、眼下に真名瀬の海、名島とその横にある裕次郎灯台、
遠くには江の島の雄大な相模湾が開けてくる。

木の階段は整備されている。15分も途中を休み休み、階段を上ると頂上の台地に出る。標高は100メートルほどと低い。あとは平たんな尾根を進むと、展望台があり、ここからの逗子、江の島、富士山は絶景だが、この日は富士山は見えなかった。途中、タイワンリスが柵を可愛い尻尾を振りながら通るので、ビデオで撮影した。

  頂上の大峰山とも呼ばれる山頂(標高143m)もここからわずかなところ、標識がありあじさいコース・つつじコースとあり、アジサイコースを左にくだっていくと、アジサイ公園(ここは6月には見どころ)、葉山図書館がちかい。このコースは普通の足で1時間もかからない、湘南の自然と、海と山の美しさをたっぷり堪能できる。

途中のハイキングコースの森はクヌギやコナラ、ケヤキ、クス、山桜の大木などの夏緑樹(落葉樹)がうっそうとはえていて、森は深い。またスギ、ヒノキが植林された人工林もあるが、とにかく山は低いが森は深い。


 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
=『KAMAKURA SEA』の『老人と海』=『カヌーフィッシング』『海上散手1万回』『ポカポカ海上昼寝』『寒中座禅』でクリーンアップ

=『KAMAKURA SEA』の『老人と海』= 『カヌーフィッシング』『海上散手 …

no image
◎『冬こそサーフィン。いざ鎌倉へ』材木座・由比ヶ浜・稲村ケ崎・七里ヶ浜も、みんなエンジョイ!だよ(2月3,7日)

<サーファーズパラダイスKamakura>   ◎『冬こそサーフィン。 …

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル』『材木座ウインドサーフィンー海は冬の嵐もあれば、小春日和もある、サーファーは年中,波と戯れるよ』

『鎌倉サーフィンチャンネル』 ★<寒さを吹き飛ばせ、サーファーズパラダイス鎌倉> …

no image
百歳学入門(182)-山田恵諦(98歳)の座右銘「勤めは堅く、気は長く、大欲にして心安かれ」 

  山田恵諦(98歳)の座右銘・ 勤めは堅く、気は長く、大欲にして心安かれ    …

2
百歳学入門(232)-東京で歩いて百歳めざす<健康長寿階段>ナンバーワンはここじゃよ?ー(答)地下鉄永田町駅です

百歳生涯現役実践入門ー東京の長寿「健康階段」ベストワンはここだよ。 http:/ …

1313
<F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(209)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨーク めぐり(5月GW)⑥『2階建バスツアーでマンハッタンを一周』ブルックリンブリッジを通過、 イーストリバーを右手に、国連ビルを見上げ、 トランプタワーを見て、セントラルパークに向かう②

<F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(209)> 『7年ぶりに、懐か …

no image
平田カヤッキストの『アメリカ・カヤック・ツーリング・スペシャル>「ワシントン州シアトルの<Lake Sammamish>で挑戦(8/8)①

   <『葉山海』の平田カヤッキスト(カメラマン)の 『アメ …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
『 鎌倉通―鎌倉アジサイチャンネル』 6月は紫陽花の世界 「御霊神社、小坪坂はアジサイにウグイスの楽園!

    『 鎌倉通―鎌倉アジサイYouT …

no image
知的巨人の百歳学(105)-「120歳は幻の、実際は105歳だった泉重千代さんの養生訓』★百歳10ヵ条『⓵万事、くよくよしないがいい。 ②腹八分めか、七分がいい。➂酒は適量、ゆっくりと。 ④目がさめたとき、深呼吸。⑤やること決めて、規則正しく。 ⑥自分の足で、散歩に出よう。 ⑦自然が一番、さからわない。 ⑧誰とでも話す、笑いあう。⑨歳は忘れて、考えない。 ⑩健康は、お天とう様のおかげ。』

120歳は幻の、実際は105歳だった泉重千代さんの養生訓  1979年 …