前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(53)A級戦犯指定・徳富蘇峰の 『なぜ日本は敗れたのか』⑤ 「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥」

      2015/04/12

 日本敗戦史(53)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜ日本は敗れたのか』⑤ 

「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥について」

(異民族理解の不足、自文化の押しつけ、国民的教養の不足など)

  • 日本人は、異民族というよりも、自己以外の者の心理状態を理解するにはほとんど無能力であって、相手方の気持などは、さっぱりわからず、ただ自分の気持を押売する傾向がある。(今はやりのTVでの日本礼賛、日本料理のブーム、外国人観光客への「おもてなし」などは日本文化の押し売りではないのか・・・)

  • 日本民族は、世界の隅っこにおける田舎者であって、世界の風がどこを吹いているかもわらず、一本調子で、わが流儀を世界を押し通す教養の不足である。

「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥について」(異民族理解の不足、自文化の押しつけ、教養の不足、世界の田舎者・・)

これはわが国の軍閥とか、財閥とかいう特殊階級についてばかりでなく、むしろ大和民族全体についていうべき事である。日本民族の資格審査において、アジア諸国の指導者たるべき任務に、不適当であり、先覚者たる資格がないという事に定まっている。

それを強いて行おうとしたために、ようやく10トンを積む車に、100トンの物を積んだから、動かぬだけでなく、車自身さえも、破壊してしまう結果となった。その責任は、誰れかれというばかりでなく、大和民族(日本民族)全体が、引受くべきが当然であろう。この資格の欠乏について、これを分類すれば、本質的な欠陥と、教養不足のためと見るべき欠陥とがある。

本質的という事は、わが日本人は、異民族というよりも、自己以外の者の心理状態を、洞察するには、ほとんど無能力であって、相手方の気持などは、さっぱりわからず、ただ自分の気持が相手方の気持ちと同じと心得て、それを押売する傾向がある。

台湾や朝鮮で失敗したのも、もっぱらこの欠陥のためと言っていい。しかしそれが、今度の戦争ではむしろ露骨に、無軌道に、乱暴に行われた。そのために、ひとしくアジアの黄色人種でありながら、新たにやってきた日本人より、昔からきた白人を慕うというような結果を来した。

親類よりも、むしろ他人の方がよいというような結果を来した。いわば日本人は、西洋人の言う通りの、野蛮人でもなければ、悪人でもない。しかし相手構わず、己れの欲する所を、他に施こして、ある場合には、親切がかえって、相手方の迷惑を招き、怒りを招き、やがては怨みを招き、一日も速く日本人に、立退いてもいたいというような感情さえ、引き起すに至った訳であろう。

  • たとえて言えば、己れが酒好きなものであれば、洒を飲まぬ者に、毎日毎日酒を強いられては、如何に親切であっても、相手方は困るに違いない。碁や将棋を好む者には、親の死に目を離れて、夢中になる者さえあるが、碁将棋に興味のない者は、三日も四日も徹夜でやられては、堪まったものではない。相手方では、こちらの親切を、単にありがた迷惑で済ます訳ではない。それを親切と受け取らず、何か殊更に我等をいじめるために、やるものと受け取り、ますます日本人に対する悪印象を、惹起するに至った事も、少なくなかった事と思う。

ところ変れば品変るで、チベットでは、最敬礼に舌を出すようだが、日本では、最敬礼どころではない。舌を出せば、侮辱のきわみで、昔の武士ならば、これがために、決闘もし、打ち果さなければ、やまぬというような、珍事さえ、出来たかも知れぬ。

この相手側の心理状態を、見ることの出来ない短所は、自ら世界第一の優越人種を誇っているドイツ人が、また同様である。流石にビスマルクなどは、その欠点を、多年の教養によって、補いたるようだが、前にしてはウィルヘルム二世、後にしてはヒットラー、皆な日本人同様の欠点を、日本人以上に、使用したようにみえる。

以上は先天的の欠点とも、いうべきものであるが、別にまた後天的の欠点がある。

  • それは教養の欠乏である。わが大和民族は、世界の隅っこにおける田舎者であって、世界の風が、どこを吹いているかもわらず、純然たる田舎男で、しかも千篇一律、物に応じてことをなし、勢を察してこれを導くというようなことをせず、一本調子で、我が流儀のみを知って、他を知らず。一本調子で、世界を押し通すというような気分で、その教養が、余りに局部的に偏し、田舎者の上に、田舎者の上塗りをするに至ったことが、その原因であろう。

例えば日本人でも、徳川家康は、甲州(山梨)を治めるには、武田氏の旧慣を用い、関東地方には概しては北条氏の仕置き(法律)を採用し、水の欲しい者にはする者には飲料水を与え、飢えたる者には食を与え、凍えたる者には衣を与え、疲れたる者には休養を与うるというが如き、時に応じ、場合に応じて、その手を打っていった。

日本人の教育が、後天的に進歩すれば、あるいは進んで、総てとはいわぬが、多少先天的の欠陥を、補充する事が出来たと思うが、不幸にして明治維新以来、日本人の学問は、局部的には相当進歩したようだが、いわゆる国民的教養という水準の、極めて低調であった事は、争われない。

その低調であったことが、最も遺憾なく暴露せられたのが、即ち今回の戦争である。捕虜虐待事件なども、別に日本人が残酷であったというではない。ただ田舎者が、田舎流儀を、無遠慮に振り回わして、遂に世界の物笑いとなったに、過ぎないのである。

(昭和22年1月10日午前、晩晴草堂にて)

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる攻防―終戦和平か、徹底抗戦か➂』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

no image
日中近代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(423)ー『現在進行中の米中貿易協議、米朝首脳会談』の先駆的ケーススタディ―」★『日中異文化摩擦―中国皇帝の謁見に「三跪九叩頭の礼」を求めて各国と対立』★『困難な日中外交を最初に切り開いた副島種臣外務卿(外相)の外交力』★『英「タイムズ」は「日中の異文化対応」を比較し、中国の排他性に対して維新後の日本の革新性とその発展を高く評価した』

日本リーダーパワー史(423)2015/01/01『各国新聞からみた東アジア日中 …

『オンライン講座/勝海舟(75)のリーダーシップ論』★『勝海舟の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」』★『余裕、綽綽(しゃくしゃく)として、物事に執着せず、拘泥せず、円転・豁達(かったつ)の妙境に入りさえすれば、運動も食物もあったものではないのさ』★『学問に凝り固まっている今の人は、声ばかりは無暗に大きくて、胆玉(きもったま)の小さい。まさかの場合に役に立つものは殆んど稀だ。』

2015/01/01百歳学入門(92) 勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬1 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(306)★『国難リテラシーの養い方②『関東大震災復興計画はどうなったのかー <約100年前の仏詩人・クロ―デルや海外の知識人の警告は取り入れられたのか』★『失敗病の日本』

    2011/04/11 /日本リーダーパワー …

『ウクライナ戦争に見る ロシアの恫喝・陰謀外交の研究⑧』★日露300年戦争(4)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『ロシア皇帝・アレクサンドル一世の国書を持って、通商を求めてきた第2次遣日使節・ラスクマンに対しての幕府の冷淡な拒絶が報復攻撃に発展した』

2017/11/18 /日露300年戦争(4)記事再録   &nbsp …

『オンライン講座/ウクライナ戦争と日露戦争の共通性の研究 ⑦』『日本・ロシア歴史復習問題』★「日清戦争後のロシアによる満州強奪』★『西欧列強のアジア植民地経営と米国の極東進出、ロシアのチベット問題の謀略』★『ボーア戦争と新疆ウイグル地区の関係』

    2016/10/15 &nbsp …

no image
『「日中韓150年戦争史」 パーセプションギャップの研究』(70)『(日清戦争開戦3ヵ月後)中国か変法自強すべきを諭す」(申報)

     『「申報」からみた「日中韓150年戦争史 …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
『オンライン講座/日本戦争報道論②」★『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑮『 戦争も平和も「流行語」と共にくる』(下)決戦スローガンとしての『流行語』★『強制標語に対して、人々は「贅沢は敵だ」→「贅沢は素敵だ」●「欲しがりません勝つまでは」→「欲しがります勝つまでは」●「足りん足りんは工夫が足りん」→「足りん足りんは夫が足りん」とパロディ化して抵抗した』

  2014/10/18 記事再録  月刊誌『公評』<201 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(161)記事再録/日中北朝鮮150年戦争史(6) 日清戦争の発端ー陸奥宗光『蹇々録』の証言②『頑迷愚昧の一大保守国』(清国)対『軽佻躁進(軽佻浮薄)の1小島夷(1小国の野蛮人)』(日本)と互いに嘲笑し、相互の感情は氷炭相容れず(パーセプションギャップ拡大)が戦争へとエスカレートした。

    2016/06/20 &nbsp …