前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「日中韓150年戦争史」(69)ー「日清戦争の展開」新たな世界的強国(日本)の出現に深い危惧」(ロシア紙)

      2015/01/01


『「申報」『外紙」からみた「日中韓150年戦争史」

日中韓のパーセプションギャップの研究』69

 

1894(明治27)年107 露暦925日ロシア『ノーヴォエ・ヴレーミャ』

 

 

『(日清戦争開戦2ヵ月後―「日清戦争の展開」

 

-ウラジオストクから海路で30時間の所に新たな世界的

強国(日本)の出現に深い危惧を抱いている。

この国の地理的位置は非常に大英帝国に似ており、

大規模で強力な艦隊を作り上げる実際的な可能性

を持っている。

 

 

 

 

黄色い戦争とその結果上エジプトおよびスーダン問題がまだ解決しそうもないときに,いっもながら非常に慧眼で賢明なノーヴォスチ紙は,黄色い戦争の騒ぎに耳を傾け,マダガスカル問題の登場を受けとめながら,「有色人種」が主役を演じているこうした事件はすべて,われわれを良い方向に導くだろうという結論を下した。

 

つまり,こうした事件はわれわれに,ヨーロッパという老いて病んだ肉体を化膿させている自分たちの政治的問題を忘れさせ,結局のところ,この老いたヨーロッパから武装によって得られる平和の重い軛(くびき)を取り除いてくれるだろう.というのだ。

 

 ルースカヤ・ジーズニ(ロシア生活)紙はノーヴォスチ紙のこうした見解に賛意を表し.黄色い戦争という流血のドラマがヨーロッパの著しい覚醒をもたらしてくれることを喜んでいる。

 

 われわれにいわせれば.これは子供じみたオプチミズムであり.正当な意見とはとても認められない。反対に,われわれは,ウラジオストクから海路で30時間のところに新たな世界的強国(日本)が出現したことに深い危惧を抱いている。

 

 

この強国は,アジア中部と東部に住む黄色人種に対する文化的影響という面で,極東におけるフランスの地位に取って代わりたいと願っている。またこの国の地理的位置は非常に大英帝国に似ている.つまり大規模で強力な艦隊を作り上げる実際的な可能性を持っており,これに対してわれわれは,たとえばムルマン沿岸の不凍港の意義を評価したとしても,深い危惧を抱かずにはいられない。

 

西欧は今日に至るもなお汎スラヴ主義の幻影を恐れているが.われわれにとっては汎モンゴル主義という理念そのものは.たとえそれが単なる理念であっても,無関心ではいられないし.単なる笑いごととも思われない。

 

ここから.次のような直接的な結論が引き出せる。つまり,中国を犠牲にして日本が強大化することに対してわれわれは危惧を抱かざるを得ないし.沿海州に陸海で常勝を誇る日本のような新たな世界的強国が出現すれば,その地におけるわが国の戦力にわれわれはいっそうの注意を払わなければならないだろう。

 

軍事的栄光や戦闘上の成功は,老練な国々をいとも簡単に陶酔させてしまうものだ。まして啓蒙者の,あるいは部分的には血縁関係にある東洋の黄色人種の解放者の役に就いたばかりの若い国家の場合,こうした.あらゆる理性を失わせるほどの陶酔効果を恐れなくてはならない。

 

いったいこんなことにどんな慰めが見出せるというのか,とりわけ軍備で病んで落ちぶれたヨーロッパにとっては。

 

 われわれは,この黄色い戦争は全く異なった結果をも伴うものと考えている。おそらくそのとおりなのだが,もしも.ヨーロッパ諸国が朝鮮における血塗られたドラマを注視している間,自分の病を忘れてしまっているように見えるとしたら.それは黄海および日本海沿岸で起こる事件がどのように解決しようとも,自分たちの利益にとって非常に重大なことになるとヨーロッパ諸国が考えているためだ。中立の立場をとっているとはいっても,イギリスもドイツも,すでにその臣民たちに彼の地で起こっている局地戦への参加を許している。

 

 

そして両国のヨーロッパ人によって率いられた黄色人種の軍隊が北京の周辺に集結したとしても,なんの不思議もないだろう。だが,さらに重要なことは,極東における戦争は始まったばかりなのに.ヨーロッパ列強が次々と武装し,これまでは貿易部門での平和的な競争しか行っていなかった場所で軍事行動に出ようと準備していることだ。したがって,黄色人種の戦争は,現在もすで

に白人たちを軍備で散財させているが,今にこの黄色人種の戦いは白人人たちの戦いと化すだろう。

 

 その後和平条約が結ばれるときがやってくる。するとその黄色人種たちの戦場に,ヨーロッパの各民族の各人各様の利害がはっきりと急激に立ち表れてくるだろう。西のイギリスは,当然ながら,東洋にライバルを作りたくはないが,持前の政治的手口の単純さから,彼の地で利己的な幸福を手に入れようとし.その代わり日本がこの戦争でもう少し勝利の栄光を増したくなったときはいっでも強力な援助を与えることを約束するだろう。

 

もしもこの古いイギリスと新しいイギリスの軍事的友好がわが国との国境から1日半の距離のところで(もっともシベリア鉄道が開通しても,わが国の中心からそこまでは少なくとも16日間もかかるのだが)結ばれることになれば.われわれはそこでわが国の利害を常時防衛する態勢を作らねばなるまい。

 

 

これは安価には済まないし,武装解除の機会には断じてなり得ない。次にフランスだが.この国はすでにもう少し南に,黄色人種から最近奪取したばかりの領土を有しているため,心中穏やかではいられない。たとえばロンドンから伝えてきているように,日本がこの地で,黄色人種たちの侵害された権利を復活させようとし,それに対してイギリスが.日本にはフランスによるトンキン占領とシャムにおけるヘゲモニーに憤慨する権利があると認めるような可能性もある。

 

したがって.この地でも,ヨーロッパ人同士の衝突が.いわば黄色人種全体の政治的文化的利害の共通性という理念を手段とも基盤ともした形で起こり得る。こうしたわけで.ヨーロッパは武装解除するどころか.むしろその反対だ。ヨーロッパ本土においても極東においても,現在よりも量的にはるかに大きい陸海軍が保有されることになるだろう。

 

 このように.東方の諸問題は今もこれまで同様にヨ一ロッパにとって不穏な状態だが,それが言葉の広い意味においてヨーロッパの平穏にとって本当の脅威となるのは,有色人種たちが満身創痍になり争いに疲れたと見るや,彼らの衣をだれが取るかを.争いには加わらなかったが分け前を得る権利はあると自認する中立国がくじで決めようとし始めるときだ。

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(226)/日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳(上)」『 松山で下級武士の子として生まれるが、一家離散に』★『海軍軍人になり、日本海海戦で活躍』★『「此一戦」の執筆を空前のベストセラーとなる』★『 日米戦争仮想記「次の一戦」で、匿名がバレて左遷』★『第一次大戦中の欧米へ視察旅行へ、』★『再び大戦終了後の欧州視察へ、思想的大転換、軍備撤廃主義へ』

 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳② &nb …

no image
日本リーダーパワー史(386)児玉源太郎伝(8)川上、田村、児玉と歴代参謀総長はそろって日本救国のために殉職した。

 日本リーダーパワー史(386) 児玉源太郎伝(8) ① & …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(82)記事再録/ ★明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」『官僚制度』を作った大久保利通の最期の遺言①』★『地方会議を開催して、旧体制、無能な役人、官僚をクビにして大号令を発する日に、会議に臨む途中で大久保内務卿(実質的な総理大臣)は暗殺された。今、<超高齢少子化人口減少社会>の危機を前に、その行財政改革失敗の遠因が大久保の作った官僚制度であることを考えると、大久保の決断とビジョンを振り返ることは大変有益であろう。』

2012-04-14 /日本リーダーパワー史(252)再録   大久保 …

no image
日本リーダーパワー史(297)原発事故から1年半-④原発報道は『戦争報道の教訓』を活かしー<本質報道>に徹せよ④

日本リーダーパワー史(297)   –3.11福島原発事故 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑯ 『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑯     『日本の最も長い日―日本 …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/『昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップと先見性、国難突破力』 ①『(1945年敗戦)「この敗戦必ずしも悪からず」と勇気と今後の戦略を提示したその国難突破力』★『 (外交の鉄則)「およそ列国間の関係に百年の友なく 又、百年の敵なし、 今日の敵を転じて明日の友となすこと必ずしも 難(むつかし)からず』

2016年2月10日/日本リーダーパワー史(665) 『昭和の大宰相・吉田茂のリ …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(68) 勝海舟の外交コミュニケーション術・「至誠と断固たる気骨で当たれ』★『勝海舟は幕府とか、藩とか小さなことには全くこだわっていなかった。日本の行く末が第一であった。「オレは、(幕府)瓦解の際、日本国のことを思って徳川三百年の歴史も振り返らなかった」(勝海舟直話『氷川清話』』

    2010/07/10 /日本リーダーパワー …

no image
『オンライン/昭和史研究』★昭和天皇による「敗戦の原因分析」②『軍備は平和確保のための一手段である』ところがその軍備の力を使用したがる軍人があった」★『なぜ日本人種は嫌われたかー白色人種の有色人種に対する優越感、日本人の独善性、日本人の教養の不足、日本人の宗教の異なること』

       2015/07/ …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑦1903(明治36)年4月30日『英ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『ロシアは満州撤退せず』『ロシアと日本』

    『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争』⑦ 1903(明治3 …

no image
『「申報」や「外紙」からみた「日中韓150年戦争史」(62)『(日清戦争開戦50日後)-『日清戦争―中国の敗北』(ドイツ紙)

       『「申報」や「外紙」からみ …